2008年07月31日
 ■  笛吹川東沢釜の沢西俣のレポ
(∩・∀・)笛吹川東沢釜の沢西俣のレポです。

今週は調子が良いです。
いっきに全ページ公開ですよ。 

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008kamanosawanNisi1.html

釜の沢西俣の特徴はやっぱりこの茶色いナメだと思う。
そして迷いまくるダーリーの真実。( ノД`)ムキャー。

レポ公開のblogはとっても手抜き。(∩・∀・)おほほ。

投稿者 gogoalps : 23:42 | コメント (2)
2008年07月30日
 ■  ホラの貝ゴルジュ
(∩・∀・)西沢渓谷から行けるサワはたくさんある。

ホラの貝ゴルジュに突撃してきました。 msccでホラの貝の企画が出たときは、行きたい気持ちでいっぱいでしたが、アブミ(人口登攀)のルートだし、泳ぎレベルは高いしで参加を躊躇しつつ・・「行きたいです。(ノ∀`) 」のメール。最初は断る予定だった企画者もエキスパートが揃ったので私の参加を認めてくれた。(;´Д`)ありがとうです。

7月27日(日)

10:40 西沢渓谷河原
先週歩いた場所を再び歩いているワタクシ。

11:30 ホラの貝沢出合
 
装備を泳ぎ沢向けに変更した。事前調査で水温3℃とか書いてあるのを見つけた人がいて、全員が水温に相当ビビっていた。1名はアクアボディシャツの上に半そでの上下ウェットまで着ていましたよ。

そして。ホラの貝ゴルジュを早速泳ぎで取り付く。
( ノД`)ここはいきなりロープで引っ張ってもらいました。


ゴルジュの中は大きな空洞になっている。
 

今回はアブミを10本も用意した。

にゃんさんがリードで核心部をアブミをどんどん掛けながら進んでいく。
 
3番手は私だった。アブミの使い方間違いまくりで反省。

ホラの貝ゴルジュ
MZさん。アブミは補助的に使って。岩に体重をかけるそうなんですけど。
私は手でアブミを掴みまくってしまいました。(反省)


13:30 全員が核心を抜けた後
水量の多い(今回は通常よりも少なかったみたいだけど)エリアを泳ぎまくり。
 
ゴルジュの狭い空間が圧巻だ。ヽ( ´∀`)ノ


たしかこの手ごろなサイズの岩がスタンスもガバも皆無で乗り上げるのに手伝ってもらいました。


泳いだり。つっぱったり。泳ぎサワを満喫ですよ。ヽ( ´∀`)ノ

再び泳ぐ。

へつったり。

泳いだり。
 
うなぎ泳ぎしたり。ヽ( ´∀`)ノ

 

14:00 ゴルジュ地帯を抜けて、河原で休憩中
山ノ神から旧登山道を通って下山する方法もあるけれど
ここは沢を下ろうということになった。
私は相当ビビっていた。

14:20 スライダーにで下山
「メットは外す!」「(ノ∀`) まじでーキケン度UPじゃないですかぁ?」
でも泳ぎのときにメットがジャマになるらしいのです。
下ってみれば意外に快適。めちゃめちゃ快適。
泳ぎエリアも水流によりノーロープでバンバンクリア♪

14:30 LASTの滝をスライダー♪
最後の滝はそれなりの高さなので相当ビビリましたよ。
でも飛び込んで浮き上がってきてめちゃ気持ちよかった♪

滝の飛び込みに満足したあと、核心をMROさんが、フリーでTRY。見事クリア♪

MROさんの相方は「もう動いているMROさんを見るのは最後だわ。」と、
ビクビク思いながら見学していたらしい。 (ノ∀`) 

15:40 西沢渓谷駐車場

一般道に出て少しあるいたところにキレイなトイレ施設があったのでそこで着替えていたらどしゃぶりの雨。
16:30 三富温泉郷 白龍閣 ¥500
露天風呂が渓谷沿いにあって設備は広いけど。
景色も良いけど。

帰りの中央道が故障車の影響で予想時間5Hとかありえない時間がでていたので道志道でサックリ帰る。
投稿者 gogoalps : 00:20 | コメント (0)
2008年07月28日
 ■  丹波川本流

週末は泳ぎ沢×2の2日間ヽ( ´∀`)ノ

1日目は多摩川の上流の沢
丹波川本流

7月26日(土)

多摩川の上流は丹波川と呼ばれます。

8:00
 国道411号沿い鮎釣り場前の駐車場で前夜泊。
目の前に鹿島山の尾根が広がる。夏まっさかりの日差しと山がとてもキレイ。(´∀` )


