2007年03月31日
 ■  ブロガー限定! サントリー武蔵野ビール工場 見学会 ②

さて、バスはいよいよ。
新宿野村ビル前に到着。

予定より早く、新宿高層ビルエリアに到着してしまったバスは、意味もなくこのエリアをうろうろしていたのですけど・・。と、ある原因で早くバスを降りたかったと訴える人々がいたので。

ほどなくバスは野村ビル前に到着。(´∀` )

あーこれで・・なんとか・・と、思いつつ。

早くある場所に到着したいという、人たちを案内するために、小走りになる、SUNTORYの係りのおねーさん。

しかーし。走ろうと思っても走れない状況の人が数名。

(;´Д`)'`ァ'`ァ しましたね。 ええ。

そして、なんとか状況は改善されたので、改めて、空を見上げてみましたよ。
サントリー武蔵野ビール工場
高層ビルの乱立するこのエリアは、平日でも各国の観光客の人でいっぱいですよ。

各国の観光客のみなさんは、日本の気温がわかっていない人もちらほらで・・。
今年は暖冬だったせいもあって、2月なのに半そでTシャツで歩いている人を見かけたのには、(゜∀゜)ビクーリしましたね。

なので、このエリアを歩くときには、街をあるく他人の話している言葉に耳を傾けてみよう。

異国情緒が味わえるという認識です・・・。

と、そんなお話はここまでにして。


エレベーターはぐんぐんと高度をあげて・・46階。
目的のお店Dynamic Kitchen & BAR

サントリー武蔵野ビール工場

案内された、30人ぐらい入りそうな個室の窓から外を眺めると。
サントリー武蔵野ビール工場
なかなか素敵な景色が広がっていましたよ。

この後、綺麗な夜景を見るはずだったんですけど。(´∀` )ええ。

さて、メニューが配られましたよ。
「東京プレミアム饗宴」という、オサレな献立の題名ですね。
サントリー武蔵野ビール工場  
おお。期待。

ビール工場での、無料ビールでもかなり良い気分だったのですけど。
さらに、お食事まで食べられるなんて。(´∀` )にやつきが上昇しているワタクシだったですよ。

1品目。季節の前菜もりあわせ。
サントリー武蔵野ビール工場

2品目。巨大なざる豆腐。 サントリー武蔵野ビール工場
ウェイターの人。撮影されるのに慣れていないようで。ドキドキ感が伝わりましたね。(´∀` )まーblogerの洗礼をうけたということでしょう。有名店ですから、これからも、blogerが訪れて、バンバン撮影をすることが予想されますよ。

3品目。お刺身盛り合わせ。 サントリー武蔵野ビール工場
お食事だけでなく、もちろんお酒も飲み放題だったのですよね。

ここでも、サントリー ザ・プレミアム・モルツを思う存分飲んでいたのです。
ワタクシ。

そして、私達の周りには、目の前には、15組中3組だった、山blogerの4名

たけさんまきくまさん木曽駒さんロビンさん)と、 

りまめハウス」の、りまめさんとお友達。

お隣にはなんだか楽しいふたりごはん」の、くっきーさんご夫妻。

とっても話があって、すごーく楽しかったのですよね。ええ。

美味しい料理もバンバンでてくるし。

そして、何杯飲んだか忘れてしまいましたが。

ワインも飲んだりして。

(;´Д`)'`ァ'`ァ してきちゃいましたよ。

で、宴もたけなわ。山bloger6名で記念写真。 サントリー武蔵野ビール工場  
夜景が大変綺麗だったそうですよ。(撃沈のため、記憶が薄いですが。)

その後は、くっきーさんご夫妻と意気投合。

新宿の某居酒屋で2次会。ε=ヽ( ´∀`)ノでしたね。

そして、家に帰ってからみなさんの素敵なblogをチェック。
これを機会に縁ができそうな方々が増えまして。

世の中に「建築blog」というのがあることが、驚いたし。
くっきーさんの作るお料理が本当に美味しそうで盛り付けや食器やテーブルせっリングのセンスが素敵で感動したし。

今までネット会で知り合いになれる人といえば、ほとんど山bloger限定だったので、なんとなく異業種交流という感じでしたね。

そして、いっきに山ネット会の知り合いが4人も増えて嬉しかったり。

本当、こういう会って良いなーって思いました。

さて。えーと。

なんだか、また飲みたくなってきたという認識です。

で・・

私の家の近くにも。プレミアム・モルツの飲める店を発見。

「確かにうまい」 ザ・プレミアム・モルツが飲めるお店の検索HP

見つけたのは、

Claude [創作蕎麦ダイニング]

なかなかオサレな蕎麦ダイニングみたいです。今度行ってみよう。


 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 01:02 | コメント (5) | トラックバック
2007年03月30日
 ■  ブロガー限定! サントリー武蔵野ビール工場 見学会 ①

さて。そろそろ。お待ちかね?
「ブロガー限定! サントリー武蔵野ビール工場 見学会」 の
ご報告ですよ。

ビールも気になるところですが。
blogerの集まりに参加するのは初だったんですよね。
しかも山bloger以外の人と交流する機会なんてありませんから。

かなーりワクワクしていましたよ。 (´∀` )ええ。

3月24日(土)くもり

南武線の分倍河原駅を降りた私と「め」は、トークをしながら、遊歩道をスタスタ歩き。

工場正門にたどり着いたら。
サントリー武蔵野ビール工場

なんか、早速看板の写真を撮っているカポーがいて。
「(゜∀゜)blogerだわ・・」と、言いつつ、自分もしっかり看板撮影。

工場見学エリアにはshopがあって。いろいろ売っていたのですけど、やっぱりビール好きな人には、このアイテム「ビアスムーサー」という認識ですよ。
サントリー武蔵野ビール工場
¥800ぐらいだったかな。今日は無料ご招待のお得な会なので多少の出費も問題ないという認識なのです。



