2008年09月10日
 ■  那須 苦土川・井戸沢~中ノ沢(下降) ダイジェスト

(∩・∀・)土曜日はおこじょメンバで今期2回目の沢

那須の井戸沢~中ノ沢(下降) 

ダイジェスト。

2008年9月6日(土)

おこじょメンバで行ってきました。 Pentax OptioW60 井戸沢
去年の撤退地点のF2。全員お助けスリングのみで無事クリアだけど、びびって足がガクブルしちゃいました。

井戸沢
その後はノーザイルで登れる快適な滝が絶え間なく連続しました。めちゃ楽しかった。

井戸沢
久々に山に詰め上げる景色が嬉しい。

流石山
流石山への詰めは笹薮の草原。

中ノ沢
中ノ沢は想像どおりの平らでナメがいっぱいでステキな場所でした。

中ノ沢
滝は50cmぐらいのが2、3箇所あるだけでした。

中ノ沢
雨に濡れた岩がめっちゃ滑りまくり。つるつるつる・・♪ヽ( ´∀`)ノ

(∩・∀・)簡単ですけど。とりあえずダイジェストで。
さて。明日はお出かけ準備です。
投稿者 gogoalps : 01:36 | コメント (0)
2008年08月24日
 ■  双六谷(撤退)のレポ ALL
(∩・∀・) 双六谷(撤退)のレポ1日目と2日目

林道歩きが思わぬダム見学に萌え。
そして北アの大きな谷に圧倒されました。

★効率化のため1日目と2日目を同じ記事に掲載です。★

◆1日目はこちら
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008sugorokuT1.html
◆2日目はこちら!
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008sugorokuT5.html

  双六谷

今週は足温存のため久し振りにP2に行かなかったので生活にヨユーが。
で、一時は幼稚園ぐらいの子よりも歩くのが遅くなっていたのですが、
すっかり平地ではフツーに歩けるようになりました。
整形外科で全治3週間ぐらいって言ってたんですが。早過ぎ?

投稿者 gogoalps : 00:18 | コメント (3)
2008年08月07日
 ■  中川悪沢(丹沢)
(∩・∀・)沢レポばかりで。しかも丹沢でスミマセン。

中川悪沢

6月のオハナシですよ。

6月7日(土)

msccのメンバ3名で行きました。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008nakagawaWR1.html

適度な間隔でレポを公開したいけど。
いろいろツーウーなときもあるし。思うようにいきません。
このレポはかなーり前に作ってお倉入りしてました。

今日はとても良いことがあった。
ある人から手紙がきた。CaplioR7の修理がやっと終わった。

(∩・∀・)お盆は長野を駆け巡る予定。

投稿者 gogoalps : 00:35 | コメント (2)
2008年08月06日
 ■  勘七の沢(2nd)

(∩・∀・)土曜日は付き合いで。

丹沢の勘七の沢に行ってきました。

コメントの返事書いてなくて大変申し訳ありません。

8月2日(土)

Sはお盆に○○○○に行くらしい。(私は自信が無いので去年の段階で辞退。)
直前のトレーニングということで、私の行ったことのある丹沢の沢の同行をお願いされた。

( ノД`)この時期の丹沢は気が乗らないが、交通費無料についつい折れ。
Sが○○○○から無事に帰ってきてほしいというのもありますからね。

UDNさん。ドタキャンしてすみません。

というワケで。勘七の沢。
Sは自宅付近で花火を見るから14時までに下山したいとか言い出すし。

7:30 林道ゲート

ステキMナビのおかげで、二俣の駐車場に直接行けなかった。( ノД`)
遡行図に載っているので確認してから行けばこんなことにはならないハズだ。

7:40 二俣
ロスタイムは10分だった。

~今回は2回目の沢のため、写真かなり省略。~
8:15 F1
勘七の沢

8:40 F4
勘七の沢

沢の暗いところに咲いていた。カワユイ紫のお花。イワタバコという名前です。
勘七の沢

バリバリとSさんにリードをしてもらいましたが。
気がつけばフリークライミングにハマっていたSさんは相当ビクついていた。

フリクラをやりすぎると、ノーザイルやツルツル(実際はしてません)に感じる沢の岩は相当怖いらしい。思えば去年のワタクシも相当沢でビクついていました。(今はボルダーしかやってない。)

10:00 
後半のノーザイルエリアは私が華麗?に先行し。Sさんを温かく見守りました。
勘七の沢  

お気に入りだった、カメラ Caplio R7 が、入院して、修理センターから3週間以上も帰ってこないので、今回は、代わりに購入した「PENTAX Optio W60」の試し撮りという意味もありました。

Optio W10 は全然壊れていないけど、W60の広角28mmに負け。)
 
勘七の沢  

11:20 遡行完了。ツメ開始。
勘七の沢
丹沢にだってお花はある。
勘七の沢

11:40 大倉尾根の鹿柵突破。

12:30 二俣

12:40 駐車場

ワリとソッコーで沢を完了したつもりですが。
Sは温泉は無しだー。と言いはり、小田急の渋沢駅に降ろされる。( ノД`)

翌日はアルプス沢の予定でしたが、体調不良でキャンセル。( ノД`)
Pさん×2.ドタキャンすみません。ううう。

ヒマなのでレイトショーでポニョを見た。
ファイティング・・・いや、ファインディング・ニモを思い出した。

ぽーにょぽーにょぽにょ♪ヽ( ´∀`)ノ
投稿者 gogoalps : 01:03 | コメント (2)
2008年07月31日
 ■  笛吹川東沢釜の沢西俣のレポ
(∩・∀・)笛吹川東沢釜の沢西俣のレポです。

今週は調子が良いです。
いっきに全ページ公開ですよ。 

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008kamanosawanNisi1.html

釜の沢西俣の特徴はやっぱりこの茶色いナメだと思う。
そして迷いまくるダーリーの真実。( ノД`)ムキャー。

レポ公開のblogはとっても手抜き。(∩・∀・)おほほ。

投稿者 gogoalps : 23:42 | コメント (2)
2008年07月30日
 ■  ホラの貝ゴルジュ
(∩・∀・)西沢渓谷から行けるサワはたくさんある。

ホラの貝ゴルジュに突撃してきました。 msccでホラの貝の企画が出たときは、行きたい気持ちでいっぱいでしたが、アブミ(人口登攀)のルートだし、泳ぎレベルは高いしで参加を躊躇しつつ・・「行きたいです。(ノ∀`) 」のメール。最初は断る予定だった企画者もエキスパートが揃ったので私の参加を認めてくれた。(;´Д`)ありがとうです。

7月27日(日)

10:40 西沢渓谷河原
先週歩いた場所を再び歩いているワタクシ。

11:30 ホラの貝沢出合
 
装備を泳ぎ沢向けに変更した。事前調査で水温3℃とか書いてあるのを見つけた人がいて、全員が水温に相当ビビっていた。1名はアクアボディシャツの上に半そでの上下ウェットまで着ていましたよ。

そして。ホラの貝ゴルジュを早速泳ぎで取り付く。
( ノД`)ここはいきなりロープで引っ張ってもらいました。


ゴルジュの中は大きな空洞になっている。
 

今回はアブミを10本も用意した。

にゃんさんがリードで核心部をアブミをどんどん掛けながら進んでいく。
 
3番手は私だった。アブミの使い方間違いまくりで反省。

ホラの貝ゴルジュ
MZさん。アブミは補助的に使って。岩に体重をかけるそうなんですけど。
私は手でアブミを掴みまくってしまいました。(反省)


13:30 全員が核心を抜けた後
水量の多い(今回は通常よりも少なかったみたいだけど)エリアを泳ぎまくり。
 
ゴルジュの狭い空間が圧巻だ。ヽ( ´∀`)ノ


たしかこの手ごろなサイズの岩がスタンスもガバも皆無で乗り上げるのに手伝ってもらいました。


泳いだり。つっぱったり。泳ぎサワを満喫ですよ。ヽ( ´∀`)ノ

再び泳ぐ。

へつったり。

泳いだり。
 
うなぎ泳ぎしたり。ヽ( ´∀`)ノ

 

14:00 ゴルジュ地帯を抜けて、河原で休憩中
山ノ神から旧登山道を通って下山する方法もあるけれど
ここは沢を下ろうということになった。
私は相当ビビっていた。

14:20 スライダーにで下山
「メットは外す!」「(ノ∀`) まじでーキケン度UPじゃないですかぁ?」
でも泳ぎのときにメットがジャマになるらしいのです。
下ってみれば意外に快適。めちゃめちゃ快適。
泳ぎエリアも水流によりノーロープでバンバンクリア♪

14:30 LASTの滝をスライダー♪
最後の滝はそれなりの高さなので相当ビビリましたよ。
でも飛び込んで浮き上がってきてめちゃ気持ちよかった♪

滝の飛び込みに満足したあと、核心をMROさんが、フリーでTRY。見事クリア♪

MROさんの相方は「もう動いているMROさんを見るのは最後だわ。」と、
ビクビク思いながら見学していたらしい。 (ノ∀`) 

15:40 西沢渓谷駐車場

一般道に出て少しあるいたところにキレイなトイレ施設があったのでそこで着替えていたらどしゃぶりの雨。
16:30 三富温泉郷 白龍閣 ¥500
露天風呂が渓谷沿いにあって設備は広いけど。
景色も良いけど。

帰りの中央道が故障車の影響で予想時間5Hとかありえない時間がでていたので道志道でサックリ帰る。
投稿者 gogoalps : 00:20 | コメント (0)
2008年07月28日
 ■  丹波川本流

週末は泳ぎ沢×2の2日間ヽ( ´∀`)ノ

1日目は多摩川の上流の沢
丹波川本流

7月26日(土)

多摩川の上流は丹波川と呼ばれます。

8:00
 国道411号沿い鮎釣り場前の駐車場で前夜泊。
目の前に鹿島山の尾根が広がる。夏まっさかりの日差しと山がとてもキレイ。(´∀` )


9:00 入渓
msccで夏のアルプス沢を計画しているメンバ+2名で総勢7名。
三条新橋付近の駐車場から1分の簡単なアプローチ。

お天気が良く、幅広な川に光が降り注ぐ。こういうのは写真でキレイに撮れないですよね。

平坦なゴーロ歩きの先に最初のゴルジュ帯が見えてきた。
 

9:10 1つめのゴルジュ帯

真ん中を泳いで通過しようとするが、水流に流されて引き戻されまくり。
ここはPさんがリードで泳いでロープでひっぱってもらいました。


9:30 犬戻り&坊主淵
 

そして、我らは水に浸かりまくりましたよ。


私は今回初導入した、モンベルのアクアボディシャツ」が大活躍。
沢に最適な濡れてもすぐ乾く素材でできていて、とても暖かいのです。



 
ゴルジュの中心部は流れが速いけれど、岩にとりついて横移動してのりきります。

9:40  手取淵
ここもPさんがリードで右岸をへつってロープを張ってくれました。

私は2番手でラクラクヘツリ終了。ヽ( ´∀`)ノ

 
通過後の大岩で支点がとれる。

水量の多いときはへつることも不可能な場所らしいです。MINMINさんクリア目前。
 
へつり中にドボンしたり足がつったりで通過できない人が多数続出。( ノД`)
右岸上部を巻くことで全員が通過することができた。

11:00 休憩中
手取淵を巻き通過の1名(Mぴーさん)がぐだぐだになっていた。


11:30 胴木滝(5m)
 
大きな釜を左側から泳いで取り付く。先行パーティがノーザイルだったので、ワタクシがリードで登りました。ヽ( ´∀`)ノ沢での初リードかも。


リード後の支点をMINMINさんがちょっとだけ直してくれた。

胴木滝をのぼるMぴーさん(´∀` )
 

流れが穏やかな。淵の連続。



Pさん。飛び込んでましたよ♪

12:40 3m滝


 
大岩を登る。ここも易しい。

ふたたび河原歩き。


13:00 丸山入道淵

胴木滝のリードでとても良い気分になっていたワタクシは。(´∀` )
Pさんの「練習だから頑張って泳ぐ?」というひとことに、頑張ることにした。

最初は真ん中を泳いで押し戻され。左岸をうなぎ泳ぎして押し戻され。
(;´Д`)'`ァ'`ァ

Iさんに交代して右岸をうなぎで攻めるが難しい。
一緒に頑張りながら右岸を攻めていたら、うなぎ泳ぎのコツをひらめいた!

