2008年07月03日
 ■  立山BCの写真
(∩・∀・)今週は映画の日にインディ3を見たりしました。
最後はなんと、○○人が出てくるのです!(ネタバレのため伏字)

2007年11月23日の立山BCは
スーパー快晴でした。
壁紙になりそうなサイズの写真を2枚公開。


両方とも当時blogで公開した写真ですけど。
クリックで拡大ということで。ヽ( ´∀`)ノ涼んでください

まぁ見てください。 ↑クリックで拡大。

 
↑クリックで拡大。

この写真は雷鳥沢なのですが。
雪が降った直後のキレイな雪面に人が模様を作っているところが面白いです。 


7月に入って夏天本格化!

(つ´∀`)つ今週末は久々一般登山縦走の予定です。

投稿者 gogoalps : 01:44 | コメント (2)
2008年06月26日
 ■  GWの蓮華温泉ベースBCのレポ その1
(∩・∀・)GWの蓮華温泉ベースのBC

今頃レポ作成。1日目のみ公開。
雪原の写真は涼しげ・・ですね。

栂池→蓮華温泉

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008rengeBC1-1.html

 

このたび、私の撮影した写真が使われたWebページが公開されました。
 ←日本の名所や観光地を制覇していくWebページです。
いろいろあって、全ての写真を直接自分で提供したワケではないので、びみょーにその山自体の写真ではなくて、登山中に撮影した他の山の写真になってたりするところもありますね。
(;´Д`)'`ァ'`ァ
でもソフトの目的は果たしているでしょう。猫の絵がカワユイです。

(∩・∀・)では。ごきげんよう。GWの蓮華温泉編はあと残り5~6枚かな。

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (5)
2008年05月11日
 ■  八甲田BC 3日目のレポ

(∩・∀・)GW後半の余韻が残っていますが。
溜まっているレポも作らなくては。

八甲田スキー3日目は
酸ヶ湯温泉からの周遊コースで大岳環状ルート

ひさしぶりに大岳に登頂しました。 
(前日は高田大岳。)

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda31.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda32.html

     ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 20:25 | コメント (1) | トラックバック
2008年05月08日
 ■  GW後半 蓮華温泉 雪倉岳 朝日岳BC
(∩・∀・)GW後半は

おこじょーずメンバで

栂池から入って蓮華温泉ベース
朝日岳と雪倉岳BCの4日間

めっちゃハード。 ダイジェスト。

5月3日(土) 快晴。

栂池から、ゴンドラ、ロープウェイと乗り継いで、ハクノリを登りきり、白馬大池山荘を望む。 GWの蓮華温泉BC

雪で覆われた白馬大池の上を歩く。
GWの蓮華温泉BC

そして、尾根をトラバースし。蓮華温泉に向かって滑降。
GWの蓮華温泉BC
GWの蓮華温泉BC

5月4日(日) 快晴
蓮華温泉を05:30に出発し、朝日岳へ。 GWの蓮華温泉BC
登山道だと蓮華温泉から朝日岳山頂まで6時間かかるルートです。
想像よりも、我らの選んだルートの斜面は易しく、12時ごろ、山頂に立つことができた。
GWの蓮華温泉BC
GWの蓮華温泉BC

快晴の中、朝日岳を滑降する我ら。
GWの蓮華温泉BC
GWの蓮華温泉BC
15:40 蓮華温泉に戻った。コースタイムに我らは自己満足した。(´∀` )
GWの蓮華温泉BC  
朝日岳BCを無事に終えることのできた私は。「雪倉ってどうよ?」とついついメンバとトーク。

当初、BC装備で登りきる自信がなかった私は3日間で帰るメンバと行動を共にして、
朝日岳BCのみの予定だったのです。

だけど、「雪倉も行けばいい!」とメンバに背中を押された。

GWの雪倉BCはスノーブリッジの通過があるので、毎年可能なワケではない。
一緒に行動してくれる仲間のいるチャンスを有効にすることにして、私も4日間組みに加わったのである。

5月5日(月) 曇りのち雨

メンバのうち3名は帰還。4名が蓮華温泉を05:20出発。雪倉へ。
ルートを延々トラバースし、無事にスノーリッジを通過。
GWの蓮華温泉BC   
「朝日岳に比べて雪倉は、急斜面で延々ひたすら登り!」と、聞いていましたがまさにそのとおりで。