さて、13:00になったので、お部屋に案内されましたよ。

サントリー武蔵野ビール工場

シャンデリアのきらめく、「○○ビール園(゜∀゜)」Likeなこのお部屋は、大きなテーブルとがたくさんありました。 

テーブルの上には、なにやらシャーレに入ったものが置かれていますよ。一瞬「おつまみ?」と、思いましたが、違うようですね。

それにしても、ビールはまだかな・・。

サントリー武蔵野ビール工場

そして、正面入り口にSUNTORY
の人が現れて。 

早速ビール工場見学のイントロダクションが始まりました。

さてさて・・
サントリー武蔵野ビール工場

うーん。

スケージュールによると、試飲は14:15から。(´∀` )まじでー。

ビール工場見学の試飲とお食事会にあまりにも期待してしまったワタクシは、朝から殆ど何も食べずにココまで来てしまったので、めちゃお腹が空いているのです。



プレミアム・モルツ

講座が始まりました。

最初は、プロジェクトX」並みのビデオ。
プレミアムモルツのできるまで。

「世界最高峰のビールを作りたいという信念で、作り上げたビールがモンドセレクションの最高金賞を2年連続で獲得したという自信!の開発者の熱い語り」が凄いです。

モンドセレクションといえば、良くお菓子のパッケージについている、世界的に権威のある食品品評会のことなんですよね。

あのマークがついているお菓子は間違いなく美味い。

日本のビールで受賞したのは初めてだとか。

(´∀` )へー。と、思いながらも。ああ。なんか食べたい・・。 

前の席に座っていたお二人は、ビール工場の近くに住んでいるらしく、工場見学は何度も経験済み。

二条大麦って食べられるんですよ。」って、教えてもらいました。 サントリー武蔵野ビール工場
加熱していない麦が生で食べられることにオドロキ。
(´∀` )お腹が空いていたので必要以上にバリボリ食べる私。

そして、モルツの製法の紹介

麦芽100%、天然水100%のモルツ生ビールの技術をさらに磨き上げ、丹念に作られたのが〈ザ・プレミアム・モルツ〉だそうで。

原料に使っている、香りの良い欧州産のアロマホップの香りをかいでみました。 サントリー武蔵野ビール工場
激しくビールの香りがしましたよ。

サントリーのこだわりは、このホップを2種類。最適なタイミングで投入するということで香りを高めているそうです。

先ほどの写真のホップは固形なんですけど。

本当は↓こんな形ですよ。壁に飾られていましたね。(´∀` ) サントリー武蔵野ビール工場


さて、ミニブルワリーの見学会。

工場で生産用に使っている、設備だと規模が大きすぎて、試行錯誤にムダがでるので、作った設備だそうですよ。 サントリー武蔵野ビール工場
おなじみの発酵・貯蔵タンク。

サントリー武蔵野ビール工場
タンクの中は企業秘密で撮影禁止でしたね。

つづいて、今回のツアーのみ特別で、ビールを仕込んでいるタンクの中身を見せてもらいました。(なぜだかココは撮影オケーでした。)
サントリー武蔵野ビール工場
とりあえず、設備をいろいろ覗くBlogerたち。


 13:10 ついに試飲タイムヽ( ´∀`)ノ

このツアーに応募するワケですから。参加者のほぼ全員がビール好きなワケですよ。

待ちに待った時間がやってきたのですが、blogerには撮影は重要というワケで、美人コンパニオンさんが、ビールを注いで、カウンターの上に並べたら、群がる皆さん、ビールを取らずにとりあえずシャッター(´∀` )を切りまくり! カシャ!カシャ!カシャ!カウンターに近寄りすぎると撮影のジャマになるということも全員が心得ているので、カウンターの前には撮影用の空間ができていましたね。激しく一眼レフ率も高かったですね。やっぱり人気blogには良い写真が重要ですからね。
サントリー武蔵野ビール工場

コンパニオンの方が正しくビールを注いでいます。
サントリー武蔵野ビール工場

泡が細かく、7:3になっていますね。 サントリー武蔵野ビール工場
撮影も一通り終了。

さて、席に戻り。飲みました。

━━マジ━━(゜∀゜)━━うま━━!!!!

美味しすぎ!

そして、飲み終わったグラスには。 サントリー武蔵野ビール工場
お代わり自由ということで、おつまみのスナックを食べながら、気がつけば3杯も飲んでいましたよ。

美味しすぎるビールを堪能し、とても満足。(´∀` )

しばらく、ボケボケしていたら、今度は、缶ビールが配られましたよ。全ての缶のフタがあいています。
サントリー武蔵野ビール工場  

正しいビールの注ぎ方講座。(SUNTORY流)が始まった。
----------------------------------------------
①グラスは冷蔵庫で冷やして準備。
②グラスの1/3位まで勢いよく注ぎ、うまさのフタの役目をする泡を作る。
③泡が落ち着くのを待ってから、生ビールの炭酸を逃がさないように、ゆっくりとグラスにビールを注ぐ。
④ビールと泡の割合は、7:3がベスト。
----------------------------------------------

普段は、参加者の中から選ばれた1名が実践するようですが、bloger限定特別企画というコトで、全員がチャレンジ。

私も美味しく注ぐことができました。
でも、やっぱり、樽生のほうが美味しかったなー。
忘れられないあのお味。

なので、試飲の順番は、
缶→樽生のほうが良いかもですよ。

そんなカンジで第一部「工場見学」は終了。
グラスビール3杯+缶ビール1とバリバリ飲んでしまいました。

そして。

参加者は一路、専用バスに揺られて新宿へゴーなのです。

そのタイムは1時間あまり。

とある理由で冷や汗ダラダラー♪な、参加者が50%はいたという認識ですよ。(ルービーを飲みまくった後の長時間?バス移動は辛すぎ!)

懸命なみなさんには、理由はオワカリですね。
でも、今回は食品の記事なのでお○品ワードは禁止ですよ。
ええ。(´∀` )

サントリー武蔵野ビール工場
さて。サントリーのもうひとつの定番商品「モルツ」。
このモルツのイメージになっている山。
以前の調査で、架空の山だということが判明しましたが。

今年のナツヤマでも、山小屋でバンバンモルツが売られているといいな。

ちょっと、お綺麗なカンジで。次に続きますよ。(´∀` )ええ。

 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (4) | トラックバック
2007年03月29日
 ■  さようなら。SAKIちゃん。
今日は、ある人の送別会でした。

私が、山でテント泊をするきっかけになった彼女。

OL登山の定例の雲取山で、「まさこさーん。テント泊やろうよ。」って誘ってくれたんですよね。そして、伝説の鳳凰三山。白馬。裏銀座・・と、いろいろ二人であるいた日々がありましたね。

そんな彼女もいつしか、ケコーンして、Dの転勤とともに、アメリカに2年間旅立つことになったのです。

送別会は20時半からだったので。二人でちょっと早めに会うことにしましたよ。

まずは。新宿の「高野フルーツパーラー」。

高級果物で有名な「高野」。私は行ったことがなかったんです。

高野フルーツパーラー
B1Fでは高級メロンが15000円とかの素敵な値段で売られていました。


で、パーラーに移動して。
ふたりで苺のパフェを食べましたよ。大きな苺はとても甘くて美味しかった。 高野フルーツパーラー
ケータイ写真なのでピントが合ってない・・。

ここのお店は食べ放題のバイキングも有名なんですけど。女性限定バイキング。オトコだけではバイキングで入店できません!」との張り紙が張ってあるのが面白かったです。

そして、つもる話をいろいろとして。

OL登山で今日は例会をやっていたので、新大久保に移動。

新大久保には石井スポーツがあっって、よくOL登山の集まりで、使わせていただいていたのですけど。4月から原宿のOSHMAN'Sの隣に移店するということで、この町で韓国料理で宴会する機会が減っちゃいそうだなぁ。コリアンタウンはいろいろ面白いのですけどね。

