2006年10月31日
 ■  妙高・火打の山バッチ
バッチのページはぜんぜん更新していなかったので。
ブログでちょこっと公開ですよ。(´▽`)

高谷池ヒュッテのバッチはカワユイことで有名?

以前に買ったバッチはこれです。
七宝焼きの細工が細かいのですよね。
そしてカラフルな色合いが良いですよ。
高谷池ヒュッテ


今回はこのバッチを買いましたよ。
限定100個で周りの枠が白いものがあったみたいですね。
高谷池ヒュッテ
私はこのエリアで雷鳥は見たことありませんが。
同じ日に火打山に登った人の情報によると、
雷鳥いるみたいですね。(´∀` )

 

さて。

 

黒沢池ヒュッテのバッチは
男っぽいデザインでしたね。

(買わないでサツエーだけしちゃいました。)
黒沢池ヒュッテ
リアル妙高山。

黒沢池ヒュッテ
リアル火打山。

同じ山域でも小屋によってバッチはぜんぜん違いますね。

 

←blogランキングです。
クリックしてくれると超嬉しいです。

 

投稿者 gogoalps : 02:56 | コメント (6) | トラックバック
2006年10月30日
 ■  妙高山頂にあったもの。

週末は自宅でじっくり休んじゃいました。
めちゃ。回復ですよ。

なので先週の妙高・火打ネタを引き続き(´∀` )
妙高山頂

ですよ。

先週の妙高山頂では、このような風景が繰り広げられていましたよ。
妙高山頂
「ポーズを決めて写真を撮っている姿」
後ろからサツエーするのは結構お気に入りなんです。



同様な名シーン?としては
2004年12月の三本槍岳→三斗小屋のシーンがありましたね。
那須岳
(´▽`)読者マニアネタですみません。



たまーに山で発見されたときに
読者の人がマニアネタを話してくれると嬉しいこの頃だったり。



さて、妙高山頂標識の横にはなにやらありましたよ。
妙高山頂

 

拡大。 (´∀` )



お地蔵さんが横にあるので、扉を開けて良いのか悩みましたが。
妙高山頂



勇気を出してOpen!!


中には・・。

 

妙高山頂



早速カキコ。(字がめちゃ汚い・・)
妙高山頂
まぁ「みょうに感動・・・」というところで。(´▽`)

 

このノート。場所が場所だけ発見する人もまばら。

1年でカキコは、2、3人という超マイナーノートなため、

設置から4年ぐらい経っているの
にカキコは数ページ。

しかも、年配の方は記念に住所とか書いていました。
住所は個人情報なので書かないほうがいいという認識ですよ。


で、備え付けのペンが書けなくなっていたので、
Mな人1名がpenを寄付してきました。


これから妙高山頂に行く人はこのノート要チェックです?(´▽`)



←blogランキングです。
クリックしてくれると超嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 02:21 | コメント (2) | トラックバック
2006年10月29日
 ■  ANAの広告

新宿駅で見かけたANAの広告ですよ。(´▽`)

(;´Д`)TVでもCMやってましたが・・。

シカゴにチャレンジするのですか?
シカゴ

シカゴはバスケットが有名なんですね?
シカゴ

鹿がバスケットしてますね。
シカゴ
シカゴ直行便が出たのですね。



あ。 シカゴだから鹿

(´∀` )3へぇ。


←blogランキングです。
「最近ダンナが○○という認識です。」と言うので
困るという認識ですよ。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:46 | コメント (0) | トラックバック
2006年10月28日
 ■  中華そば 高はし
先週の出張は。ひとーりで。

「中華そば」を満喫。(´∀` )

飯田橋駅東口を降りて、
道路をはさんだ小さなお店の並びにある店ですよ。

以前にお店の看板だけ紹介していたのですが、
なかなか機会がなくてすごーく気になっていたこの店に ついに行くことができましたよ。(´∀` )

朝1の打ち合わせが早く終わり、道を急いだのですが お店の開店は11時30分から。だったのですね。

で、でお店の前で並ぶこと数分。 白い暖簾が素敵です。
中華そば 高はし
いつのまにか、自分の後ろには8人ぐらいの人が並んでいましたよ。

丁寧にラーメンが作られる様を観察し。
店内を流れる「カントリーロック?」な音楽に聞きほれながら、
さらに待ちますよ。
中華そば 高はし
お店は8人ぐらいかけられるL字型のカウンターのみの小さな店です。



店員は2人だけで、ラーメンを作る人と、
テキパキとお客を裁く人のみ。

 

店内の「へのへのもへじ」暖簾
中華そば 高はし

 

 

さて、やっとできましたよ。
中華そば 高はし
中華そば¥600 

シンプルな感じですが。


スープに浮かぶ万能ねぎと
スープの混ざり合いが美味しく。

チャーシューは柔らかで美味しく。

麺は細めんでスープと絡み合い美味しく。

しなちくが程よい味で美味しく。

 

ちょっとだけ「おいしんぼ」風になってきましたね。


さて。 評価は、★★★★★(´∀` )星5つ。
ゲキまいうーでした。

みなさんにオススメしたいという認識ですよ。


麺らーを食べ終わり、お店を出て振り返ると
さらに長ーい列ができていました。
人気店なんですね。


<営業時間>
昼: 11:30 - 14:00
夜: 17:00 - 20:00ぐらい(スープがなくなるまで)
日曜祝日はお休み。



←blogランキングです。
押してもらえると大変嬉しいですよ。 (´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (8) | トラックバック
2006年10月27日
 ■  山陽の旅(岩国とお好み焼)

今週は毎日シゴトで深夜帰宅と体調不良。
なかなか更新できてませんでした。

それもこれも、毎週のように、週末遊びすぎでしたから。
なので今週末は家で大人しく。レポを作る次第です?

さて。山陽の旅の報告がやーっとLAST。
レポを読んでくれているみなさん。ありがとうです。
山レポじゃないので、ほとんど日記みたいですからね。

さて。この日は再び広島空港に戻らなければいけません。
残されたミッションは。

山口県岩国市にある「錦帯橋(きんたいきょう)」と、
広島お好み焼きですよ。(´∀` )

「錦帯橋(きんたいきょう)」

河川敷には大型観光バスが停まりまくり。
激しい観光地です。

河原の屋台が俗世間感を彷彿とさせます。
錦帯橋
おばちゃんの呼び込みも激しく。萩・秋吉台とは大違い。

500円払って橋を渡り、

対岸にはソフトクリーム屋が激しく。
錦帯橋

気合の入った?噴水もありましたよ。(´∀` )
錦帯橋
ただの公園ですね?

