2007年06月29日
 ■  B-PUMP (荻窪)

PUMP2のレベスクメンバーで

荻窪のボルダー専門ジム(B-PUMP)まで遠征してきましたよ。

レベスク期間中は、他のジムには行かないぞー。って思っていたんですけど。

いつものメンバが行くというのでついつい。

B-PUMP2は環八沿いにありましたよ。
B-PUMP  

なんだか、都会的な雰囲気。道路沿いがガラス張りになっていたり。
B-PUMP

スピーカーが生々しかったり。 B-PUMP

ボルダー専門のジムで2階建て。いつもと違う足限定のボルダーエリアに萌え萌え。
B-PUMP

壁の名前もPUMP2とは全然違いますよ。(´∀` ) B-PUMP

2Fは被りのボルダーエリアがそれなりに。
B-PUMP  
私は勤務地の関係で、到着が19:30ぐらいだったので、もー忙しくいろいろ登っていました。

長物の5.9、10a、10cをイチゲキして満足だったり。(´∀` )

10c長物攻略中のT嬢。(もちろん彼女もイチゲキ!) B-PUMP

更衣室はこんなのです。全体的に家のようなつくり。
B-PUMP

ミレーのロープを持っているひとはあまり見かけないけど。
SAVE EARTH CAMPAIGN
B-PUMP
私たちにできることは、 「レジ袋要りません!」ぐらいかな。
ちょっとした勇気がストップ地球温暖化という認識ですよ。

ちょとした、流行でもいいから、「レジ袋要りません!」とか、「そのままでイイです。」とか、いつもコンビニのレジで言えるひとが増えるといいな。

そして、西荻窪のイイ店。 
「風神亭」
B-PUMP

お決まりのルービー♪ それはエビスだったり。
B-PUMP

メンバは7名でした。クライミングのネタは尽きません。
B-PUMP  
カウンターバランスは出来るのですが、ついつい正体でランジ風に登ってしまう2名がネタにされてしまいました。1名はイレブン~トゥエルブクライマーなんですけどね。

私はまだまだヒヨコです。
B-PUMP  
ついにPUMP系ジム会員が2つに増えてしまった。

レベスク終了後は、きっとヨコハマに遠征してしまうでしょう。

 ←blogランキングです。
初めてのジム遠征なので押してくれると嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 02:01 | コメント (8) | トラックバック
2007年06月24日
 ■  白馬大雪渓で滑り収め?

土曜日はまたまた良いお天気でしたね!
白馬大雪渓で滑り収め?

(∩・∀・)久し振りにお山に登ってきたという認識です。

今週末も、かわゆく?丹沢で軽めの沢と思っていた、ワタクシ。

だけど、仲間の中には、富士山でBCをしたいという人たちがいて、一度は天気予報を見て中止となったのですが、土曜日の長野北部の降水確率が一日中0%だったので、白馬大雪渓BCという計画が出てきたのです。byすH。

それは、金曜日の夜で、私はいつもどおりジムで壁を登っていたので、車の調整と帰ってからの準備が大変でした。

(∩・∀・)ハァハァしました。

そして、出発も遅くなり。中央道をひた走り、なんだか殆ど仮眠もしないまま駐車場に到着。

しかも私は風邪をまたひいていて調子悪かったりしましたが。
風邪でも山に登ったりしていますから、まぁいいかと。


7:40 猿倉荘の横の林道より出発 1230m

8:20 林道をすばやく歩き、白馬尻より雪渓スタート
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
これまでのBCはスキーのシールで登っていたのですが、さすがに6月。
スキー&ブーツを担いで、重登山靴&10本アイゼンで登りました。

これがもう。めちゃめちゃ重かった。

空の青と光が強すぎてなにもかもくっきりはっきり過ぎました。 白馬 大雪渓 バックカントリースキー

途中まではなんとか皆についていけたのですけど、葱平を超えて、

村営山荘まであと300mぐらいのところで、足が動かず。

(∩・∀・)ハァハァ・・。停止。→パタパタ登り。の繰り返しとなっていました。

そんな頃、仲間は小屋へスタスタと?行ってしまいましたが。


12:50 村営頂上宿舎 2730m

フラフラになりながら、宿舎前に到着。私はくらくらして、椅子に横たわり。

「全員が待っている余裕が無かった・・」とのありがたいお言葉。

すHが迷わず缶ルービーを購入した。

Iさんが、「よっしーが忘れられないと言って、ビニコンで買った「サラミ」をつまみに提供。

(∩・∀・)ビールをちょこっと?いただいた。めちゃ、まいうーである。
そして復活?

