2007年5月 しまなみ海道80kmをサイクリング♪ その1
しまなみ海道80kmをサイクリング♪
しまなみかいどう80キロをサイクリング

5月20日(日):尾道港湾駐車場→駅前渡船→向島→因島大橋→因島→生口橋→生口島→多々羅大橋→大三島→大三島大橋→伯方島→伯方・大島大橋→大島→来島海峡大橋→サンライズ糸山→今治駅(焼き鳥)→サンライズ糸山

5月20日(日)晴れ

(∩・∀・)はじめに 「しまなみ海道」とは。

今回はマジメに「しまなみ海道」の説明からですよ。結構知らない人多いのですよね。

私もこのエリアの名前を初めて聞いたのは、会社に入って数年目。2002年に利尻・礼文に行った時に「しまなみはイイ!」と、ユースホステラー?の生き残りの人たち?がトークしていた言葉でしたよ。


それもそのはず。
開通が1999年と、わりと新しいルートだからなのです。


本州と四国を結ぶ道路は、本州(尾道(広島))→芸予諸島の7島→四国(今治(愛媛))を7つの橋で結び、自動車だけでなく、生活道路として、自転車や徒歩でも渡れるようになっています。

併設されたサイクリングロードは全長80km!たぶん一般人が走れる日本で一番長いサイクリングロードですよ。

島々を結ぶことから、殆どのルートで海を望むことができ、橋を渡る瞬間はまるで海の上を渡っている錯覚に襲われるという、一般CYCLIER憧れの!伝説の!ルートなのです。


「しまなみ」という名は一般公募でつけられた名前だそうですよ。素敵な名前ですよねー。

         ★しまなみ海道サイクリングMAPより借用→

(∩・∀・)そして前フリ。

尾道は去年の10月にDと訪れましたが、やっぱり一般人のD。
計画段階で「(´∀` )しまなみ海道をサイクリングしようよ・・」と、提案するも、あっさり却下。

山友と話していると、あっという間にネタは実現方向に向かいましたよ。(当初企画の1名が参加できず残念です。)

そして、こういう企画の詳細案は私が調査するのが定例ですが、やっぱりアクティブな面々。
「80kmも多分なんとかなるよー。」と皆さん。(一部ロードレース経験者) 
(∩・∀・)ええきっとなんとかなるでしょう。


さて、しまなみ企画2日目の朝は道の駅から始まって。車は移動。

7:05 尾道港湾駐車場


ジツは、前日先に車に帰った3名はレンタサイクルをチェックしていました。
(∩・∀・)「MTBとか増えていたよ・・」と、言っていたので、少し気は楽になっていたのですが。
朝になって来てみるとさらにチャリは増えていて、全員がお気に入りのMTBをゲットしました。
調子にのってウィリーとかしちゃっているコドモな人が1名いましたが・・。(´∀` )。

7:15 駅前渡船



チャリ乗り場からほんの数10秒で、

駅前渡船乗り場に到着。

福本渡船はとてもシンプルでしたが、

この渡船はなんだかカワユイデザインですね。

尾道→向島間にも橋はありますが、

あまり輪行に向いていないというネット調査により、

ココだけは渡船を使いました。

貸切状態のフェリーは狭い水路?をひた走り、パチパチ撮影していたらあっという間に向島に到着。

7:25 向島(むかいじま)





そして、接岸のとき。

さっそく走り出しますよ。


最初はルートがどうなっているのか悩みましたが、
気がつけば標識や道路にサイクリングマークがついているのでとても解りやすいです。
DAHON METROを買ったものの、いろいろ忙しくてダンボールに入ったままでした。
久し振りの自転車こぎに最初はドキドキでしたが、じょじょに慣れてきてペースUP。
気がつけば、右側は海の景色となり、朝の日差しに海がキラキラと輝いて萌えまくり。
このときはまだ、自分達がどれぐらいのペースで走れるのか解っていなかったため、
景色に萌えても、高速で走りながらの流し撮りでしたよ。

8:00 因島大橋の入り口 8:10 因島大橋の上


そして、最初の橋への上り坂。8×3段変則の使いかたが最初つかめず、ギアチェンジしまくりで、
チェーンが外れるも、ちょっと走りながらチェンジすれば元に戻りましたよ。(´∀` )焦りました。
そして、ギアを軽くしてどんどん登っていきます。

因島大橋 (全長1270m 高低差約50m)


緑色に塗ってあるのが自転車専用道路なのです。この橋はとても重厚なつくりで、網目から海を眺めましたよ。
1983年開通 中央支間長770mは完成当時日本最長。二段構造で上段が自動車専用。下段が自転車と歩行者専用になっています。

料金箱




通行料金50円。(´∀` )


もちろんサイクリングチケットでのお支払い。


(∩・∀・)まだまだ「しまなみ海道」の旅は続きますよ。☆★☆ つぎは「因島」 ☆★☆

←その他の記録はこちらから