「解りました!体を斜めにすれば良いのです!ヽ( ´∀`)ノ」

そう言って、斜め泳ぎを習得した私は、ゴツゴツしている丸山入道淵の岩を手がかりに、
体が岩から離れないように頑張り、なんと!攻略に成功したのです!!

これはめちゃめちゃ嬉しかった。
 
大きな流木で支点を作り、他のメンバがロープを伝って突破するのをニヤニヤしながら眺めました。

ヽ( ´∀`)ノ まー流れを気にしないで泳ぎをいろいろ試せるのはザックが浮き代わりになっているからなのですけどね。


13:40 監視塔
 

トンネルの出口を川底から眺める。

ちょっと探検気分である。丹波川の横には青梅街道が併走しているのである。

そして、たびたびちょっと深いところを泳ぎ通過したりして。

すっかり泳ぎに自信がついた気分になったワタクシは。
Pさんから「ホラの貝大丈夫じゃない?」という
お言葉をいただきました。(つ´∀`)つええ。

14:00 一ノ瀬川との分岐
 
銚子滝に行きたくない人は一ノ瀬川から青梅街道に出れるみたいですよ。

14:00 銚子滝(8m)
ここはPさんがリードしてくれて、プルージックで登りました。

ここを登りきると。伝説の・・・

怖いスポットして有名な「おいらん淵」を見ることが出来ます。
どんな事件があった場所かは、各自ネットで調べてくださいね。(∩・∀・)ええ。

ここから、青梅街道に上がる快適な踏み跡を登った。

15:00 道路に出た。






 
なんと、青梅街道をバイクで走りまわっていたHorieさんに偶然出会う。
msccの人はそういう意味でも面白すぎである。

30分あるいて、駐車場に戻った。どしゃぶり雨。

丹波山温泉のめこい湯に入り。(つり橋のあるステキな温泉)
お風呂はプールの後に入る温泉気分でとても心地よかった。
食堂でマターリ生ビールを飲んだりして。(さしみコンニャクがまいうー。)

某駅での解散時に私のザックから水が滴り落ちる。
ローカル線だから良かったですが。
泳ぎ沢の終了時にはザックをひっくり返さないとダメですね。

一旦自宅に戻った。



翌日はmsccの別メンバーと
ホラの貝ゴルジュ

(つ´∀`)つキター。 乞うご期待。
投稿者 gogoalps : 23:32 | コメント (2)
2008年07月21日
 ■  笛吹川東沢釜の沢西俣(ダイジェスト!)
ヽ( ´∀`)ノ3連休の後半2日間で

笛吹川東沢釜の沢西俣
行ってきました。

とりあえず。写真数枚公開のダイジェスト。

7月20日(日)
3連休の予定が決まらず煮え切らない毎日。
皆忙しいだろうと思いつつメールを送ると数名からオケーの返事がきた。
全員が沢経験者だったため、お泊り沢を企画した。

言いだした人がリーダー扱いであるこの世界、自分の沢経験値がUPしているとはいえ、レベルの高い沢は選べない。いろいろ悩んで、最近知り合いが遡行しているこの沢を選んだ。

笛吹川東沢の釜の沢は
2006年の9月の沢1年目
で遡行して、
水没や簡単な場所が登れなかったりと。想いのある沢。
両門の滝までは前回と同じルートであるというのも少しだけ安心である。

さて。

前回の水没場所。スラブ岩が淵に綺麗に入っている。
水量が少なくてラクラククリアーヽ( ´∀`)ノ
思わず岩の上で片足ポーズをとってしまいましたよ。エヘヘ。
笛吹川東沢釜の沢西俣

魚止めの滝のとりつきも。前回は最初のホールドに手が届かず、お助け紐フル活用で、ご迷惑かけまくりでしたが、今回はスラリ!と登り。
ラクラククリアーヽ( ´∀`)ノ

それにしても釜の沢は何度来ても美しい場所です。

前回は水没&NO防水カメラだったため、携帯でシクシクしながらサツエー&Sさんの撮った写真をレポに使わせてもらったのですが、今回はバリバリ撮影。
ヽ( ´∀`)ノわーい。

両門の滝から上は西俣。独特の茶色い沢が続きました。

 
萌えました。

茶色いのはコケだと思われるのですが、手で絵を書くことも出来ましたよ♪

7月21日(月)

イケてませんが、一応今回は私がダーリーだったのです。(∩・∀・)
 
ダーリーがイケていないせいで、隊員のみなさんに「破風山避難小屋」見学という素敵なプレゼントをしてしまいました。おかげで下山時間が遅くなるといったら・・。ううー。深く反省しております。
 
甲武信小屋では、8月7日(旧暦の七夕)に向けて。短冊でのお願い事募集中ですよ♪

(∩・∀・)詳細はレポで。

投稿者 gogoalps : 22:58 | コメント (4)
2008年07月14日
 ■  倉沢谷本谷

(∩・∀・)msccメンバで

倉沢谷本谷に行ってきました。
初の泳ぎメイン沢。

今週末はお泊り沢の予定だったのですが、いろいろウツのため準備ができず。
日曜日のMizzyさん企画の奥多摩の泳ぎメイン沢企画に入れてもらった。
メンバは総勢8名(∩・∀・)大盛況。

7月13日(日)

10:00 倉沢バス停付近に車を停めて、5分ぐらい歩いたら、沢に下降。
下降口で他のパーティが落石起こしまくりでビックリした。(離れていたので被害なし) 

この沢は夏にぴったりの泳ぎメイン沢。とくに難しい滝も無いということで一部メンバはノーハーネス。
メットも被っていない人がいたりしました。(もちろん私は安全重視で両方装着。)

泳ぎがビモーな私はザックを浮きにするため、空ペットボトルと旅行用の空気を入れるタイプの枕をザックのなかに忍ばせた。(´∀` )

10:20 遡行開始

 
この日の水量はそれほど多くなかったので、泳ぐ箇所は部分的。

平泳ぎを想定していましたが、ザックがじゃまだったりして、「犬かき」になってしまったり。
浮きになるアイテムをザックの底に入れていたが、安定が悪いので、ザックの上に入れなおした。


KMBさん。頭の手拭いがOrangeみたいですよ。(∩・∀・)ええ。

滝のとりつきは泳がないとたどり着けない箇所が多かった。

 
泳ぐMizzyさん。(´∀` )



この滝は左側の残置スリングを利用して1段目に上がりました。2段目は結構緊張した。


基本的に沢にとりつくまでは 「うなぎ泳ぎ」なんですけど、今回は練習の意味もあるので積極的に釜の中心部を泳ぎました。(ビモーに押し流されて結局うなぎ泳ぎでしたけど。)

お天気は良く。沢の水に入ってもそんなに寒くありませんでした。

 

 
ここは滝の裏側に入ってハングを超えるというところでしたがさすがに無理でしたね。




思う存分泳ぎまくり。沢での泳ぎに少し馴れる事ができました。

 


併走している林道が見える。

12:00頃 やはり、KMBの「嵐を呼ぶオトコ」が炸裂。大粒の雨と雷ゴロゴロ。
沢に浸かりまくりなので気にならなかったけど。


この滝は左側を簡単に巻きました。(後半泳ぎ疲れ。)

13:10 巨大なせき
  
下部についているトンネルを抜けて、しばらく歩いたところで林道に戻った。
林道は沢のとなりにずっとあるので、気が楽な沢でもある。

14:00 駐車エリア着。

難しい滝も少なく。久し振りのノーザイル沢でした。(´∀` )
たまには、ほぼ自力でも突破できる滝でリハビリ♪

投稿者 gogoalps : 00:04 | コメント (2)
2008年06月30日
 ■  奥秩父入川本流(撤退)
(∩・∀・)今週末は大荒川谷TRYだったのですが。

TRY沢までのアプローチ沢で敗退
奥秩父入川本流

6月28日(土)

(∩・∀・)お盆のアルプス沢?に向けての沢お泊り練習ということで集まったメンバは、リーダーのPさん以外は、なーんと身長150cm台~140cm台のチビッコオンナたち。

前夜泊の道の駅宴会も早々に終了し。頑張って朝起きる。

6:30入川渓流観光釣り場に車を停める。1日500円。

1泊2日の沢装備。大荒川谷は泳ぎ突破の釜もあるかもで。ドキドキである。
 

 
良く整備された林道です。
 
7:40 赤沢谷出合で入渓


沢の水量は見るからに多かった。(;´Д`)'`ァ'`ァ 
入渓前に準備をしていたら釣り師のにーさん2名に話しかけられまくり。

にーさん:「増水が不安だから後ろついってっていいですか?」
(∩・∀・):「後ろをついてきてもイイけど、釣れないと思いますよ。」


沢の脇をメインで歩きますが。チビッコ集団には渡渉はキビシイのでありました。
 
初の腰ぐらいの渡渉の連続に(;´Д`)'`ァ'`ァ。流れに逆らわず45度の角度で渡渉する術を習得。

8:50


この岩はフツーに登ったらスイスイ登れてロープ不要でした。ヽ( ´∀`)ノ

9:00 増水により先に進むのを断念した。( ノД`)


まーこんなカンジですよ。

 

河原のちょっと広くなったところでめっちゃ休憩した後、女2名は勇気をだして沢に飛びこんでみた。
 
一瞬足が着かないぐらい深い沢。バシャバシャと泳ぐのは意外に快感でしたね。
 
帰りは速攻林道に上がって。平らな林道をスタスタ歩き。
12:10
 
釣り師の人たちのバイクや自転車が炸裂する赤沢谷出合に戻ってきた。

撤退により。初の滝ゼロ沢。ヽ( ´∀`)ノ
渡渉を満喫できたから良いでしょう?