13:34 山頂へ出発

空身にて山頂往復。最初は雪渓を上りましたが、山頂付近の雪はゼロ。
一度は回復したと思った体調も、また足が全然進まず。
なんだかすごい時間がかかったような。

14:00 白馬山頂到着!  2932m

雪倉方面の眺め。
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
そして、各方面の眺めを満喫し、つがいの雷鳥もいたし、写真をいっぱい撮影しましたよ。(´∀` )

あまりにもくらくらするので、山頂で10分×2ぐらい睡眠。それでなんとか復活。
(寝不足&体調不良BCはいけませんね・・。軽い高山病だったかも?)

15:20 村営頂上宿舎 2730m

装備をBCモードにチェンジして、滑降開始。

白馬 大雪渓 バックカントリースキー  
白馬大雪渓 滑降中(´∀` )
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
Iさんの華麗な滑りに、すHは萌え萌えしていたらしい。

下部は細かい石がごろごろしていて、板の裏がボロボロになってしまいましたよ。

16:10 白馬尻
途中の沢でスキーやブーツを洗いまくり。再び登山靴に履き替えた。

17:10 猿倉駐車場
久し振りに10時間近くも山にいてしまいました。
全員が「今日は疲れた!(´∀` )」と、喜んでいました?

帰りは、いつもの、「ソウル」という焼肉屋で、もりもり食べて帰りました。

すHのレポはこちらから。


今回の標高差。
2932 - 1230 = 1702m × 2 
という認識です。(´∀` )

レポはこちらです。↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC1.html


 ←blogランキングです。押してくれると嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (4) | トラックバック
2007年06月22日
 ■  水無川 セドの沢 右俣 レポ完成。

久々にすばやくレポ作っちゃいました。

中級ということで、難易度の高い場所もありましたが、
滝がたくさんあったし、岩質は全体的に滑りにくく、
楽しい沢でした。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sedoRight1.html




(∩・∀・)さて。今日は会社に献血カーが来たので

ついつい400ml献血。


私の血は比重が重いので、献血できなかったことは1度も無かったりします。

検査も無事終了して。


献血をしながら、手渡された、注意事項をよく読んでみた。


「当日は水泳やマラソンなどの激しいスポーツは避けてください。」


(∩・∀・)へぇ。 クライミングは水泳と比べるとどうかな?

うーん。そして・・


あれ? 
「重いものを持たないでください。」と、書いてある。


(∩・∀・)ガーン。


採血をしてくれた看護婦さんに、「重いものを持ったらどうなるんですか?」

と、聞いてみたら。

「針を刺したところの血管が破けて内出血で青くなるから。1ヶ月ぐらいで治るけど。」

(∩・∀・)ガーン。

クライミングなんて腕使いまくりじゃないですか!
全体重を片手で支えたりするし。


なので、本日もクライミングジムに行く予定でしたが、そんな理由でお休みする羽目になっちゃいました。

そして、おまけとしてついていた、血液サラサラチェック

指先で採血した血を顕微鏡で見た画像を送ってくれるというものです。

(つ´∀`)つ恥ずかしながら公開しちゃいます。
 

血液サラサラチェック

連鎖形成は3重が最高。まぁ。健康みたいですね。


←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:06 | コメント (3) | トラックバック
2007年06月18日
 ■  水無川 セドの沢 右俣

日曜日は丹沢の沢で

は・じ・め・て・の・ ちゅー! by コロ助。

ε=ヽ( ´∀`)ノ いえ・・

メンバは総計8人の大所帯。
全員がクライミング系経験者(デキルオトコ数名)だっため。

「ちゅー」というのは、初めての中級沢のことですよ。

そして初の丹沢の沢は、めっちゃ近いし。楽しさ炸裂!

とりあえず、写真だけ。

セドの沢 F2

丹沢 セドの沢 右俣   

セドの沢 右俣F1
丹沢 セドの沢 右俣  

丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F3 ① 丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F3 ② 丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F4 丹沢 セドの沢 右俣


沢から帰った後は、泥だらけの装備の洗濯が大変です。
(;´Д`)'`ァ'`ァ


LAST の セドの沢右俣F4のテラスから上の最初の乗り込みが、めっちゃ怖かったです。

あとは、トラバースが大変だった。

装備増強もしないと。

PUMP2で修行しておいて良かったです。
ジム成果は沢でも発揮できますね。

詳細は後日追記しますね。


 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:01 | コメント (0) | トラックバック
2007年06月17日
 ■  ガチャピン クライミング
以前にガチャピンのクライミング画像を出しましたが。

