2007年02月28日
 ■  オージー向けに変化したニセコ。

さて、ニセコは2004年に来たときから変わっていたのです。

それは、オーストラリアのスキー好きな人のあいだで、
「ニセコの雪は素晴らしい。」と噂になっているから。

別荘を建てれば、オージーにゲキ売れ。地価は跳ね上がったらしい。
昨年11月にカンタス航空が千歳-ケアンズ直行便を就航!

海外のお客様向けに変わったニセコ。
ニセコに滞在する4人に1人はオージィだという。

ニセコのメインストリートはすっかりオージー向けなお店でいっぱいなのです。

こんなお店や。
ニセコ バックカントリースキー

こんなお店がたくさん。
ストリートを歩いていると、海外のスキー場に来た気分。ニセコ バックカントリースキー

ニセコ バックカントリースキー
両替屋まで。ありましたよ♪

ニセコ バックカントリースキー
コマーサルももちろん英語。(ニセコのパウダースノーはどう?)


ニセコ バックカントリースキー
100円うどん屋の看板も英語。(うどん屋なのにオージーで賑わっていました。)
セレブなみなさんでも安いほうがいいらしい?

ニセコ バックカントリースキー
うどん屋の壁にあった説明文も激しく英語ですよ。(´∀` )

ニセコ バックカントリースキー
ローカルルールももちろん英語版ありで。コースマップも英語版ありで。

1日目は前日から積もったそれなりの雪で、滑っているオージーが「It's paradise gerennde!」と楽しそうにいっていたのが印象に残ります。

オージーな人たちの滞在期間はおよそ10日間。日本のお客様よりゆったりまったり、大変な経済効果だそうですよ。そして、ニセコを味わったオージーな皆さんは白馬エリアにも流れてきているらしいです。

ガイアの夜明けでも特集されたらい。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview050222.html

そんな、時代の流れ。

ぜひ、2006年に閉鎖してしまった、ARAI MOUNTAIN をオージーに紹介して、お金持ちなセレブにARAIを買い取ってもらって再開させてほしいです。噂はウワサを呼ぶのです。英語が得意でコネのあるみなさん。よろしくですよ。

ニセコ バックカントリースキー
オサレホテルだったというウワサのARAIの施設。そして非圧雪バーン満載なコースのパウダーでBC三昧。セレブオージーにぴったりだという認識ですよ。

いつかは消えてしまうだろう。ARAIの紹介ページ。
http://allabout.co.jp/1/207781/1/product/207781.htm


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )
ランキング下がるとツーウーです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (2) | トラックバック
2007年02月27日
 ■  ニセコ BC
土曜日から二泊三日でニセコに行っていましたよ。

今回は状況がよかったので、日曜日に1回。
月曜日に2回も山頂まで登ってプチBC。(´∀` )

お天気がサイコーだったのでニセコ山頂は360度。海まで見えるとは!

今回のメンバは、Dとイケ麺風後輩Kくん、KATSUと私の4人で。年に1度は行っている会社メンバとのスキー旅行なのでありますよ。なので一般人なので今回はBCは無理かなと思っていましたが、2日目の午後になって、いい加減我慢できなくなったワタクシは、「もー、私は一人で山頂に行く!(´∀` )」と、言ったら、折角なのでということで、メンバの全員が山頂までハイクアップ(15分ぐらい?)そして、最初は薄いモヤだったお天気は徐々にスーパーガスガス。でも雪はそれなりで、まーそれなりのBCで、花園エリアに帰還。

そして、3日目。朝からスーパー快晴だったので、またもや煮え煮え。いい加減我慢できなくなったワタクシは、「もー、私は一人で山頂に行く!(´∀` )」と、言ったら、さすがに一般人の会社メンバは「俺は行かない・・(´∀` )」と口々に。なので一人で山頂エリアからBCしちゃいました。写真は天気の良かった3日目を公開ですよ。スーパー快晴の激しい青。

9:34 ゲレンデトップより、ゲートを通過して、山頂へ向かいますよ。
ニセコ バックカントリースキー 
ニセコにはローカルルールというものがあります。それは、BCが盛んなこのエリアで、雪崩のおきやすい完全立ち入り区域を定めるとともに、毎日雪崩の起きる可能性を予測し、危険の少ない日は、ゲレンデからBCエリアに抜けるルートをOPENするというもの。このゲートには監視員の人が立っていて、気軽に山頂へ行かないように注意を促していましたよ。

