2007年09月28日
 ■  初アンケート

(∩・∀・)本blog初アンケート。

それは、やっぱり気になるあの時間。
人のことは気になるのです。

やま関係のblog作っている人はここ数年めっちゃ増えましたよね。
私もHPで満足していたのですがついつい更新が楽なblogに移行?
でも良く考えると、HPのほうが更新が楽だったかも。

ちょいネタはblogのほうが楽なんですけどね。

そんなワケで、山blogerの皆さまにアンケート。(´∀` )
アンケートにご協力ください
山blogの記事作成にかかる時間は?
5分     ヽ( ´∀`)ノキター
10分    (*´∀`)ヨユー
30分    (*´∀`)フツー?
1時間    (´∀` )ラクラク・・
2時間    ´_ゝ`)ナントカ・・
3時間    (∩・∀・)エエ
4時間    (゜∇゜;)マジで~

[PR]アンログ.jp 自動車保険

私の場合。

写真を選ぶのはそんなに時間がかからないのですが、記事が完成してから、
見直している時間が長~いです。(((((((((((っ・ω・)っ

それから、MovableTypeを使用しているんですけど、
なーんか動きが変で。やり直したり保存しなおしたりして・・・。
ああ時間がかかる。再構築!再構築!再構築!ヽ(o´д`o)ノうう。
他のblogサイトでやっている人はどうなんだろう。

でも、記事作成はとっても楽しいですよ。

それは・・

自分で作る写真つき日記の喜び。(´∀` )
何回見直してもにやけます。

   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 02:54 | コメント (6) | トラックバック
2007年09月25日
 ■  セドの沢 左俣

9月3連休の最終日。
(∩・∀・)また。行ってしまいました。

丹沢の沢。セドの沢左俣
 

3連休の計画は (((((((((((っ・ω・)っ

早月尾根~大日三山→木曽駒~空木→ナルミズ沢と、二転三転。
一時期6名集まったメンバーは、丹沢の沢が決まってから消えまくり。

最後に残ったのは、 「それ行け!ビクビク3人組」。

ビクツキの理由は、 「セドの滝右俣」が中級でそれなりの沢だったから。
沢ガイドに一緒に記載されているから、中級クラス?

今回は途中まで同じルートで途中から左俣に分かれます。
(そのままの説明だ・・)

9:50 源次郎沢への分岐を横目に林道を歩く。
  セドの沢 右俣

10:20 水無川本谷も途中まで同じですよ。
(∩・∀・)ココは今年3回目の通過。もう馴れちゃった。

セドの沢 右俣
10:30 見慣れた看板。ココからセドの沢。
セドの沢 左俣 セドの沢 右俣
軽快に滝を登り。

10:35 セドの沢 左俣に入る。
セドの沢 右俣
10:50 あまり難しいところもなく、核心のF6 セドの沢 右俣
ここだけ、ザイルを出しましたが、わりと楽勝。(Iさんリード)
やっぱり丹沢の沢は滑らないので安心感がある。

ちょうどココで一緒になった単独の人が、この時期だけセドの沢に咲くというお花「相模ジョウロウホトトギス」というのを見に来たと言っていた。

セドの沢 右俣
釣鐘のような黄色いお花でしたが、咲いている位置が悪かったので撮影できませんでした。

12:10 F8 ハーケンとかゼロだったので、フリーで登りましたよ。
セドの沢 右俣

12:20 岩に赤ペンキが目立ってきた。(書策新道の予感。) セドの沢 右俣
このまま、佐俣を詰めれば、表尾根の登山道に出れるのですが、書策新道から戸沢の駐車場に戻るという手もあり、ついつい楽なほうを選択する。

12:30 「白竜の滝」。
セドの沢 左俣
沢本では「美しい滝」との触れ込みでしたが、沢では良く見られるフツーの滝でした。

そして、終わってみれば、それぞれの滝のホールドやスタンスは豊富で、滝下にはきちんと釜があるし。軽快に沢歩きをすることができた。

(∩・∀・)まじー?本当に中級?という、多少高飛車な感想です。
沢が簡単だったのか。今期沢に行きすぎな自分達のレベルが上がったのか?