そういえば、2005年は、よく集まりで使用していた、「新宿 談話室 滝沢」が閉店してしまって。いろいろな思い出がかけめぐったな。

さて。送別会の場所は。

梁の家(ヤンの家)
http://www.yangnoie.com/

家庭的な韓国料理の店は、OL登山仲間ではすっかり定番。

海鮮チヂミや、キムチチヂミが絶品なんですけど・・。

サムギョプサル(豚の三枚肉を使った焼肉。)
梁の家(ヤンの家)

焼き板には細かい切れ込みが入っていて、油は下においた器で受けます。
梁の家(ヤンの家)
こんなに油がでるものか・・。と、思いますよ。


梁の家(ヤンの家)
シソみたいに見えるのは「ゴマの葉っぱ」です。ちょっとくせのあるお味ですよ。

さて、今回。海外お引越しということで、輸送が大変みたいです。使わない山道具を譲りうけました。

なんか。見たことのあるザックだったり。

あの当時山を始めた私たちは、テント泊用に、同じLowe alpine のザックを持っていた。

なので、再び・・ Lowe alpine のザックが私のものになったよ。
今度は60リットル。

大切に使うね。

梁の家(ヤンの家)
PHOTO BY SAKI

今回、ザックを譲り受けるということで、そういう服装にしようとおもったのですが、やっぱり勤務地は客先。中途半端にズボンを履くよりは思い切って、ロペピク(Rope Picnic)の白プリーツスカート&ブーツ&Gジャンの組み合わせで! 意外に合っているという認識です。ええ。(´∀` )ちょっとザックの蓋が曲がっていたりしますけど。

 そして、我々は、新宿駅でのお別れで、「転勤族を送り出すサラリーマン気分」となり。階段を登り消えていく、SAKIちゃんに向かって、万歳三唱をしたくなったけど。ぐっと、我慢して手を振るだけにしましたよ。


2年間会えなくなっちゃうけど。元気でいてね。

 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 02:16 | コメント (3) | トラックバック
2007年03月28日
 ■  カモシカスポーツ 松本店
さて。番組はSUNTORYの途中ですが(´▽`) 松本に通いすぎのため、 訪れてしまった、「カモシカスポーツ松本店」

そのお店は、松本インターから車で10分の、広い畑ばっかりのところにあります。近くにはスイカ市場もあったりして。なんでこんな所に・・と、思うのですが、長野の山に出かけて、残念ながら撤退・・というときや、BCで思いのほか早く下山してしまった時に、お奨めのお店ですよ。
カモシカスポーツ松本店  
http://www.kamoshika.co.jp/newHP/index.html


そのお奨め具合は、広々とした店舗と、豊富な品揃え。
先日、乗鞍BCの帰りに立ち寄ったときに見つけた面白アイテムをご紹介。

まずは。

組み立て式プラスチック製のお皿。

カモシカスポーツ松本店
お値段400円ぐらいだったかな。薄いので、とっても軽いし何故漏れないのかとても疑問だけど。

カモシカスポーツ松本店

コップも売っていました。でも、やっぱりコレは軽くても味気ないかな。
私は、コップは持ち歩かないで、シェラカップを愛用しています。

MSRのコッフェル。オサレすぎますね。
カモシカスポーツ松本店

浄水器。これも、MSRが、ありましたよ。 カモシカスポーツ松本店
本格的にアルパインクライミングをやることになったら。(いつだろう。)軽量化のためにも、欲しいアイテムの1つですね。

そして、いろいろな形や色のカラビナや確保器具。
カモシカスポーツ松本店

これから、揃えるワタクシとしては、どれにしようか悩みまくりますね。

そして、もちろん・・。

カラビナ萌していたという認識ですよ。(´∀` )
カモシカスポーツ松本店



さて、話は変わって、本日も平日PUMP2。19回目。

今日もNEWな5級1GET。6級2GET。
壁入れ替わり前に落としまくりですね。

最近あんまり簡単にNEWが落とせるので、喜びが薄れてきました。

と、いいつつ、5級は今までスラブをいれて、3つGETなんですけど・・。

その他の5級は、2、3手で落ちまくりなので、5級の壁は厚いようです。

で・・。

ビギナースクールの相棒が見つかったので。
申し込んじゃいました。4月から。☆

本日。ドキドキしながら、スクール代16800円をお店に支払いましたよ。

山関係では初のスクール参加。

ああ。ドキドキ。

ロープワーク覚えますよん。ε=ヽ( ´∀`)ノ
リードやビレイもできるようにならないとね。

家PCが新しくなって、blogの更新が楽々になったかも。

 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。
投稿者 gogoalps : 01:10 | コメント (5) | トラックバック
2007年03月26日
 ■  サントリー工場見学前のクイズ。
SUNTORY武蔵野ビール工場見学前に
インターネットのクイズに答えて
発行される「終了証」をプリントアウトして持って行くと
SUNTORYから、プレゼントがもらえるみたいですよ。

(´∀` )私もチェックしてから行けば良かったな。

全問正解だと、ビールグラスがもらえるとの噂。
↓早速チェックです。


で、この終了証にリンクを貼ったblogのクリック数、
上位3blogで、プレミアムモルツが貰えるらしい。(アフリエイトみたいだ。)
(´∀` )ルービーGETしたいという認識ですよ。 ええ。

ビール工場の見学は無料だし、お暇なときのネタとして良いですね。
好きな人は何度も通っているみたいですよ。 お近くの人はぜひぜひ。

さて・・。 レポートも作らないと。

 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 14:01 | コメント (5) | トラックバック
2007年03月25日
 ■  できたての「ルービー」を飲みましたよ。

サントリー武蔵野ビール工場から、
新宿の野村ビル内にある、夜景のきれいなレストラン「響」
できたてのビールを楽しむ会

工場はもちろんISO取得済みでしたよ。
サントリー武蔵野ビール工場  

応募総数800組から15組選ばれたblogerたち。

なんとその中で3組が山blogerだったという事実。
担当の方はそれぞれのblogをじっくり見て、当選者を決めたそうで、私のblogは、PiCA富士吉田のOFF会をチェックしてれたそうです。


木曽駒さん、まきくま山さん、ロビンさん。

そして・・

なんと、あの「たけ小屋」の

たけさんにもお会いできましたよ。

まじでー!