14:50 ほったらかし温泉

あっちの湯とこっちの湯で別料金。お天気が良ければ広大な露天風呂から富士山がバッチり見えるらしい。

 
我らはあっちの湯を満喫した。開放的でNiceな温泉でしたよん。
http://www.hottarakashi.com/

投稿者 gogoalps : 22:07 | コメント (2)
2008年05月26日
 ■  軍刀利沢 2008年沢はじめ。

(∩・∀・)2008年沢はじめ

秋川の軍刀利沢(グンダリ沢)に行ってきましたよ。

2008年5月24日(土)

沢はじめということで、短めで簡単な沢をキボーしていたら、軍刀利沢が候補にあがった。

秋川エリアの沢は初めてである。
何故か持っている、エアリアの「高尾・陣場」の右上のほうに載っている、生藤山の近くの三国峠につきあげある沢なのです。

朝、某駅で待ち合わせ、あっという間に武蔵五日駅付近。

遡行時間2時間。下山時間1時間と、コンパクトなのに20の滝があり、
ショボイといわれている、秋川の滝の中でも好評な「軍刀利沢」ですが。

同行PTさんが、以前に隣の「熊穴沢」を遡行したときに、めっちゃしょぼかった記憶があるらしく、
沢にたどり着くまでの間、
(∩・∀・)「ぜったい。ショボイ沢だ~!」を連呼。

まぁ、私は最近クライミングジムをサボリ気味だし久し振りの沢なので
ショボイ沢ぐらいが良いのですけどね。ヽ( ´∀`)ノ
さらに、直前に他の人の記録を読んでいたら、1mの懸垂下降があるとか?

8:00頃。矢沢林道に入る。
林道が陥没修復の工事の土砂をトラバースして、
(沢に下りようとしたら、工事のおじさんに、堰堤があるから無理!と止められる。)

8:30 ガイドに乗っている廃小屋が見えた。そこから10分ほど歩くと沢が美しく2股に分かれていて
しっかりと踏み跡のある箇所に赤テープの巻いてある木がありました。
軍刀利沢 軍刀利沢

8:40 軍刀利沢に入ると、超ミニゴルジュ帯が始まって、ステキな沢の様相。
(∩・∀・)お。意外に良い沢ですね。さすが、某沢サイトで★評価ですよ・・。
軍刀利沢
今回、2週間のボケボケ山休暇により、カメラのSDカードを入れ忘れました。
内臓Diskで最低画素で撮影したのですで画質はイマイチです。。( ノД`)シクシク

9:00 3mナメ滝と2条4m滝。 ここは簡単でした。
軍刀利沢

久々の沢の景観に(つ´∀`)つ萌え萌え。
軍刀利沢  
9:105m逆くの字滝

9:30 S字ナメ滝
今回は、2008年の初サワという目的のほかに。ロープワーク練習という目的があったのです。
軍刀利沢  
前回、旭岳東稜の前に広沢寺でロープワークの練習をしたときを思い出し。
初の(サワでの)リード&支点作りを実施。

支点用の木を探すのにテンパリまくったり、インクノットの自己確保や、
ロープ引き上げてからエイト環にセットとか。いろいろ問題はありましたが。
( ノД`)なんとか、初のサワでの支点作りは完了した。

そして、しばらく連結しながら移動したりして。

10:00 2段10m滝 で、2回目のリード&支点作り。
軍刀利沢
ここも滝の脇を登ることができるようですが、簡単なところで練習という意味で、
上部にトラロープが張ってある、右側の巻き道をリードで登りました。

ランニングビレーを木に巻くときはプルージック風で巻くこと。
軍刀利沢
この木で支点を作りましたよ。

そんな、カンジで2回のサワリードを終了し。
もう終了かしら?と、ニヤニヤしながらサワを詰める。
軍刀利沢  

10:30 ガイドに核心と書かれている5mナメ滝で早速ロープ出してもらいました。( ノД`)
軍刀利沢  

10:20 7m滝
軍刀利沢  


11:00 10mナメ滝
軍刀利沢  
ここは遡行図では登れなくて「右側を巻く」と書いてあったのですが。
PTさんが左側をTRYして登りきり。(私は迷わず右側を巻きました。)

11:30 小滝CS
軍刀利沢

11:40 ふかふかの落ち葉の谷を詰めるだけ。
軍刀利沢

11:50 三国峠に飛び出た。
軍刀利沢  

そして、指令。
ワタクシが地形図を読んで、矢沢に降りることになったのです。(;´Д`)'`ァ'`ァ

PTさん曰く「間違った尾根降りても、着いていくから・・」

(;´Д`)'`ァ'`ァ 責任重大です。

いつも、踏み跡をびもーに頼りにしたり。
同行者を頼りにしているワタクシは。真剣に地形図を読みつつ、PTさんの顔色を伺いつつ。

地形図の尾根とエアリアの地名を判定し。生藤山の山頂を踏んだりして。
(BBのため本人写真が無かったり・・。巻き道がルートと違う尾根だったらNG。)

12:30 茅丸 たしかハセツネでこのルートを走るとか?
軍刀利沢
連行峰との中間地点あたりで、尾根のまったく踏み跡も無いところをいっきに下る。
ふかふかの下りやすい尾根でよかった。

12:50矢沢を見つけた。(´∀`○).:+
軍刀利沢  
なんの問題もない平坦な沢でした。(懸垂とか無くてよかったです。)

尾根のどこから降りるか判定できたのは、
GWの朝日・雪倉BCで、25000分の1地図を見まくった効果が出ましたよ。
やっと地形図に慣れてきたワタクシです。

サワ道は途中から作業道となり。

13:11 矢沢林道に戻ってきた。
軍刀利沢
この橋のところで、休憩し沢靴とネオプレーンの小道具を洗う。

14:10 矢沢林道の車を停めた場所。
達成感とか。沢を詰め終えて林道に出たときの・・・「生きて帰れた?」感はありませんけど
コンパクトにまとまった良い沢でしたよ。

軍刀沢で、グッタリするかと思ったのですけどね。
そんなことありませんでした。(´∀`○).:+

帰りは、天王岩に寄り道。上の岩場を登っている人たちを見学。
ヽ(o´д`o)ノ久し振りに見る、外岩の景観に全然登れる気がしないワタクシでした。

そして、翌日は、荒川で駅伝大会に出るので、家に帰って睡眠。(´∀`○).:+
久々にハードな週末の1日目が終了した。

投稿者 gogoalps : 23:12 | コメント (0)
2007年12月12日
 ■  八ヶ岳 ジョウゴ沢 (初アイス!)

今週末は八ヶ岳の赤岳鉱泉にテント泊で。
(∩・∀・)アイスクライミングをちょこっとだけやってきました。

ジョウゴ沢 F1 F2

Photoいっぱいです。

MSCCの山行です。メンバは6名。

8:30 美濃戸口出発

いつもは殆ど個人装備で山に行っているのですが、
今回は6人テント。共同装備の食料とポールが重いです。

でも、アイスクライミングということで。
ロープやパイルなどなどを持っている人もいるからお互い様。
(むしろこちらがお世話になっている新人だし。)

頑張って歩く。

途中巻き道が3箇所ありました。

10:30赤岳鉱泉着。 早速テント設営
八ヶ岳 ジョウゴ沢
 

赤岳鉱泉に到着すると眩しい空の青さ。いつか行くかもしれない大同心が輝いていましたよ。

八ヶ岳 ジョウゴ沢  

赤岳鉱泉前のアイスキャンデーもかなり出来上がっていました。
八ヶ岳 ジョウゴ沢
この設備は宿泊者のみ使用可能です。

テントを設営して。荷物を最小装備に切り替えて。

11:50 硫黄岳までの一般登山道の途中からジョウゴ沢に入る。

八ヶ岳 ジョウゴ沢
丁寧に看板までついていましたね。 

F1でアイゼン歩行の仕方を教わった。

今までは殆ど独学で仲間内でやってきた私の山ですが。
やっぱり先人の教えは重要である。

かなーり苦手だった、フラットフッティングが少しできるようになったかな。

そしてF2に移動。
八ヶ岳 ジョウゴ沢
 

F2のダイナミック感に萌え。
八ヶ岳 ジョウゴ沢  
そして、本当にココを登れるのかという不安。

F1、F2って沢登りみたいですけど、アイスクライミングも沢登りだったんですね。
(´∀` )ええ。

そして。アイスハーケンはなんとなく見たことがあったのですが。

これは、アイススクリュー。

アイススクリュー  
この取っ手を手のひらに押しあてて、ぐるぐると回します。

アイススクリュー  
先端はこんなに鋭利になっています。
平地でアイススクリューを氷にねじ込んだのですが、その性能にびっくりしましたよ。(本当によく入ります。)

アイススクリューで遊んでいる面々。

八ヶ岳 ジョウゴ沢  

そして、TOPロープを張ってもらって。
八ヶ岳 ジョウゴ沢

ワタクシもびくつきながらトライ。(これは登り終えた私ですよ。) 
八ヶ岳 ジョウゴ沢   
2回ほど登らせてもらいました。めちゃ楽しかった。

TOPロープだから割と安心して登れるのですけどね。
リードだったらいつものようにビクつきまくりでしょう。

今回。お世話になったリーダー様。ありがとうございました。

八ヶ岳 ジョウゴ沢  

八ヶ岳 ジョウゴ沢   
 6テンでの夜の宴会はめちゃ盛り上がり。

八ヶ岳 ジョウゴ沢 八ヶ岳 ジョウゴ沢
翌日は朝からガスガスだったので、ゆるゆると下山。

小淵沢の鰻屋によって帰りました。

アイスクライミングは、氷の造形が素晴らしすぎて。
空の青と氷の青が眩しくて。

ハマリそうな予感です。(パイル買わないと・・・。)

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:26 | コメント (2) | トラックバック
2007年10月22日
 ■  ナメラ沢

(∩・∀・)今週末は、めっちゃお天気良かったですね。

北アは初冠雪。燕は50cm積もったらしい。

土曜日夜発で。ナメラ沢。

有名な峠にたどり着きました。

ナメラ沢というだけあって。ナメ炸裂。 ナメラ沢   

ナメラ沢

ナメラ沢
秩父エリアながらも紅葉はそれなりに。

日本三大峠があるなんて知りませんでした。 ナメラ沢
今回の沢でもちろん制覇(´∀` )。


(∩・∀・)眠いのでこの辺で・・。


   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:31 | コメント (2) | トラックバック
2007年10月14日
 ■  上越 宝川 ナルミズ沢!