それとも、沢靴の中で滑りにくく最強?という仲間達での共通装備「モンベルの サワークルーザー」導入の効果なのか?

さて。


13:10 書策新道からの下界の眺め。
セドの沢 左俣  

書策新道はかなーり崩壊していたので、
アクロバティックなロープ場や・・(´∀` )

セドの沢 左俣  

不安定な木の橋も。
セドの沢 左俣
(∩・∀・)短パンに長靴下は、なんだか「おばあちゃん」みたいですね。
反省。

14:00 あっさりと本谷山荘の駐車場

秦野のBURGは営業時間外だったので、ガストでお茶。
小田急線で帰ると、秦野から自宅の駅まで30分程度。

家に帰ってからヨユーがあったし、本日はDのBIRTHDAYだったので、ホワイトカレーとピーマンの肉詰めを作ったりすることができた。

ε=ヽ( ´∀`)ノ 再び、近場沢レポでSORRY

1名は、沢リハビリだったのでちょうど良かったです。
秋が近づき、沢からも虫が消えて変わりに蛙がゲロゲロしています。

   ←blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:06 | コメント (4) | トラックバック
2007年09月21日
 ■  白馬大雪渓でバックカントリー(6月)

今年の6月白馬大雪渓でバックカントリースキーをしたときの記録。

(∩・∀・)全2頁で完結!という認識ですよ?

いつもはシール歩行で、
スキーとブーツを担いで登るのは初だったので大変だったけど
ありえない快晴と雪渓と山と岩がサイコウでした。

その① ε=ヽ( ´∀`)ノ
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC1.html

(∩・∀・)その②
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC2.html
 

さて。blogランキングのおかげで今週1週間。スゴイアクセス数。
blogカウンタ
普段は、(∩・∀・)週明けとかが500~700で、
更新しない日は、300~500ぐらいだったのでびっくりです。

週明けにアクセスが多いのは、皆さん何処に行ったのか気になるのでしょうね。
ええ。(´∀`○).:+

  ←押してもらって、本当にありがとうです。

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (0) | トラックバック
2007年09月19日
 ■  八ヶ岳2日間(その3)

(∩・∀・)さて。ダイジェスト最終回。

blogランキングめっちゃ上がった。
ありがとうございます。

6:30 中山山頂

遠くに見えるのは、本日目指す蓼科山。
八ヶ岳 全山縦走?   
この計画をU-DONが立てたとき、あまり自分でしっかり調べていませんでした。

だけど、参加することを決めて、コースタイムを見て、 (゜∇゜;)マジでー! 
って、思った。

それは、魅惑の? 15時間半×2日間だったのです。

テント泊装備で大体コースタイムで歩けるから、小屋泊ならそれなりにと、思うところはあるけれど。

1日目は、大休憩をたくさんとっていて、合計3時間近くもあったから暗闇になったけど、コースタイム的には問題なかった。

トレイルランの人たちは、編笠~蓼科山をヨユーで1日で駆け抜けるらしい。
(彼らは我々とは違う・・)

しかし・・。

7:35 高見石小屋
八ヶ岳 全山縦走?
ここは、小屋泊まりをすると、朝ごはんのときに、リスがテラスに遊びに来るのを観察できますよ。

大休憩をしながら、朝お弁当を食べたというのに、お昼ご飯分のお弁当を半分ぐらい食べちゃいました。

そして。買ってないけど。バッチがカワユかったですよ。(´∀`○).:+

八ヶ岳 全山縦走?


八ヶ岳 全山縦走?  
クロスカントリースキーのイベントとかもやっている小屋ですね。

そして、再び樹林帯をひたすら歩く。
八ヶ岳 全山縦走?
こういう、ふかふかの道もあれば。

岩がごろごろしていて、しかも苔で滑りやすい道もあって、かなーり注意しながら歩いていました。

そして、やっぱり前日15時間近く歩いていたので、なんとなーくヒザが気になったりして。

(∩・∀・) ペースダウン。

9:00 麦草峠 ここは、日本最高所の国道がある場所。
八ヶ岳 全山縦走?
我々は、国道に向かって歩いていった。

国道には車がひっきりなしにスゴイ勢いで走っていた!

