2008年06月30日
 ■  奥秩父入川本流(撤退)
(∩・∀・)今週末は大荒川谷TRYだったのですが。

TRY沢までのアプローチ沢で敗退
奥秩父入川本流

6月28日(土)

(∩・∀・)お盆のアルプス沢?に向けての沢お泊り練習ということで集まったメンバは、リーダーのPさん以外は、なーんと身長150cm台~140cm台のチビッコオンナたち。

前夜泊の道の駅宴会も早々に終了し。頑張って朝起きる。

6:30入川渓流観光釣り場に車を停める。1日500円。

1泊2日の沢装備。大荒川谷は泳ぎ突破の釜もあるかもで。ドキドキである。
 

 
良く整備された林道です。
 
7:40 赤沢谷出合で入渓


沢の水量は見るからに多かった。(;´Д`)'`ァ'`ァ 
入渓前に準備をしていたら釣り師のにーさん2名に話しかけられまくり。

にーさん:「増水が不安だから後ろついってっていいですか?」
(∩・∀・):「後ろをついてきてもイイけど、釣れないと思いますよ。」


沢の脇をメインで歩きますが。チビッコ集団には渡渉はキビシイのでありました。
 
初の腰ぐらいの渡渉の連続に(;´Д`)'`ァ'`ァ。流れに逆らわず45度の角度で渡渉する術を習得。

8:50


この岩はフツーに登ったらスイスイ登れてロープ不要でした。ヽ( ´∀`)ノ

9:00 増水により先に進むのを断念した。( ノД`)


まーこんなカンジですよ。

 

河原のちょっと広くなったところでめっちゃ休憩した後、女2名は勇気をだして沢に飛びこんでみた。
 
一瞬足が着かないぐらい深い沢。バシャバシャと泳ぐのは意外に快感でしたね。
 
帰りは速攻林道に上がって。平らな林道をスタスタ歩き。
12:10
 
釣り師の人たちのバイクや自転車が炸裂する赤沢谷出合に戻ってきた。

撤退により。初の滝ゼロ沢。ヽ( ´∀`)ノ
渡渉を満喫できたから良いでしょう?


14:50 ほったらかし温泉

あっちの湯とこっちの湯で別料金。お天気が良ければ広大な露天風呂から富士山がバッチり見えるらしい。

 
我らはあっちの湯を満喫した。開放的でNiceな温泉でしたよん。
http://www.hottarakashi.com/

投稿者 gogoalps : 22:07 | コメント (2)
2008年06月26日
 ■  GWの蓮華温泉ベースBCのレポ その1
(∩・∀・)GWの蓮華温泉ベースのBC

今頃レポ作成。1日目のみ公開。
雪原の写真は涼しげ・・ですね。

栂池→蓮華温泉

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008rengeBC1-1.html

 

このたび、私の撮影した写真が使われたWebページが公開されました。
 ←日本の名所や観光地を制覇していくWebページです。
いろいろあって、全ての写真を直接自分で提供したワケではないので、びみょーにその山自体の写真ではなくて、登山中に撮影した他の山の写真になってたりするところもありますね。
(;´Д`)'`ァ'`ァ
でもソフトの目的は果たしているでしょう。猫の絵がカワユイです。

(∩・∀・)では。ごきげんよう。GWの蓮華温泉編はあと残り5~6枚かな。

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (5)
2008年06月23日
 ■  浜松のたび

(∩・∀・)今週末は久し振りにDと
こじゃれたホテルと「食」の1泊2日のたび

浜松

梅雨シーズンで予定が空いた週末。
Dがうなぎを食べたいというので行き先は浜松になった。
ネットでいろいろ検索。

6月21日(土)

1リッター172円ヽ(o´д`o)ノのため、ALL一般道でGO。
246から1号線に入る。


由比で「さくら海老丼」
1日14食限定の「あがり¥400」あったよ。

さくらえびを豆腐とニラですき焼き風に煮込んだものでした。

ふたたび。1号線。

団地の屋上の給水施設?がサッカーボール。

東海道の道の駅はとてもひっそりとしています。

このあたりは、バイパスがたくさんあって一般道でも快適。
ついつい中国語の看板の写真を撮影。上が簡体字、下が繁体字ですね。(´∀` )

15:00 夜のお菓子で有名な。
うなぎパイの「春華堂」工場見学。

工場内は撮影禁止なので絵だけ公開。ヽ(o´д`o)ノ

パイは熟練の職人さんが手で1000層に折りたたんでいるそうです
(∩・∀・)スゴイですね!
機械化の時代に手作りなことを強調していましたよ。
見学エリアは10分もあれば見終わってしまいます。

