2006年10月07日
 ■  山と高原地図 その④

おかげさまで。山と高原地図写真シリーズも4回目。(´▽`)

HIROさんから送っていただきました。ありがとうございます。
(公開遅くなってごめんなさい。)

さて、今頃は東北の山に紅葉を見に行っているはずでは!?
という指摘がありそうですけど。まぁ置いといてください。ええ。

山と高原地図の「大雪山」と東京日地出版の「雲の平」ですよ。

(´▽`)

タイムリーにも旭岳の紅葉お池写真を公開したばかりでしたね。このお池はどこかな?
大雪山

そして、計画自体が煮え切らない雲の平。いつ行けるんだろう。(;´Д`)ハァ。
雲の平
新デザイン?と思ってよく見たら、「山と高原地図」のではなかったのですね。でも珍しいのでオケーですよ。(´▽`) 雲の平にもお池があったのですね。


さて。

今日は健康診断で「人間ドック」だったんです。(´▽`)年がばれますわ。
で、初バリュウムを飲んで。もー二度と飲みたくないと思いました。ううううう。

発泡剤ゲキマズ+バリュウムで気持ち悪くなり、飲むのに一苦労。なんか口の周りにバリュウムがついていると思い、その場でティッシュで拭いたのですが、何事もなく、ひととおり撮影が終わり、うがいをするために洗面所の鏡の前に行くと。

(・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) (・ω・;)(;・ω・) 
うううう。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。まじでー。


なんか口の周りに白くバリュウムがべっとりと激しくついているではあーりませんか。(;´Д`)'`ァ'`ァ


なのに、受付のねーさんも撮影の人もそ知らぬ顔だったんですよ。ひどいです。

「撮影技師さんと受付おねーさん。お願いだから指摘してよ!」と、思い、焦った今日のお昼前のひとときでした。


ちなみにバリュウムの味は「バニラ味」でしたよ。


さらに・・。

健康診断会場に張ってあったポスターによると、笑うことは免疫力を高めたり、体に良い影響をもたらすそうですよ。
「笑う角には福来たる」って本当だったんですね。

この話を会社の後輩KくんとFくんとしていたら、Kくんと私はいつもくだらないことを考えて「にやにや×100」しているので健康なのだろう?(風邪はたまに引きますけどね。)という結論になりました。


そして、それを「にやつき健康法」定義することにしましたよ。


(地図と全然関係ないネタですね。ええ。)


←blogランキングです。
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:02 | コメント (7) | トラックバック
2006年09月10日
 ■  山と高原地図 その③

kochaさんから送ってもらいました。ありがとうございます。

念願の写真版の山と高原地図パッケージの公開ですよ。

丹沢と尾瀬版です。

これで7種類ですね。(´▽`) あと何種類揃うかな・・。

丹沢はは1976年版。 尾瀬は1985年版だそうです。透明ふにゃふにゃのカバーがついているのが時代を感じさせますね。

山と高原地図

丹沢がとてもカッコイイ山に見えますね。尾瀬の写真。青い水に浮かぶ水芭蕉素敵です。

そうそう。地図話をしていたら、昔の地図と今の地図ではコースタイムが全然違うそうですよ。どっちが短いかというと昔の地図のほうが全然短いそうです。人の歩く早さは様々なので余裕をもった時間が記載されているということでしょう。

 

★違う種類を持っている人。引き続き写真は募集中です。

 

←blogランキングです。
ありがとうございます。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 22:38 | コメント (0) | トラックバック
2006年09月08日
 ■  山と高原地図 その②

山と高原地図のパッケージイラスト。

1997年版と1998年版を山友が持っていたので
写真を撮って送ってもらいましたよ。(´▽`)

これで5種類ですね。(´▽`) あと何種類揃うかな・・。

山と高原地図

違う種類を持っている人。写真を送ってもらえると嬉しいです。
たくさん揃ったらWikipediaに載せてみたりして。(笑)

 

←blogランキングです。
ありがとうございます。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:01 | コメント (2) | トラックバック
2006年09月04日
 ■  山と高原地図のパッケージイラスト

週末の越後エリア山行のメンバの1人に学生時代から山を続けている人がいてそういう人はいろいろ年代もののグッズを持っているワケですよ。

ふと、昭文社のエアリアを見るとパッケージが見たこともない柄だったので
ついつい嬉しくて撮影ですよ。
 

ε=ヽ( ´∀`)ノ 

で、この写真を撮ったのは八海山の大日岳。 たまたまその場にいた人の地図を見ると2001年度版。なんと3パターンの「山と高原地図」が一同に揃ったので撮影用に貸してもらいましたよ。

一番左側の地図は何年か書いてありませんが青いパッケージに赤いお花の絵。ちょっと南国チックで一番可愛いかもですよ。 山と高原地図

 

そして古い地図にはこんな手書きデザインの岩場の絵と鎖の長さ一覧もついていました(´▽`) 山と高原地図

もっと古いバージョンや違うがあったら見たいものですね。

 

←blogランキングです。
ありがとうございます。(´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 23:52 | コメント (4) | トラックバック
2006年08月13日
 ■  山岳立体地図といえば。

有名なのはコレですね。

カシミール3D

山岳展望の解析、リアルな3D風景・景観CGの作成、リアルタイムフライトシミュレーション、GPSデータの解析、ハイパーマップの作成などが可能な多機能ソフトです。

なんですけど。

こんなのもありますよ。

針ノ木岳 立体地図

立体地図の良いトコロは、
PCのソフトなど違って手に持って自由な角度からくるくる回して見れるところや
実際に山に行くときに持ち歩いたりできることですね。

(´▽`)この写真は針ノ木岳エリアの立体地図です。
立山方面を望んでいるカンジで撮影してみました。

実際の景色はこんなカンジかなぁ。黒部湖の形で解るかな。
針ノ木岳付近より黒部湖
針ノ木岳直前で撮影した景色なのでビミョーに違う場所からの撮影です。

立体地図はお土産屋などでも良く見かけますが、実際の需要は
ダム施設や博物館などの展示用や、会社の贈答品などが多いようですよ。

今度、このカレンダーを改版して100名山記録用の立体地図の製作を企画しているそうです。
(´▽`)へぇ。 興味があればどうぞ。 

←blogランキングです。クリックよろしくです。(´▽`)
投稿者 gogoalps : 02:43 | コメント (6) | トラックバック