お時間のある人は
ロープウェイで山の上に登れたり、白蛇コーナーもあるそうです。
錦帯橋

で、問題の橋はコレですよ。 京都っぽい雰囲気のあるアーチ状の橋です。
錦帯橋
広島人のデートスポットみたいで、カップルさんたちや若いギャルがいっぱいいましたよ。

で、何がスゴイのかといいますと?

両端にある木製の橋げた。
錦帯橋

釘を使っていないという独特の橋の裏側の木の組み方。錦帯橋
がポイントなのでしょう。

この木組みはなかなか素晴らしい。
橋を渡るだけではなくてぜひ、河原から橋の裏側を覗いて見てくださいね。
(私は写真を後から見てから気がつきましたよ・・。)

錦帯橋についてはココに詳しいことが載っていますよ。
300年以上も前にかけられた橋でたびたび修復しているそうですね。

山口県を感じるひと時。大島みかん。
錦帯橋



さらに移動。

 


ラストミッション「お好み焼き屋」

老舗の名店を狙っていたのですが、車での移動ということと
微妙な時間なため、(老舗のお店は17時頃OPENだったりするのです。)
広島駅の駅ビルで妥協です。


19時までに空港まで戻らないといけないので時間が無い!
大都会広島駅前は車が混みあっていて(;´Д`)'`ァ'`ァしながら
なんとか駅前の駐車場に車を停めました。

で、駅ビルに駆け込むと

広島に展開しているお好み焼き屋のチェーン店
「みっちゃん」を発見。
みっちゃん

さて、オーダーですよ。(´∀` )             

Dは「肉イカそば」をオーダー
私は「肉モチそば」をオーダー

さて、出来上がりましたよ。

肉モチそば
みっちゃん
あれ?なーんかイメージと違うような。


改めてメニューを確認。

(;´д`)なんと・・

「焼きそば」をオーダーしてしまいました。

アホです。ヽ(o´д`o)ノガーン。

そしてDの肉イカそば。
みっちゃん
間違いなくお好み焼きです。ああ良かった。

味はフツーでした。麺が固くないのはそういうもの?


星は★★★ですよ。(´∀` )ビバチェーン店。

このお店には巨大マヨが置いてありました。
みっちゃん
(カラシマヨと普通マヨ)

マヨラーにはたまりませんね。(´∀` )

そして、私はDのを2切れもらって自分のを全部食べました。

そしてDに「量が多かった・・(;´д`)」

と、言うと

「´_ゝ`)人のものまで食べるからです」。

と、回答されました。

店内は私たちが入ってきたときはガラガラだったのですが
いきなり混みはじめ満席に。(きっと新幹線が到着したのでしょう)

お持ち帰りコーナーもあり。
お店のおにーさんはひたすらお好み焼きを焼きまくってました。
みっちゃん

一歩間違えば待たされまくるトコロでしたね。
アブナイアブナイ。(´∀` )

広島駅

そして、空港へ向かう途中。川沿いの道をひた走る。

車窓から川を眺める。

<写真はありません。(´∀` )>

地元の人たちは、車の多い道路を選ばず
河川敷の道を通行に使うのに優先しているようで。

ちょうど夕方ということもあり。犬の散歩している人や
マラソンしている人や散歩している人なんかもいっぱいいて
河川敷の道はなかなか賑やかな状態でしたよ。

そして、さらに車は走り、ふと河を覗いてみると
アヒルが5匹ぐらい泳いでいるのを見えて(´∀` )萌えました。

<写真はありません。(´∀` )>

そういえばAflackのアヒルと暮らしたいです。
(CGなのは解っているけれど。ええ。)

その後無事に空港にたどり着き、
久し振りのDとの旅が終了したのでありますよ。

またーり旅行のハズだったんですけど。
ついつい移動してしまい。忙しい旅でしたね。

(´∀` )ええ。


←blogランキングです。
押してもらえると嬉しいですよ。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 18:53 | コメント (0) | トラックバック
2006年10月24日
 ■  山陽の旅(萩・萩城跡編)

山レポを作りたいところですが。

山陽の旅があともう少しなので。

続けていきますよ。 (´▽`)

萩の城下町をうろうろと・・? 

そして、行きに目をつけていた、道の駅「しーまーと」

内部はスーパーみたいで魚介類と野菜がたくさん売ってました。
イカが水槽でぐるぐる回っていて
道の駅「しーまーと」
サザエが10個1000円ぐらいと大変お買い得だったのですが
朝ごはんでおなかいっぱいだったので撤退ですよ。

そして隣には魚市場。
萩城跡
鳥取の境港に住んでいたこともがあるのですが、
そのとき良く魚市場で釣りしていました。

小学生でもバンバンいろいろなものが釣れて。
魚市場にはひからびたカワハギ(おつまみがまいうーです)が
落ちていたりしたのを思い出しますよ。

で、今度は萩の城下町でも見ようかと
車でうろうろしたのですが、そのような場所にたどりつけず。

気がついたら、萩城跡地の近くですよ。

なんと。レンタサイクルが150円ですよ。(´▽`)
萩城跡
あまりの安さに借りることにしたんですけど。
マウンテンバイクを選択したんですけど。

走り出したら5分ぐらいでDのチェーン外れ。
(ギアをちょっと変えただけなのに!)