(∩・∀・)YouTubeで登っている映像がありました。


ハーネスがすごいことになっています。
(つ´∀`)つムックは相変わらず応援しているのみですね。

クライミングシューズを履かずに、ぬいぐるみの足&手で登っているのがスゴイ。
落ちてもぬいぐるみクッションで怪我しないのかな。
(ああ。夢の無い発言だわ。)

 ←blogランキングです。
押してくれると、やる気がでますよ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:03 | コメント (5) | トラックバック
2007年06月16日
 ■  しまなみ 3日目 呉で潜水艦。

梅雨に入ったと思ったら、
めちゃめちゃ良いお天気になりましたね。

(∩・∀・)あー。山行きたい。
ムラムラしますが。今日もPUMP2で修行。

さて、しまなみ3日目。呉の「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」のレポです。

街中に現れる巨大な潜水艦は圧巻でしたよ。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007simaKure.html


さて、またPUMP2だ。

 ←blogランキングです。
押してくれると、やる気がでますよ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 13:43 | コメント (2) | トラックバック
2007年06月14日
 ■  FC の blogランキング。
(∩・∀・)久し振りにblogランキングネタ。

FCのblogランキングのビモーなレベルで争いあっているこのメンバ。 FC blogランキング
↑こんなカンジで並んでいるのも珍しいのですけどね。

なんと、PUMP2でも同様に争っている
という事実。


「ピークをねらえ!」は、ビレイパートナーのまちゃこ☆。
「山くらア~ル!」は、PUMP2 レベルアップスクールの大先輩yola10.5さん。

yola10.5さんは、1シーズン前にレベスク卒業。今は11クラスをガンガン登り、先日の FIVE TEN CUP ではビギナークラス4位というスゴイ記録の持ち主なんです。

私がレベスクに入ったのも、そんな彼らの激しいレベルアップの様子を見たから。

そんな、スゴイ先輩も、どうも今シーズンのスクール生の動きが気になる模様。自分がスクール生だったときの、壁のクリアの記録といろいろ比べてあれこれ言ってくれますよ。


(∩・∀・)でも、一番はじめに、 「ラ・イ・バ・ル」と宣言したのは、yola10.5さんと、yola10.5さんのビレーパートナーのライバルの話だったんです。

まぁ、お二人は間違いなくライバルで、
私はまだまだ足元にも及ばないという認識ですよ。

そんなカンジでジムには知り合いがいっぱい。
お互いの成果で刺激しあいまくりなんですよね。



さて。



久々公開。私のクライミング写真。
FC blogランキング
100℃の白■10b/c スクール効果により、イチゲキの瞬間写真。
yola10.5さんのblogより拝借。(自分の写真だから良いでしょう。)



ちなみに、「山くらア~ル!」とは、

山。クライミング。アルコ~ル! の 略らしいです。

(∩・∀・)素敵ですね。


そして、この3つのblogの最後には
「!」マークがついているという、ビモーな事実。

今日は初の激しく被りルートのタワー10Bトライ。
2テンだったけど、一部違うホールド掴んだけど。
終了点にはタッチですよ。

まだまだまだまだ・・頑張り中。

 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:19 | コメント (3) | トラックバック
 ■  「星と嵐」6つの北壁登行

ヨーロッパアルプスの名クライマーであり、
山岳ガイドでもある「ガストン レビュファ」が6つの北壁を登る登攀紀行。

この本の素晴らしいところは、技術の無い我々にも北壁を登るときの
心の高揚感を与えてくれる文章なのです。

(∩・∀・)ええ。

「星と嵐」6つの北壁登行
ガストン レビュファ(著) 近藤等(訳)
1995年

 

さて、有名な前書き。
 
北壁を狙って山小屋に泊まり、迎える朝。
----------------------------------------------------
「もう時間はおそく、やがて夜明け。寒い。
山小屋のテラスに出て、空と、風と、雪の様子をみる時間だ。
冷えこみのきつい夜は、晴天の前ぶれだ。出発するのだ。
アルピニストがランターンに火をつける時間だ・・・・

(中略)

私の心には夢が沸いてくる。」
----------------------------------------------------

文章を何度も読み返してしまいました。
定規で線を引いて、何度も朗読したくなるのを、
借りている本だからぐっと堪えました。。

私たちの山歩きでは山小屋に泊まることはあまり無いし、
ヨーロッパアルプスじゃないからテラスもありませんよ。 

でも、この流れるような文体は心にくいこみましたね。

「アルピニストがランターンに火をつける時間だ。」
これだけでもカッコイイ。

ランタンじゃなくて、「ランターン」♪   (これは訳者の技。)


(∩・∀・)現代で、一般山やの私たちだったらこんなカンジ?