(∩・∀・)我々は思った・・

こんな、車がたくさん走っている道は渡れない!(゜∇゜;)

・・と、いうのは、ウソです。 (・∀・∩) ええ。

R299で改めてコースタイムから終了時間を予測していたら、みるみる縞枯山の周りはガスに覆われるし、小雨はぱらぱら降ってくるし。

大岳を経由するコトを辞めても、蓼科山まで行ったら今日中に帰れそうもない。
「横岳」まで行ったら下らなきゃいけないしな。

と、いうワケで。あっさり・・。

本日の行程はココで終了となったのです。(´∀` )

そして、当日合流予定だった しち。にメールで連絡。

タクシー代をケチった我々は

麦草ヒュッテでは携帯が繋がらないので、
少し戻った場所にあった東や(movaのみOK!)で停滞。

しち。の登場をひたすら待ったのでありました。
(非常用のシュラフカバーが大活躍。)

八ヶ岳 全山縦走?   
携帯は電波状況の良い隣のテーブルの上に置き去りになっていた。
3人はシュラフカバーをすっぽり被って寝まくり。

14:00 しち。が
下山して麦草ヒュッテの前の駐車場に現れた!

わー。やっと帰れる!と、喜んで・・

ふと気がつくと、テーブルの上から携帯が消えていた。

(゜∇゜;)誰かが忘れ物だと思って、持って行ってしまったのである。

めちゃ焦る我々でしたが。
携帯は無事に麦草ヒュッテに届けられていました。

そうして、八ヶ岳全山縦走企画は、南八ヶ岳全山縦走企画と変化し。

終了はAM9時という早い時間となり、5時間近く東やに停滞するという・・

そんな、夏の終わりの1日。



  ←押してもらえると嬉しいです。

ランキングがUPしまくりなのにこんなネタですみません。
(つ´∀`)つハァハァしちゃいます。
        ・・1日目は良い写真が沢山あるのでレポ作りますよ。

投稿者 gogoalps : 02:46 | コメント (6) | トラックバック
 ■  八ヶ岳2日間(その2)
(∩・∀・)久々の山レポ効果か?
blogランキングが2位浮上。 
めちゃ、ありがとうございます。

やっぱり、沢レポ岩レポは人気無かったですね。
ええ。(・∀・∩) えへへ。

さて。一部blogでのネタばれ感もありますけど。
続きですよ。(なんだかダイジェストじゃなくなってきた・・。)

1日目はココから

3:30 
起床。小屋で用意してもらった朝ごはん(お弁当)をぱくぱくと食べて。

4:00 出発である。

外は激しい風とガスでした
八ヶ岳 全山縦走?

方向感覚が無くなりそうな暗闇で、ヘッドランの光を頼りに・・

4:05 根石岳

八ヶ岳 全山縦走?

そして、道をたよりにどんどん進み。 
八ヶ岳 全山縦走?

4:30 真っ暗闇の東天狗岳
八ヶ岳 全山縦走?
TiCAさん、こんな良いポーズを考えてくれてありがとうです。

そして・・。こんなに遠かったかと思いながら、稜線を下って登り。

5:00 相変わらず、暗闇の西天狗岳!(初登頂!)
八ヶ岳 全山縦走?
久し振りの山レポを出したら、ランキングがめちゃUPしたので、
久々の「ぼかし」無しの巨大写真。

(BBのため、逆効果のヨカーン・・・ヽ(o´д`o)ノ)
お許しください・・。 ええ。(・∀・∩)

そして、西天狗へ戻る途中。

5:13 赤く染まる空。

八ヶ岳 全山縦走?

東天狗山頂から見る、朝日。(´∀`○).:+
八ヶ岳 全山縦走?

南八ヶ岳がシルエットで浮かび上がった。
八ヶ岳 全山縦走?
八ヶ岳 全山縦走?  