カフェでお茶しました。(上の写真はうなぎパイを使ったスイーツです。家でも作れそうだ。)

工場内の「鰻」の手すり。
お土産に「うなぎパイミニ」が3個もらえますよ。
「VSOPうなぎパイ」がまいうーでした。

18:00 浜松の鰻の名店「あつみ」
営業時間が17:15~19:30と短いです。

うなぎの写真は美味しそうに撮れなったので非公開ですが。
白焼きがまいうーでした。(´∀` )まじマイウー♪


20:00 浜松餃子「むつぎく」

もやしが盛ってあることが特徴だとか。
これはビモーでしたね。(この店も撮影禁止)

浜松はJR駅周辺よりも遠鉄の駅周辺が栄えていて、夜の街は学生ぐらいの若いコたちが散乱していてありえないぐらいたくさん着飾って歩いていてビックリしました。

お泊りは、All About にも載っていた、「Hotel day by day」

ビジネスホテルだけどデザイナーな雰囲気のコンセプトホテルです。
2人で10500円(18.8m2)でした。




ちょっとしたアイテムにもこだわりのエントランス。

エレベーターホールの飾り。



清潔感にコダワリのヨーロッパのビジネスホテル風の室内。


朝は朝食を食べる場所になるフリースペース。
オブジェになっている写真は浜松の風景です。


6月22日(日)
10:00 焼きたてパンがまいうーな朝食を食べてゆっくりしてから出発。




浜名湖を一周ドライブ。(雨なので視界悪い。写真なし。)

13:00 All Aboutで見つけた黒豚のトンカツや「幸楽」


ロースかつ 竹:1900円。日本一美味いかどうかは解りませんが価値はあるでしょう。
私は脂身は嫌いなほうなのですがここのは食べられましたよ。
トマトはちゃんと皮が剥いてあるし、なめこと豆腐の赤だし味噌汁も食べる直前に作ってくれる。

パン粉も食パンから手作りで作っていました。

そういった、手の込んだところが美味しさのひみつなんですね。
ドラマ「おせん」でも日本の食文化を考えるこの頃。

帰りはETC効果で高速代が1000円ぐらいだった。

(∩・∀・)All About受け売りの旅終了。

投稿者 gogoalps : 22:25 | コメント (2)
2008年06月16日
 ■  小川山 春のもどり雪(4P)
(∩・∀・)超久々の小川山

2日目は八幡沢左岸エリア マルチ4P

前日の宴会のせいで、やっぱり2日目の朝はツライ。
夜も思ったより寒くて、分厚いほうのシュラフにすれば良かったと後悔でした。

検討の結果、川を渡らなくてもオケーな「八幡沢左岸エリア」を選択。

ビスタの夏休みを探してうろうろしたが、見つからず・・。

トムといっしょ 10a
岩の形状が朝の1本目としては難易度高そうだったのですが。
経験のあるMTさんが、簡単だった・・というのでTRY。

(∩・∀・)いつも被写体になってくれてありがとう♪まやりん。

めちゃ眠いので他のメンバーが登っている間、ひたすら寝転がってました。

3人がリードで登り。
私はTRにもかかわらず、核心でへこたれてましたが、腕の力で無理やり登りきり。(;´Д`)'`ァ'`ァ。 腕が90度になっているのに無理無理落ちないスーパーアクションを披露しました。まーそんなカンジです。

そして、マルチピッチルート。春のもどり雪 5.7(4P)
5人だったので、メンバは3:2に分かれた。私はまやりんとペア。(´∀` )
 
※画質が悪いのはSDカードかカメラの故障のため低画質で撮影しているからです。

まやりんは、しち。と一緒に何度もマルチを経験済み。こんな私と組んでくれてありがとう。で、先行の3名は前日の経験を生かして、ロープ2本で3人で登ることになりました。

先行組みが登っている間、まやりんと2人で待つ。そしたら、熟年のオサーンチームがやってきた。

メットに水着のおねーさんのシールが貼ってある人が1名いたので思わず指摘したりして、仲良く待ち時間を過ごす。

自分達の番になり、まやりんリードで、私が登りはじめると、待ちきれなかった、熟年チームのリードの人が私の3mぐらい後を登ってきて、急接近&ルートの指導しまくりで。(´∀` )