9:00 入渓
msccで夏のアルプス沢を計画しているメンバ+2名で総勢7名。
三条新橋付近の駐車場から1分の簡単なアプローチ。

お天気が良く、幅広な川に光が降り注ぐ。こういうのは写真でキレイに撮れないですよね。

平坦なゴーロ歩きの先に最初のゴルジュ帯が見えてきた。
 

9:10 1つめのゴルジュ帯

真ん中を泳いで通過しようとするが、水流に流されて引き戻されまくり。
ここはPさんがリードで泳いでロープでひっぱってもらいました。


9:30 犬戻り&坊主淵
 

そして、我らは水に浸かりまくりましたよ。


私は今回初導入した、モンベルのアクアボディシャツ」が大活躍。
沢に最適な濡れてもすぐ乾く素材でできていて、とても暖かいのです。



 
ゴルジュの中心部は流れが速いけれど、岩にとりついて横移動してのりきります。

9:40  手取淵
ここもPさんがリードで右岸をへつってロープを張ってくれました。

私は2番手でラクラクヘツリ終了。ヽ( ´∀`)ノ

 
通過後の大岩で支点がとれる。

水量の多いときはへつることも不可能な場所らしいです。MINMINさんクリア目前。
 
へつり中にドボンしたり足がつったりで通過できない人が多数続出。( ノД`)
右岸上部を巻くことで全員が通過することができた。

11:00 休憩中
手取淵を巻き通過の1名(Mぴーさん)がぐだぐだになっていた。


11:30 胴木滝(5m)
 
大きな釜を左側から泳いで取り付く。先行パーティがノーザイルだったので、ワタクシがリードで登りました。ヽ( ´∀`)ノ沢での初リードかも。


リード後の支点をMINMINさんがちょっとだけ直してくれた。

胴木滝をのぼるMぴーさん(´∀` )
 

流れが穏やかな。淵の連続。



Pさん。飛び込んでましたよ♪

12:40 3m滝


 
大岩を登る。ここも易しい。

ふたたび河原歩き。


13:00 丸山入道淵

胴木滝のリードでとても良い気分になっていたワタクシは。(´∀` )
Pさんの「練習だから頑張って泳ぐ?」というひとことに、頑張ることにした。

最初は真ん中を泳いで押し戻され。左岸をうなぎ泳ぎして押し戻され。
(;´Д`)'`ァ'`ァ

Iさんに交代して右岸をうなぎで攻めるが難しい。
一緒に頑張りながら右岸を攻めていたら、うなぎ泳ぎのコツをひらめいた!

「解りました!体を斜めにすれば良いのです!ヽ( ´∀`)ノ」

そう言って、斜め泳ぎを習得した私は、ゴツゴツしている丸山入道淵の岩を手がかりに、
体が岩から離れないように頑張り、なんと!攻略に成功したのです!!

これはめちゃめちゃ嬉しかった。
 
大きな流木で支点を作り、他のメンバがロープを伝って突破するのをニヤニヤしながら眺めました。

ヽ( ´∀`)ノ まー流れを気にしないで泳ぎをいろいろ試せるのはザックが浮き代わりになっているからなのですけどね。


13:40 監視塔
 

トンネルの出口を川底から眺める。

ちょっと探検気分である。丹波川の横には青梅街道が併走しているのである。

そして、たびたびちょっと深いところを泳ぎ通過したりして。

すっかり泳ぎに自信がついた気分になったワタクシは。
Pさんから「ホラの貝大丈夫じゃない?」という
お言葉をいただきました。(つ´∀`)つええ。

14:00 一ノ瀬川との分岐
 
銚子滝に行きたくない人は一ノ瀬川から青梅街道に出れるみたいですよ。

14:00 銚子滝(8m)
ここはPさんがリードしてくれて、プルージックで登りました。

ここを登りきると。伝説の・・・

怖いスポットして有名な「おいらん淵」を見ることが出来ます。
どんな事件があった場所かは、各自ネットで調べてくださいね。(∩・∀・)ええ。

ここから、青梅街道に上がる快適な踏み跡を登った。

15:00 道路に出た。






 
なんと、青梅街道をバイクで走りまわっていたHorieさんに偶然出会う。
msccの人はそういう意味でも面白すぎである。

30分あるいて、駐車場に戻った。どしゃぶり雨。

丹波山温泉のめこい湯に入り。(つり橋のあるステキな温泉)
お風呂はプールの後に入る温泉気分でとても心地よかった。
食堂でマターリ生ビールを飲んだりして。(さしみコンニャクがまいうー。)