5:40 中山峠へ向かう。
八ヶ岳 全山縦走?

北八ヶ岳の地形は、平らなようで起伏がたくさんあって面白い。
八ヶ岳 全山縦走?

お池めぐりも出来るし。
八ヶ岳 全山縦走?  

6:00 雲が作り出す造形。
八ヶ岳 全山縦走?  

朝の日差し。
八ヶ岳 全山縦走?  

6:15 中山峠を越えました。
八ヶ岳 全山縦走?  
それからの道は、平らで楽勝だと思っていたのですが。

岩がごろごろしていて、つるつる滑りやすかったのですよね。
 

(∩・∀・)続きますよ。
控えめなので期待しないでくださいね。

  blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:19 | コメント (3) | トラックバック
2007年09月16日
 ■  八ヶ岳2日間(ダイジェスト)

(∩・∀・)今週末は台風が気になるビモーなお天気ですね。

当初は、白峰三山の計画だったのですが。
お天気で中止。

かわりに八ヶ岳に行ってきました。
1日目は、めっちゃ歩きました。
ダイジェスト。

地元を出発してから、2時間ぐらいで到着し。

造林小屋を4:00に出発。

そんな早朝に出発するのには、ワケがある。
それは壮大な?計画を達成するため。

メンバは3名だった。私は急遽参加させてもらいました。

足並みの揃った3名。(私は写真撮りすぎなんですけどね。)
順調に不動清水あたりを通過。

八ヶ岳 全山縦走?

6:30 西岳到着。
八ヶ岳 全山縦走?  

青年小屋に降りたら、U-DONのみ、編笠山へゴー。
オンナ2名は体力温存のため、30分ぐらい待ち時間。

私は最近沢には行っているけど、縦走はめちゃ久し振りなので
筋力温存。

再び、稜線に戻る。


9:30 権現岳

これから通過する峰峰。本当に計画通り歩けるのでしょうか?

八ヶ岳 全山縦走?

空は予報どおり澄んだ青空。久し振りの山歩き縦走が嬉しい。
八ヶ岳 全山縦走?
小屋泊まり装備とはいえ、一日でたくさんの稜線の景色を見れることはこの上なき幸せ。(´∀` ) 

10:20 キレット小屋通過
八ヶ岳 全山縦走?
1名がエネルギーが切れた・・と、言って25分間も食べ物を食べ続けていた。

(;´Д`)その間に山がどんどんガスっていきます。
夏の山は午前中が重要。しかし眺望が目当てなのは全員では無い。

そんな休憩もちりばめながら、行程はどんどん進んでいく。

八ヶ岳 全山縦走?
Amiは登らない予定(私だけ)だったのですが、なんか全員で寄り道をすることになりましたよ。

苦行の末、赤岳はふたたび青空の中。
八ヶ岳 全山縦走?

16:26横岳通過 ガスが我々を覆い包んだ。
八ヶ岳 全山縦走?  
赤岳~硫黄間のクサリ場は、長い山生活で何度も歩いた、慣れたルートなのです。

歩きながら、はじめてココを越えたときはビクビクだったことや、11月のスーパー快晴の日に最速?でここを通過したコト4月に霧氷まみれで、このエリアを通過したコト など、いろいろな想い出がよぎります。

八ヶ岳 全山縦走?  
16:50 硫黄山荘でも大休憩。

それは、1名のオトメ?の要望。
「(∩・∀・)出発も到着もヘドラン歩行がイイ!」を叶えるため。

硫黄岳を越え、ガレ場をガンガン下り、
林道に入って、空には星がきらめき、下界は夜景と化していった。

林道は暗闇となり、最終目的地は遠かった。


18:44ついに「根石山荘」にたどり着いた!
八ヶ岳 全山縦走?  
1名のお望みどおり。真っ暗での到着ですよ。
でも、メンドウなのでヘドランはつけていませんでしたね。