まぁ150円なので文句は言いません。
手が真っ黒になりましたが素早く直して。

城下町を探すのですがそれらしき場所にたどり着けず。
日本家屋風の建物がチラホラあったのでそれがそうだったのかも。
萩城跡

結局時間切れで砂浜のサイクリングロードを走ると。3分ほどで終了。(´▽`)
萩城跡


激しく短かったですが、砂浜と海は大変綺麗だったです。
萩城跡

そして、レンタサイクルを返却し。
萩城跡



萩焼の窯元?を見学。(こじんまりしてましたね。)
萩城跡
猫がいたのですが、相手をしてもらえず。猫は萩城跡地に消えていく

そして萩城跡地はお堀に囲まれているのですが。そのお堀は。
萩城跡

亀だらけ!(しかも巨大)ヽ(o´д`o)ノですよ。
萩城跡
ヒマな観光客が亀と鯉にエサをあげて喜んでいました。

で、萩城は周りをぐるっと回ればいいとDが言うので


周りを歩いていたら。アバウトな石垣という認識ですよ。(´▽`)
萩城跡

行き止まりで。(゜∇゜;)
萩城跡
石垣と海の取り合わせ(´∀` )写真ですよ。

気がついたら城内にワープしていて。

城内があまりにも整備されていない。
萩城跡
(ハッキリ言って自然のまま)
大自然の素晴らしさを感じました。


入場料が250円で人もまばらなので仕方ないのでしょう。

 

そして、先ほどの萩焼の窯元のところにまた猫が
萩城跡
あなた尾道の神社にいませんでした?(´∀` )

そして駐車場に戻り。

お土産もの屋で見つけた地ビール(チョンマゲビール)
萩城跡
歴史好きにはたまらないでしょうかね?

夏みかん系のお土産がいっぱい売ってました。
試食が美味しかったです。

自然がいっぱいな萩の街をお昼過ぎに去る・・。
まだまだつづきますよ。

(´∀` )長すぎます。

←blogランキングです。
押してもらえると嬉しいニャン? (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:26 | コメント (2) | トラックバック
2006年10月23日
 ■  火打山~妙高山 の ダイジェスト②

今週末は火打山~妙高山に行ってきましたよ。

(´∀` )ダイジェスト報告その②ですよ。

2日目は妙高山。

引き続き良いお天気でしたよ。

高野池ヒュッテのテント場を出発して 黒沢池ヒュッテに不要な荷物をデポして。

大倉乗越あたりで妙高山を眺めましたよ。 妙高山
4人揃ってのYESポーズ。1名が指導した結果ですよ。
今回はポーズ写真がやけに多かったという認識ですよ。ノリノリな人がいたので。

そして、急坂を(;´Д`)'`ァ'`ァしながら登り、

たどり着いた山頂エリアは素晴らしい眺めでしたよ。 妙高山
白馬エリアが遠くに見えていますね。


さらに、天狗堂側の山頂エリアに足を伸ばすと。 妙高山
山頂標識があるエリアを撮影したり。


巨石がにょきにょきある山頂エリアと火打山と焼山の奥行きのある?景色が撮影できました。 妙高山
そして、11:30頃に下山開始。ザクザクザクザク下って。

再び黒沢池ヒュッテに戻り。荷物を回収。

そこから富士見平までの道は湿原の横に延々水平な木道が続く道を歩くルートでとても心地よかったです。

笹ヶ峰Pに到着したのは15:40ぐらいだったかな。

この山は2回目の登頂でした。

以前訪れたのは2002年の6月下旬。あのときはシャチのような雪模様の山々に萌えましたが今回は前回雪で埋まっていた湿原、山頂から見る山々、夕暮れの雲海と、全く違った姿を見せてくれた妙高山・火打山。

改めて大好きな山リストに入ることになりました。


詳細はレポ作成までお待ちくださいね。(´∀` )

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 02:04 | コメント (6) | トラックバック
2006年10月22日
 ■  火打山~妙高山 の ダイジェスト①

今週末は火打山~妙高山に行ってきましたよ。

(´∀` )ダイジェスト報告その①ですよ。

1日目は火打山。

笹ヶ峰Pに車を停めて。登り始めの木道エリア。 火打山


午前中は厚い雲に覆われていました。ガスガスでぬれた感じだと紅葉の色が映えますね。 火打山


そして、高野池ヒュッテのテント場に到着。

雲のなか途切れ途切れ現れる青空のかけらに期待しつつ、
テントを張って、お昼を食べながら休憩していたら。

みるみるとガスが消えて、青色が空の大部分を支配するようになった。
火打山

 
そして、いよいよAttack中。
天狗の庭あたりはすっきりとしたお天気で萌えまくりで。(´∀` )
火打山
大興奮していました。 
 
さらに登って山頂エリア。 
どこまでも続く雲海を眺める我々ですよ。 
火打山
オンナ2名は影として出演しているのです。


妙高山も雲海に浮かぶ島のように。 
火打山


雲海に浮かぶ影火打山
火打山


へドラン携帯組みの3名は、雲海に沈む夕日をしっかりと見届け 
火打山

見えていた山々は、高妻山、槍穂高~白馬、雨飾山。

久しぶりに雲海の壮大なドラマを見ることができて
とても嬉しかったです。(´∀` )

3名は懐電歩行でテント場に戻りました。 

その後、夜の宴会が盛り上がったのは言うまでもありませんよ。 

 

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:38 | コメント (4) | トラックバック
2006年10月20日
 ■  山陽の旅(萩・明神池編)

いつまで続くのかという旅行記録。

(´▽`)いよいよ旅もハイライト。

伝説の明神池ですよ。

なにがスゴイって。まぁ見てくださいよ。

「明神池」は、先ほどの近くにある池で
笠山の噴火によって、もともとは海に繋がっていた入り江が、
噴火でせき止められて「池」に変化した場所です。

見た目はフツーの緑色な池ですね。
車で近づくと、バシャン!バシャン!と大きな魚が跳ねるのが見えました。  萩
ココは。

「魚に餌をあげている」と、上空を飛ぶが寄って来て、手から直接えさをとるという。
アトラクションが某ネットで有名な場所?

松島の遊覧船に乗って、「かっぱえびせん」を手に持っていると
どこからともなくカモメが集まってきて、
手から直接かっぱえびせんを奪って去っていくというハナシも有名?ですが

鳶ですよ。トンビ!ココは。

駐車場に車を置いて池のほとりに立つと
3匹の猫がワラワラと寄って来て
擦り寄りまくり洋服は猫の毛だらけですよ。(´▽`)
萩

猫が池を覗き込むと
 萩
随分魚がいるようですよ。
萩
(´∀` )ん? (´∀` )ん?   (´∀` )ん?