-----------------------------------------------------
携帯の目覚ましが小さく鳴っている。

やがて夜明け。

テントの入り口のチャックを空け、空の様子を見る時間だ。

空には星が輝いている。地平線の彼方が薄く赤くなりはじめている。

雲ひとつ無い!周りの山々の陰がくっきりだ!

それは、スーパー快晴の前ぶれ。

ヘドランに明かりを灯し、出発の準備を始める時間。 

バーナーに火をつけ、コッフェルで湯を沸かし、
最初のヒーコーを飲みつつ、その日の行動予定を思い巡せる。

私の心には夢が湧いてくる。
-----------------------------------------------------

ガストンさんのように、流れる文体とはいかないけれど
テント生活の早朝の心躍るカンジが表現できたかな。

                       
ヨーロッパアルプスの北壁のことはまだまだ良く知らないけれど、
マッターホルンやアイガーは有名な山ですね。

北壁の登攀の標高差は1000m~1500mぐらい。
それを、現代は装備が良く、ルートが知り尽くされているので1日で登ってしまうこともあるそうですが。

この当時、ある北壁を登っているときは、必ず天気が崩れるというジンクス。

星のきらめく夜もあれば、雪の舞う嵐の夜のヒバーク。
それを分かち合う仲間との時間が何よりも素晴らしいという筆者。

山は一人で登るのではなく、仲間(ザイルパートナー)といろいろなことを共有する時間は素晴らしい。

本の帯に書いてあった文章
---------------------------------------------------------
ザイルがちゃんとあるにはあっても役に立たない。
しかし、わたしはザイルなしには、友情なしには登れない。
このザイルが心を温めてくれるのだ。
----------------------------------------------------------

激しく、(∩・∀・)オゥイエス!と、思いました。

そして・・

アイガー北壁(1600m)を3日間激しい危険と戦い、

登頂に成功。

山頂に立って満足した彼らは、

一般ルートをいっきに2時間で下り降りた。

夜には喫茶店でヒーコーを飲んでいた。

そのときの満足感は凄いのだろうな。

ドキュメンタリー感は全くありませんが、
山でのワクワク感を増幅させるとてもよい本ですよ。


(∩・∀・)ええ。縦走したいなぁ。


←blogランキングです。
押してくてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:00 | コメント (5) | トラックバック
2007年06月10日
 ■  PUMP2#1

(∩・∀・)今週は雨で沢も岩も中止なので。
土曜日はPUMP2。

登っている写真を公開?

 

では、恥ずかしながら・・。

 

  猫の網戸のぼり Photo by machaco☆

ネタですみません。

記事タイトルは PUMP2#1 ですけど。
もはや、48回目のP2


「猫の網戸登り」と形容されるワタクシの登りですが、
実際はたまにはカウンターバランスなどのムーブを使っていますよ。

ボルダーでヨユーがある課題だと、カウンターバランスをバリバリ使えますが、
ルートで、テンパってくるとなかなか出来ないのが課題ですね。

久々に今週のワタクシ報告。

-------------------------------------------------
月曜日:レスト
火曜日:PUMP2 レベルアップスクール(カチ持ちについて。)
水曜日:PUMP2 ボルダー
木曜日:PUMP2 ルート
金曜日:PUMP2 ルート
土曜日;PUMP2 ボルダー道場(ビギナー)とボルダーとルート
-------------------------------------------------

週5日も通ってしまいました。

(;´Д`)'`ァ'`ァ 

なので、今週もちょっとだけ成果がありましたよ。

奥壁 白■ 5.9 一撃
ショートウェーブ 紺↑ 10B 2便にてRP
ダイヤモンド 黄色+ 10A/B RP (4便目ぐらいかな。)

そして、本日は、PUMP2の主。genさん と 
毎日のようにジム通い中の taaaadさん と
初のリード&ビレイ。

いつも、まちゃこのビレイばかりやっていましたが。
やっぱり、まだまだ初心者のペア。
たまには違う人のリードをやって、いろいろご指導うけたほうが良いですね。

そして、ご指導のもと。

今までできなかった、ボルダー系のルート。

100℃壁 オレンジ/ 10C (ご指導)
100℃壁 紺\ 10B  (ご指導)