夕闇からの暗闇はじょじょに目が慣れていくので、意外に見えるものなのです。

お風呂に入れる良い小屋でしたね。

2日目は、かなーり控えめですが。

(∩・∀・)続きます。

  blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 23:46 | コメント (4) | トラックバック
2007年09月14日
 ■  山岳服装近代色

GWの表銀座縦走のときにくまちゃんの持っていた
白馬山荘100周年記念てぬぐい
↑クリックしたら記事見れますよ。

(∩・∀・)モンペ姿のカポーがか可愛かったですけど。

水上山岳資料館で見つけた
昔の登山ファッション。

オシャレすぎ。

古い資料なので、多少汚れていますが・・。

なんと、バスガイドさんみたいなお洋服のおねーさん。
  山岳服装近代色

ピッケル持ってザイル垂らしてますよ。
この格好でアルパインだったんでしょうか。(´∀` )ステキ。

山にこんな女性がいたら、ドキっとするでしょう。


この資料はショーケースに入っていて閲覧不可だったのですが。
中身が見てみたかったですね。

そして・・


石井スポーツのマークも。

山岳服装近代色

カワユイ動物マークだったのですね。

熊?

 (∩・∀・)blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:10 | コメント (2) | トラックバック
2007年09月12日
 ■  白毛門沢 その2

白毛門沢 その2

(∩・∀・)すっかり秋めいてきましたね。

東黒沢との分岐を超えて。相変わらずへつりまくり。 白毛門沢
↑水量がすごいのです。

そして、核心エリア。F1 10m。 とても登れそうもないので。
白毛門沢

巻きまくっていたら、核心の「タラタラのセン」と呼ばれる15mの滝を横目に見る。ああ・・・。
白毛門沢
巻き道は、藪藪。木々にまみれて大変ですよ。
白毛門沢

滝に戻って休憩中。核心をすべて巻いてしまった・・。
(∩・∀・)ううう。

白毛門沢
久し振りの我がチームの新人君。mwさん。
学生時代からサワや岩や縦走をやっている装備バッチりな人でしたよ。

ふたたび、滝をヘツリまくり。

サワークルーザーのおかげか、沢歩きに慣れたのか?最近全然滑らなくなりました。(´∀` )えへへ。

白毛門沢

(∩・∀・)ええ。
ホールドなんか無くたってイイ。スタンスさえあればイイ。」と、
いつか言えるようになりたい・・。
白毛門沢

F4ナメ滝をバンバン登っていくS。私達も後に続きます。 白毛門沢

12:40 大岩
白毛門沢

大岩を越えると、手ごろな滝が連続した。
白毛門沢

やっと源頭が見えてきた。結構遠そうである。 
白毛門沢

1:1の二俣をどこかで間違えたらしい。
白毛門沢  
「いくら?」と言っていた、葉っぱについた実?
白毛門沢
最後はひたすら笹薮こぎ。こぎこぎこぎ・・永久ループ。

14:20 (∩・∀・)ハァハァ言っていたら、登山道に出た。

正しい道を行けば、ナルミズ沢ばりの、草原地に出れたらしいのですが。

登山道で装備変更していたら、やけに虫が多くて。やっぱり刺された。

期待していた、一の倉沢の岸壁もガスガスで。
白毛門沢
久し振りに、登山道をバリバリ歩いて下山。そして筋肉つーうー。

(∩・∀・)沢ばかりでは、登りの筋肉が減りますね。

今回の白毛門沢は、核心を巻きすぎたのと源頭への詰めを間違えたので、
なんだか期待はずれだった。

沢の1/3が藪こぎだったような。(実際はそうでもないのですが。)