ハイクアップ中。この写真のように、ザックに板を装着している人はごく少数で殆どの人が手持ちで板を担いでいました。シール歩行の人なんていませんでしたよ。(まぁお天気が良いのでアリだったのでしょう。)
ニセコ バックカントリースキー

9:46 稜線にでましたよ。
山頂はすぐそこなのですが、とりあえず左側のピークに登って景色を堪能。激しく人がたくさんいますねー。この人たちの半分ぐらいが、オージーな人なんですよ。どうもオーストラリアの人たちの間で口コミで、NISEKOの雪は最高!という話になっているみたいで、ゲレンデにも街にもオージーな人がたくさんて、気分は外国のゲレンデでした。
ニセコ バックカントリースキー

そして、山頂エリア。ゆるやかな稜線を歩いたらすぐ。
ニセコ バックカントリースキー

10:05 山頂エリア。奥に見えているのは避難小屋です。
ニセコ バックカントリースキー

ニセコはこんなにも海が近かったのですね。(´∀` )感動。
ニセコ バックカントリースキー

連なる山々。
ニセコ バックカントリースキー

羊蹄山と山頂碑。羊蹄山もBCできるのですよね。いつか滑りたいな。
ニセコ バックカントリースキー

そして、こんな斜面を降りましたよ。
ニセコ バックカントリースキー
さすがに土日の後なので、隙間なく滑った跡が残っていて、BC感は薄いです。でも山頂からすぐ降りたあたりは、まだまだフカフカの雪で楽しかったな。

10:30 花園エリアに帰ってきました。

そして、あまりにも楽しかったので。お昼集合の12時まで時間はたっぷりだったので、再びゲートを越えて山頂からBCをしてしまったワタクシですよ。

相変わらずお天気は良かったし。


今回はネタがたくさんあるので、また記事を載せますよ。

←blogランキングです。
よろ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:53 | コメント (8) | トラックバック
2007年02月22日
 ■  PUMP2 と ストマジの違い。

昨年12月からはじめたボルダー。
気がつけば16回も通っていましたよ。(´∀` )

PUMP2 と ストマジの違いについて
語ってみたいと思います。

追記しましたよ。

先週土曜日に久しぶりにストマジに行ったら、セットが変わっていて、できなかった課題ができないままに消えていました。激しくショックだったのですけど、今まで全然できなかったストマジの6級をバンバンクリア。そして5級も1課題クリア。PUMP2での修行により、少しはデキルようになったのでしょうか。

さて、写真はすべてPUMP2のボルダーエリアなんですけど、本題<PUMP2とストマジの違い>

①石の大きさ。
ストマジ:全体的に大きくて持ちやすいが、全体的にチョークで白くなっている感が激しい。
PUMP2:サイズはいろいろであるが、級があがるにしたがって持ちづらいものが多い。

②壁の傾斜
ストマジ:垂直とスラブは全体の7分の1程度。ほとんどが傾斜壁
PUMP2:傾斜壁もありますが、壁の下部は垂直なものが多い


③ストイック度
ストマジ:ストイックな客が多い
PUMP2:みんなでワイワイ系?(たまに平日の夜は1人客だらけだったりすることも)

④オシャレ度
ストマジ:倉庫系
PUMP2:激しくオサレな建物です。癒されます。
PUMP2
⑤ルートの高さ
ストマジ:PUMP2より5~10mぐらい低いかも。だけどオートビレイ装置があるんですよね。
PUMP2:高い!オートビレイ装置が無いのでビレーヤーが必要です。(´∀` )今後はルートもやりたいのでPUMP2にクライミングロープを置きっぱなしにする予定。そしてビレイ仲間が欲しいところですね。

PUMP2 

さて、話は変わって。<ボルダーの面白さ>

それは、
「出来るようになる喜び」

私の行っているクライミングジムはだいたい8級ぐらいからはじまって、
級が上がる語とに数字がマイナスされていきます。

初めてクライミングジムに行った、2ヶ月前は8級の水平やスラブ壁は登れたものの、傾斜壁は全然無理だったんですけど。それが、徐々にレベルUPして、 6級の70%ぐらいをクリア。5級を1課題クリア。2課題攻略中な自分。