なんか・・エイがいますよ。
萩
向いのお店で100円で買ったパンの耳を与えていると
縞模様のお魚が激しく寄って来るのですが
萩
エイはヒマなのか魚には目もくれず
ひたすら池のほとりの石段に寄りまくり。
萩
石段にべたりとくっついています。意味の解らない行動です。
水族館じゃないのですよ。ココは。

再び覗き込むと。(´∀` )おや。
 萩
サメもいますね。
萩
どうもこの池は地下で海と繋がっているらしく
海の魚が生息できるんだそうですよ。
池の水がしょっぱいかどうかは確かめる勇気はありませんでした。

鳶は風向きが悪かったみたいで手から直接ではなく
ほおリ投げたパンを空中でキャッチ!
萩

餌を与える・・



・・・・
(;´д`)ハァハァハァハァハァハァ

猫もハァハァハァハァハァハァ・
萩
(´∀` )まだまだつづきますよ。

長すぎます。
自然と生き物がいっぱいの山陽のたび。

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:28 | コメント (2) | トラックバック
 ■  山陽の旅(萩・笠山編)

いよいよ最終日

「萩観光ホテル」の朝食は
ヒラメの一夜干しの焼き物が出たりしてそれなりでしたよ。

このホテル。

笠山という標高112mの山の中腹に位置しています。
火山(´▽`)で山頂には口径30m深さ30mの小さな噴火口があり。

マニアの間では有名な?

こんなカンジで島がたくさんある。
「北長門海岸国定公園」の中にある。
笠山
アジア最小(噂では世界最小)の火山なんです。
これは登らないワケにはいきませんよ。

相変わらず地図も無く看板どおりに車を走らせると
あっという間に展望台。(車でしか登らないし!)

火口には下るだけでしたよ。(しかし立ち入り禁止)
笠山

(´▽`)ムリムリ火口に立ち入ると緩やかな階段がついていて
笠山


火口の底(と言っても亀裂)を覗くことが出来ました。
笠山

なんと言っても山口県の低い山ですから雑草やらなにやらてんこ盛りで。
火口は緑に覆われていて、いつもの火山の荒涼とした雰囲気はゼロです。

看板。山口県・環境省に萌えますよ。(´▽`)

笠山笠山

展望台からは。「北長門海岸国定公園」の島々が一望。
笠山
平べったい島ですね。

 

ちなみに、活火山としての世界最小は、
フィリピンのマニラの南60kmのところにある


タール湖にぽっかりと浮かんだタール火山(Taal Volcano)
頂上に大きなカルデラ湖をもつ標高311mの山らしい。

ウマに乗って20分で山頂に立てるそうで。
観光地化されているというのは言うまでも無いでしょう。
 

まだまだ続きます。
萩の秘境池?(´∀` )を散策ですよ。

 

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:02 | コメント (0) | トラックバック
2006年10月19日
 ■  山陽の旅(秋吉台編)

さて。今度は地上のカルスト台地(秋吉台)へと移動ですよ。


車を停めたおみやげもの屋さんに戻り。

秋吉台へ。

「山あり谷あり」さんのblogでちょっとした遊歩道コースと
山?があるということが判明していたので目的は山。

(´▽`)なんですよ。

そして、展望台にたどり着きました。

目の前には、小高い丘があってどうも最高地点に行くには片道1時間ぐらいはかかりそうなので手近なところに見える丘の上を目指すことにしましたよ。
秋吉洞


秋吉台の特徴は、ラピエ(石灰石柱)が草原にニョキニョキでていることにあるのですけど秋の始まりのこの時期。草がぼうぼう生えていますよ。

草原を遠くから見れば石の景観がそれなりなのですが。
歩いていると雑草に埋もれた石たちを眺めるので
なんだか野原を歩いているようです。

秋吉洞

若竹山は通り過ぎ。
(;´Д`)'`ァ'`ァ言いながら

たどり着いた。剣山。山頂感がありません。
秋吉洞
さっき行こうと思った場所はもうすこし上のほうなのかな。
でも、今日は宮島と秋芳洞と秋吉台でおなかいっぱいなのでここで終了ですよ。

こんな感じの景色でしたよ。
秋吉洞

そしてテクテクと展望台エリアに戻り。

再びソフトクリームを食べる。今度は夏みかん味で。
ギャル風なマネキンのおねーさんがいましたね。
秋吉洞
で。またまた車を走らせ。

秋吉台風風景を車窓に見ながら。
ずいぶんルートがあるなぁとか思いながら。

夕日が落ちるぐらいの時間に萩に到着。

お泊りは「萩観光ホテル」

夕食はふぐちりとかあんこうのから揚げとかお刺身とかいろいろで
まいうーでした。


まだまだつづくのです。
萩の秘境?(´∀` )を散策ですよ。
 

←blogランキングです。
山記事でなくてスミマセン。押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:38 | コメント (4) | トラックバック
2006年10月18日
 ■  山陽の旅(秋吉洞編)

宮島から移動して。

途中の道の駅で「栗ソフト」なんて食べたりして
10月中旬なのに外気温は27度。

激暑で(;´Д`)'`ァ'`ァしながら

秋芳洞に到着しましたよ。

駐車場料金は、
町営よりも一部のお土産物屋の駐車場の方が料金が安かったリ。
なんと100円。でしたよ。

そして、入り口に向かう道。

石材や萩焼のお土産もの屋がずらずらと両脇に並んでいます。
昔家にあった石のワイングラスやビモウな置物はココで買ったのかもと思いつつ。

私が気になったのはこの置物ですよ。
秋吉洞
ヒラメという認識ですよ。(´∀` )

おみやげ物ロードはとってもローカルな雰囲気で。
呼び込み一切ありませんよ。

さて、 「秋芳洞」とは。

カルスト台地で知られる「秋吉台」の

地下100mに位置している
東洋屈指の大鍾乳洞なのです。

私がココを訪れるのは小学生以来なんですよ。

そして、洞窟内の観光コースはオドロキの1Km。
総延長は8kmにも及ぶとか。
洞窟の総距離はケイビングマニアな人たちが、日々測量&調査を続けて判明していくもののようです。

ルートは秋芳洞正面入口からの登りルートと黒谷から入る下りルートの2つがあり、
今回は正面入り口から入るルートを選択しました。

終点から外に出ればバス戻ってこれるのですが、
バスの時間はまちまちなので、最終点まで行き、引き返す人が多いみたいです。
所要時間は往復1時間程度との長ーいのです。(´∀` )