(∩・∀・)番組?は、剣沢雪渓へ下る直前ですが。
今週末は谷川のおとまりデート沢。

ナルミズ沢に行ってきました。

思いがけず、登山道歩きが70%の沢。
谷川馬蹄縦走で残していた朝日岳の山頂を踏んだよ。
紅葉は絶好調!
追記しましたよ。

それから・・。MovableTypeの設定ミスで
コメントが表示されなくなっていました。ごめんなさい。
お返事書きましたよぅ。

10月13日(土)
朝発で新宿に集合。

11:00 宝川温泉車止めゲート出発。

イワナの保護のため沢歩きを注意される。(ちょうど産卵期間中なのです。)
大石沢出合いまでは、気を使ってフツーの登山道を歩く。

途中、カメラの電子媒体が調子悪くなり、気になって仕方がなくなり・・。
ありえない転び方をしてしまった。
(前から転び、顔面からぶつけて・唇流血。(゜⊿゜))
死ぬかと思いました・・。

15:00 早々に焚き火で宴会♪

みわりんが楽しそうに焚き木用の木を集める。
酒は飲めないけど焚き木は大好きなんだって。(´∀` )
ナルミズ沢
まやりんが、高級ウインナーを持ってきてくれた。焚き木用のちょうどいいサイズの木に刺して焼いたら良い感じで、まいうー♪
そしてジャガイモのホイル焼きは気がついたら黒こげになっていた・・。

宴会は1名の永久ループトーク(どうも嫉妬心が強いらしいので誰も彼もがうらやましい・・。)により、19時ごろまで続いて終焉。(((((((((((っ・ω・)っ

10月14日(日)

5:00 この日のコースタイム(沢本による)は9時間だったので早起きです。
みわりんがボケボケしてる私達を起こしに来てくれましたよ。

そして、本日は朝1から沢靴歩き。
最初は平らな川原歩きなカンジで・・

でも、徐々に滝や深い釜が現れた。

今回は濡れたくないので深い釜はすべて巻き。
(ちょっとだけ泳ぎたかったワタクシ・・)

ナルミズ沢
滝は簡単なものが多かったので、ノーザイルですべて通過。
ナルミズ沢

結局この山は?
ナルミズ沢

(∩・∀・)クリックで拡大もつけてみました。
 
 
↑1024×768ピクセルです。

8:20
 二俣付近  ナルミズ沢
見えているたくさんのピーク。どれが朝日岳でどれがジャンクションピークなのか
一同悩みまくったりしてますよ。

そして、一度進みすぎてしまいましたが、戻って奥の二俣から左に反れる。

ナルミズ沢

9:00 そして。素晴らしい最後のツメ。
ナルミズ沢

ツメの途中にあった大岩でボルダー遊び。 ナルミズ沢
このボルダー岩は沢ヤ専用です。(´∀` )
私でも楽勝だったのでグレードは低いでしょう。

最後のツメは大きなスラブ。ツメが核心という認識ですよ。
ナルミズ沢

10:30 巻機山へと繋がる稜線は紅葉していた。
ナルミズ沢

こんな景色を眺めながら歩けるとは!私はシャッター切りまくりでした。
ナルミズ沢

11:40  朝日岳山頂! photo by みわりん
ナルミズ沢
馬蹄縦走の中間ピークを沢からGETすることになろうとは!
でも続けて縦走もしたいという認識ですよ。

そして、ここからの下り(宝川温泉からの登山道)は、意外にも岩場や不安定箇所がたくさんあったので・・・。

「北アだったら鎖場のような場所に鎖がついていない!(゜⊿゜)」と言うと、
「ハシゴがついても良いような箇所がたくさんだよ!ヽ(o´д`o)ノ」と言う人もいたり。(まーそういう道なので雨だったらタイヘンだったでしょう。)

13:00 再びテントを張った大石沢出合に戻り。テントを回収して林道を戻る。
ナルミズ沢   

15:00 宝川温泉林道終点

水上温泉の「ふれあいの湯」は意外に浴槽が狭かった。
隣の大衆食堂「フライパン(こてこてな店名ですね。)」は、定食がお手ごろ価格で。味噌汁がまいうーでした。


   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 23:58 | コメント (5) | トラックバック
2007年10月02日
 ■  前川大滝沢のお気に入り写真

(∩・∀・)ついにキタ!

それは・・

クリックで拡大。

前川大滝沢で、良い写真がたくさん撮影できたのです。

画像サイズは800×600ですよ。

※画像が小さいのはクリックで拡大できるからですよ。

前川大滝沢は山形の沢で
綺麗な釜とナメがたくさんあるのが特徴です。
  
(∩・∀・)クリックで拡大↑
透明度の高い釜。
へつる。すーさん。

  

「日本の滝百選」に選ばれているという「滑川大滝」
(∩・∀・)クリックで拡大↑
そのスケールは想像以上でした。
沢登りをやっていない人でも、滑川温泉からのフツーの登山道を通って展望台から見ることはできますが、沢を遡行していきなり目の前に現れるこの滝の迫力といったら・・。


同行してくれたMSCCのメンバ。
  
(∩・∀・)クリックで拡大↑真ん中がPOSTさん
 

こんな構図もあるのです。

(∩・∀・)クリックで拡大↑登るまりおさん。

そしてワタクシも登場ですよ。
前川大滝沢
これは、↑クリックで拡大できません。(´∀` )


   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 02:28 | コメント (3) | トラックバック
2007年09月25日
 ■  セドの沢 左俣

9月3連休の最終日。
(∩・∀・)また。行ってしまいました。

丹沢の沢。セドの沢左俣
 

3連休の計画は (((((((((((っ・ω・)っ

早月尾根~大日三山→木曽駒~空木→ナルミズ沢と、二転三転。
一時期6名集まったメンバーは、丹沢の沢が決まってから消えまくり。

最後に残ったのは、 「それ行け!ビクビク3人組」。

ビクツキの理由は、 「セドの滝右俣」が中級でそれなりの沢だったから。
沢ガイドに一緒に記載されているから、中級クラス?

今回は途中まで同じルートで途中から左俣に分かれます。
(そのままの説明だ・・)

9:50 源次郎沢への分岐を横目に林道を歩く。
  セドの沢 右俣

10:20 水無川本谷も途中まで同じですよ。
(∩・∀・)ココは今年3回目の通過。もう馴れちゃった。

セドの沢 右俣
10:30 見慣れた看板。ココからセドの沢。
セドの沢 左俣 セドの沢 右俣
軽快に滝を登り。

10:35 セドの沢 左俣に入る。
セドの沢 右俣
10:50 あまり難しいところもなく、核心のF6 セドの沢 右俣
ここだけ、ザイルを出しましたが、わりと楽勝。(Iさんリード)
やっぱり丹沢の沢は滑らないので安心感がある。

ちょうどココで一緒になった単独の人が、この時期だけセドの沢に咲くというお花「相模ジョウロウホトトギス」というのを見に来たと言っていた。

セドの沢 右俣
釣鐘のような黄色いお花でしたが、咲いている位置が悪かったので撮影できませんでした。

12:10 F8 ハーケンとかゼロだったので、フリーで登りましたよ。
セドの沢 右俣

12:20 岩に赤ペンキが目立ってきた。(書策新道の予感。) セドの沢 右俣
このまま、佐俣を詰めれば、表尾根の登山道に出れるのですが、書策新道から戸沢の駐車場に戻るという手もあり、ついつい楽なほうを選択する。

12:30 「白竜の滝」。
セドの沢 左俣
沢本では「美しい滝」との触れ込みでしたが、沢では良く見られるフツーの滝でした。

そして、終わってみれば、それぞれの滝のホールドやスタンスは豊富で、滝下にはきちんと釜があるし。軽快に沢歩きをすることができた。

(∩・∀・)まじー?本当に中級?という、多少高飛車な感想です。
沢が簡単だったのか。今期沢に行きすぎな自分達のレベルが上がったのか?

それとも、沢靴の中で滑りにくく最強?という仲間達での共通装備「モンベルの サワークルーザー」導入の効果なのか?

さて。


13:10 書策新道からの下界の眺め。
セドの沢 左俣  

書策新道はかなーり崩壊していたので、
アクロバティックなロープ場や・・(´∀` )

セドの沢 左俣  

不安定な木の橋も。
セドの沢 左俣
(∩・∀・)短パンに長靴下は、なんだか「おばあちゃん」みたいですね。
反省。

14:00 あっさりと本谷山荘の駐車場

秦野のBURGは営業時間外だったので、ガストでお茶。
小田急線で帰ると、秦野から自宅の駅まで30分程度。

家に帰ってからヨユーがあったし、本日はDのBIRTHDAYだったので、ホワイトカレーとピーマンの肉詰めを作ったりすることができた。

ε=ヽ( ´∀`)ノ 再び、近場沢レポでSORRY

1名は、沢リハビリだったのでちょうど良かったです。
秋が近づき、沢からも虫が消えて変わりに蛙がゲロゲロしています。

   ←blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:06 | コメント (4) | トラックバック
2007年09月12日
 ■  白毛門沢 その2

白毛門沢 その2

(∩・∀・)すっかり秋めいてきましたね。

東黒沢との分岐を超えて。相変わらずへつりまくり。 白毛門沢
↑水量がすごいのです。

そして、核心エリア。F1 10m。 とても登れそうもないので。
白毛門沢

巻きまくっていたら、核心の「タラタラのセン」と呼ばれる15mの滝を横目に見る。ああ・・・。
白毛門沢
巻き道は、藪藪。木々にまみれて大変ですよ。
白毛門沢

滝に戻って休憩中。核心をすべて巻いてしまった・・。
(∩・∀・)ううう。

白毛門沢
久し振りの我がチームの新人君。mwさん。
学生時代からサワや岩や縦走をやっている装備バッチりな人でしたよ。

ふたたび、滝をヘツリまくり。

サワークルーザーのおかげか、沢歩きに慣れたのか?最近全然滑らなくなりました。(´∀` )えへへ。

白毛門沢

(∩・∀・)ええ。
ホールドなんか無くたってイイ。スタンスさえあればイイ。」と、
いつか言えるようになりたい・・。
白毛門沢

F4ナメ滝をバンバン登っていくS。私達も後に続きます。 白毛門沢

12:40 大岩
白毛門沢

大岩を越えると、手ごろな滝が連続した。
白毛門沢

やっと源頭が見えてきた。結構遠そうである。 
白毛門沢

1:1の二俣をどこかで間違えたらしい。
白毛門沢  
「いくら?」と言っていた、葉っぱについた実?
白毛門沢
最後はひたすら笹薮こぎ。こぎこぎこぎ・・永久ループ。

14:20 (∩・∀・)ハァハァ言っていたら、登山道に出た。

正しい道を行けば、ナルミズ沢ばりの、草原地に出れたらしいのですが。

登山道で装備変更していたら、やけに虫が多くて。やっぱり刺された。

期待していた、一の倉沢の岸壁もガスガスで。
白毛門沢
久し振りに、登山道をバリバリ歩いて下山。そして筋肉つーうー。

(∩・∀・)沢ばかりでは、登りの筋肉が減りますね。

今回の白毛門沢は、核心を巻きすぎたのと源頭への詰めを間違えたので、
なんだか期待はずれだった。

沢の1/3が藪こぎだったような。(実際はそうでもないのですが。)

「沢の中で詰まらない、1~3位を争うかも・・」と、言うと。

白毛門沢を何度も経験しているmwさんが。

(∩・∀・)「いや・・本当はもっと良いのです。もう一度白毛門沢にチャンスをください。」

今度はもっと晴れていて、時間のヨユーのあるときに堪能しよう。増水じゃないときに・・。
 

改めて写真を見ると、なかなか綺麗な景色なんですけどね。

なによりも増水でハラハラし、ヨユーが無かったのです。我々は。


16:40 駐車場に戻ってきた。
巻きまくったけど、ルートタイムはそれなりである。


帰りは、水上の山岳資料館に立ち寄り。望郷の湯がとても良かった。

前半はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。下がりまくり。

投稿者 gogoalps : 02:26 | コメント (4) | トラックバック
 ■  白毛門沢 その1

(∩・∀・)白毛門沢。

毎日blogを欠かさず更新している人たちはスゴイと思う・・。

本州を直撃し、いろいろなところで被害をもたらした台風は去った。

土日の上越の天気は曇りときどき晴れだった。
台風は去っていても増水は気になります。

当初の予定は、「ナルミズ沢」だったのですけど。
増水のリスクがあるので、日帰り初級沢2サワに変更!