今まで手が届かなかった石に新しいムーブを覚えて、掴めるようになった瞬間。

そして、課題をクリアしてゴールの石を掴んだ瞬間。

ボルダーエリアのルートを最初から最後までやりとげた瞬間。

それは、 
やり遂げ感。」

激しく、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!と言いたくなる瞬間ですよ。

100達成のときや山頂をゲットして快晴だったときとは違う、やり遂げ感。
このやり遂げ感を求めてみなさんジムに通っているのでは?

他のスポーツなどではこんなに短期間に「級」という基準でレベルUPを認識するのは難しいと思います。お仕事でもやり遂げ感を得るのには激しい努力が必要でしょう。そして、管理系の仕事ではやり遂げ感は低いですから、激しく不足していたのです。

日ごろのやり遂げ感の充足に。

あとは、室内ボルダーは日焼けせずに体を鍛えられるのがイイですね。



←blogランキングです。
最近なんだか・・(;´Д`)'`ァ'`ァですよ。

投稿者 gogoalps : 01:42 | コメント (6) | トラックバック
2007年02月19日
 ■  御嶽山 BC

今週日曜日は御嶽山でBCしてきましたよ。(´∀` )

御嶽山は過去に2回、田の原口からのルートを歩いているので、
いつものBCより安心して滑れましたね。

そして、雄大な峰を滑降する喜び。BCは辞められません!!

土曜日の深夜に自宅を出発して。最初は雨だったんですけど、中央道は激しくぼたん雪が降っていて、大変なコトになっていました。
まちゃ殿運転ありがとうございました。

で、おんたけスキー場についてからも、ガスに覆われて、今週も眺望なし?と、思っていたのですが。

09:00
  
ゴンドラにておんたけスキー場TOP。樹林を少し下り。
09:10  田の原口より平らな参道を歩きます。
10:40  だんだんとガスが切れてお天気が良くなってきましたよ。

バックカントリー

 

バックカントリー

振り返り、田の原口方面を眺める。下界は雲海なようであります。
バックカントリー 

11:10  弱層テスト中。
雪はかなり硬く締まっていたので叩いても容易には崩れませんでした。

バックカントリー

休憩中。
バックカントリー 

11:30  森林限界超えたあたり。
バックカントリー 
バックカントリー バックカントリー

12:10  だんだんと傾斜を増す雪面。高度あげまくり。
バックカントリー バックカントリー 。

12:10  中央アルプスの峰たちが見えています。 萌えました。
バックカントリー

12:30  王滝山頂の建物が見えてきました。
バックカントリー 

13:10  王滝山頂到着。 

これより上の剣が峰エリアは激しく雪とガスが舞い上がっていてとても先へは進めませんでした。この時期にココに来れたのはとっても嬉しかったですよ。霧氷のついた獅子と石像は御嶽山ならでは。

バックカントリー 
山荘エリアから見えている岩山に登ってはしゃいでいる人が2名いましたね。
風を避けて神社の間で、しーめー&休憩&装備変更。寒かったです。

13:40  滑降開始。下りはかなり濃いガスに覆われてしまいました。

ガスの切れ目を狙って滑降。雪煙をまいあげているのは、しち。
バックカントリー
上部はパウダーとは言えませんが快適な斜面で。

イケている滑りを仲間たちが披露。

私も経験値UPにより今までで一番イケている滑りを披露できたという認識です。
(相変わらず自カメラでレポを作っているので私の滑降写真はありませんよ。)

そしてイケているように見せるためにスピードを出したのでバタバタと何度も転びまくりで。まだまだ修行が必要という認識です。

ガスの切れ目の青空。すえ。
バックカントリー 

テレマークのまや姫。
バックカントリー 
下部は、疎林のツリーランになっていましたね。

15:00  田の原口より御嶽山を見上げる。

一同萌えまくり。あまりにも快適なBCだったので、またルートを変えたりしながら来たいと話していましたよ。

バックカントリー 
御嶽山BC。素晴らしかった!