そんな説明はさておき。

早速入り口。
秋吉洞
なんだか、ディズニーランドにあるアトラクションの入り口みたい。

ぱっくりと岩に大きな穴が開いていて、
地面にはトルコブルーの水が流れていましたよ。


渡り廊下より内部に入ると。
秋吉洞
「冒険コース」というのを発見。(¥300)
めちゃ子供向けな香りがしますが。

今日は運動靴なのでトライが可能です。
秋吉洞
岩につけられた梯子を登ります。

上部は意外にどろどろしていて。
秋吉洞

高いところから入り口の亀裂を見下ろすことが出来ました。秋吉洞

そして、滑りそうな岩を下って元のルートに戻りました。秋吉洞


ふたたび、しばらく歩くと「百枚皿」ですよ。秋吉洞
百枚ではなくて、お皿の数は500枚ぐらいあるらしいです。
ポイントには押しボタン式の音声ガイドがついています。 

いろいろ見所はありますが、
すべての写真を撮影するのはリームですね。(´∀` )秋吉洞
それは、三脚が無いから。
夜景モードで撮影ですけどシャッタースピードが遅いから
手撮影だと手ぶれしまくるのです。
なのでこういうのはすべて道の脇の柵などにカメラを固定しての撮影ですよ。

そして、エレベーターと「黒谷支洞」への分岐。
秋吉洞

 

「黄金柱」
秋吉洞
柱の高さは15m。直径は4mの大石灰華柱だそうです。

「猿すべり」
秋吉洞
昔は登れたみたいですね。奥はどうなっているのか興味シンシン。(´∀` )


そして、「黒谷支洞」へ。ここまでで、入り口からちょうど700mあたりですよ。秋吉洞
秋吉洞
『特別天然記念物』の洞窟の中にこんなトンネルがあるなんて。

青い色の岩がありました。
秋吉洞
(o´□`)写真だとキモいですね。

そして、最終地点到着!
秋吉洞

帰りは、バタバタと急いで戻り。
「青天井」あたりで、柵にカメラを載せて三脚代わり。

それなりの風景が撮影できました。秋吉洞

とても広い洞窟内部が実感できるような。
秋吉洞

秋吉台には、秋芳洞の他に、大正洞・景清洞という洞窟もあって
次回はぜひそっちにも行ってみたいです。

観光ディレクターを雇えば、一般未公開の洞窟「中尾洞」にも行けるらしいですよ。(´∀` )

山口県にはこのほかにも沢山の洞窟(現在450近く)があるみたいで
ケイビングが趣味な人の聖地なのかもしれませんね。

ネットサーフィンしていたら
岩手の「龍泉洞」や 「安家洞」も気になってきましたね。
いつの日か行ってみようと思います。

そして次回は三脚持参ですね。

で、まだまだ続きます。 

 

←blogランキングです。
山記事でなくてスミマセン。押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:17 | コメント (2) | トラックバック
 ■  山陽の旅(宮島編)

まだまだ続く山陰のたび。

続きは、やっぱりココはハズせない。
名観光地の「宮島」ですよ。

この週末は全国的に良いお天気だったので。

青い空をバックに鳥居の赤が映えましたよ。

(´▽`)さて。 

広島プリンスから車を走らせほぼ1時間。
車は宮島口に到着。

駐車場代が1000円なのは
有名観光地なので仕方ないのかな。(;´Д`)'`ァ'`ァ

で、宮島口から宮島まではJRのフェリーと松大汽船の2航路があります。

乗船口は隣接していて、どちらも往復料金は340円。
10分~15分間隔で船が出ているので
時刻表を確認して早く出発するほうに乗ればいいという認識です。

さらに、片道切符を買えば、帰りも好きなほうの船に乗り
時間を有効に使えますよ。

(´▽`)へぇ。

で、船に乗り、10分程度で宮島に到着ですよ。
安芸の宮島


港から出て広場に出ると、さっそく鹿がお出迎えしてくれますよ。
安芸の宮島
(京都の動物園から運ばれた鹿の末裔だとかどーとか)


調子にのって鹿と戯れていると、鹿が洋服を食べようとして、
鹿よだれまみれになりますので注意が必要です。

今回のベストショット。
安芸の宮島
宮島では潮干狩りが流行っている?

この鳥居。砂浜に埋められているのではないそうです。
安芸の宮島
(1mも埋まっていない)

鳥居の屋根の下が箱になっていて、そこに約6トンの小石が入っていて
その重みで動かないようになっているのだそうです。

そして柱は一本のクスの木(腐りにくく、虫に強い)を使っているそうで。
100年に1回程度木を交換しているそうなんですけど
このご時世。なかなか交換する木が見つからないそうですよ。


水浸しの厳島神社と鳥居が見たかったのですけど
安芸の宮島
砂浜の鳥居もナカナカですね。

安芸の宮島
そして、砂浜を歩く鹿。


厳島神社に入ってみました。
安芸の宮島
赤い柱が延々と続きます。

安芸の宮島
そして、「鏡の池」。ちょうど満月の日にくぼみに月が写りこむとかどーとか。

 

安芸の宮島

厳島神社内。
安芸の宮島


神社の中の板はビミョウに間隔が開いているので、
安芸の宮島
ハイヒールだとかかとが隙間に食い込みます。
(;´Д`)やらかしました・・。

 

神社の奉納物はお酒以外にも「醤油」がありますよね。安芸の宮島


街中の鹿。
安芸の宮島



おみやげ物屋の各店にある。
安芸の宮島
もみじ饅頭製造機械。

宮島といえば「しゃもじ」だそうですよ。
安芸の宮島
巨大しゃもじという認識です。

 

で、まだまだ続きます。 

 

←blogランキングです。
山記事でなくてスミマセン。押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:26 | コメント (3) | トラックバック
 ■  山陽の旅(広島プリンスホテル編)

さて、続きですよ。(´∀` )

尾道
から、車を走らせ、
1日目のお泊り地である広島プリンスホテルに15時頃到着。


妄想ではココから 高速艇に乗ってささっと宮島に到着し
鳥居や厳島神社のライトアップを楽しむハズだったんですけど。

ε=ヽ( ´∀`)ノそうはウマくいかないのが
個人旅行の醍醐味。

ホテルの駐車場に車を停め
フロントへ走る私。

ホテルの人に

「宮島行きの高速艇は?(;´Д`)'`ァ'`ァ」


と、聞くと。なんと。

宮島行きの高速艇は、
この時間だと到着したら直ぐに
トンボ帰り?する便しか無いらしい。

ガーン(;´Д`)

車だと1時間半もかかるというし。

というわけで今日は旅の疲れを癒すため?