シンゴの出した案
土曜:湯檜曽川 右俣 高倉沢 (天神平よりロープウェイで楽々下山。)
日曜:白毛門沢

だったのですが・・

今回は、いろいろ忙しくて私は事前調査ができなかった。
行きの車中で、遡行図を読んでいるといろいろビビリなことが書いてある。

LASTの40mスラブ滝は高度感があり、たまに恐怖を感じる。
まるで、トイ状の滝の中にいるようだ・・。

トイ状の滝といえば、いつも落ちたら、下まで流されそうだな・・と、ビビリながらヘツリながら見ているあの滝ですよ。

そして、遡行図を出すようなエキスパートな人が、「たまに恐怖を感じるとはどーいうことでしょう・・」(∩・∀・)

そして、くまちゃんも、ネットで調べた結果
「滑って落ちて、ケガしたとか書いてあったよ。情報も少なかったし・・」

(∩・∀・)まじでー。そんなトコロに行くのは危険。

というワケで今回初参加のmwさんが、白毛門沢に4,5回行っているというので、迷わず、1日目を白毛門沢に変更したのでありました。

しかし、時間は既に9時。

これは気を引き締めて行かないと、帰りが真っ暗になりそうだ。

9:30 土合山の家付近の駐車場

台風直後でもキャニオニングの人たちはたくさんいましたよ。
今回はギャルはビミョーな人しかいませんでした。


10:00 ダイジェストで写真を出した「ハナゲの滝」。

白毛門沢  
この手前で、岳人によく出ているらしいおねーさんとすれ違い。
想像以上の水量のため、撤退するそうで・・。

前回は、このスラブを快適に登っていたのですけどね。
滝がカーブしているところの水しぶきを見ていると、巻き込まれそうで怖いです。

無理。(;´Д`)'`ァ'`ァ

で、我々は、キャニオニングの人たちが使っているまき道を使って安全第一で登りました。

まき道はつまらないけれど、仕方がない。

そして、ハナゲの滝の横を登りきり、下を眺めると、激しい水しぶきで、やっぱりこの水量で滝は登れなかったと実感しました。
白毛門沢  

そして、わりと平らなエリアは川のような水量。
白毛門沢  
雪解け時の水量と変わらないらしいですけど。

水量がスゴイところは、お助け紐でサポートしてもらったり。
ビミョウにへつったりしながら。
白毛門沢
「ヘツリは、足元に良いスタンスがある。」


午前中はお天気も良くて沢がいい色出してます。
白毛門沢


へつりまくり。
白毛門沢

西黒サワとの分岐。ここからは水量が半分になる。 
白毛門沢
増水のため、遡行時間を長めに見積もっていたので、必死に遡行していましたよ。なので、殆ど休憩せずにヨユーなし。

改めて写真を見直すと、やっぱり上越のサワは幅が広くて明るくて良いなぁ。

後半はココから。

 (∩・∀・)blogランキング。続きが見たいなら押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:07 | コメント (0) | トラックバック
2007年09月10日
 ■  白毛門沢 (ダイジェスト)
(∩・∀・)やっと家の自分専用PCが直りました。

台風一過の土曜日は、上越の白毛門沢。

ダイジェスト。

去年の東黒沢で通過した、「ハナゲの滝」。違う滝と見間違えるほど水量。 白毛門沢  

めっちゃ遡行時間がかかると予想していたのですが、明るいうちに源頭から土合の駐車場に戻ってこれた。

そして、温泉を探してうろうろしていたら。山岳資料館を見つけた。

お決まりノートのカキコ。(´∀` )
白毛門沢  

なんと。Rock & Snowの1号が置いてありました。
白毛門沢   
書棚に各号が格納されていて、見放題!

詳細は後日。


 (∩・∀・)blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 03:05 | コメント (0) | トラックバック
2007年08月26日
 ■  水無川本谷 (丹沢)

今週末。 (∩・∀・)本当はアルプス縦走したかったんですけど。

仲間が金曜日残業が1名。飲み会が1名で、夜発無理・・。ヽ(o´д`o)ノしくしく。 

結局丹沢のサワ!

でも、行ってみれば楽しい丹沢のサワなのです。

水無川本谷 (丹沢) 写真バリバリ貼り付け。

今回は、稀にみる弱小メンバのため、

超初級(それは、看板がいっぱいあって、滝には鎖が常設。)
のサワを選択した我々。

フツーのサワの緊迫感は無いですよ。

それでも、最後のF8あたりの景観は素晴らしかったし。
丹沢も夏にはお花が咲いていることが解ったよ。


8:50 戸沢駐車場を出発。

水無川本谷  

ここは、F1までは、セドの沢と同じルートを歩きますよ。

水無川本谷

そして、F2からは本谷オリジナルルート。
水無川本谷
鎖がついているととても安心である。YES。

水無川本谷  
易しい登りの滝が続きました。

水無川本谷

水無川本谷
全体的に水量は少なく、釜が無いので
チャレンジングな登りをすることは出来ませんでしたね。

水無川本谷
F5は滝の右側面に鎖がついています。(高度感のある登りでした。)

書策新道がサワを横切りました。 水無川本谷

水無川本谷

F8に近づくとサワの様相が変わってくる。 水無川本谷

水無川本谷

F8の滝の周りには「なでしこ」風のお花がたくさん咲いていましたよ。 水無川本谷

F8は滝の右手を登りました。
水無川本谷

ロープが張ってあってめちゃ解りやすいトラバース。
水無川本谷

鎖やロープが無いと通れないところはたくさんあった。

なので、このサワはそういう設備があるからこそ、初級のサワなのである。

そして。トラバースから再び沢に戻り、枯れ沢となったら、
左斜面から踏み跡を探し、尾根上を歩き始める。

(堰堤はどこだか解りませんでした・・)

そして。お花。
水無川本谷
「まるばたけぶき」は沢の中でもたまに咲いていたし、塔の岳から大倉尾根への登山道でもたくさん咲いていました。

水無川本谷
このお花は解らないけど・・。他にもいろいろ咲いていましたよ。

そして、明確な踏み跡から登山道に入り・・

13:50 ついに我々は。
水無川本谷   水無川本谷
沢から塔の岳を達成! 

ティカタスポーズで喜びを表した!


 ←blogランキングです。よろしくお願いします。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 23:47 | コメント (5) | トラックバック
2007年08月02日
 ■  西横川 (木曽駒が岳)

西横川 (木曽駒が岳) (´∀` )

それは、木曽駒のバスを降りたところから登りはじめて、
ロープレイの降り口の千畳敷カールへと飛び出す、ショ級のサワですよ。

標高差は900m。 

7月29日(日)

9時40分
 バス停を降りて中御所川のプレートがあるところから入渓。

巨大な堰堤に圧倒されたけど、左のほうに登り口がありました。

アルプスの沢はとても明るくて広い。 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
  

 

西横川 (木曽駒が岳) 沢登り

ヽ(o´д`o)ノ決死の覚悟?で、皆と違うルートから登って撮影した写真ですよ。 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
アルプスの沢が広いといっても、稜線縦走のような広がりのある写真は難しいのです。

西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
沢の両脇の斜面にはお花がいっぱい咲いていました。

ニッコウキスゲ、シナノキンバイやミヤマキンポウゲなどの黄色いお花が目立ってましたね。(´∀` )

沢でもお花が堪能できる幸せ。
西横川 (木曽駒が岳) 沢登り

標高差900mをこの沢はひたすら登り続ける。平らなところなんて殆どありませんでしたよ。 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り

オトコメンバの定番アイテム。フルーチェ(´∀` ) 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
全身を使ってのいつまでも続く登りに、

メンバの一部が(;´Д`)'`ァ'`ァしだしたころ、ようやく最後の分岐。

かなーり悩みましたが。ここは、経験者のまやの意見で左へ。
西横川 (木曽駒が岳) 沢登り


緑はどんどん濃くなっていきました。 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
遡行図に描いてあったトラロープが出現。

長谷部新道を快適に歩く。 西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
今年は会えないと思っていた「うさぎちゃん」に会えて感動。

千畳敷カールが近づいてきました。
西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
雨が降ってきた・・。まやが、ロープウェイの順番待ちが心配だからといって、一人で暴走してくれましたよ。(´∀` )ありがとう。

15:20 遊歩道に到着。

西横川 (木曽駒が岳) 沢登り  
傘をさしてうろうろしている観光客と、カメラマンが入り混じる登山道をお花を見ながら移動。

バラバラと雨が降っていたので、ロープウェイの待合室の中はゲキ混みだった。まやを見つけたら、ロープウェイはなんと。

2時間半待ち。(;´Д`)ガーン。

西横川 (木曽駒が岳) 沢登り
待合室で2日分のデジカメ写真を見ながら盛り上がっていたら、時間はあっという間に過ぎていったかも。

17時40分 ようやくロープウェイに乗れました。ふー。


 ←blogランキングです。沢レポでも押してくださいよぅ。

投稿者 gogoalps : 01:51 | コメント (10) | トラックバック
2007年07月30日
 ■  鈴ヶ沢東股 (御嶽山)

今週末は、中央アルプスのサワ。

(∩・∀・)鈴ヶ沢東股

それは、御嶽山の田の原口へと飛び出す、チュー級のサワですよ。

初アルプス沢進出。そして、標高差は900m。 

日曜日は木曽駒の日帰りサワ2連続。ちょっと前の山ライフなようなことをしてきました。

※2枚写真を追加しましたよ。

7月28日(土)

光があたってとっても明るい沢でした。ダイジェストで写真を出しますね

鈴ヶ沢東股  

こんな、まった平らなナメエリアも。
鈴ヶ沢東股

核心の30m滝前で泳ぎ回る仲間たち。
鈴ヶ沢東股

30m滝の2段目から。(もちろん直登できるワケは無く巻いてます。)
鈴ヶ沢東股

エメラルドブルーの釜。 鈴ヶ沢東股

鈴ヶ沢東股


鈴ヶ沢東股

 この滝はとても難しかった。トライ中のS。
鈴ヶ沢東股  

果敢に挑むまちゃ。お見事クリアー♪(´∀` )
鈴ヶ沢東股
その後は深い釜で泳ぐしかなかったみたいです。


出口の無い釜。底が空洞になっているらしいですよ。 鈴ヶ沢東股  


釜の横を通過中。通路みたいになっていたのですね。
鈴ヶ沢東股

ダイナミックな景観。
鈴ヶ沢東股

こんな洞窟もありました。(ビバークに最適?)
鈴ヶ沢東股  

そして、田の原口にたどりついた我々は、
石川の山岳会の人の車にお世話になった。
鈴ヶ沢東股

最近シゴトが忙しくてヨユーが無いのですけど。
次の日の日曜日は木曽駒のサワだったので、その写真も近日中に公開。

鈴ヶ沢東股は、詰めが大変だったけど、本当に素敵なサワでしたよ。
早くレポ作りたいなぁ。

 ←blogランキングです。沢レポでも押してくださいよぅ。

投稿者 gogoalps : 00:37 | コメント (0) | トラックバック
2007年07月22日
 ■  寄沢本流 (丹沢)

今週末も。丹沢のサワ。

(∩・∀・)寄沢本流

それは鍋割山へと続く、雨山峠にある、チュー級の沢である。

ガイドブックには、 「イイハシの大滝(3段45m)で岩登りを楽しもう!」って書いてありますよ。

8:30 みんなの森?を出発 

9:15 入渓

9:30 F1

15分も歩いていないのに、いきなりF1の滝が現れた!(´∀` )
寄沢本流 (丹沢)  
中級沢の圧倒的な景観にムラムラしちゃいました。
右側から直登しましたが、岩が全体的に砂でジャリジャリしているし逆層だし、途中でロープだしてもらいましたよ。(;´Д`)'`ァ'`ァ

いきなりの中級沢の洗礼にビクビクするワタクシでしたね。


10:00 F2(4m)