「沢の中で詰まらない、1~3位を争うかも・・」と、言うと。

白毛門沢を何度も経験しているmwさんが。

(∩・∀・)「いや・・本当はもっと良いのです。もう一度白毛門沢にチャンスをください。」

今度はもっと晴れていて、時間のヨユーのあるときに堪能しよう。増水じゃないときに・・。
 

改めて写真を見ると、なかなか綺麗な景色なんですけどね。

なによりも増水でハラハラし、ヨユーが無かったのです。我々は。


16:40 駐車場に戻ってきた。
巻きまくったけど、ルートタイムはそれなりである。


帰りは、水上の山岳資料館に立ち寄り。望郷の湯がとても良かった。

前半はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。下がりまくり。

投稿者 gogoalps : 02:26 | コメント (4) | トラックバック
 ■  白毛門沢 その1

(∩・∀・)白毛門沢。

毎日blogを欠かさず更新している人たちはスゴイと思う・・。

本州を直撃し、いろいろなところで被害をもたらした台風は去った。

土日の上越の天気は曇りときどき晴れだった。
台風は去っていても増水は気になります。

当初の予定は、「ナルミズ沢」だったのですけど。
増水のリスクがあるので、日帰り初級沢2サワに変更!

シンゴの出した案
土曜:湯檜曽川 右俣 高倉沢 (天神平よりロープウェイで楽々下山。)
日曜:白毛門沢

だったのですが・・

今回は、いろいろ忙しくて私は事前調査ができなかった。
行きの車中で、遡行図を読んでいるといろいろビビリなことが書いてある。

LASTの40mスラブ滝は高度感があり、たまに恐怖を感じる。
まるで、トイ状の滝の中にいるようだ・・。

トイ状の滝といえば、いつも落ちたら、下まで流されそうだな・・と、ビビリながらヘツリながら見ているあの滝ですよ。

そして、遡行図を出すようなエキスパートな人が、「たまに恐怖を感じるとはどーいうことでしょう・・」(∩・∀・)

そして、くまちゃんも、ネットで調べた結果
「滑って落ちて、ケガしたとか書いてあったよ。情報も少なかったし・・」

(∩・∀・)まじでー。そんなトコロに行くのは危険。

というワケで今回初参加のmwさんが、白毛門沢に4,5回行っているというので、迷わず、1日目を白毛門沢に変更したのでありました。

しかし、時間は既に9時。

これは気を引き締めて行かないと、帰りが真っ暗になりそうだ。

9:30 土合山の家付近の駐車場

台風直後でもキャニオニングの人たちはたくさんいましたよ。
今回はギャルはビミョーな人しかいませんでした。


10:00 ダイジェストで写真を出した「ハナゲの滝」。

白毛門沢  
この手前で、岳人によく出ているらしいおねーさんとすれ違い。
想像以上の水量のため、撤退するそうで・・。

前回は、このスラブを快適に登っていたのですけどね。
滝がカーブしているところの水しぶきを見ていると、巻き込まれそうで怖いです。

無理。(;´Д`)'`ァ'`ァ

で、我々は、キャニオニングの人たちが使っているまき道を使って安全第一で登りました。

まき道はつまらないけれど、仕方がない。

そして、ハナゲの滝の横を登りきり、下を眺めると、激しい水しぶきで、やっぱりこの水量で滝は登れなかったと実感しました。
白毛門沢  

そして、わりと平らなエリアは川のような水量。
白毛門沢  
雪解け時の水量と変わらないらしいですけど。

水量がスゴイところは、お助け紐でサポートしてもらったり。
ビミョウにへつったりしながら。
白毛門沢
「ヘツリは、足元に良いスタンスがある。」


午前中はお天気も良くて沢がいい色出してます。
白毛門沢


へつりまくり。
白毛門沢

西黒サワとの分岐。ここからは水量が半分になる。 
白毛門沢
増水のため、遡行時間を長めに見積もっていたので、必死に遡行していましたよ。なので、殆ど休憩せずにヨユーなし。

改めて写真を見直すと、やっぱり上越のサワは幅が広くて明るくて良いなぁ。

後半はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。続きが見たいなら押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:07 | コメント (0) | トラックバック
2007年09月10日
 ■  白毛門沢 (ダイジェスト)
(∩・∀・)やっと家の自分専用PCが直りました。

台風一過の土曜日は、上越の白毛門沢。

ダイジェスト。

去年の東黒沢で通過した、「ハナゲの滝」。違う滝と見間違えるほど水量。 白毛門沢  

めっちゃ遡行時間がかかると予想していたのですが、明るいうちに源頭から土合の駐車場に戻ってこれた。

そして、温泉を探してうろうろしていたら。山岳資料館を見つけた。

お決まりノートのカキコ。(´∀` )
白毛門沢  

なんと。Rock & Snowの1号が置いてありました。
白毛門沢   
書棚に各号が格納されていて、見放題!