雪倉の滝を越えたあたりで、ルートをミスしてしまった。
急斜面をスキー板を担いで延々登り、雪の割れ目につきあたってしまった。
割れ目の垂直な壁は到底登れそうになかったが、仲間の1名が低いところを攻略。
GWの蓮華温泉BC
とりついたまでは良かったが・・ノーアイゼン、ノーピッケル、板担ぎで雪の急斜面を30m近くトラバース。
めちゃ緊張。。キックステップ炸裂。(;´Д`)'`ァ'`ァ
GWの蓮華温泉BC

トラバースを無事に終え、穏やかな斜面を延々登って12:00雪倉山頂に到着。
GWの蓮華温泉BC
15:00蓮華温泉に戻って、ルービーで乾杯していたら、どしゃぶりの雨。ギリギリでした。

朝日岳、雪倉岳の連続したハードなバックカントリーにめちゃ疲れた私は。
ひたすら、「疲れた。疲れた。」を連呼していました。(;´Д`)'`ァ'`ァ

5月6日(火) 快晴

6:40蓮華温泉出発。
GWの蓮華温泉BC  

中の沢から振り子沢を通って、栂池に戻る。 前日の雨のため、雪は硬く締まっていた。
途中スノーリッジに穴があいている箇所続出で緊張。(;´Д`)'`ァ'`ァ
GWの蓮華温泉BC

10:00 天狗原に戻ってきた。
GWの蓮華温泉BC
11:20 栂池ロープウェイに乗る。長かった4日間のBCが終了した。

BCの憧れだったロングルートを2山制覇した、とても充実した4日間だった。
スキーブーツを履いたハードな日程のおかげで親指の爪を傷めてしまいました。

   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:25 | コメント (6) | トラックバック
2008年05月02日
 ■  八甲田BC 2日目のレポ

(∩・∀・)八甲田スキー2日目は

ロープウェイから、
井戸岳→大岳ヒュッテ→高田大岳→谷地温泉と

ロングコースを滑って(歩いて?)来ましたよ。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda21.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda22.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda23.html


     ←さて。後半戦。blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 19:54 | コメント (0) | トラックバック
2008年04月24日
 ■  八甲田BC 1日目のレポ
(∩・∀・)おつかれさまです。
先週からシゴトにハマっていました。もうすぐGWだし。

八甲田BC1日目レポです!

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakkoda1.html
  

GW前半は、○○でBC。そして下山後移動して、○○~○○を縦走。
後半も4日間かけてBC. 後立山メインなGW.
(∩・∀・)トシなのでハァハァします。お天気しだいですけどね。
 
   ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 01:17 | コメント (0) | トラックバック
2008年04月09日
 ■  八甲田BC

(∩・∀・)大変ご無沙汰していました。

土日+1日で八甲田でバックカントリーしていました。
土曜日の午前中に雪が降った広大なフィールドと温泉を堪能してきましたよ。

明日も朝早いので、とりあえず写真だけ。
準備その他で忙しくて、コメントのお返事かいてなくてごめんなさい。

2日目はロープウェイから高田大岳に抜けて谷地温泉に抜けました。

途中、井戸岳に登りました。


登ったけど井戸岳はひたすらトラバースで終わった。エビのしっぽが炸裂している景観。


大岳と井戸岳の間から、井戸岳を望む。(´∀` )
 

高田大岳に向かう我ら。


メンバーは、mscc3名と労山スキー教室4名+1名で。HoriEさん企画でした。
みなさん大変ありがとうございます。レポはこれから作成です。

     ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 00:06 | コメント (3) | トラックバック
2008年03月31日
 ■  宝永山BC
(∩・∀・)土曜日は宝永山でBCでした。

おこじょーずメンバで。

富士山の御殿場口から登りました。

8:50 トンネル横に車を停める。
9:17 御殿場口駐車場 標高1440m

Blogランキング!