10:10 F3(4m)
寄沢本流 (丹沢)
ちょっと、進むとバンバン魅力的な滝が出てきました。F2とF3はそれほど難易度が高くなかったのでフリーで直登。

そして・・

10:15 F4
F3を超えるとすぐに、大きな滝が見えてきました。
寄沢本流 (丹沢)

なんと、入渓してから、1時間という最短時間で核心の滝なのです。
それまでに3つの滝をバンバン越えて、テンション上がりまくりでしたね。

イイハシの滝の圧倒的な景観に、もー。萌え萌え。

この滝は、40m以上のザイルが必要なので、Sが50mロープ(約3kg)を持ってきてくれましたよ。(´∀` )

1段目をフリーで登り、いよいよ2段目はリードクライミング。

10:40 寄沢本流を提言した、Sがリード。(Sは本番にとっても強い。)
寄沢本流 (丹沢)
核心は、2つのシュリンゲを振りで掴みかえる。そこはツルツルの岩でスタンスは無い?めちゃ厳しい。 事前調査で見つけた某レポには、このあたりで、メンバが「蝉」になったと書いてありました。

11:40 2段目上部はめちゃ足場が悪い。Sが終了点でビレイ。
寄沢本流 (丹沢)

切れ落ちた足場のすぐ下には3段目の深い釜。
セルフビレイをとっていても、ガクブル(゜∀゜)ですよ。
寄沢本流 (丹沢)

3段目は巻きましたが、出だしがとっても悪かった。乗り込んでスタンスを上げてからも、足場はとても悪く、ツルツルの岩や崩れそうな地面の連続。木々を掴みながらの登りとなりました。しちがリード。

12:15 木で支点を作って、しち。ビレイ中。
寄沢本流 (丹沢)

その後は踏み後をたどって少し登り、再び沢に下りた。

12:45 沢に下りてからは手ごろな滝が連続。(´∀` )ほっとしますねー。
寄沢本流 (丹沢)  

 

13:00 沢での定番イベント。堰堤越え。 寄沢本流 (丹沢)


最後まで詰めずに、途中から支流に入り、あっという間に雨山峠の登山道。

14:00 雨山峠合流。
寄沢本流 (丹沢)

15:30 久々に登山道らしい、植林ではない木々がいっぱいの道を歩いて、みんなの森に戻ってきた。

このルートは、アプローチも下山中も、延々「ヒグラシ」の鳴き声が響いていて夏を感じた。緑が濃いフツーの登山道を久し振りに歩くことができて楽しかった。あまり人が歩いていないのでくもの巣のオンパレードだったけどおかまいなし。崩壊箇所も多数だったですけどね。



さて。

(´∀` )我々は達成感でいっぱいだった。
もちろんワタクシは、メンバの張ってくれたザイルにかなり助けられての登りですよ。(メンバにはお世話になりっぱなしだ!)

Sは言った。

「これで、表丹沢の2大大滝制覇だ!」

(もうひとつの滝はセドの滝F4

一同は思った。

「(∩・∀・)それって、めちゃマイナーな制覇じゃん!」

そんなワケで、今年の丹沢の沢は5回目。

近くて楽しい丹沢のサワ。(´∀` )

そろそろ、アルプスのサワにも遠征したいけど。

きっとまた行ってしまうだろう。


 ←blogランキングです。沢レポでも押してくださいよぅ。

投稿者 gogoalps : 22:24 | コメント (15) | トラックバック
2007年07月20日
 ■  丹沢 マスキ嵐沢

海の日3連休の最終日は、

丹沢・マスキ嵐沢

デート沢ってどんなのよ? (´∀` )

8:50  大滝橋から30分ほど歩いて、入渓。
何度も沢を橋で渡るので、はしご橋がどれだか、解りづらかった。 丹沢 マスキ嵐沢

9:40  F3? 今回どれがどの滝だか? 丹沢 マスキ嵐沢  

9:50  ナメ滝エリアが始まった。 丹沢 マスキ嵐沢  
 

時間がたっぷりあるので、マルチピッチの練習をする2名。(´∀` ) 丹沢 マスキ嵐沢

ナメナメナメナメ♪ さすがデート沢です。 丹沢 マスキ嵐沢

 

11:50  F4?(2段9m)  丹沢 マスキ嵐沢

丹沢 マスキ嵐沢 丹沢 マスキ嵐沢

10:40 沢は左にカーブする? 丹沢 マスキ嵐沢

ついつい、水に突入してしまう、MYA嬢。 丹沢 マスキ嵐沢  

11:40 CS は、通れるサイズの穴ではありませんでした。

11:50  F7(10m) 涸滝なんですけど。岩棚みたいな様相ですね。 丹沢 マスキ嵐沢   

ここを登り切ったときに、ついに!やってきた。

懸垂下降のチャンス。

クライミングジムや外岩(まだ1回だ。)と、経験していますが、未だ、私の経験した、懸垂下降といえば、去年の9月に東黒沢で行った、ダメダメ懸垂下降。

今回は、わりと易しいデート沢。

時間もたっぷりあったので、Sの計らいで練習というワケです。

最初は私はビクビクでしたが。(´∀` )

やっぱり、ジムでなんどもロープにぶら下がっているだけあって。

難なく、懸垂下降ができたのです・・・。

ああ良かった。

そして、調子にのって2回も懸垂下降をした挙句。

つい・・。

「めんどくさくなったら全部懸垂下降で降りよう。(´∀` )」

と、言ってしまいました。

まぁ調子に乗っての発言ですのでお許しください。


13:10  今まででいちばん快適な詰めかも? 丹沢 マスキ嵐沢  
気がつけば登山道に飛び出しましたよ。

そして、権現山に行こうと、ちょっと登ってみたりしたのですが。
スーパーガスガスだし。


13:25  1020峰?
丹沢 マスキ嵐沢  



(∩・∀・)権現山は

遠かった・・。

 

 

 


 

そして、全員一致で、やっぱり撤退で決定!

沢でもないとめったに来ない「権現山」。ちょっと勿体ない気もしたけど、家に帰ってネットチェックしたら、やっぱり何も無い山のようですね。

昔は意味も無くピークハントに萌えていた時代もあったのですけどね。

そして、スタスタと下り。最後のほうはたくさん沢にかかった橋を渡って。

途中、合気道の練習をしている一団に出会ってびっくりしながらも、

最後はやっぱりトレイルラン気分で走っていました。

14:15  西丹沢自然教室
丹沢 マスキ嵐沢
ビジターセンターの中を覗くと、一角にとボルダーエリアが!
丹沢 マスキ嵐沢
ああ・・靴持ってくればよかった。
ボルダーやりたい!! (;´Д`)'`ァ'`ァ

そして・・

ひっそりと置いてあった課題の名前が面白かった。

「バンビ」、 「ウサギ」
 「ツキノワグマ」 


(´∀` )まぁ普通かも。


「ヤマビル」   

ヽ(o´д`o)ノ うきゃー! まじでー。


とっても早く沢が終了した。ぶなの湯に入ってもまだまだイイ時間。

「サワの後は、PUMP2だ!」と、ムラムラ思っていっていましたが、3連休の最終日+月曜日ということもあり、道路はそれなりに渋滞。

夜は家でおとなしくすることになりました。

そして、後日。

同行した、MYAちゃんのmixi日記。

「良い沢だったけど、きゃー死ぬ!という、ドキドキ感が足りなかった。」

(∩・∀・)ええ。

デート沢なので、ドキドキ感は別のところで満たされるのでしょう。

そして、2007年海の日連休は終了した。


 ←blogランキングです。押してくれると投票されます。
(∩・∀・)よろピクですよ。

投稿者 gogoalps : 02:04 | コメント (7) | トラックバック
2007年07月15日
 ■  岳人 7月号の記事

(∩・∀・)台風サービス?

今日はいつものクライミングジムに行ってきました。
台風のせいで、知り合いメンバが結集。
ルートエリアで座談会炸裂で楽しかったな。
レベルは、11ARP以来全く向上していませんけどね。

さて、最近知り合いがが「岳人」を買っていることが多いので私も買ってみました。
そんな中、気になる記事があったのです。(´∀` )

100名山登山をしていたワタクシの愛読書は今までは、ついつい毎年買ってしまう、ヤマケイJOYだったのですが・・・。

去年の秋から沢登りを始め、BCスキーにもお出かけ、クライミングも始めるようになったので、興味の対象は移り変わりつつあるこの頃。

ヤマケイJOYのお花を愛でたり、景色を堪能する縦走登山も相変わらず大好きですが・・・。

「岳人」 なんとなく一般ヤマ屋にはとっつきにくいイメージだったのですけど。

7月号の特集は、 「日本の渓スタンダード」 だったのです。
岳人 7月号 デート沢

沢を始めてしまったら、憧れのルートがありますよ。

当分無理だろうと思うけど、 「黒部川上の廊下」。

下の廊下を歩いたことのある私は、その上にあるエリアもあるいてみたいのです。

そして、 「赤石沢」 も行ってみたい。

雑誌の記事では、その一端しかわかりませんけど、ワクワクドキドキする記事と文章。
 

それは、いろいろな山岳会の人が書いた文章だったのですね。

心に染みる言葉のオンパレードでした。(´∀`○).:+

そして、紹介されている10の沢。

いづれも上級レベルで、沢で何泊も必要で、今の私には全然無理だけどいつかは行ってみたいルートですね。

さて、気になる記事 「かかる渓もありけり。」
岳人 7月号 デート沢
紹介されている10の沢以外にも、体力も技術の無い人にオススメな良い沢があるという紹介です。

それを、「岳人」は、デート沢と名づけた!
岳人 7月号 デート沢

そして、オススメの沢を紹介している記事がさらに暴走気味で面白いです。

ある人の紹介するデート沢は。 (全文だとまずいような気がするので抜粋!)

①丹沢・マスキ嵐沢
→気になる人の沢への適正をチェック!

②前川大滝沢
→沢のおもちゃ箱のような沢。〆はひなびた温泉で!

③ナルミズ沢
→お泊り山行で、快適なテン場での焚き火。もう決まりでしょう!(何が?)


(何が?)のところがとっても面白いです。(´∀`○).:+

そして・・

一緒に沢をやっているメンバは、

沢でデートをするなんて、ありえな~い!ヽ(o´д`o)ノ

との、共通見解ですが。

なにはともあれ、デート沢。
きっと快適で美しく、萌え萌えできる沢なんだろうな。

この夏~秋の沢候補にぜひぜひ入れさせてもらいますよ!