詳細は後日。


 (∩・∀・)blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 03:05 | コメント (0) | トラックバック
2007年09月03日
 ■  小川山 兄岩登れ ②

(∩・∀・)小川山 兄岩登れ ②

ついに、家の自分専用PCが壊れてしまった。(熱暴走?)
週末にダンナが直してくれるみたいなんですけど。

なので、2日目は日曜日の深夜に書いたレポそのままです。
(いろいろ書き足したいのですけどね。後日。)

廻り目平キャンプ場の朝。
小川山 兄岩  
昨晩の雨はすっかり乾き、日差しが眩しい朝。
小川山 兄岩  
木々の緑もとても綺麗だ。

小川山 兄岩
本日のエリアも「兄岩」です。

キャンプ場の平地を通って・・。
Sが結んだピンクテープを目印に西股沢を渡る。

そして、兄岩上部。

狙っていた、「もみじ」のエリアは先客あり。

少し下に戻って、「無名ルート10d」

小川山 兄岩  
岩場の前はだいたいこんな雰囲気ですよ。

昨日の「G'day mate(10c)★」は、ルートの半分までしか到達できなかったので、10dなんて恐れ多く・・。絶対上までイケないと思っていたのですが。

「まさこさんやってみる?」と、言ってもらえたので、

ついつい・・。外岩10d初TRY。 

そして、登り始めの岩を掴むと、あまりにゴツゴツしているのでビビリ倍増。

他のエリアの岩はもっとつるっとしていたので・・
「この岩硬い!(;´Д`)'`ァ'`ァ」と、言うと・・

「(´∀` )岩は硬いのが当たり前です・・」と、ツッコミ。

さらに、登り中。限界まで腕がパンパンに張ってしまったので、ゲキツウ。 小川山 兄岩
「イタいー!腕が究極!(;´Д`)'`ァ'`ァ」などなどの、激しい名言が生まれました。

お仲間は相当面白がっていたらしいです。(∩・∀・)ええ。
小川山 兄岩
激しいムリムリ登りで、終了点50cm手前ぐらいまで行きましたよ。(´∀` )

岩にムリムリ張り付いていたので、一度もフォールしていないのですけど、
核心部を越えるのにバリ張りならではの激しい技?(バリ張りトラバースという・・)が炸裂しましたね。

そして、バリ張りはロープが傷むのでお奨めしません。すみません・・・。

この登っている写真はNicoさまですよ。
小川山 兄岩  
ジムでも格が違う登りですけど。外岩でも格が違います。
カッコいいです。


そして、核心部はやっぱりリーチのあるオトコ向けということで、
私が無理登りのときに開拓?したクラック使った
女子ルートが開発されましたよ。

(もちろんバリ張りでなく登るやり方です。私にはまだ出来ませんが。)

再び上部エリアを偵察しに行った2人が帰ってこないので、たぶん空いたということで、「もみじ」エリアへ。

もみじの前はテラス状になっていてとても狭い。
でも、平らなのでとてもマターリした雰囲気が。

小川山 兄岩
まちゃこ☆は、既に1回登ったというので、早速私の「もみじ」の初トライがやってきた。

Kazさん「じゃーTRで完登してください。指示なし。」
外岩のルートのオブザベは数十倍難しい。

スタンスやホールドを使えるかな?と、ドキドキしながら眺める。
しかし、さっぱりルートが見えませんよ。ヽ(o´д`o)ノ

結果。やっぱり行き当たりバッタリなワタクシ。

小川山 兄岩
「もみじ 10a」のほぼ・・全景。あなたならどう登りますか?