無料のお酒とお食事は体に悪いです。
というか、正しく樽から注いだ「プレミアムモルツ」が旨過ぎ。

また明日詳細をあぷりますね。

楽しかったな。


←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 00:05 | コメント (12) | トラックバック
2007年03月24日
 ■  ついにGET。

限定ものに弱い日本人。
ついに北海道限定のあのお菓子をGET。
それは・・

月曜日にpump2に行ったら定休日で立ち直れませんでした。
(´∀` )失意の平日を過ごし。(BCには行ってたけど。)

やっと迎えた金曜日。pump2に同行してくれた山友のMさんが。
会社でお土産にもらったと言って持ってきてくれましたよ。

私がニセコに行った翌週。会社のネトオタ君が北海道に行ったので、カノジョと延々探しまくったのですが、やっぱり見つからなかったという代物なんですよ。

「見つからなかったけど、北海道旅行の良いネタができました。」と、本人喜んでいましたが・・。

コレです。ええ。めちゃ嬉しかったり。
じゃがポックル  
写真を撮ると、本当にフライドポテトみたいですね。

こんな「かわゆい?」キャラクターも書いてありますよ。
じゃがポックル
おいも。

それは、「じゃがポックル」
じゃがポックル
北海道でもめったに手に入らないという伝説のお菓子。
類似商品「じゃがぴー」よりも、おいも感が素晴らしかったです。
ええ。



さて、本日のpump2初級ボルダー道場
「ビギナー道場」ならなんとかなっていたんですけど。

初級難しすぎ!2課題目で撤退しちゃいました。ええ。
参加している人が上手すぎるし。レベル違いまくり。

でも、最近、振りを覚えたおかげで、メキメキ上達。

本日も6級課題を2課題クリア。
そして、延々チャレンジを続けていた、5級1課題クリア。

なんと先週から、トータルで6級は6課題できるようになったんです。
今までにありえない上達度。それもこれも、カウンターバランスを意識するようになったおかげですよ。

さて。そんな喜びのなか、更衣室の入り口の壁に貼ってあったポスター。


4月2日より
アース、パノラマ、キャンパス、スラブ壁 変わります。
心残りのある方はお早めに。


新しい課題ができるのですね。楽しみだな。(´▽`)
心残りのある人が延々壁に張り付くことが増えるだろう。

ラブイズオーバーに気をつけろ。

←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。
投稿者 gogoalps : 01:14 | コメント (3) | トラックバック
2007年03月22日
 ■  十石山 BC の ダイジェスト
春分の日のお休みは、またまたバックカントリー。
白骨温泉エリアから、十石山の山頂を制圧してきましたよ。
とりあえず、ダイジェストですよ。 13:05 山頂エリア
十石山 バックカントリー   

穂高の山々と雪で埋まっている避難小屋十石山 バックカントリー

とても近くに見えている乗鞍岳。雄大でした。
十石山 バックカントリー

今回のメンバーは5人でしたよ。久しぶりの山頂集合写真。
いちばん左側がワタクシですよ。
十石山 バックカントリー
あまりにも、毎週のように関東から長野の山に通っているので、
「遠距離恋愛のようじゃない?」と、いう話になったんですけど。恋愛というなら、バックカントリーに、我々はLoveなのでしょう。

ボルダーやクライミングにもLove中ですけどね。


 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 01:24 | コメント (4) | トラックバック
2007年03月21日
 ■  猫岳 (夫婦松)まで BC

平湯温泉エリアはパウダーSnowがGETできる可能性の高いエリアですよ。

焼岳BCの翌日の日曜日。AM5時に起床した私は仲間を起こしまくり。
朝からどこへ行くのかネムネム検討会。
松本からわりと近くてプチなエリアということで、猫岳の夫婦松までのプチBCに決定ですよ。

9:00 久手牧場
私有地なのでマナーを守って入りましょう。
猫岳 夫婦松 バックカントリー   

猫岳 夫婦松 バックカントリー
樹林帯を抜け、林道に飛び出したあと、それなりの斜面ををガンガン登ります。


猫岳 夫婦松 バックカントリー  
牧場エリアは木が刈り取られているからオープンバーンなのです。でもスキー場感はありませんよ。(写真は平らなカンジばかりですが、斜度はありましたよ。)

猫岳 夫婦松 バックカントリー
再び樹林帯になりました。木にもこもこの雪が積もっているのが久し振りで嬉しい。そして、このあたりでたらたら斜面になってきたので。

11:20 夫婦松駐車場手前で終了
土曜日の焼岳BCでお腹いっぱいの我々はここで終了することに決定。
樹林の中の休憩をナチュラリスト並みに楽しみましたよ。

12:00
 滑降開始

猫岳 夫婦松 バックカントリー
もこもこのパウダーSnowで凄くふかふか。
軽い雪で楽しかったです。

猫岳 夫婦松 バックカントリー
牧場の有刺鉄線と、何故かたまーに出ているトゲトゲの枝に注意ですけれど、こんなカンジのミニオープンバーンがたくさんありましたよ。

快適なパウダーをバンバン下っていきましたよ。
猫岳 夫婦松 バックカントリー  
ここから左のほうの斜面を通って道路まで下りました。それなりの疎林となってましたよ。

12:30 久手牧場看板

お手軽BCは無事終了。

気温もぐっと下がったし。
この週末で、我々は再び冬がやってきたことを実感したのです。

まさに、Spring has come ならぬ。

Winter has come なのです。

冬が来た! 雪が来た! Powderが来た!

そして。

平湯温泉に入ったあと、さとみちゃんとミカちゃんも合流して、松本のイタメシ屋(ピエトロバルコーネ)で遅めのランチして帰りました。1人1600円でパンやサラダはバイキング形式。パスタ、ピザ、リゾットなどいろいろな種類が食べれて、とても美味しかった。5~6人で行くならとてもオススメなお店ですよ。

早めに自宅に帰れたので、ブログのUPも早めに終わって、早く寝れるかなーと思っていたのですが、自分で作成する焼岳レポに萌え萌えしていたので、結局寝たのはAM2時でした。(´∀` )


 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 00:41 | コメント (2) | トラックバック
2007年03月20日
 ■  Movable Type ブログ 改造

またまた Movable Type ネタなんですけど。
ブログを使いやすく改造しましたよ。

たいした改造では無いのですが、読者のみなさんに気がついてもらわないと改造も意味がありませんからね。(´∀` )


①記事の日付のところに 「<<」と「>>」マークを追加。
  カテゴリ毎に前の記事や次の記事に簡単に移動できるようにしましたよ。 Movable Type 設定


②個別記事にカテゴリの一覧を追加しましたよ。
  カテゴリや月別で表示させたときに、全記事がそのまま表示されるのではなくて、記事の題名とダイジェストを表示するように変更したいいのですが、どうやったら良いのでしょう?どなたか教えてくださいませ。(今のところ問題ないけど、これからも記事はどんどん増えるし。)
Movable Type 設定