「そこは、左・・。 そこは、右ルートで・・クラックを掴む・・」とか熱い指導で、悩みも少なく登りきる。

背後に人が登っていると緊迫感が薄い。でも・・・。

山頂エリアに全員集合。

下りは、ALL懸垂下降で降りることにしましたが、熟年チームが先に下ることになったので、待っているあいだ、寒くてブルブル震えました。たったの4Pでも待ち時間が発生したりして何があるかわからないので、サブザックぐらいは持っていかないといけなかった。
  

ついに、我らの番。懸垂下降点までの3mが怖いです。スリングをつないでたどり着く。
 
  
懸垂下降の1P目は、50mロープを半分に折って使ったのですが、次の支点の場所まで長さが足りず、2番手の私がロープを担いで下り、次の支点の場所までのつなぎに使った。

2P目は、60mロープと50mロープをつなぎ、いっきに登りはじめた場所まで下りました。
フツーのシングルのクライミングロープ2本。ロープの重さをミシミシと感じました。

今までのマルチピッチやアルパインは、めちゃ経験がある人と組んで登っていましたが、仲間内で下るといろいろ問題もあり、考えるところが多かったです。(全ては書ききれない。)

鉄製のリングを支点にした場合は問題ありませんが、木を支点にした場合、ロープが引っかかって、抜けなくなったりすることも解った。雪があればスムーズに回収できるロープも夏場はいろいろ引っかかって回収できなくなる可能性があるのだ。

でも・・。まぁ。MISSIONは終了したのです。
  

(∩・∀・)ビクつきがメインの外岩からやっと卒業。ええ。

投稿者 gogoalps : 23:14 | コメント (3)
 ■  小川山 母岩

(∩・∀・)週末は超久し振りに小川山2日間。

1日目は母岩エリア。

 6月14日(土)

梅雨の晴れ間の週末。良いお天気の小川山。

ひたすら外岩から逃げ続けて、また数ヶ月が経ってしまっていた。
沢シーズンも始まったし。ジムも週1でムリムリ通っていましたが、外岩に参加する勇気が・・。(;´Д`)'`ァ'`ァ

そんなとき、最近msccで仲間になった、美都さんから、熱いコールがあり。今回の小川山に参加することになりました。

最初は3名でひっそり・・と思っていたのですが、フタを空ければ1日目は7名という大盛況。

5,9~10cクラスのルートが揃っている母岩に向かいます。
久し振りの渡渉は、靴を脱いでジャブジャブと渡りましたよ。
 

メンバは7名だったので、3チームに分かれた。
私は、美都さんとKNさん組みに入れてもらった。

最初はTRで。
タジスラ5.9 、サドン・ストーリー5.10a
私がサボっている間に外岩に通っていたSさんやNOさん。めちゃ上達しています。10bをリードでラクラク登れるようになっていました。(∩・∀・)すごいですね。
 

アルパインの(;´Д`)'`ァ'`ァ効果と沢効果で、外岩2年目にして、やっとビクツキがとれた私は、ジャックフロスト 5.9を久し振りのリードでOSしました。(レベル上がってないけど。)

そして、レッドストーム 5.10bをTOで2回登って。

エイトマン5.8 (2Pのルート)を3名でトライしたのですが、ロープの長さが足りず、沢の巻きで失敗したみたいになってしまいました。(;´Д`)'`ァ'`ァ
  
他のメンバは上部の兄岩でいろいろ楽しんでいたらしい。

PM4時ぐらいになったので、テントエリアに戻る。
 
金峰山荘の400円のお風呂に入った後。宴会開始


美都さんのお友達のKNさんがなんと七輪を持ってきてくれました。
 
自作のやきとりがめちゃまいう~♪ 
 
美都さんの用意してくれた水炊きも最高で。
清らかトークでめちゃもりあがりました。ヽ( ´∀`)ノありがとうございます。
  
信州初のの焼酎「風太」

翌日は八幡沢左岸スラブエリアでマルチピッチ(続きます。)

投稿者 gogoalps : 23:06 | コメント (2)
2008年06月13日
 ■  スペイン・ポルトガルのたび 7day
(∩・∀・)スペイン・ポルトガルのたび 

7日目をいっきに3ページ公開ですよ。

★題名のところをクリックすると詳細レポに行けます。★


◆20 城壁に囲まれた中世の町 オビドス 


 ◆21 港町 ナザレ


◆22 ポルトガルの独立を象徴する修道院がある町 バターリャ


(∩・∀・)まだ続きます。
J-WALLで声かけてくれた人も旅レポも見てます!て言ってくれたし・・。
投稿者 gogoalps : 01:54 | コメント (4)
2008年06月10日
 ■  クリニック ラン(6月)
(∩・∀・)土曜日は丹沢の沢。(レポは後で作りますね。)