11:30 双子山より上に来ました。


このあたりから、先頭3名との差が開きまくり。
SuHとしんたろは、数10メートル左側を登っている。

先頭3名と距離を開けられながらも、たまーに右側を確認すると、しんたろ。が、
ちょうど同じ位置ぐらいで頑張っていたのでちょっと安心した。
(あとで聞いたら、お互いに・・・というトコロで。)

12:50 2200m付近。 たまにアイスバーン。
なんとか斜度的に登れていましたが、前方3名は休憩中。
追いついたところで、SuHより無線連絡。
アイスバーンがキツイのでここで終了が決定した。

アイスバーンな斜面で板装備を変更するのはとても大変でした。
(´∀` )修行。

13:00 滑走開始。

バーン上部はめちゃ硬くて。緊張しまくり。
滑りながら「硬い!硬い!」と騒いでいました。転んだら滑落しそうな気がするので・・

そして、ワタクシのビビリ滑りを・・たまたま居合わせた単独の人が指導。
ヽ(o´д`o)ノゲレンデで見知らぬ人に指導を受けたことはありますが、
なんとBCエリアでも指導を受けようとは!!

(;´Д`)'`ァ'`ァ指導は真摯に受け止めましたよ。

そんなカンジで、急斜面の硬!硬!硬!硬!バーンを潜り抜け。
修行!修行!修行!


富士山から海が見えることに感動したりした。
(神奈川県民3名が、海が見えることに激しく驚愕!)

双子山からは斜度も緩やかになり、快適なバーンを滑った。(´∀` )

富士山は登っても登っても同じ景色だし。
滑っても滑っても同じ景色。

でも、滑走距離はかなり長い。
いつかザラメ雪の日に山頂から滑りたいですね。
(長すぎて嫌になるらしいですけどね。)

14:00 御殿場口駐車場
御殿場市温泉会館とBigBoyで喋り続けて解散。

そんなカンジの春の1日。
     ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 00:46 | コメント (5) | トラックバック
2008年03月23日
 ■  白馬乗鞍バックカントリー
(∩・∀・)今週末は白馬乗鞍岳(通称「ハクノリ」)で
ノリノリ♪でバックカントリー?

レポできました。
記事の下のほうにリンク貼ってます。

お天気は曇りだったけど。山はくっきりしていましたね。ヽ( ´∀`)ノ


午後から気温が下がって斜面はバリバリとなり。かなり滑り辛かった。

(∩・∀・)レポはこちらから・・・でしゅよ。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008hakunori.html


レポできました。
     ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 23:35 | コメント (2) | トラックバック
2008年02月20日
 ■  2008年のニセコ

(∩・∀・)すっきりと晴れた日が無かったので
今回は山頂からのBCは無しだったですが。

写真もネタもそれなりにあったり。

2008年のニセコ
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008SpainPortugal/2008niseko.html
ようじやのコーヒー
なぜか写真はよーじやの珈琲。(コレはこわすぎる・・)
     
今週末は久々の山。八ヶ岳×2の予定。 とってもビビリそうです。ブルブル(´∀` )
最近溜まりまくった家の不要物を整理したり片付けたりしているので、
すばやいレポUPができません。

     ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 22:57 | コメント (2) | トラックバック
2008年01月29日
 ■  神楽峰でバックカントリー

(∩・∀・)日曜日は神楽峰でバックカントリー。

お仲間はパウダージャンキーなんですよ。

2007年末に会社後輩たちとかぐらにスキーに行ったら雨降りまくりで風邪引いた。( ノД`)シクシク

2008年1月28日 再び「かぐら」へ。

神楽は天気の良い日に来たかったけれど。
先週の半ば頃は暴風雪だったし。当日の予報も曇り時々雪。

雪山登山だったら天気が悪かったら中止なんですけど
BCは素早く移動できますからね。

さて。そんなカンジなので景色は無いですけど。
メインはラッセル!ヽ( ´∀`)ノ

8:50 駐車場からみつまたロープウェイに乗り込む
神楽峰に行くための「かぐら第5ロマンスリフト」の運行は3月からなので今の時期のゲレンデトップはかぐら第一高速リフト終点。

1回券を乗り継いで、TOPまでたどり着くのに
ロープウェイ1回。ゴンドラ1回。リフト×2。帰りにリフト×1。
→トータル2700円もかかりますよ。高い~!