なんとか、上まで登り切り。(RPでは無いでしょう。)
今までムーブが良くわからなくて出来なかったルートが出来てめちゃ嬉しかった。

そんな本日でしたが。

ジム生活には波があり。

全然進歩しない辛い日や、
ツーウーになりそうに、壁でびくついてしまう日など
いろいろですよ。


イメージが沸かないですよね。

猫の網戸のぼり
ちょっと写真がいまいちですが。本日RPしたルートは、こんなカンジ。
(つい先日までビクついて途中終了してました。)

さらに、イメージがわかない人は、
以下の動画配信のクライミング画像がお勧めですよ。
プロクライマー達の壁登りが見れます。

ドラゴンTV
http://www.dragon-tv.jp/
会員登録が必要だけど、登録&視聴無料です。


もちろん、明日もPUMP2です。

(;´Д`)'`ァ'`ァ 週6日。

まだまだまだまだ・・先は長いです。


 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:35 | コメント (6) | トラックバック
2007年06月08日
 ■  しまなみ サイクリングレポ 完結。
尾道~今治まで公開。全部で6ページの大作になってしまいました。

(∩・∀・)ねむいー。

最初から見ていってくださいませ。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007simanami1.html

今週も連日ジムで頑張り中。

 ←blogランキングです。
押してくれると、やる気がでますよ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:30 | コメント (5) | トラックバック
2007年06月07日
 ■  日本経済新聞の夕刊に掲載されました。

本日、 「日本経済新聞」の夕刊 (生活面)に

Masako’s Mountain Rooms が掲載されましたよん。

(∩・∀・)キター!

記事のお題は

「仕事をしながら週末に山を楽しむ女性が増えてきた。」

その記事の中で、私の登録しているblogランキングでおなじみの、
やまbloger のみなさんや、ヤマケイJOY関係の人も一緒に紹介されています。

早速スキャナーで読み込んでしまいました。


記事はここ。 ちょっと読みづらいかな。


最初に、記者の方から、依頼のメールが来たときは、深夜自宅で、Dに呆れられながら大騒ぎでしたけど。

なによりも、嬉しかったのが、特に連絡はしていなかった、母から興奮気味な電話がかかってきたこと。

偶然ぱらぱらとページをめくっていたら、気がついてめちゃくちゃ驚いてくれたそうだ。


掲載していただいた写真はカラーだとこんなカンジです。どこだか解りますよね?


私のページは写真の量が大量だし、サイズを揃えたり、画像の構成にこだわったり、文章もそれなりに書いているので、山やその他のレポを作るのは、大変時間がかかるしいろいろ大変ですが。

自分の納得いくクオリティを維持しておいたので、覚えてもらって記事として載せてもらえたようです。(カメラはフツーのカメラで一眼レフには負け負けですけどね。)

それから、記事のLASTに「大切な仲間達と」と、書いてくれたのはYES!です。私のblogやHPは一緒に山に行ってくれる山仲間がいないと成り立たないから。

私がいつも書いている。(;´Д`)'`ァ'`ァ などの顔文字は、いつも会社の後輩達とのトーク?で、多用しているんですよね。(´∀`○).:+そんなテイストの記事の載っているHPのページ名が、「日本経済新聞」に掲載されて感動もひとしお。


←久々公開。昔のTOPページの絵。


さて。

いろいろ公開なのは、新聞ということでリアル性が必要なのでお許しくださいね。

(私を含め、載っている人たちの情報をいろいろなところに書いてはダメですよ。)

全員がAさん、Bさんだったら現実性が無くて、つまらない記事になってしまいそうですからね。


 

(∩・∀・)最後にちょっとマジメな話。

記事の左上にひっそり掲載されている登山人口が気になりました。



2000年の900万人をピークに、05年は600万人で減少傾向だそうです。

まだまだ多いといってもかなーり減っていますね。

もともと登山をやっている人は年齢の高い人が多いから、このような記事をきっかけに山に登る若い人が増えるといいですね。

(記事中では私が一人でBB度を上昇させていますが。(;´Д`)'`ァ'`ァ)

まだまだ、何十年かは大丈夫だと思うけど、
これからの日本の人口は減少傾向だし、ますます登山をやっている人は減る気がします。

登山人口がそれなりに維持されないと、私たちが快適に使わせてもらっている、山小屋や避難小屋が存続できなくなったり、登山道の整備も、無くなってしまうかもしれませんね。

そうして、こんなにも美しく素晴らしい日本の山々を楽しむ文化が衰退してしまったら寂しいから。(そこまで心配しているのは私だけなのかな。)


そんな理由で、女性用の登山ウェアを作っているメーカー様。
もっと若い人向けのデザインをたくさん出してほしいです。

たとえ年齢の高い人であっても、山で見かける人は若めのデザインを着ている人のほうがカッコイイ!