 ③コメントを投稿された順に上から表示されるように変更しましたよ。(前は逆だったから)
  Movable Type 設定

まだまだ、改造したいところがたくさんあるけれど、記事を作成するところが優先かな。
ドキュメントの「変更履歴」みたいな記事ですね。ええ。

明日の長野は良いお天気みたいですね。
スーパー快晴のヨカン。

 ←blogランキングボタンも変えました。
投稿者 gogoalps : 17:44 | コメント (0) | トラックバック
2007年03月18日
 ■  焼岳 BC
今週末は、釜トンを抜けて、焼岳でのバックカントリーと
平湯エリアの猫岳の夫婦松までのプチバックカントリー

2日連続の BC 激しくサイコウでした。
余韻に浸るあまり。メンバは月曜日もニヤつきがとまらないという認識ですよ。

そんなカンジで。焼岳のダイジェストから、どうぞ。写真いっぱいです。
(最近レポを作っていないのでダイジェストかどうかは微妙ですね。)

05:10 上高地第二駐車場よりタクシー
久しぶりの早朝出発に(;´Д`)'`ァ'`ァしていました。
山ではこんな出発時間は当たり前なんですけどね。

06:20 中の湯側釜トンネル入り口
今回の企画は焼岳でBCしたあとに、大正池付近でキャンプをするというもの。なので、バックカントリー装備+テント泊装備で荷物は巨大化+ゲキ重かったです。さらに、1名が水を作るのが面倒とか言って、3リットルぐらいの水を持ってくるし。(;´Д`)本人重過ぎるというので私が手に持って運んだんですけど。マジ疲れますよ。
雪のある山では、現地で水を作ることを激しく推奨だったり。

早朝のため、釜トンを走るトラックはそれほどでもなく、(;´Д`)'`ァ'`ァしながら、出口到着。


06:50 
上高地側、釜トン出口
右脇の道をしばらく歩き、スノーシェードあたりで、テント装備をデポして、沢へ下りました。

07:30 
沢渡り中
雪の上を注意しながら渡りましたよ。まだまだ薄暗いカンジでしたね。
焼岳 バックカントリー  

08:20 
尾根とりつき
焼岳 バックカントリー
樹林帯をバリバリと登ります。

10:10 
稜線に出ました。
このときのお天気はとっても良くて景色を堪能ですよ。
焼岳 バックカントリー  
前穂と奥穂。岳沢。

焼岳 バックカントリー
霞沢岳。 (お天気の良い日にリベンジしたいのですけどねー)

10:40 2200m(?)付近 (GPS後で確認するかも・・)
焼岳 バックカントリー
焼岳山頂エリアはピッケル&アイゼンの世界なので、途中まで行くことにしましたよ。左側の焼岳南峰?の途中までハイクアップ。

11:50 2300m付近(?)で終了
尾根TOPまで行こうとしていたのですが、天候悪化。ガスはでるし寒いし。で、斜面がアイスバーン化したところで、終了。斜面はかなりキツかったので、スコップで斜面を整地してレストエリアを作成しました。めちゃめちゃ寒かったですよ。
焼岳 バックカントリー

12:20 滑降開始。
斜面上部は激しいガスだったのですが、少し下ったところで天気は回復。快適な滑りをすることができました。おこじょの仲間は、「景色+俺様」よりも、イケている滑り写真を重視していますよ。
焼岳 バックカントリー

12:40 下堀沢。
状況が良かったので、今回は下堀沢を滑降することになった。これが素晴らしい景観で激しく萌えまくり。
焼岳 バックカントリー

焼岳 バックカントリー
岩と斜面が重なり合う景色は、まるで海外のバックカントリーエリアのようで。(海外BCは未経験ですが)やっぱり自分の足で登ってこんな景色を堪能できることがとても嬉しかったり。

焼岳 バックカントリー
そして、しち。まちゃ。すえ。の3名がイケている滑りでガンガン進んでいるのを後ろからスローな滑りで暖かくみまもるワタクシ。

そしたら・・なんか、3名が喋っているのが聞こえるんです。

「あんな滑りだと、POWDERの神様に失礼だ!」

(σ・∀・)σもしかして・・

それは、ワタクシの滑りのことでは?(゜∀゜)

(;´Д`)'`ァ'`ァ まぁ許してください。BC経験年数も滑りのレベルも違うのです。ええ。

焼岳 バックカントリー
と、そんなコトもありましたが。相変わらず景色は素晴らしく。途中砂防のための突堤を越えたりするのに注意したりしましたが、順調に沢沿いに飛び出し。来た道をサクサク戻りました。
焼岳 バックカントリー

13:40
 再び沢通過
行きもかなりビクビクだった、沢通過なのですけど、お昼になって気温も上昇。雪が積もっているところは融けまくり。さらにびくつきながら、沢を通過。なんとか水没しませんでしたよん。

14:30
 上高地側、釜トンネル出口
タクシー会社への連絡は、SBでもmovaでもなく、なんとFormaだけが有効だったですよ。今回の大正池キャンプは、全員の総意により、「やっぱりメンドクサイ。明日もBC。」ということになり、再び釜トンネルをすべての装備を持って戻ることに決定!。そういえば、なんか雪上キャンプ予定だったのに、旅行用のキャリーでザックを運んでいる人が1名。

焼岳 バックカントリー

14:50 中の湯側、釜トンネル出口にて終了。
タほとんど、無心で、釜トンの中をひたすら歩き。外がわりと暖かかったので手袋をしないで釜トンを歩いていたら手がめちゃ冷たくなって、さらに歩く速度がUPしていましたね。
焼岳 バックカントリー

結局この日はすえ亭にて、宴会&就寝。
すがき屋のうどんがまいうーでした。
テント泊宴会用のおつまみ&酒三昧でしたね。

次は、猫岳(夫婦松まで)に続きますよ。

詳細レポはこちらから↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007yakeBC1.html

←blogランキングです。
押してください!お願い!(´∀` )

投稿者 gogoalps : 23:41 | コメント (6) | トラックバック
2007年03月16日
 ■  当選。
最近ブロガーで話題の、あのツアーに当選。
誰と行こうかな。(´∀` )

東京: TOKYOプレミアム・ツアー

もちろんゲストじゃないですよ。
でも、素敵なお店でビールを飲みまくれるなんて楽しみ。

京都編のレポは、しげぞうさんとTiCAさんにお任せですね。
あとは、九州の山ブロガーが、どなたか当たっていたら結構面白いかも。

そろそろ某所に出かけるのでこの辺で。

←blogランキングです。
押してもらえると、やる気UP。

投稿者 gogoalps : 23:32 | コメント (4) | トラックバック
2007年03月15日
 ■  モブログテスト
今日のお昼はSUBWAY。ボリュームたっぷりなんですけどこのカロリーはオススメという認識ですよ。(´∀` ) ケータイカメラのスケッチ機能で撮影したよ。なかなか良いかも。