記事を書いてくれた岳人に感謝。 (はーと)

ε=ヽ( ´∀`)ノ

 ←blogランキングです。押してくれると投票されます。
(∩・∀・)よろピクですよ。

投稿者 gogoalps : 02:18 | コメント (5) | トラックバック
2007年07月12日
 ■  ハンバーグレストラン BURG (秦野)

丹沢の沢の帰りに、オナカいっぱいになったワケ。 (´∀` )

ボリューム満点のレストランにお立ち寄り。

ハンバーグレストラン BURG (秦野)

勘七の沢の帰り道。スーパー銭湯に入ったあとは、シーメー♪

246号をちょっとはずれて、秦野赤十字病院入口の高台にある店。

(∩・∀・)最近出来た風のこじんまりとした綺麗な1軒屋?
秦野 ハンバーグレストラン BURG   

店内は、Andy Warhol 風の絵が飾ってあり、気取らないカンジ。
秦野 ハンバーグレストラン BURG

メニューは、前菜とかアラカルト以外は、すべてセット料理。
お値段も¥1600~ぐらいからとそれなりのお値段です。

で、お奨め料理を注文。

煮込みハンバーグセット ¥1680 秦野 ハンバーグレストラン BURG
スープと、お変わり自由のサラダとパンORライスとドリンクがついてきますよ。

で、煮込みハンバーグがお奨めらしいので、メンバ6人中5人が注文。

パンはフランスパンだけど、しっかり焼いてあって嬉しい。

そして、メインの到着。

200gって書いてあったんですけど、それ以上の大きさです。
秦野 ハンバーグレストラン BURG
ハンバーグは厚みがあって、よく煮込まれていて美味しいです。
煮込みソースはたっぷりで、マッシュルームとやわらかく煮込まれた牛肉まで入っています。

そして、付け合せも、ぱりぱりしたフライドポテトと、ちょうど良い硬さのブロッコリーとにんじんと、たっぷり。味も良かったです。

つばめグリルより美味しいです。(びもーな比較ですけど。)

(;´Д`)'`ァ'`ァ まじ、お腹いっぱいになりましたよ。

ちなみに・・

煮込みソースの入っている、銀紙をフォークでつつきすぎると、
ソースが鉄板にあふれて、とんでもないこと?になります。
ご注意です。(´∀` )

 

詳細は、YAHOO グルメで。
クーポン使えるじゃん。 今度は持って行こう。
(´∀` )http://gourmet.yahoo.co.jp/0001522876/U0003007717/

丹沢の沢のお帰りにぜひどうそ。


 ←blogランキングです。押してくれると投票されます。
(∩・∀・)よろピクですよ。

投稿者 gogoalps : 01:58 | コメント (2) | トラックバック
2007年07月10日
 ■  丹沢のひる
最近、丹沢の沢に行った帰りによく立ち寄る
スーパー銭湯 「湯花楽」 (´∀`○).:+

露天風呂やサウナやジャグジーが充実。
これで、750円はとってもお徳!
(会員価格だけど、100円で会員になれる。)

そんな、銭湯の入り口に貼ってあった気になる貼り紙。 

写真を撮影するのを忘れたので、ワタクシの手書きですよ。 

(∩・∀・)ええ。
丹沢の蛭  
なんと、温泉の露天風呂に蛭が出るかもしれないとの貼り紙。

(∩・∀・)まじでー。怖すぎ!

私は、ヒル系の生き物は大嫌い。ビビリながら露天風呂の床を見渡しましたが、居ませんでした。(そんなに頻繁に見かけるものではないと思います。)

このスーパー銭湯。場所が丹沢近くということもあり、
沢帰りの登山客が、蛭を持ち込んでしまうのかもしれませんね。

さて、勘七の沢で、丹沢の沢は3回目。

7月に入って夏突入ですけど、帰りに林道を走っている途中、偶然窓から入ってきた5ミリぐらいの蛭が1名の手にくっついていたぐらいで、いまだ蛭の被害はありません。

勘七の沢で、出会った70歳平均年齢の男性チーム(お元気!そして全員足袋+わらじ装備)は、F5のトラバースで蛭の大攻撃にあったみたいですけど。

今回、我々のチームはトラバース無し。
すべて沢を登ったのが良かったのかもしれません。

<蛭に出会ったときの対処>
①ライターであぶる。
②高濃度の塩水をかける。

無理やり引き離すと、蛭の口が残ってしまってよくないらしいです。

とりあえず、遭ったら、大騒ぎは間違いないでしょう。

(;´Д`)'`ァ'`ァ うー気持ち悪い。


 ←blogランキングです。押してもらえると嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 01:46 | コメント (14) | トラックバック
2007年07月08日
 ■  丹沢 勘七の沢

さて。今週末も丹沢の沢。

大倉から鍋割山に行くときに通る、水荷揚げ用のペットボトルが置いてある道。
途中で川を通過するところがありますよね。

(∩・∀・)本日はそのあたり(二俣)から沢に入りましたよ。

メンバは6名。カワユク初級沢。
最近レポを作る時間が無いので、blogがレポ代わりかな。
なので、写真めっちゃ多いです。(´∀`○).:+

 8:30 二俣 川を渡ったところに車を止めて出発。

最初はとてもおだやかな。平らな沢。
丹沢 勘七の沢

8:50 一つ目の堰堤 左から堰堤を越えると、小草平ノ沢との分岐があります。
丹沢 勘七の沢

そして、沢エリア突入。 丹沢 勘七の沢   


8:58 F1(5m) 左小さいながらもテクニックがいるとガイド本に書いてある。
丹沢 勘七の沢 F1

丹沢 勘七の沢 F1
TOPロープを張ってもらって登りましたよ。最初に体を上げるのはいつも大変だ。

9:40 F2(7m)  丹沢 勘七の沢 F2

9:41 F2を超えたあとすぐに出てくる堰堤。右から巻きます。 丹沢 勘七の沢


9:50 F3(8m)は釜をもつ滝。わりと深い釜だったので最初はへつって進みましたが、私はルートを上にとりすぎたせいで、足場が無くなり。ドボン(´∀` )。 丹沢 勘七の沢 F3
(∩・∀・)さっそく全身ずぶぬれですよ。もー沢は1度濡れちゃったらお構いなし。

10
:20 F4(2段12m)  先行パーティが通過するのをしばらく眺めながら待ち。 上段はくぼみになっているところを登ればわりと楽でしたね。 丹沢 勘七の沢 F4

10:30 堰堤が5こ連続ででてきますよ。(´∀` ) 丹沢 勘七の沢 堰堤

堰堤も直登を楽しんでいる我々でしたけど。(´∀` ) 丹沢 勘七の沢 堰堤

ここは、立てかけてある木に乗り込んでクリア。(´∀` ) 丹沢 勘七の沢 堰堤

11:10 F5(15m)大滝。 1段で15m。最初は左のバンドから水流に近づき、その後直登。

先行パーティをひたすら待つ。大所帯だし、壁に馴れていない人が結構いたのでカナーリ時間がかかっていましたね。
丹沢 勘七の沢 F5  
沢登りはこういうわりと難しい岩場があると、長~い待ち時間が発生するのでその間の防寒も重要です。動いていないのでハッキリいって寒い!ブルブルしましたよ。(;´Д`)'`ァ'`ァ。 そして、前パーティの緊張する登りを見て緊張UP!


12:10 1時間ほど待ってようやく、自分達の番が回ってきた。
まちゃがTOPで、リード登り。ワタクシがビレイ。
丹沢 勘七の沢 F5
私もこの後、ビクビクしながらクリア。もちろんTOPロープ。

F5 登り中。 キタ(∩・∀・)M君  丹沢 勘七の沢 F5

13:10
 F6(2段5m)
丹沢 勘七の沢 F6

その後、ゴルジュ帯を抜け。(雰囲気があるのでゴルジュ帯は大好きだ。) 丹沢 勘七の沢
低めの小滝をバリバリ登ったりしながら。(何故か後半頑張ってしまうワタクシ。)

丹沢 勘七の沢
この沢もちょうど良い深さの釜がある滝が多く、登りを失敗しても水に落ちるだけなのでいろいろ挑戦できて楽しかったです。

13:40 LASTの小堰堤。 丹沢 勘七の沢
ここを超えたら、ガレ場帯になったので、装備変更。

14:30 注意しながらガレ場を通過。
丹沢 勘七の沢
ラクをおこさないように。(;´Д`)'`ァ'`ァ

14:50 10m涸棚。
気がつけば、梅雨シーズンのためか、また沢っぽいエリア。
涸棚も、涸れてませんでした。トレイルランシューズで、滝っぽいところを登るのにびくつき。

そして、再びスーパーガレ場帯。

ごろごろ転がっているガレも崩れるけど、いいかげん稜線に出ようと、トラバースしたところで、掴んだ岩がぼろぼろ崩れるのには参りました。

15:20 大倉尾根に飛び出る。
 
丹沢 勘七の沢
ガイド本では花立山荘の裏に出る予定でしたが、かなり下に飛び出したようです。鹿避け植生保護用のフェンスの切れ目から登山道に戻りました。

しばらく休憩して、歩きなれた大倉尾根をスタスタと下る。

16:10 堀山の家

16:40 二俣リターン ε=ヽ( ´∀`)ノ
相変わらず下りは飛ばしたので、コースタイム45分を30分ですね。
川で汚れたトレイルランシューズを軽く洗って。


帰りは、秦野のスーパー銭湯に行って、ハンバーグレストラン(BURG)に行きました。

昨日、後輩ケコーン式で食べ過ぎたのですが、ここのハンバーグはとっても大きくて、おなかいっぱい。

ダイエット中だったんですけどね。
(∩・∀・)ええ。

 ←blogランキングです。押してもらえると嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 23:05 | コメント (2) | トラックバック
2007年07月01日
 ■  丹沢・小川谷廊下

日曜日は、二度目のチュー(中級沢)(´∀` )

丹沢の小川谷廊下 で 8名で沢登りをしてきましたよ。
水量豊富な沢で、シャワー浴びまくり。濡れまくり!

とりあえず、写真とちょっとしたコメントのみ公開です。

最初から核心?のチョックストーン滝。
丹沢 小川谷廊下   

丹沢 小川谷廊下

木渡りしている人もいるし。 丹沢 小川谷廊下

丹沢 小川谷廊下

めちゃくちゃ大きな一枚岩。表面はツルツル。(;´Д`)'`ァ'`ァ 丹沢 小川谷廊下

残置ロープで先発が登って、後発部隊はTOPロープに掴まって登りました。 丹沢 小川谷廊下

ゴルジュ帯通過中 丹沢 小川谷廊下

中級だけあって、核心以外にもこんなところがいたるところにありました。 丹沢 小川谷廊下

滝はひっきりなしに私たちの目の前に現れて飽きさせることは無い。 丹沢 小川谷廊下

1名がカメラを淵の中に落として、ウーツーになっていましたが。
防水カメラで水中撮影して無事救出されたカメラ。(殆ど新品だったし。) 丹沢 小川谷廊下

アクロバティックな登りが続きます。 丹沢 小川谷廊下

そして、核心。キタM君がOS。 丹沢 小川谷廊下

取り付きまくる、困った息子達ですよ。(´∀` ) 丹沢 小川谷廊下

右側が壊れた突堤で、小川谷廊下終了。 丹沢 小川谷廊下

廃道を通って駐車場に戻りましたが、結構最初が解り辛かったですね。

 ←blogランキングです。

二度もチュー(
中級サワ!)をしてしまったので、
これからは、数えられることはないだろう。

(∩・∀・)奥手なので、ジョージ(上級沢)は、当分先という認識ですよ。

投稿者 gogoalps : 22:45 | コメント (7) | トラックバック
2007年06月22日
 ■  水無川 セドの沢 右俣 レポ完成。

久々にすばやくレポ作っちゃいました。

中級ということで、難易度の高い場所もありましたが、
滝がたくさんあったし、岩質は全体的に滑りにくく、
楽しい沢でした。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sedoRight1.html




(∩・∀・)さて。今日は会社に献血カーが来たので

ついつい400ml献血。


私の血は比重が重いので、献血できなかったことは1度も無かったりします。

検査も無事終了して。


献血をしながら、手渡された、注意事項をよく読んでみた。


「当日は水泳やマラソンなどの激しいスポーツは避けてください。」


(∩・∀・)へぇ。 クライミングは水泳と比べるとどうかな?