良いデザインの女性用山ウェアが増える→山に行くわりと若い女性が増える→MENが増える→活性化。 (´∀`○).:+


←blogランキングです。

投稿者 gogoalps : 00:33 | コメント (19) | トラックバック
2007年06月05日
 ■  しまなみ2日目 (サイクリング③④)
しまなみ海道サイクリングレポ。
(∩・∀・)やっと中盤。

生口島~伯方島まで公開です。(´∀` )

レポが長すぎますね。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007simanami3.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007simanami4.html

さて、今日もパン2。


←blogランキングです。
押してくれると、やる気がでますよ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:59 | コメント (3) | トラックバック
2007年06月03日
 ■  奥多摩 小川谷 滝谷
今週末は土曜日はいろいろ用事とPUMP2。
日曜日は奥多摩の沢。 「小川谷 滝谷」に7名で行ってきました。

今年度の初サワ。 沢生活のはじまり。(´∀` ) 「小川谷 滝谷」とは、奥多摩の酉谷山の沢ですよ。

6:40 
ゲート前広場

久し振りの雪のついていない山歩き。
なんだかちょっとした斜面にビクビクしていました。

7:10 沢IN

さらに沢の斜面もなんだか怖くて仕方が無い。
しまなみサイクリングとかジム三昧の日々でちょっとした斜面が怖くなってしまったのですよ。(;´Д`)参りました。

そして、びくつきながらも。

8:20 両門の滝 6m を、登り。

8:40 上つ滝 3段25m(激しく巻いて、裏側の斜面を通る。)

さて、ココまでは後日レポでお伝えするとして。


10:00 胎内滝(チョックストン滝)

急峻な岩の割れ目に挟まった岩石をチョックストーンといいますよ。
内部には穴が開いていて、核心は5級程度と本に書いてありましたよ。

さて。進入。先発部隊2名。

 小川谷 滝谷

内部には、残置シュリンゲがあって。それを頼りに上にあがって、胎生(体勢)を立て直しながらうえにずり上がります。
 小川谷 滝谷

このあと、Sも軽々上に上がってしまい。いざワタクシの番。(´∀` )

先日blogで「10B一撃」なんて、大きなコトを書きまくっていたものですから、皆さんの期待が高まりましたが、やっぱり。(;´Д`)'`ァ'`ァでしたね。

毎度ながらも、お助け紐を出してもらいましたが、なんとか上に上がって、ひと安心。

あまりの苦悩に、久し振りの沢や登山道歩きにビクビクしていたのが吹っ飛びました。

その後は、あがってくる仲間を見ながら。

「ガンバ!ガンバ!(PUMP2バージョン)」とか。
「○○ボンバー決めろ!」とか。
「(∩・∀・)キター!そのホールドだ!」とか。

もう、思う存分、応援しまくり。

 小川谷 滝谷  
まやちゃんは華麗に登っていましたね。(´∀` )

LASTのIさんが上がってくるときの応援のカンジはこんな様子。
 小川谷 滝谷
激しく、盛り上がったひと時でしたね。

そんなカンジで。2007年度の初沢。

沢仲間7名が無事に胎内よりオギャー!と生み出されたのですよ。
(∩・∀・)ええ。

10:40 岩溝ノ滝7m
 小川谷 滝谷

13:20 酉谷山避難小屋

「仲間がコースタイムより早く下りれるよね?」とか、言うものですから、
わりと小走りに走って下山しちゃいました。

先日購入したトレイルランシューズは効果絶大。
軽いし、フリクションは効くし。とても走りやすい。打つかっても全然痛くない。沢装備も軽く感じて快適に走れました。 これからは軽い山はトレイルランシューズで出かけよう。

14:10 再びゲート前広場

コースタイムの半分ぐらいで下山できたらしい。


 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 21:55 | コメント (3) | トラックバック
2007年06月02日
 ■  しまなみ2日目 (サイクリング②)
しまなみレポ2日目できました。

尾道~因島大橋~生口橋まで公開です。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007simanami2.html

さて、今日もパン2。


←blogランキングです。
押してくれると、やる気がでますよ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 16:04 | コメント (2) | トラックバック