某駅での解散時に私のザックから水が滴り落ちる。
ローカル線だから良かったですが。
泳ぎ沢の終了時にはザックをひっくり返さないとダメですね。

一旦自宅に戻った。



翌日はmsccの別メンバーと
ホラの貝ゴルジュ

(つ´∀`)つキター。 乞うご期待。
投稿者 gogoalps : 23:32 | コメント (2)
2008年07月23日
 ■  裏岩手縦走 3日目のレポ

(∩・∀・)裏岩手縦走

3日目が途中から公開になっていたので直しました。
朝からの3日目のレポを公開です。(最初から読んでくれば続きですけどね・・)
すみません。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate6.html


そして。縦走は終了した。 ページ数が7枚ぐらいのレポがあたりまえになってきたワタクシ。長いレポを読んでくれてありがとう。 読みたくない人は写真だけでもサラリと見てくださいね。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 22:18 | コメント (2)
 ■  裏岩手縦走 2日目のレポ

(∩・∀・)裏岩手縦走のレポ

2日目公開です。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate2.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北東北の山小屋を満喫しました。ヽ(  ´∀`)ノ

投稿者 gogoalps : 22:11 | コメント (0)
2008年07月21日
 ■  笛吹川東沢釜の沢西俣(ダイジェスト!)
ヽ( ´∀`)ノ3連休の後半2日間で

笛吹川東沢釜の沢西俣
行ってきました。

とりあえず。写真数枚公開のダイジェスト。

7月20日(日)
3連休の予定が決まらず煮え切らない毎日。
皆忙しいだろうと思いつつメールを送ると数名からオケーの返事がきた。
全員が沢経験者だったため、お泊り沢を企画した。

言いだした人がリーダー扱いであるこの世界、自分の沢経験値がUPしているとはいえ、レベルの高い沢は選べない。いろいろ悩んで、最近知り合いが遡行しているこの沢を選んだ。

笛吹川東沢の釜の沢は
2006年の9月の沢1年目
で遡行して、
水没や簡単な場所が登れなかったりと。想いのある沢。
両門の滝までは前回と同じルートであるというのも少しだけ安心である。

さて。

前回の水没場所。スラブ岩が淵に綺麗に入っている。
水量が少なくてラクラククリアーヽ( ´∀`)ノ
思わず岩の上で片足ポーズをとってしまいましたよ。エヘヘ。
笛吹川東沢釜の沢西俣

魚止めの滝のとりつきも。前回は最初のホールドに手が届かず、お助け紐フル活用で、ご迷惑かけまくりでしたが、今回はスラリ!と登り。
ラクラククリアーヽ( ´∀`)ノ

それにしても釜の沢は何度来ても美しい場所です。

前回は水没&NO防水カメラだったため、携帯でシクシクしながらサツエー&Sさんの撮った写真をレポに使わせてもらったのですが、今回はバリバリ撮影。
ヽ( ´∀`)ノわーい。

両門の滝から上は西俣。独特の茶色い沢が続きました。

 
萌えました。

茶色いのはコケだと思われるのですが、手で絵を書くことも出来ましたよ♪

7月21日(月)

イケてませんが、一応今回は私がダーリーだったのです。(∩・∀・)
 
ダーリーがイケていないせいで、隊員のみなさんに「破風山避難小屋」見学という素敵なプレゼントをしてしまいました。おかげで下山時間が遅くなるといったら・・。ううー。深く反省しております。
 
甲武信小屋では、8月7日(旧暦の七夕)に向けて。短冊でのお願い事募集中ですよ♪

(∩・∀・)詳細はレポで。

投稿者 gogoalps : 22:58 | コメント (4)
2008年07月19日
 ■  裏岩手縦走 1日目のレポ
(∩・∀・)今日の夜からお出かけですが。

裏岩手縦走のレポ。
1日目公開です。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate1.html

 

投稿者 gogoalps : 17:32 | コメント (2)
2008年07月18日
 ■  等々力競技場でJリーグ観戦
(∩・∀・)夏まっさかり。

会社の後輩くんたちと
Jリーグの無料券があったので観戦してきました。

7月17日(木)
等々力競技場 川崎フロンターレ VS 清水エスパルス

最後に日本のサッカーを見に行ったのは、まだナビスコカップの頃だったり。
超久し振りの日本でのサッカー観戦。(´∀` )

混んでいる応援席を避けて、超アウェイよりの1F席に座ったので、
清水エスパルスのサンバみたいな独特の応援にノリノリとなり、
どっちのチームを応援しているのかわからなくなりました。 


ホームグラウンドのフロンターレの応援は、激しくジャンプを繰り返していた。
遠すぎて、応援歌が聞こえない・・・。( ノД`)


清水エスパルスはサンバのリズムでノリノリヽ( ´∀`)ノ サンバ! サンバ!
オレーオレーはグリコのカフェオレの歌をアレンジしたらしい?