うーん。そして・・


あれ? 
「重いものを持たないでください。」と、書いてある。


(∩・∀・)ガーン。


採血をしてくれた看護婦さんに、「重いものを持ったらどうなるんですか?」

と、聞いてみたら。

「針を刺したところの血管が破けて内出血で青くなるから。1ヶ月ぐらいで治るけど。」

(∩・∀・)ガーン。

クライミングなんて腕使いまくりじゃないですか!
全体重を片手で支えたりするし。


なので、本日もクライミングジムに行く予定でしたが、そんな理由でお休みする羽目になっちゃいました。

そして、おまけとしてついていた、血液サラサラチェック

指先で採血した血を顕微鏡で見た画像を送ってくれるというものです。

(つ´∀`)つ恥ずかしながら公開しちゃいます。
 

血液サラサラチェック

連鎖形成は3重が最高。まぁ。健康みたいですね。


←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:06 | コメント (3) | トラックバック
2007年06月18日
 ■  水無川 セドの沢 右俣

日曜日は丹沢の沢で

は・じ・め・て・の・ ちゅー! by コロ助。

ε=ヽ( ´∀`)ノ いえ・・

メンバは総計8人の大所帯。
全員がクライミング系経験者(デキルオトコ数名)だっため。

「ちゅー」というのは、初めての中級沢のことですよ。

そして初の丹沢の沢は、めっちゃ近いし。楽しさ炸裂!

とりあえず、写真だけ。

セドの沢 F2

丹沢 セドの沢 右俣   

セドの沢 右俣F1
丹沢 セドの沢 右俣  

丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F3 ① 丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F3 ② 丹沢 セドの沢 右俣

セドの沢 右俣F4 丹沢 セドの沢 右俣


沢から帰った後は、泥だらけの装備の洗濯が大変です。
(;´Д`)'`ァ'`ァ


LAST の セドの沢右俣F4のテラスから上の最初の乗り込みが、めっちゃ怖かったです。

あとは、トラバースが大変だった。

装備増強もしないと。

PUMP2で修行しておいて良かったです。
ジム成果は沢でも発揮できますね。

詳細は後日追記しますね。


 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:01 | コメント (0) | トラックバック
2007年06月03日
 ■  奥多摩 小川谷 滝谷
今週末は土曜日はいろいろ用事とPUMP2。
日曜日は奥多摩の沢。 「小川谷 滝谷」に7名で行ってきました。

今年度の初サワ。 沢生活のはじまり。(´∀` ) 「小川谷 滝谷」とは、奥多摩の酉谷山の沢ですよ。

6:40 
ゲート前広場

久し振りの雪のついていない山歩き。
なんだかちょっとした斜面にビクビクしていました。

7:10 沢IN

さらに沢の斜面もなんだか怖くて仕方が無い。
しまなみサイクリングとかジム三昧の日々でちょっとした斜面が怖くなってしまったのですよ。(;´Д`)参りました。

そして、びくつきながらも。

8:20 両門の滝 6m を、登り。

8:40 上つ滝 3段25m(激しく巻いて、裏側の斜面を通る。)

さて、ココまでは後日レポでお伝えするとして。


10:00 胎内滝(チョックストン滝)

急峻な岩の割れ目に挟まった岩石をチョックストーンといいますよ。
内部には穴が開いていて、核心は5級程度と本に書いてありましたよ。

さて。進入。先発部隊2名。

 小川谷 滝谷

内部には、残置シュリンゲがあって。それを頼りに上にあがって、胎生(体勢)を立て直しながらうえにずり上がります。
 小川谷 滝谷

このあと、Sも軽々上に上がってしまい。いざワタクシの番。(´∀` )

先日blogで「10B一撃」なんて、大きなコトを書きまくっていたものですから、皆さんの期待が高まりましたが、やっぱり。(;´Д`)'`ァ'`ァでしたね。

毎度ながらも、お助け紐を出してもらいましたが、なんとか上に上がって、ひと安心。

あまりの苦悩に、久し振りの沢や登山道歩きにビクビクしていたのが吹っ飛びました。

その後は、あがってくる仲間を見ながら。

「ガンバ!ガンバ!(PUMP2バージョン)」とか。
「○○ボンバー決めろ!」とか。
「(∩・∀・)キター!そのホールドだ!」とか。

もう、思う存分、応援しまくり。

 小川谷 滝谷  
まやちゃんは華麗に登っていましたね。(´∀` )

LASTのIさんが上がってくるときの応援のカンジはこんな様子。
 小川谷 滝谷
激しく、盛り上がったひと時でしたね。

そんなカンジで。2007年度の初沢。

沢仲間7名が無事に胎内よりオギャー!と生み出されたのですよ。
(∩・∀・)ええ。

10:40 岩溝ノ滝7m
 小川谷 滝谷

13:20 酉谷山避難小屋

「仲間がコースタイムより早く下りれるよね?」とか、言うものですから、
わりと小走りに走って下山しちゃいました。

先日購入したトレイルランシューズは効果絶大。
軽いし、フリクションは効くし。とても走りやすい。打つかっても全然痛くない。沢装備も軽く感じて快適に走れました。 これからは軽い山はトレイルランシューズで出かけよう。

14:10 再びゲート前広場

コースタイムの半分ぐらいで下山できたらしい。


 ←blogランキングです。
押してくれてありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 21:55 | コメント (3) | トラックバック
2006年09月26日
 ■  笛吹川 東沢 事件の場所

お返事書けてなくてすみません。

水没したデジカメのメモリーカードのみ復活確認できました。
あとは本体のみなんですけどねぇ。

人間水没の影響か最近風邪が流行っているためかは
不明ですが、今日から風邪引いてひきこもり中。
かなーりつらいです。

(;´Д`)'`ァ'`ァ 

問題の水没場所。東のナメ沢を過ぎたあたり。
こんなに綺麗なところだったんですよ。
笛吹川 東沢

おそるおそるナメをトラバース。
笛吹川 東沢

(´▽`)笛吹川東沢は沢レベルとしては1級上です。
昔は登山道として使われていたそうですが。
装備&経験者が同行しないと無理でしょう。ナメ滑りまくるし。
なので記録は参考にしないで写真を楽しむ程度にしてくださいね。

←blogランキングです。
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 17:35 | コメント (7) | トラックバック
2006年09月24日
 ■  笛吹川 東沢 のダイジェスト

最近「初の!」が続いていますが。
今週もお初がいっぱいですよ。

最近はじめた沢登り。メンバーにも恵まれています。

なので、行きたいかも?と言うとメンバーが集まってしまったり。
おこじょーず(仮) とMS小隊?の同盟?で計6人

笛吹川 東沢 に 1泊2日で行ってきました。(´▽`)

初の沢テント泊ったのですよ。
まじで荷物が重くて、重ーい荷物で滝登りや沢通過は大変でしたよ。

この場所を決めた理由は、Team にこちゃん の 
レポの写真があまりにも綺麗だったから。

白く輝くナメ。エメラルドブルーの釜。
想像以上に美しい世界でかなーり萌えましたよ。

私にはかなーりチャレンジングなルートでしたよ。 やっぱり沢はキケンですね。
(´∀` )身長+10cm希望ですよ。(ぱくりですね。)
さぽーと無しでは沢エリアのルートを通過するのは無理だったでしょう。

9月23日 快晴  <西沢渓谷→広河原泊>

 

登れるワケないですよ。

笛吹川 東沢

私は真横をトラバース中。
笛吹川 東沢

 


魚止めの滝
笛吹川 東沢

上部は美しいスラブが続きます。

笛吹川 東沢

 

テント場では焚き木を囲む夜

笛吹川 東沢


9月24日 快晴  <広河原→甲武信岳→西沢渓谷>

甲武信岳山頂付近。土日は全国的に良いお天気でしたね。 甲武信岳
ヤギの影響がなくて良かったな。(´▽`)

 

さて、この写真はなぜか1日目の15時半あたりからなんです。

 

今手元にはその時間の写真しかないのです。

 

残りは?といいますと。(´▽`)

 

今回、深い釜に沿ったナメをトラバース中。

人間&デジカメ共に、初水没しちゃったんですよ。

 

(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ

 

もー。マジでショックで。 人間は怪我はなかったんですけどね。

というわけで今回は携帯撮影写真。 画質がちょっといまいちです。

デジカメ&メモリーカード&電池パックは、

ただいま 扇風機の前に置かれて乾かされています。

 

3日後ぐらいにおそるおそる電池を入れて通電してみるつもりですよ。

 

(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ

 

ちなみに今回はムラムラさんとモエモエさんも同行していました。

 

←blogランキングです。
初デジカメ水没記念?にクリックしてくれると嬉しいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:54 | コメント (9) | トラックバック
2006年09月11日
 ■  東黒沢 (白毛門エリアの沢)

今週末は。越後の沢。

白毛門の登山口から沢に入る、「東黒沢」でまたーりしていましたよ。
そのまたーり度合いといったら、宝川に出てバスと電車で車に戻るのがメンドクサイので東黒沢ピストンをやってのけるとというカンジですよ。

ナメナメエリアが連続するまたーり空間?お天気もまぁまぁだったので、前回の大黒茂谷とは全く違った景色が広がりますよ。

メンバは、モエモエさんと、(;´Д`)'`ァ'`ァさんと、ムラムラさんと、相棒Sと私です。

(誰が誰かはご想像に・・・。)

(´▽`)  さて。

2回目の沢なので。初の連続!連続!連続!連続!(´▽`)なんですよ。

ゴルジュとは切り立った岩壁にはさまれた峡谷のことです。
ミニなんですけどね。
東黒沢

ナメとは、一枚岩の上をウォータスライダー状に水が流れるところのことです。
東黒沢

という訳で、滑り台遊びも出来るんですよ。ザイル使用してます。
東黒沢

ナメ滝はつるつる滑るので下りに使うのは難しいかもです。
私は、おもいっきり巻き道を通ってしまいました。
東黒沢
まぁそのおかげで良い写真が撮れましたよ。

後半戦はひたすら来たナメを戻りました。
キラキラとする空。キラキラとする滝。キラキラするナメ。
ちらりとする○○にキラキラする目がありました。(意味不明ですね。)
その真実はレポ公開のときに明らかになるでしょう・・・。

←blogランキングです。
ありがとうございます。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:00 | コメント (5) | トラックバック
2006年08月26日
 ■  初サワ! 大黒茂谷のダイジェスト

 山サークルの仲間(経験者) たちと6名で初の沢登りに行ってきましたよ。

 <大黒茂谷>大菩薩峠のあたりの沢です。

2006年8月27日(土) 曇り時々雨

いきなり最初からこんな場所が。
大黒茂谷

綺麗なナメ滝
大黒茂谷

滝をガンガン登りますよ。
大黒茂谷

12mの大滝。(もちろん巻いてます。) 大黒茂谷

沢も山も自己責任で計画、行動しましょう。
初めての人は必ず経験者(エキスパート)と行きましょうね。

沢は常に気が抜けないエリアです。
登山のときみたいにぼーっと歩いたりすることができないという認識です。


そして綺麗な沢とはいえ、水を浴びまくるので服やザックに沢の香りがしみこみます。
帰ったら即洗濯が必要ですよ。

1級★★のレベルでした。次はもっとまったりした沢が良いです。
次々と出てくる滝に参りましたよ。

帰りの車中では「制服VS水着」の萌えトークでもりあがりました?
私の周りでは3名中3名が制服YESだそうです?


 blogランキングです。
クリックしてもらえると萌えます。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:55 | コメント (8) | トラックバック