そして、ゲレンデに戻ったら気温が高かったせいかか、雪はかなりぐちゃぐちゃ。

駐車場に戻って、温泉に入ったあと猪豚丼を食べる。

帰ってきたばかりなのに、またBCに行きたくなっているワタクシですよ。(´∀` )

そして、今回の写真は全てNEWカメラのPENTAX Optio W20 で撮影したのですが、想像以上に良い出来ですね。ピクセルを4Mにしたというのもありますが。 

←blogランキングです。
最近なんだか・・(;´Д`)'`ァ'`ァですよ。

投稿者 gogoalps : 00:13 | コメント (9) | トラックバック
2007年02月16日
 ■  BC本 と きまぐれコンセプト

私が一緒に山スキーに行くメンバは「岳人」のBC特集記事を参考にしていることが多いのですよね。今年の岳人のBC特集は既に次の号に移り変わっていて(;´Д`)'`ァ'`ァしていたんですけど。

常駐先の近くのNSビルの本屋。
こじんまりとしているようで、山本充実。その他の本も充実。

SUBWAYでのお昼ごはんのついでについつい立ち寄り。

今日は、3人娘の載っている「山と渓谷」もチェック。
カラーで4頁も特集されているなんてスゴイです!!
(´∀` )おめでとうございます♪

で、BCの良い本を見つけちゃいましたよ。

ハイグレード山スキー 

16エリアから150ルートプラス実践ガイド39ルート。
地形図なので見やすく便利。

すべての山スキーヤー待望のルート図集。雪崩対策解説付き。

地形図の勉強もしないといけないし。
やることはいくらでもありますね。



で、山とは全然関係ないですが、もう1冊紹介。(実はこっちが本題だったり?)

週間漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」に載っている。
広告業界系4コマ漫画。「気まぐれコンセプト」のクロニクルという本が出ました。

1984年~2007年までの掲載内容を全て収録。
これを読まないとバブル前~バブル全盛~バブル終了~現在の日本のカルチャーは語れないという認識ですよ。気まぐれコンセプト クロニクル

1年ごとにその年に流行ったキーワード。 古いところでは「ウオーターフロント」とか、今は無き「六本木プリンス」とか・・それにまつわるネタが紹介されています。

本の最初のほうには、「白クマ広告社(電通?)」、「荒鷹エージェンシー(博報堂?)」、「カブト自動車」の3つの企業とそれに所属する社員の地位などが説明してあって、へー。(´∀` )がUPしますよ。

忘れてしまっている、その年に流行った用語などは、脚注が入っているので問題なし。

本の厚さは5cmぐらい。あまりにもぶ厚いので、持ち歩いて電車の中で読むのは無理ですよ。ボルダーのための筋トレにはなるかもしれませんね。

業界といっても、私の所属している業界とは違いますけどね。

 

バブル期の広告業界のあまりにもお下品な接待にビックリだったりしますけど。そういう自分とはまったく関係ない業界のオハナシは面白いものですよ。

ついつい、未だに、お昼ご飯に行く時に、「しーめー行こう!」といってしまうワタクシですよ。(´∀` )ええ。

「クロニクル」は英語でchronicle。 年代史という意味だそうです。

表紙を見て思うことは、1984年はPCも携帯電話も無く喫煙でなかったデスクが、今はノートPCと携帯でとてもクリーンになっていること。そういった時代の流れによる身の回りの変化が面白い。(もちろん私は1984は学生でしたし、社会人となって数年経った今はノートPCを作業場所に持ち歩く日々で、机の上は永久に増えていく資料が散乱ですけど。)

ぜひ本屋でちらり見してみてください。(漫画コーナーじゃない場所に置いてあります。)

←blogランキングです。
なーんか最近。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:21 | コメント (6) | トラックバック
2007年02月13日
 ■  安達太良山 くろがね小屋 プチBC 

今年で3回目の安達太良山のくろがね小屋。

暖かくて温泉つきでそしてゆったりしたとても良い小屋ですよ。
気がつけば今年で3回目になるんですよね。(´▽`)