ホテルでまたーり。ヒマヒマですよ。


広島プリンスホテルは半島の先に建っているホテルで
ホテル周囲は海で囲まれています。
広島プリンスホテル
瀬戸内を行きかう船を眺め。埠頭で釣りをしている人を眺めながら散策。

海岸沿いを歩いて。

灯台のある場所まで高台に登ってみると。

やっぱり閉まっていましたね。

でも。
広島プリンスホテル
お。海上保安庁のキャラクター(うーみん)ですよ。
タテゴトアザラシの子供らしいですよ。 


そして。ホテル周囲で再び猫と戯れたりして。
釣りをしている人の成果をチェックして。(;´Д`)何も釣れていない!と思いつつ。

広島プリンスホテル
夕食の時間になりました。

この日は夕食は「各自」だったので

広島プリンスホテル
20Fにある、海を見渡せる眺望の和食の店で3000円のセットメニューをオーダー。

瀬戸内を行きかう船を眺めながらの夕日はビモーなカンジで落ちていき、情景は夜景となり。お店のフロアは広くて天井高いし
お客も少なくて貸切感?はあるし。それなりの雰囲気でしたよ。

しかし・・。

グラスビール900円(推定350ml)。
ノルウェー並みの高価格。

(;´Д`)'`ァ'`ァした我々は、
飲みたいビールを各自1杯でぐぐっと我慢し。

ホテル内のコンビニに行くのですが。
缶ビールもがプリンスホテル価格だったので。

300ml=300円。
500ml=500円

さらに(;´Д`)'`ァ'`ァしましたね。

そして、部屋に戻り、1週間遅れで放映されていた
リメイクされた「セーラー服と機関銃のドラマ」の1話目をしっかり見ながら
夜は更けていった。

薬師丸ひろ子主演の映画は1981年だったのですね。

あの頃は角川映画全盛期。「探偵物語」とかを
一人でドキドキしながら映画館に見に行って

お客の入れ替えが無いことをいいことに
同じ映画を2回見たりしましたね。

(;´Д`)/今ならあり得ないですね。
広島プリンスホテル
これは翌日お部屋の窓からの眺めですよ。(カーテンの映りこみが素敵です。)


そんなワケで、続きますよ。

←blogランキングです。
山記事でなくてスミマセン。押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:37 | コメント (0) | トラックバック
2006年10月17日
 ■  山陽の旅(尾道編)

今週末は本州が高気圧にどっぷり覆われて
とってもいいお天気だったみたいですね。

10月13日(金)~15日(日)の3日間。
広島・山口の旅をしていました。

広島空港や山口宇和島空港の飛行機チケットは高ーいので
飛行機&レンタカー&宿のパック旅行を選択。

さてさて・・ (´∀` )

みっちりレポなので小出し報告しますね。

山じゃないので羽田をまったり出発。
広島空港に到着したときは既に12時でしたよ。

車で走り出すときの選択。

時間を重視して宮島へゴーするか、
やっぱり尾道へ寄ってからにするか。

尾道はしまなみ海道のスタート地点というところが大変気になる町なのです。

しまなみ海道はレンタサイクルを使ったサイクリングが可能で
所要時間は8時間あまり。乗り捨てもできるというので
一度はチャリで横断してみたいですけど
時間的に無理なので今回は下見ですよ。(ああ下見。)


さて、前置きはそんなところで。


広島空港から車を走らせて1時間あまりで尾道に到着。

Dの「そういえば尾道ラーメン?」という一言で
即ケータイでgoogle検索。

『朱華園 (しゅかえん) 』に行くことに。

尾道駅近くの尾道市役所の駐車場に車を停めて徒歩1分。

行列は6人ぐらいで。なんとか3分待ちぐらいで入れました。
ラーメン
店内はそこそこの広さで座席がいっぱい。
30~40名は入れるんじゃ?

内装は白を基調としていてちょっとオサレなレストラン風。
(ラーメンのため席はカウンター並みですけどね)

ラーメン
(´∀` )メニューはこんな感じでシンプルですよ。


ラーメン
チャーシュー麺(710円)と

ラーメン
焼き餃子4コ(280円)をオーダー (サイズは一口サイズです。)



撮影していると店のおばさんにウザがられました。
混む店なので人の回転を重視しているそうです。

(;´д`)ふぅ。


さて、待望の評価は?

★★★★★ ★5つ! (´∀` )

まいうーでした。

醤油味ベースの鶏ガラ&小魚+豚の背脂スープの旨さのとりこになりましたよ。

麺は平麺です。

-----------------------------------
<お店データ 2006年10月現在>
住所:尾道市十四日元町4-12  
定休日:木曜・第3水曜(祝日の場合営業) 
営業時間:11:00~20:00    
-----------------------------------



さて、ちょっとだけ散策ですよ。


尾道は瀬戸内海に面した、坂の道で有名な町だとか。
尾道
道端に干してある「じゃこ」

尾道
何故か天満宮のまわりの家にいろいろな種類がくっついていた「まねき猫?の看板」


尾道


御袖天満宮(みぞてんまんぐう)は、映画「転校生」のロケ地。

主演の女の子と男の子が抱き合って
転がり落ちた石段があるお寺ですよ。(´∀` )
尾道
「入れ替わったらどうしよう?」と思いつつ
石段を登っていると、ふと下を見るとDが。


(;´Д`)Dは入れ替わりを避けて一緒に階段を登ってこなかったらしい。

 

賢い選択かもしれません。(´▽`)



尾道
牛がいますね。   

尾道
階段上部から見た風景。


(´▽`)へぇ。

尾道
猫と戯れる。


尾道
このほかにも大林宣彦の監督作品では
「時をかける少女」、「さびしんぼう」のロケ地として使われているそうですよ。


(;´Д`)へぇ


尾道
で、またーり坂の狭い道を散策して

尾道
お寺だらけという認識ですよ。

再び尾道市役所に帰ってきたら
尾道
獅子がお出迎え。
何故に、市役所前にも獅子が?