------------------------------------------------------------------ 
と、いうワケで、3度目の送信にて、moblogのテスト投稿OK。

やっと携帯から記事が投稿できるようになりました。

Movable Typeはカスタマイズがイロイロできるところが利点だけど。必要な機能も自分でplugin入れたり、登録して自分で設定しないといけないから、大変ですね。

文字は画像の下に出たほうが良かったけど。
携帯の改行も有効になってませんね。
メール添付サイズの画像は思ったより大きかったので、後からリサイズしちゃいました。

■設定の参考にしたページはココですよ。
http://uva.jp/dh/mt/archives/000639.html

投稿者の設定(Webサービスのパスワード)になかなか気がつかなくてハマリました。

MovableTypeユーザーしか関係ないネタでごめんなさい。

←blogランキングです。
押してもらえると、やる気UP。

投稿者 gogoalps : 12:57 | コメント (2) | トラックバック
 ■  Movable Type 3.3 アップグレード

やっと、Movable Typeを 3.3にアップグレードしましたよ。
(久しぶりにblogカスタマイズネタ。)

3.2→3.3のアップグレードは、3.3をダウンロードしてファイルを上書きするだけの簡単操作。こんなことだったら、もっと早くやればよかったかな。

テンプレートをカスタマイズしてはまりまくったコトがあったので、アップグレードは、勇気がなくてなかなかできなかったんですよ。

プラグイン TinyMCEforMT も、
新しくなって、ご覧のとおり。新機能がたくさんだ。かなーり軽くなってblogの入力が楽になったのが嬉しいかも。

TinyMCEforMT_JA120   
ボタンにYouTubeが入っているところも気になる。

<参考にしたサイト>http://30smash.main.jp/mt/33settei/movable_type_2.html
↑とにかく上書き!と書いてあります。コレに勇気づけられましたよ。

アップグレード代行 5000円。 やっぱり自分でやったほうが良いですね。

次はケータイから投稿できるpluginをインストールかな。
moblog(モブログ)やりたい!

MovableType 3.34  01.22.2007 リリース

←blogランキングです。
押してもらえると嬉しいな。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:33 | コメント (0) | トラックバック
2007年03月14日
 ■  乗鞍BC

3月11日(土)は乗鞍岳でBCしてました。

ゲレLikeなルートながらも。

早朝から雪がバンバン降っていて、パウダーを期待するもあまりの降りっぷりにビクビクするワタクシ。

その理由は、アウターの上を自宅に置いてきてしまったから。

山を何年もやっているのにそんな忘れ物は初めてですよ。(;´Д`)'`ァ'`ァ

予備の上着でなんとかなったんですけど。

で、そろそろ時間だというコトで、出発準備をしていると、お天気は良い感じになってきて、前日からの雪で、ゲレンデはノートラックを満喫する人で大混雑。

これは、バックカントリーエリアも期待できますよ。(´▽`)』なんて言いながら、リフトでニヤつく我々という認識ですよ。

ラッセルは心配ですけどね。


9:34
 第3リフトを降りたところから


リフトを降りたときにはルートはノートレースで今回は人数が少ないから、まじでーALLラッセル?と、びくついていましたが、3人組のチームが先行してくれたのでかなーり助かりましたよ。 乗鞍岳 バックカントリー
さらに、途中で、暴風雪の位ヶ原でテント泊をしていたMな人たちともすれ違いました。(先頭を歩いていた人は、元郎さんにそっくりで。間違えました。)

乗鞍岳 バックカントリー
『ゲレンデLikeなルートだよ』とは、聞いていたのですが、本当にそうですねー。ルートは見事に木が取り払われています。


で、ひたすらひたすら登っていたのですが。

なんだか2名の体調はいまいち。

一瞬お天気は良くなったのですが、吹き付ける冷風。顔が冷たい。ううう。

まーそれは良いとして、息が苦しくて、ひたすら、(;´Д`)'`ァ'`ァしていたのです。

私は前日、PUMP2で、ボルダーやルートをやりすぎちゃったかな。
1名はバイクで走り回りすぎちゃったかな。

まーとりあえず、遊びすぎなのでしょう。


11:20 位ヶ原直下にたどり着く。


登りきろうとした直前で斜面はアイスバーン。

位ヶ原あたりは激しく雪が吹き荒れていて眺望ゼロ。

これは行っても仕方ないというところで。

ここで休憩して、滑り降りることにしましたよ。

乗鞍岳 バックカントリー
寒かったですね。他のパーティもここでSTOPでしたね。



で、今回は人数が少なかったので、ワタクシの滑り降りる写真を撮影してもらいました。


ええ。(´∀` )



まじ、照れますよ。



ええ。(´∀` )

まじ、照れますよ。(くどいですね。)


乗鞍岳 バックカントリー
あら? 私の後ろにも雪しぶきが。まじですよ。マジマジ!(´∀` ) しち。撮影ありがとうございますよ。


そして、たまーにたるたるな斜面もありましたが、そこはスピード調整。


ゲレLikeなルートだったので、あっという間に滑り降りてしまった。ワタクシたち。


12:10 ゲレンデリターン。


もっとゆっくり滑っても良かったかな。


でも、

パウダーごちそうさま。 (´∀` )にやり。


そんなメールを1名が「すえ」に送りまくったところ、「すえ」我慢できず。


平日会社を休んでBCにお出かけすることにしたらしい。


パウダーは人の心を惑わせますね。

ええ。


←blogランキングです。
押してください!お願い!(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:59 | コメント (3) | トラックバック
2007年03月13日
 ■  麓庵かつ玄 (松本)

乗鞍BCの帰りに立ち寄りましたよ。

築160年の古民家を改造した、とても雰囲気のあるとんかつ屋。

麓庵かつ玄 (松本)

さて、今週は乗鞍BCのあとに、『カモシカスポーツ松本店』に 寄ってお得グッズに萌え萌えしたりした後に、とある友人宅に立ち寄ったら、やっぱり不在だったので、郵便ポストにムリムリあるものを押し込んだり(内輪ネタすぎて、意味が解りませんね。)していたら、ちょうど良い時間になりました。

1名が、過去に毎週のようにARAIに通っていた時期があって、そのときに見つけたお店のようですよ。

道路から見ると単なる『とんかつ屋』のようですが。

一歩敷地内にはいると、そのなんとなくかもしだされる高級な雰囲気が。

お店の外には料理のお値段は書いていないので、1名が最初にお店を訪れたときは、料理の値段を確認してからお店に入ったそうですよ。

玄関は、木曽の宿場町『奈良井宿』にあった、『かなめや』さんと同じように、とても小さな入り口。玄関前に広がる砂利のお庭は京都のお寺のように、波線がついていたりしてましたよ。