天気予報どおり。ありえないぐらい真っ白な世界を満喫?してきましたよ。

コメントのお返事なかなか書いてなくてごめんなさい。

2月10日(土)雪

12:10 
あだたら高原スキー場ゴンドラTOPより出発

13:10 
山頂まであと半分といったところかな。最初は太陽がちらりしていたのですけど。
安達太良山 くろがね小屋

安達太良山 くろがね小屋
気がつけば激しく真っ白な世界。今回は総計7名。スキーチームが3名とスノーシューが4名でしたよ。

13:40 山頂到着。激しいえびの尻尾ができていますね。安達太良山 くろがね小屋

その後、ガスは激しくなって、スキーでちょっと滑ると後ろにいるメンバーが見えなくなるぐらい。これが未知の山だったら、撤退だったかもしれませんが、もう3回目なんですよね。

そして、バテ棒が激しくつきささるルート。

1回だけちょっとBCに適した滑りやすい斜面があったかな。激しくプチでしたけど。

本当は「鉄山」方面に下りたかったのですが、そこは合同チームというところで。仕方がない。

14:40 小屋直前の斜面。岩やブッシュが出まくりですね。安達太良山 くろがね小屋

15:05 小屋到着。石炭ストーブがとっても暖かいです。安達太良山 くろがね小屋
早速温泉を満喫して、いつものように宴会開始。

メニューは、すき焼きと、しめ鯖と、サーモンまりねと、超ゴーカでしたね。

そして、VDが近かったので、ビミョウにCHOCOが炸裂していましたね。
(接待品という認識ですよ。)

20:30 
2度目のお風呂に入ってから寝ました。20時代に寝るのはとっても久しぶり。日ごろの睡眠不足を山小屋で補うのは恒例。

2月11日(日)雪


朝、目覚めると1名が「阿波踊りの夢を見た・・。」と騒いでいましたよ。どうも寝る直前に去年の百遠征の時の、徳島空港での撮影写真を見たことが原因のようです。(いつまでもデジカメに古い画像を残さないでおいてください・・。)で、私はなぜか、中国のお祭りで披露される龍の踊りの夢を見ていました。まーどうでも良い話です。

これは、小屋番さんの作った、「ワカンスノーシュー」。

安達太良山 くろがね小屋
アイテム作り好きにはたまらない一品かも。ワカン以外の材料はすべて100均ショップで揃えたそうですよ。

08:10 小屋を出発

朝からやっぱり雪が降っていましたが、伊勢平はスキーでは平らすぎるので、予定どおり山頂を通って、ゲレンデに戻ることにしました。そして、この日も、太陽がちらり見えしていましたが、相変わらずのスーパーガスガスで景色なし。

(;´Д`)'`ァ'`ァ

せっかくNEWアイテムとしてGETしたPENTAX Optio W20 の景色写真が全く撮れず!(目的は雪山と沢での活躍のため、防水仕様というのが第一目的だったんですけどね。)デジカメの液晶画面で見た絵はかなり白飛びしていてイマイチだったのですが、家に帰ってPCに取り込んだ写真はまぁまぁでした。FinePixの激しいコントラスト写真が好きだったけど。まだ青空を撮っていないのでなんともいえないかな。

(;´Д`)'`ァ'`ァ

山頂までは行きませんでしたが、付近は激しい風となり、雪嵐の中で、スキーのシールを剥がすという大仕事もあったし。

とりあえず、やっぱり天気予報を見てから山に行ったほうがいいという認識ですよ。


11:10 ゴンドラ乗り場に到着。

強風のため、ゴンドラは止まっていた。ゲレ喫茶でまたーり大休憩してから、ゲレを滑って降りる。

BCとしては簡単なルートでしたが、小屋装備でもフツーに滑れてよかったかな。(´▽`)ええ。

16:40 猪苗代湖で白鳥観察
猪苗代湖 白鳥
期待していた白鳥は暖冬のためか、3匹しかいませんでしたよ。
一部のバレエ好きなメンバは「白鳥の湖」を妄想していたらしいです。(これはFinePixでサツエイ)

そして・・

次の日は、西吾妻山な予定だったのですが。

車中で見た会津の天気予報があまりにも悪かったので、買出しで立ち寄った「ヨークベニマル」で。一同の意見は一致した。

「帰ろう・・」 (;´Д`)'`ァ'`ァ 

天気予報のせいです。

その時間は、既に
18:00だったのですけど、

帰りの高速はとても順調で、23時ぐらいにはトーキョーに戻ってきましたよ。



2月12日(月)トーキョーは快晴。

前日。露天風呂の周りの石を使って、岩につかまる感触を楽しんでいたワタクシは。やっぱりボルダーという認識だったので、まちゃこと708に、「明日はボルダーです。(´▽`)」と、言っていたので、