そして、出だしは快適に登る・・?も、
やっぱり途中で、スタンスがわからなくなり。ご指導でしたよ。(;´Д`)'`ァ'`ァ
小川山 兄岩

小川山 兄岩
最後は、恒例?左側のクラックに逃げ込みすぎてNG。(´∀` )
クラックに入るなと言われても、ついついクラックの安定感を求めてしまうワタクシ。

(∩・∀・)決して笑いをとるためにやっているのではないのです。

クラックに逃げると、TRからかなり横に逸れてしまうので、落ちたらロープが振られてしまうので良くないのですけどね。

まー終了点までは、バリ張りでなく行けました。

続いて、くまちゃんTRY.

すぐ横ではKazさんが、「ウォーリーを探せ11a」にTRY中。
小川山 兄岩
隣り合う10Aと11B。格が違ってもお隣で登れる喜び。(´∀` )

小川山 兄岩

そして、KuchaさんとNicoちゃんたちも上がってきた。
小川山 兄岩
11Aと10Aを登りまくった!

その数、合計3回。

私は午前中の10dで、もー手がPUMPしていたので。

キツかったです。

自分が登るとき以外は、セルフビレイをとって、テラスの岩の上で寝転がり。

お天気が良かったので、向かいの山が綺麗に見えていました。
  
小川山 兄岩

自然がいっぱいの「小川山」。
小川山 兄岩
こんなお客様もいましたね。カミキリムシかな。

小川山 兄岩
Sは2度目のTRYでTO.  あんまりジムで修行していないのに登れてしまう才能は、なんなのでしょう。

小川山 兄岩
空はとても青かった。

まちゃこ☆ と くまちゃんは、もみじをRP!

RPグレードが10Aに上がったと言うコトで、とっても嬉しそうでした。

私は次回にとっておくことにしましたよ。

そして、Kazさんも11A RP! 

恒例!西股沢を渡るときには、皆で、「すべろー! おちろー!」って
楽しんでいますが。

小川山 兄岩
今週末は水量も少なかったし。みんな、石渡に馴れてきたので無事通過。

小川山を18時ごろに出て、川上村の公共温泉に入って、

韮崎のガストに入って帰ったよ。

日帰りの岩やジムだけでは、あまり長く話すことができなかった、
KazさんKuchaさん、Nicoさんたちと、ゆっくり一緒にいられた2日間。

とても楽しかったです。

TRを張ってくれて本当にありがとうございました。

お世話になりっぱなしなのですけど。
また一緒に遊んでくださいね。(´∀` )
 

1日目はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 01:59 | コメント (4) | トラックバック
 ■  小川山 兄岩登れ ①
(∩・∀・)タイトルは、くまちゃんBlogのパクりです。

今週末は、小川山で2日間。
兄岩エリアをひたすら登っていました。

お天気が良かったので、明るくて良い写真がたくさん撮れたよ。

眠いので・・とりあえず、写真だけ公開。

廻り目平キャンプ場に到着。

予定通り9時出発できそうです。

Nicoさんたちのテントを覗くと。カワユイ枕がありましたよ。
小川山 兄岩

そして、みんなで兄岩へ移動。

タジヤンⅣ(10a)★★ 8月のPUMP2小川山合宿で登ったルート。
小川山 兄岩  
こういう、壁の形状を「スラブ壁」といいますよ。

平らな壁の細かいくぼみやホールドを探して登るのです。
小川山 兄岩
私はスラブは超苦手。ジムではスラブ壁は再現できない・・。

ピクニクラ(10b)★★★ 
これも、8月のPUMP2小川山合宿で登ったルート。

小川山 兄岩
こういう、形状のルートを「フェース」と、言いますよ。

ピニクラは30mのロングルートなのです。
バリ張りですけど、TRのノーテンで終了点まで。 
小川山 兄岩
フェース大好きです。(´∀` )

ジムっぽい、ガバなホールドがいっぱい。
かぶり気味の壁もなんとか行けちゃいます。
(リードはまだまだ無理だけど。)
   

夜は、NANA’S で、お買い物。ターフの下で宴会ですよ。 小川山 兄岩

2日目はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 01:53 | コメント (2) | トラックバック