チームのキャラクターじゃないけど。この「カブ」まじカワユイ。

結果は、1-2で、フロンターレの勝利でした。


 さて。

ハナシは変わりますが。もうすぐ公開される宮崎駿の映画
「崖の上のポニョ」


歌がすごすぎる。会社で口ずさむ人続出。

ぽ~にょ。ぽ~にょ。魚の子♪

コドモが歌う声がとてもほのぼのとして、永遠に頭の中に回りませんか?
きっと今年の年末の忘年会ではあちこちのカラオケで歌われそうなヨカンですね。

でも。気になることが・・

ポニョはシーマンに似ている。


1999年にセガのゲーム機
ドリームキャスト発売された。伝説のソフト。

マイクで魚に話しかけると、人間の顔がついた魚が反応するという。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

シーマンは口が悪い。
すぐに「なんだよ~!」とか言うらしい。
(∩・∀・)ええ。

投稿者 gogoalps : 00:29 | コメント (0)
2008年07月14日
 ■  倉沢谷本谷

(∩・∀・)msccメンバで

倉沢谷本谷に行ってきました。
初の泳ぎメイン沢。

今週末はお泊り沢の予定だったのですが、いろいろウツのため準備ができず。
日曜日のMizzyさん企画の奥多摩の泳ぎメイン沢企画に入れてもらった。
メンバは総勢8名(∩・∀・)大盛況。

7月13日(日)

10:00 倉沢バス停付近に車を停めて、5分ぐらい歩いたら、沢に下降。
下降口で他のパーティが落石起こしまくりでビックリした。(離れていたので被害なし) 

この沢は夏にぴったりの泳ぎメイン沢。とくに難しい滝も無いということで一部メンバはノーハーネス。
メットも被っていない人がいたりしました。(もちろん私は安全重視で両方装着。)

泳ぎがビモーな私はザックを浮きにするため、空ペットボトルと旅行用の空気を入れるタイプの枕をザックのなかに忍ばせた。(´∀` )

10:20 遡行開始

 
この日の水量はそれほど多くなかったので、泳ぐ箇所は部分的。

平泳ぎを想定していましたが、ザックがじゃまだったりして、「犬かき」になってしまったり。
浮きになるアイテムをザックの底に入れていたが、安定が悪いので、ザックの上に入れなおした。


KMBさん。頭の手拭いがOrangeみたいですよ。(∩・∀・)ええ。

滝のとりつきは泳がないとたどり着けない箇所が多かった。

 
泳ぐMizzyさん。(´∀` )



この滝は左側の残置スリングを利用して1段目に上がりました。2段目は結構緊張した。


基本的に沢にとりつくまでは 「うなぎ泳ぎ」なんですけど、今回は練習の意味もあるので積極的に釜の中心部を泳ぎました。(ビモーに押し流されて結局うなぎ泳ぎでしたけど。)

お天気は良く。沢の水に入ってもそんなに寒くありませんでした。

 

 
ここは滝の裏側に入ってハングを超えるというところでしたがさすがに無理でしたね。




思う存分泳ぎまくり。沢での泳ぎに少し馴れる事ができました。

 


併走している林道が見える。

12:00頃 やはり、KMBの「嵐を呼ぶオトコ」が炸裂。大粒の雨と雷ゴロゴロ。
沢に浸かりまくりなので気にならなかったけど。


この滝は左側を簡単に巻きました。(後半泳ぎ疲れ。)

13:10 巨大なせき
  
下部についているトンネルを抜けて、しばらく歩いたところで林道に戻った。
林道は沢のとなりにずっとあるので、気が楽な沢でもある。

14:00 駐車エリア着。

難しい滝も少なく。久し振りのノーザイル沢でした。(´∀` )
たまには、ほぼ自力でも突破できる滝でリハビリ♪

投稿者 gogoalps : 00:04 | コメント (2)
2008年07月12日
 ■  裏岩手縦走 (ダイジェスト)
(∩・∀・)ご無沙汰していました。
先週のおはなしですよ。

7月5日~7日で裏岩手縦走してきました。
ダイジェストです。

写真はまとめたのでレポはきっとすぐできるでしょう。 7月5日(土)