さて、中に入ると、待合エリアがあって、店の中心は囲炉裏スペースで、テーブル席とお座敷席がありましたよ。

入店したときは、ちょうど空いている時間だったので、お座敷席をゲット。

お座敷席のテーブルはとてもゆったりと大きく、真ん中に四角い穴が開いていて火がおこせるようになっていました。

なので、『とんカツだから、この囲炉裏は使わないのかなぁ。』と、思っていたのですが、注文が終わると、大きな鍋が置かれましたよ。
麓庵かつ玄

味噌汁だと思っていたそれは。『すいとん』でしたよ。
4種類のつけものは食べ放題です。
麓庵かつ玄
ご飯を漆器のお茶碗で食べるのは初めてだったのですが、分厚くて大きめのその漆器はとても良い感じで手に馴染んでいたので自宅用にも欲しくなってしまいました。

麓庵かつ玄
もちろん『おひつ』も漆器ですよ。すべて『木曽漆器』を使っているようです。


麓庵かつ玄
お代わり用のキャベツも最初から用意されています。この器も良かったな。

そして、私が注文したのは。
麓庵かつ玄
ひれカツ。1800円。
とってもやわらかいお肉でしたね。量も多すぎずちょうど良いです。

麓庵かつ玄
デザートは柑橘系のゼリーでしたね。

ロースかつは、1700円。

トーキョーのそこらにあるお店よりちょっと高いぐらいのお値段で。

この古民家の雰囲気とゆったりしたスペース。(お座敷のテーブルは考えられない程大きかったし、隣のテーブルが全く気にならないパーソナルスペース。それは重要。)と、素敵な食器と、文句なしの美味しいお味。店員も態度良かったし。季節の生花もたくさん飾ってあったし。

大変気に入ったお店です。

お店を出たあと、敷地内の食器屋を覗いてみたら、お茶碗に使われていた漆器が売っていて、これは買わなくては!と、思ったら、なんと、1椀4500円ぐらいだったですよ。

一般サラリーねーさんには、とても手の出せない高級食器だったのですね。でも、大変気に入ったので、買ってしまうかもしれません。

それから、とある場所が、『雪隠し』という名前になっていましたよ。お店のオーナーのセンスが光るところですね。


麓庵かつ玄のHP
http://www15.plala.or.jp/katsugen/humoto.htm


木曽漆器の本山漆器店のHP
http://www.motoyama-japan.com/


←blogランキングです。
押してもらえると嬉しいな。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:10 | コメント (2) | トラックバック
2007年03月12日
 ■  おこじょムービー6 ハクノリ

大好評のおこじょムービーの6が早くも公開。

ハクノリ編ですよ。
ワタクシも登場していますよ。

まだまだBCヒヨッコだったワタクシは激しく、ゲレLikeなスロー滑りですけど。
最近は改善されているという認識ですよ。

よみがえるハクノリの思い出
あーまた、あのパウダースノーを滑りたい。

http://gogoalps.style.coocan.jp/OkoMov6_L.wmv

まちゃ作成ありがとう。


←blogランキングです。
押してもらえると、めちゃ嬉しいです。(´∀` )
投稿者 gogoalps : 00:23 | コメント (10) | トラックバック
2007年03月07日
 ■  皇居の周りを2周。

先週木曜日のアフター20時に
皇居の周りを2周してきましたよ。 with め

新宿勤務になってから、一度はやってみたかったコトがある。

それは、1周5Km程度という皇居の周りを回るというランニング。
トーキョー勤務のセレブ?のみが可能なお遊びという認識ですよ。 

以前から「め」は、たまーに走りこみをしていたというので、めぐの案内で初の皇居マラソン!

「秩父七峰に出る予定だけど、最近さっぱり山歩きをしていないので、トレーニングしなくては!」と、いうコトですよ。(なんか、某ブログの影響?で七峰大会は、ブロガーが炸裂なヨカーンですね。)

さて、JR神田駅付近にはランナーご用達の銭湯があるのですよ。
稲荷湯 皇居マラソン
稲荷湯。神田駅から徒歩5分ぐらいかな。入浴料金400円

この銭湯が有名にになるまえの皇居マラソンランナーたちは、トーキョー駅のトイレとかで着替えて、コインロッカーに荷物を預けたりしていたそうですが、ここならお風呂付で400円。コインロッカー並みのお値段。

銭湯の入り口にはランナーたちのシューズがたくさん置いてあって、内部はマラソン系の人たちでそれなりの混雑でしたね。

ここで、ランニング用の服に着替えて、OL服をロッカーに預けて、いざ出発ですよ。

稲荷湯から5分ぐらい歩いて、東京メトロの竹橋駅。
稲荷湯 皇居マラソン
ココがスタート。 既に時刻は20:55

すっかり夜なので、走っている姿の写真はあまりないですが・・
稲荷湯 皇居マラソン
こんな、カンジで皇居の周りを走りましたよ。(夜なので背景はありません。)

今は山を駆け巡っているワタクシですが、実は学生時代は全く運動部には所属せず、学校帰りはひたすら喫茶店やファーストフードでお喋りや、高校時代は、自由が丘うろうろ♪。大学時代はヨコハマ湘南小田原エリアをうろうろしていたりという♪お気楽生活だったのです。(唯一スキーはやっていたけど)

なので、今までノンストップで5KMを走ったことは無かったのです。

走れるかな?という期待はあったのですが・・
やりとげられるかという不安・・

でも、前を走る「め」のペースにあわせてどんどん体は動きます。

毎日走っているようなランナーのスピードにはかないませんが、一定速度で皇居の周りを移動する感覚は、なんだか面白い感覚でしたよ。アインシュタインの相対性理論を感じてしまいました?(´∀` )

と、いうワケで無事に1周を走りきり。

時間は 21:31

まだまだイケる?(´∀` )ええ。ということで、さらにもう1周。

2周目の後半3分ぐらいは、めぐに大きく引き離されて、ランナー気分を味わいましたが。

走りきった時間は 22:04

なんと~。初のマラソンにしては(自分では)なかなか良い成績。
ほぼ10kmを1時間で走れました。

そして、稲荷湯に戻って、お風呂に入って、

時間が無いのでコンビニ調達で祝杯をあげて、終了。

とっても、楽しかったな。

さて、blog読者の人はお気づきかもしれませんが、

この週はとってもハードだったのです。

その具合と言ったら・・ 

-------------------------
土曜日~月曜日:ニセコ
火曜日:PUMP2でボルダー
水曜日:モンゴル料理屋コス飲み会
木曜日:皇居マラソン
金曜日:休憩
土曜日:御嶽山BC
日曜日:PUMP2でボルダー 
ルートTRでの10Aゲット?
-------------------------