日曜日は、JR水道橋と地下鉄神保町駅の中間地点にある
谷川真理さんのRUNショップ「ハイテクタウン」のイベント
クリニック&ランに参加してきました。

イベント参加中は知らない人ばかりだし写真を撮る雰囲気ではないので
今回の写真は、当日の皇居周辺散策時の写真です。

「ハイテクタウン」のお店は。http://www.hi-sports.com/
なんと、「さかいやスポーツ ウェア館」の目の前でした。  皇居のあじさい

150人ぐらいが店員で、当日の予報が曇り時々雨にも関わらず、集合場所に行ってみたら、ほぼ満席。(´∀` )

ヤル気マンマンな皆さんに驚くとともに、改めて山ヤとの客層の違いを認識しましたよ。

10:00~11:00「ランニング障害について」 の講義
近くの専門学校の教室を借りて、スライドを見ながら、東芝中央病院のスポーツ医学の医師の方の講義を受けました。 (久々に学生気分で楽しかったり。)

◆ランニングを行なう上で起こりやすい障害                      

①疲労骨折
疲労骨折といえば、年配の方の話しだと思っていたのですが、成長期の高校生に多く発生していることがわかりビックリしました。また、スポーツ選手も過度な練習で骨に負担がかかりいろいろな部分が疲労骨折するみたいです。

②膝の痛み
これが私には一番心配な障害ですが、痛みがある場合はマラソン、(山歩き)を休憩することが重要なようです。谷川真理さんも膝の故障があったときは、他のスポーツ「水泳、マウンテンバイクなど」を行なっていたそうです。膝の痛みがガマンできないくらいのときは病院に行くことを推奨していましたが、そうでないときはひたすら安静が基本みたいですね。

◆体の柔軟度チェック
スポーツでケガをしないためには、体の柔軟性がとても重要とのこと。
運動する前の準備体操の重要性を説明していました。
私は小学校の頃からめっちゃ体が硬いのですが、今まで怪我知らず。ついつい準備体操をおろそかにしていますが、これからは気合を入れて準備体操しようと思います。

皇居のヒメコウホネ

11:30~13:00 ラン
3グループに分かれて皇居周辺

①谷川真理の初心者講習
②800m×5本
③10kmペース走(1km5分)    
                                  
マラソンの基本を知らないワタクシは「初心者講習」に申し込み。
谷川真理さんの指導でハイテクタウンの建物の前の駐車場でしっかりと柔軟体操をして出発。

白山通りを直進すると高速道路を越えて、皇居の外周道路に突き当たります。

そこから、北の丸公園の芝生の上で、マラソンのフォームについて解説をしてもらいました。
・腕はひじをしっかりと引くことを意識すること。
・みぞおちより下が足と同時に前に出ることを意識すること。
・早く走るためには、体の重心をスムーズに前に出す必要があり、それは頭で意識しないとできないことである。 

公園内をランニング→武道館から外に出て北の丸公園の外周を1周。
千鳥が淵などを眺め、皇居1周とは違った変化のある景色が広がり変化のある良いルート。真理さんが先頭で1km6分ぐらいのゆっくりとしたペースでお喋りしながらのRUN。とても心地よかったです。

皇居東御苑

そして、再びハイテクタウンまでランニングしながら戻り、解散となりました。

皇居のあやめ

更衣室がゲキ混みだったのと北の丸公園に上着とドリンクを放置してしまったので
ふたたび北の丸公園まで戻り皇居東御苑を散策。(写真はこのとき撮影)

皇居東御苑
古本屋で中検4級の本を買ってさかいやに寄って帰りました。(LASTは日記。)

新宿勤務で無くなったので皇居は自宅からめちゃ遠いですが
こういうイベントの機会にまた来ようと思います。


本文とカンケーない写真ってつらいですね。
(;´Д`)'`ァ'`ァ 
皇居東御苑は江戸城跡地。入園は無料。

投稿者 gogoalps : 22:08 | コメント (0)
2008年06月04日
 ■  ワナバの頭 (西丹沢バリ)
(∩・∀・)西丹沢のバリエーションルート

ワナバの頭

久し振りに新緑の丹沢に行きましたよ。
核心の「オオタギリ」は高度感あふれて素晴らしかった。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008wanaba1.html  

投稿者 gogoalps : 00:54 | コメント (3)