前夜初の夜行バスで盛岡駅に到着。
八幡平行きのバスを待つ間、徒歩10分ぐらい歩いてガストで暇をつぶしたり。盛岡城跡公園をうろうろしたりしましたよ。

それにしても、この岩手の観光キャンペーンのキャラクター「そばっち」可愛すぎる。スイカのペンギンの「さかがきちはる」さんのデザインらしい。萌え。

盛岡駅から八幡平までのバスは2時間ぐらい。めぐは八幡平未登頂なので、とりあえずぐるっとお池&山頂めぐりをしてから、いざ!裏岩手縦走路へ。
 
縦走路入り口までのアスファルトの両側のお花がすごかった。


このお花は東北の固有種なのかな。お花の名前。全然覚えてない。

この日のルートはとーっても平坦。途中にお池が3つあってそれぞれ全然違う雰囲気でよかった。
湿原が点在するだけあって道はところどころぬかるみや水溜りがすごかった。

大深山荘の先客は2組でした。4組ぐらいが泊まれるサイズの小屋です。
 
徒歩5分ぐらいの水場。



某blogで有名なアイテムをついに写真に収めましたよ。(∩・∀・)ええ。

 7月6日(日)
岩手山を目指す。この日はゆるーーーいアップダウンの連続。









黒倉山でやっと岩手山を確認!(お天気は良かったけどガスが濃かったので。)


ついに裏岩手山!LOCK ON!

硫黄が混ざった川沿いを過ぎて、お花畑から往復10分ぐらいのお釜池まで散策。

トルコブルーのキレイな池でした。

この後、「今日中に岩手山に登る!」と意気込んだ、フカ君と、
「まー登れたら登る!」という、ワタクシと。
「べつに明日でよい!」というメグメグの3チームに分離。

(;´Д`)'`ァ'`ァいいながら、不動平までの急登を登る。
このルートの唯一の急登だったかも。

途中で、雷がゴロゴロしてきたので、(雨は降らなかったけど)、
急いで登るのを終了し。景色を眺めて、今後の山生活についてグダグダ考えてから、不動平避難小屋のあまりのカワユイカンジに萌え萌えしていたら、メグが追いついてきた。

不動平避難小屋

めぐと2人で8合目避難小屋にたどりつき、フカ君と合流。

 
ジツはここの水場に置いてあったコップも・・(;´Д`)'`ァ'`ァ

7月7日(月) 七夕
朝日が昇った。ちょっと期待。ヽ( ´∀`)ノ
 

岩手山の山頂エリアにたどり着いたときは濃いガスだったのですが、ほとんど無風♪ (前回は強風に苦しめられましたから!)のため、お釜めぐりを1周+αしていたら・・

ガスは切れた。ヽ( ´∀`)ノ日ごろの行いのおかげです。(ベタ)



ちょっとだけ青空の岩手山山頂。(´∀` )

そして、裏岩手縦走をこの時期に選んだのは、「コマクサ」の大群落を見るためだという。

(∩・∀・)ええ。焼き走りルートに炸裂!していましたよ。


焼き走りの湯で じゃじゃ麺を食べて、休憩所で時間をつぶして盛岡駅に移動。
フカ君は新幹線で帰ったのですが。

オンナ2名は高速バス帰宅のため・・ふたたび。(´∀` )

じゃじゃめんの しにせ「白龍」

まいうーでした。焼き走りの湯のじゃじゃ麺と全然違う味でどっちも美味しかったので、また盛岡に来る機会があったら、他の店にも入りたいな。

そして、再び深夜高速バスで帰宅のため、いったん2名は別行動となり。
22時ごろ集合して居酒屋でカンパイ!

(∩・∀・)長すぎるフリータイムは別行動を推奨します。
投稿者 gogoalps : 15:03 | コメント (7)
2008年07月03日
 ■  立山BCの写真
(∩・∀・)今週は映画の日にインディ3を見たりしました。
最後はなんと、○○人が出てくるのです!(ネタバレのため伏字)

2007年11月23日の立山BCは
スーパー快晴でした。
壁紙になりそうなサイズの写真を2枚公開。


両方とも当時blogで公開した写真ですけど。
クリックで拡大ということで。ヽ( ´∀`)ノ涼んでください

まぁ見てください。 ↑クリックで拡大。

 
↑クリックで拡大。

この写真は雷鳥沢なのですが。
雪が降った直後のキレイな雪面に人が模様を作っているところが面白いです。 


7月に入って夏天本格化!

(つ´∀`)つ今週末は久々一般登山縦走の予定です。

投稿者 gogoalps : 01:44 | コメント (2)