それはこれから出会うであろう。
(「・ω・)「生き物・動物三昧の始まりだったのでありますよ? フ(・ω・フ)
自然がいっぱい?山陽のたび。
 

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:52 | コメント (3) | トラックバック
2006年10月11日
 ■  木曽駒 の 氷の造形

日曜日の木曽駒は氷の造形にあふれていました。

(´∀` )ちらり。お見せしますよ。

飴菓子のようになっている紅葉した葉っぱ。
木曽駒が岳


氷漬けちんぐるま。
木曽駒が岳


なんでしょう?
木曽駒が岳


氷漬けおこじょ。
木曽駒が岳


おや。氷に漬けられていない、オコジョがいますよ。
木曽駒が岳
(´∀` )へぇ。(一部のぬいぐるみ好きの陰謀でしょう)

 

←blogランキングです。
押してもらえると氷漬けになるでしょう? (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:35 | コメント (7) | トラックバック
2006年10月10日
 ■  仙丈岳 の ダイジェスト!

というワケで。10月9日(月)の本日は、南アの女王という噂?のカールが素敵な仙丈岳に日帰りしてきました。

(´∀` )その景色はもう久々のスーパー快晴レベル。

予定を変更した煮え煮え感がすっかり綺麗に飛び去りました。

南アと中アと北アと八ヶ岳と富士山と遠く白山まで・・。
そして平地までがなにもかもまるっとお見通しだったのですよ。

(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ 

お決まりのカールを眺める写真ですよ。

仙丈ケ岳


コースタイムより全然早く登れたので山頂に1時間以上もいてマターリしてしまいました。
(´∀` )無風快晴。雲なしで言うことがありませんでした。 仙丈ケ岳


北アはご覧のとおり真っ白です。来週お出かけの人は現地へ状況を確認することを強くお奨めします。
仙丈ケ岳

千丈小屋付近。甲斐駒ケ岳&鋸岳のバックに映える八ヶ岳。 仙丈ケ岳


大平山荘方面に下山途中は、甲斐駒ケ岳が正面に姿を見せ。紅葉との相乗効果で素晴らしさが130%でしたよ。(´∀` )激しくコンパクトデジカメのシャッターを切っていました。 仙丈ケ岳
ε=ヽ( ´∀`)ノまぁそんなところで10月の3連休は2日間山に行って終了しました。

それぞれの山。それぞれの天候。それぞれの思い。それぞれの撤退と成功。

私は1日目が撤退。2日目が成功?だったのかな。

山もたまにはキビシイのです。いつも上手くいくとは限らないところが面白く、人を熱くさせてしまう要因なのでしょう。

 

←blogランキングです。押してもらえると大変うれしいです。 (´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 00:31 | コメント (5) | トラックバック
2006年10月09日
 ■  木曽駒が岳 の ダイジェスト! +β

3連休。当初は憧れの朝日連峰縦走(しげぞさんのレポを参考にした、大鳥池から)だったんですけど。

天気予報が・・・。日本海側と東北の天気が大荒れとの予報でやむなく中止。
(;´Д`)'`ァ'`ァ

1泊2日で木曽駒~空木岳の縦走の計画に大変更したのですけど。
前日のニュースで白馬の真っ白な姿が映し出されて(゜∀゜)信じられない感でいっぱいでした。

だけど中アなのでまぁ大丈夫だろうと?思っていたのですが。甘かったです。

まぁ見てください。 写真が多すぎるので1日づつダイジェスト公開ですよ。

(´∀` ) 

下界は快晴。暑いぐらいだったんですけど。
ロープウェイを降りて目の前に現れた千畳敷カールは氷の世界だったのです。

そして上部はガスガス&強風。
宝剣山荘内にて延々検討会が行われた。

そして、一瞬の晴れを収めた1枚ですよ。
木曽駒

宝剣岳通過は雪と氷のため無理という判断で、一度千畳敷カールを下って 再度登り返すという予定だったんですけど。

まぁ相変わらずこんな感じで。こんなお天気なのに軽装の観光客風の人がバンバン登ってくるので、辞めたほうがいいですよ。と諭してしましました。なんでこんなに混んでいるんでしょうね。この山は。(;´Д`)'`ァ'`ァ
木曽駒
そしてカール最下部に戻ってきたあとは、話し合いもままならないまま、気がつけばロープウェイで下界に下りていました。

 

数名はかなーり煮え切らない感にあふれていましたよ。しくしくしく。でも仕方がない。 こんなお天気と氷の状態では、メンバー全員のオケーが無ければ予定を実行することは不可ですからね。(´∀` )

 

そして、時間が余ったので、超マイナー山「陣場形山」に車でゴー。

 

歩行時間は3分もかからずに山頂エリアに到着。


前回来たときは中アと伊那谷の眺めに萌えましたが。南アの眺めも忘れてはいけません。こんなカンジですよ。遠くテカリのほうまで延々連なる南アの山々。
陣場形山

そしてこの山には有志が備え付けた「無料双眼鏡」があるのです。
陣場形山
空気が澄んだこの時間。双眼鏡で眺めると、遠く悪沢岳の小屋までも確認できましたよ。一同かなり縦走気分に浸ったのは言うまでもありません。


そして・・。次の日の山はこの山が良さそうだなと。 決めたのです!(´∀` )
陣場形山


5名中4名がその山には行ったことがありました。
しかし、地図が無かったので 走行中見つけた本屋で地図を広げてミーティング。

もちろん購入していないんですけど・・。(´∀` )
本屋内ので携帯サツエイは禁止ですよ。

コースタイム的にも日帰りがオケーであることを確認しました。

というワケで次の日に続くのです。ええ。
 

←blogランキングです。景色萌えを感じたら?押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 22:51 | コメント (7) | トラックバック
2006年10月07日
 ■  山と高原地図 その④

おかげさまで。山と高原地図写真シリーズも4回目。(´▽`)

HIROさんから送っていただきました。ありがとうございます。
(公開遅くなってごめんなさい。)

さて、今頃は東北の山に紅葉を見に行っているはずでは!?
という指摘がありそうですけど。まぁ置いといてください。ええ。

山と高原地図の「大雪山」と東京日地出版の「雲の平」ですよ。

(´▽`)

タイムリーにも旭岳の紅葉お池写真を公開したばかりでしたね。このお池はどこかな?
大雪山

そして、計画自体が煮え切らない雲の平。いつ行けるんだろう。(;´Д`)ハァ。
雲の平
新デザイン?と思ってよく見たら、「山と高原地図」のではなかったのですね。でも珍しいのでオケーですよ。(´▽`) 雲の平にもお池があったのですね。