15時ごろにPump2に集合。

そしたら・・

偶然にも、KuchakuchaさんとKazoooさんがいたので、激しく気分は高揚。

最初はボルダーエリアで、6級攻略。5級はやっぱり攻略不可。

カウンターバランスがいまいちできていない自分を認識。

そして・・

参加する人が私たちのチームぐらいしかいなかったので、初の「ボルダー道場」に参加。

レベルが高すぎて、ぜんぜん出来ませんでしたが、新しいムーブの型などを覚え(出来ませんが・・・)とっても参考になりました。いつもはデキル人たちでいっぱいのボルダー道場もたまには勇気を出して参加しようかと思いました。

19時ごろから、1階のルートエリア。

久々の、トップロープを使っての登り。

初めてPump2に来た時は、手足限定でのルートなんて(;´Д`)'`ァ'`ァというか無理だったんですけど。

ここは日ごろのボルダーの成果?

5.7、5.8は、余裕♪

5.9を2種類。まぁ・・・なんとか。(リードは無理)

早く外岩に出たいという認識ですよ。

(´▽`)ええ。


ちなみに、閉店ソングの「ラブイズオーバー」

悲しいけれど 終わりにしよう きりがないから ・・

できない課題をいつまでもいつまでも閉店が過ぎてもやりつづけてしまうお客。いい加減帰ってほしいというお店側の認識。

身につまされる歌詞という認識ですよ。


ブラックリストに載ってしまっては困るので、この日はさすがに20時50分には切り上げました。


そして、kuchakcuhaさんとkazoooさんにまたもやお世話になり、大変ありがとうです。


(最近山より充実するボルダーレポ?)

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:59 | コメント (11) | トラックバック
2007年02月05日
 ■  金山岩 BC

今週末日曜日は平湯温泉スキー場~金山岩。
無風快晴で素晴らしいお天気でしたよ。

とりあえず写真と時刻だけ公開ですよ。(´∀` )

<文章は後日追記しますね。>

8:40 平湯温泉スキー場ゲレンデTOP スタート。

9:50 樹林帯通過中。展望が開けました。
金山岩


四つ岳と猫岳
金山岩

 



12:20  金岩山頂は時間切れ。最後の急登を眺める。
金山岩

 


13:30  本日の最高地点。笠が岳と穂高の山々が見えています。平湯側から眺めると新鮮だったり。
金山岩

 


そして、滑降開始。
金山岩

 


傾斜が微妙でツリーが多すぎるので大変でしたよ。
金山岩

 

眺めはとてもよかったのですけどね。
金山岩

 



13:50  急登を下ったあたり。
金山岩

 


あいかわらず素晴らしい眺めでしたよ。

金山岩

 


14:30  ツリーラン中
金山岩

 


16:10  ゲレンデに戻ってきましたよ。
金山岩

 

詳細は後日追記しますね。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:04 | コメント (5) | トラックバック
2007年02月03日
 ■  BCスキー  装備増強 ①

滑る道具や登る道具は揃っていたけれど。
まだまだ揃えるものはたくさんありますよ。

で、本日、装備増強♪

買いましたよぉ。(´∀` )

ええ。

TRACKER  DTS (トラッカーDTS)
ビーコン

足跡マークがとってもカワユイ。ステキなデザイン。

デジタルビーコンの中ではもっともリーズナブルなお値段。

捜索範囲はちょっと狭いけれど、同一機種同士なら受信範囲は50m。
デュアルアンテナにより精度が高いらしい。初心者にも扱いやすいとか。

http://www.bcaccess.com/bca_products/tracker/index.php

というワケで、明日のBCに持っていきますよ。

ビーコンチェックの瞬間がめちゃもちゃ楽しみという認識ですよ。

ビーコンで。ビコーン♪ビコーン♪な瞬間。

埋没訓練もそのうちやりたいですね。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:04 | コメント (3) | トラックバック