(´∀` )トンでもないスケジュールですね。

ニセコ以外の平日は退社後のお遊びですよ。
アフターファイブを満喫しすぎましたね。

そんな、こともあり。

皇居マラソンはかなりハードだったみたいで。

ちょっと筋肉を傷めてしまったみたいです。

なんだか、足のつけ根が痛いです。

うー。

走れるからって、いきなり10kmはダメだったかな。
アスファルトは足に負担がかかりますからね。

なので、今週の平日はちょっと静養しようと思います。 


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 16:44 | コメント (16) | トラックバック
2007年03月04日
 ■  御嶽山 プチBC 飯森ルート。 開田高原の蕎麦。 奈良井宿

今週土曜日は、

御嶽山の飯森ルートでプチBC。
開田高原の蕎麦。
奈良井宿の喫茶。

まったりしてきましたよ。(´▽`)なんだかんだで盛りだくさん。

メンバーは、まちゃ、しち、ミカ、私。


8:50 ゲレンデ最下部。

9:00 おんたけロープウェイを降りたところ。 標高2130の飯森高原駅。

御嶽山 BC 飯森
ゲレンデ最下部にいたときは、スーパー快晴Likeな青空が広がっていましたが、薄い雲がひろがってきて、あっという間に空は真っ白。(;´Д`)'`ァ'`ァ 今日はスーパー快晴の予感だったのに。まじで!

そして、樹林帯を抜け。ガンガン登りますよ。このルートは田の原口と異なって、登りがつづきます。平坦地は無しで、このときは下るのが楽しみだったのですけど。
御嶽山 BC 飯森
オープンバーンがでてきたところで、カチカチのアイスバーンがたびたび発生。シール歩行ではカナリきつかったので、初のスキーをはずしてのスキーブーツ歩行。キックステップを利かせながらビクビクしながら登ります。アイゼンはやっぱり持ってこないとダメですねー。

そして、たぶん8合目あたりで、平らな斜面に出たのですが、あたりはガスガスチラチラ雪は降ってくるしあまりにも状態が悪いので本日はココまでということですね。

10:50 カチカチ雪を滑り降ります。
御嶽山 BC 飯森

ボコボコしている上にアイスバーンなのでゲレンデよりも激しく滑りにくかった。結構怖い。
御嶽山 BC 飯森
こんなカンジの斜面を下って。後半はツリーラン。ツリー部分の雪は柔らかかったけど。
まだまだ苦手だな。

下り終わったところで、まちゃが言っていました。

「もう冬も終わりなのかな・・。寂しいよぅ」

私も同じような気持ちになりましたよ。おんたけエリアのBCは今年でおしまいかな。来年に期待ですよ。

長野北部エリアなどは残っていますけどね。
BCの予定はありますけどね。

また気温がぐっと下がって、雪が降らないかな。


そんなカンジで、ゲレンデに戻ってきたのは。

11:45


早めの撤退で、時間が余ってしまったので、さてどうしようかと。
とりあえず、お蕎麦の有名な。開田高原。

しち。お奨めのお蕎麦屋さんへゴーですよ。(´∀` )

開田高原 蕎麦

大目旅館 とうじそば1300円

ざるに盛られたお蕎麦を。
開田高原 蕎麦
ラクロスLikeな笊に入れて、しゃぶしゃぶのように汁の中で温めて食べるお蕎麦です。
開田高原 蕎麦
美味しかったですね。


さて、お次は。

木曽路は宿場町があるんですよね。

その1つ。

奈良井宿に立ち寄ってみました。

目的はヒーコーでも飲みながらまったりと話し込む。
お店をハケーン。(´∀` )
奈良井宿
かなめやさん。


これを頼みましたよ。
御嶽山 BC 飯森
五平餅=(5へー(´▽`)餅)と、ヒーコーのセットが550円。
めちゃお得で、まじ美味しかったですよ。

1階の中央には囲炉裏があったり、ストーブが暖かかったこのお店で2時間ぐらいも話しこんじゃいました。

そんなカンジでゆったりと過ぎていた午後の1日でしたね。


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:20 | コメント (7) | トラックバック
2007年03月02日
 ■  モンゴル料理 チンギス・ハン
JR大塚駅付近にモンゴル料理のお店があります。

知り合いが行った写真を見つけて、即決。
これは行くしかないと思ったのですよ。(´∀` )

時間無制限4500円。食べ飲み放題。

とりあえず、モンゴルビール。(´∀` ) 缶がペラペラでしたね。
モンゴル料理 チンギスハン

お料理はラム肉をつかったものが多かったですね。
モンゴル料理 チンギスハン

そして、こんな模様のお洋服。
モンゴル料理 チンギスハン

パンダ模様もありだったり。(´▽`)ええ。
モンゴル料理 チンギスハン

と、いうワケで。いつものメンバーだったり。
 モンゴル料理 チンギスハン

やまblogもコスプレ界に進出ですよ。(´▽`)ええ。出しちゃいました!

モンゴルコンセプトのこのお店。かなり入り口はアヤシイ感じで、ちょっと入るのに戸惑いますが、いったん入ってしまえば、ゲル風の室内でモンゴル料理とお酒を思う存分楽しめます。

コスプレはしないかもーと、言っていた面々も、店員の人が似合う衣装を選んでくれるので、すっかりその気ですよ。意外にモンゴルコスプレが全員似合うところがウケましたね!!

http://www.chinggis.jp/

気分はドラゴンボールってカンジかな。

面白飲み会をやりたい人はぜひ行ってみてくださいませ。

かささん&たけさんは集合写真には写っていないですが、お付き合いありがとうございました。

←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:24 | コメント (8) | トラックバック
2007年03月01日
 ■  じゃがポックル

北海道土産といえば、白い恋人?ROICEの生チョコ?
六花亭のお菓子?などなどが定番ですが。

最近ケコーンしたイケ麺風後輩K君は、
奥様から指令を受けていたのです。(´∀` )

「じゃがポックルを買ってきて。」


なんですかそれ?(´∀` )

聞いたことのない品名に興味津々な我々は、行く店行く店で探すのですが

無い!

無い!

無い!

・・・無限。(゜∀゜)

そしてツアーバスで見かけた人のオミヤゲ袋を覗くと4箱も買っているのをハケーン。(゜∀゜)

(゜∀゜)あれが、噂の・・

しかし、箱の側面からはどんなお菓子か分からず、
気になって仕方が無いので調べて見ました。               

http://www.rakuten.co.jp/hokkaido-omiyage/435067/477366/   


見た目はカルビーの「じゃがりこ」のようですが、食べてみるとまったくの別物。おいしい「おいも」のフライトポテトを食べているような感じの様。

→フライドポテトを買って食べればいいのでは?(´∀` )
 
と、ツッコミを入れたくなるような説明です。

どんなお菓子なんでしょうかね。

この話を先日会社でしていたら、

じゃがポックルを

JavaDoc

と、聴き間違えた人がいました。

IT職業病という認識ですよ。

業界ネタですみません。


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 12:42 | コメント (4) | トラックバック