さて。

今日は健康診断で「人間ドック」だったんです。(´▽`)年がばれますわ。
で、初バリュウムを飲んで。もー二度と飲みたくないと思いました。ううううう。

発泡剤ゲキマズ+バリュウムで気持ち悪くなり、飲むのに一苦労。なんか口の周りにバリュウムがついていると思い、その場でティッシュで拭いたのですが、何事もなく、ひととおり撮影が終わり、うがいをするために洗面所の鏡の前に行くと。

(・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) 
うううう。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。


なんか口の周りに白くバリュウムがべっとりと激しくついているではあーりませんか。(;´Д`)'`ァ'`ァ


なのに、受付のねーさんも撮影の人もそ知らぬ顔だったんですよ。ひどいです。

「撮影技師さんと受付おねーさん。お願いだから指摘してよ!」と、思い、焦った今日のお昼前のひとときでした。


ちなみにバリュウムの味は「バニラ味」でしたよ。


さらに・・。

健康診断会場に張ってあったポスターによると、笑うことは免疫力を高めたり、体に良い影響をもたらすそうですよ。
「笑う角には福来たる」って本当だったんですね。

この話を会社の後輩KくんとFくんとしていたら、Kくんと私はいつもくだらないことを考えて「にやにや×100」しているので健康なのだろう?(風邪はたまに引きますけどね。)という結論になりました。


そして、それを「にやつき健康法」定義することにしましたよ。


(地図と全然関係ないネタですね。ええ。)


←blogランキングです。
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:02 | コメント (7) | トラックバック
2006年10月04日
 ■  モバイルSUICAの ポスター

最寄り駅に張ってあったポスターです。

スイカのペンギンは前々からファンだったんですけど。

これは萌えですよ。(´▽`)
携帯の待ち受け画面にしちゃいました。

モバイルSUICAの広告ポスター

 SUICA
可愛すぎます。

SUICAって、あのいつものデザインしか無いと思っていませんか?ジツはSUICAはたまーになにかの記念とかで限定デザインが出ているんですよ。 下の写真は東京モノレールとの提携記念デザイン。 青い空にペンギンと飛行機が映えますね。欲しかった・・。
SUICA

私はSUICA発売記念のときの限定モノを持っています。

関西にはICOCAというカモノハシキャラクターがいるらしいです。

久々の山と関係ない広告ネタでした。

 

さて。ε=ヽ( ´∀`)ノ



いろいろと・・



事件は管理者のいない間に起きていたらしいですね。
水没効果で一瞬1位だったようで。


今日はFCのほうもお昼過ぎあたりに、Teamにこちゃんと2位、3位で並んでいたりと。(キャプチャーとっておけば良かったな。)


皆さんありがとうございますね。


そういえば山と高原地図の写真を頂いています。
雲の平と大雪山(タイムリーでしたね。)明日公開できるかな。


←blogランキングです。
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:57 | コメント (2) | トラックバック
2006年10月03日
 ■  北海道遠征 その③の ダイジェスト

週末+1日の北海道遠征から戻りました。

今回は久しぶりの大雪山エリアです。

二ペソツ山と旭岳で今年の初スノー&紅葉を楽しんできましたよ。

やっぱり北海道の山の景色は雄大です。 

(´▽`)さて。

 

10月1日(日)二ペソツ山
ニペソツ山
午前中は大変良いお天気で。大雪の忠別岳エリアがばっちりと見えていました。

ニペソツ山
かなりガスってしまいましたが、北海道としては初のアルペン風な山容の山。Sもかなり絶賛していました。ちょっともやもやしていたのが残念でしたが、この山頂エリアを眺める景色とは別に、反対側の歩いてきた山々のの重なり合う姿がとてもよかったです。(レポで公開しますね。)CTは12時間とかなーりびびっていたのですが、山頂にいた時間が短かったこともあり、トータル10時間ぐらいで山頂往復できました。トムラウシ風な岩岩な山。穴から顔だけ出るナキウサギ。走り回るリスたちが大雪山系の醍醐味?( ´∀`)でしたよ。

10月2日(月)旭岳
前日のニペソツより眺めていた大雪エリアは旭岳あたりが雪でピカピカ輝いていたので大変気になってしまい・・・さらに、予定していた十勝~美瑛岳あたりは、厚ーい雲に覆われていて、月曜の十勝エリアの天気予報もいまいちだったので急遽予定を変更したのです。

百のカウント。実は、大雪山としては「黒岳」しか登っていなかったので、今回の旭岳は初登頂。 ロープウェイで気軽に登れる山ということでそれ程期待していなかったのですが、ロープウェイを降りたところでこの景色ですよ。 前日あまり撮影できなかった分ビシバシとシャッターをきりまくっていました。
大雪山
殆ど休まずに登って・・・そして、ギリギリ山頂の青い空に間に合いました。 大雪山
その後、山頂エリアはガスガスになったり、ガスが消えたりの繰り返し。ガスが消えた瞬間に山頂エリアにいた一眼レフの人たちのカメラが激しく活躍して?いましたよ。ε=ヽ( ´∀`)ノこちらはコンパクトデジカメですけどね。


そして、旭岳からもふたたび紅葉の忠別岳エリアを確認しながら下山しました。
 

ロープウェイに戻る前にお池めぐり。草紅葉に萌えました。
大雪山
最近沢ばかり行っていましたがやっぱり眺望の山はいいですね♪
大雪山系の雄大さを改めて感じた「山たび」でしたよ。



そして、今年は3回も北海道に遠征してしまったので、さすがに来年は?という話があったのですが
大雪山を再び歩きたくなってしまったのできっと来年も行ってしまうでしょう。

 

さて、デジカメが水没より復活して何事もなく?と思っていたのですが、通電防止のため電池を抜いていたので、日付がクリアされていたんですよねぇ。試し取りの時にテキトウに日付を設定していたのを忘れていたので、今回の写真の撮影日付が変な値になっちゃいました。レポを作るときに時間を算出するのが大変メンドウです。(;´Д`)'`ァ'`ァ


風邪のほうは、かなり回復しました。やっぱり運動したほうがいいのかもしれません。


←blogランキングです。なんだか目が離せない状況?
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:54 | コメント (7) | トラックバック