13時までの午前券が3000円でしたが、
時間までに戻ってこれるかリスキーだったため
モヤモヤしながら1回券を購入。

かぐらゴンドラ降りたら、前日からの雪で第一高速リフトの運転が「見合わせ」のため、かぐらゴンドラ終点の和田小屋でまたりしようと・・
入ったら、即!リフト運行の案内で再び出発。

9:50 かぐら第一高速リフト終点
神楽峰BC  
ゲレンデTOPに近づくにつれて、風がそれなりに強くて。
粉雪も降っているので出発しようかどうしようか悩みましたが
2パーティが突撃しているので、我らも突撃することにしましたよ。

神楽峰BC
週の半ば頃に「暴風雪」のマークがでていただけあって雪はとっても深くて。最初は先に行った1パーティのトレースを使用。

10:20前を行くパーティに追いつき休憩。
神楽峰BC
背の高い木に雪がもこもこついていて。
久し振りのホワイトモンスター地帯歩き。雪が深くてとても楽しい。

神楽峰BC   
パーティと先頭を交代しながら進みます。
 

我らのチームの先頭はもちろんまやりん。
神楽峰BC
山スキーでの新ラッセル方式?でガンガン進みます。
→通常はスキーを前に蹴って雪を崩していくのですが、あまりにも積雪量が多いため。スキーを後方に蹴りだし、進む方向に上から板を載せて押しつぶす。

神楽峰BC
雪の深さはまた下あたりまで上昇。

しかし突撃組みはまったく疲労していないようで。
むしろラッセルの先頭を奪い合っている様子。
無駄に列の隣に飛び出してうりゃうりゃ!とラッセルする人までいましたよ。
そして・・・そろそろ終盤。

ちょっとやってみたいと思った私は先頭に出たのですが、
ほぼ1ヶ月のダラダラ生活効果で、ヽ( ´∀`)ノ全然進まず。
進んだ距離はおよそ2m。

「私・・役に立たないわ」と思いつつ。
ちょっとサバよんで、「3mしか進まなかった!」と発言。

別チームの1名が。
「(∩・∀・)いや。2mぐらいしか進んでいない!」と
仲間も「そうだー!全然進んでない!」とツッコミ!

最近ツッコマレが激しい私です。

11:40 雪庇が立ちはだかるあたり。
別パーティは中尾根方面へ去って行った。

眺望もないし、斜度も緩そうだったので
我らはここで前進を終了することにした。
しばらく休憩して。

12:10 深~い雪を滑り降りる。
神楽峰BC
斜度が緩いと進みが遅くてタイヘンでした。
その後、視界は無かったけどわりと快適に滑り降り。

12:40 「かぐら第5ロマンスリフト」終点
神楽峰BC
オージーと思われる外人パーティがワサワサしていました。
スキー場の海外資本の参入はニセコだけではないらしい。
再び快適バーンを滑り降り。

最後にゲレンデに戻る時がいちばんのラッセルでした。
(∩・∀・)なんと胸までのラッセル!

先頭はまやりんだったのですが。
2番手でも足だけで歩くと沈んで動けなくなるので
スキー板に体重を載せてむりやり前進。

柔らかい雪での泳ぐようなラッセル初体験。(数mだったですけどね。)

結局最終リフトに乗ったのは15時ごろ。リフト券をバラで買って正解でした。

   ←blogランキング。押して欲しいな。
 

投稿者 gogoalps : 22:49 | コメント (4) | トラックバック
2007年11月26日
 ■  立山でバックカントリー

3連休は立山でバックカントリースキーをしていました。

(∩・∀・)3日間それなりのお天気で。ええ。

最近からだがヨワイので、帰ってきた日のレポは
無理せず?とりあえず写真だけ。

なんとか風邪は治りました。
来週は大人しくレポを作る予定。

 この2枚は今までサツエイしたバックカントリーの滑走写真でBESTShotです。
11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年

11月 立山 浄土山 雷鳥沢 バックカントリー 2007年  
1日目と3日目はスーパー快晴でした! 
2日目は稜線の暴風で体がブルブル震えました。

雷鳥荘に2泊で、贅沢バックカントリーでしたよ。


   
←blogランキング。押して欲しいな。 
投稿者 gogoalps : 00:25 | コメント (9) | トラックバック
2007年09月21日
 ■  白馬大雪渓でバックカントリー(6月)

今年の6月白馬大雪渓でバックカントリースキーをしたときの記録。

(∩・∀・)全2頁で完結!という認識ですよ?

いつもはシール歩行で、
スキーとブーツを担いで登るのは初だったので大変だったけど
ありえない快晴と雪渓と山と岩がサイコウでした。

その① ε=ヽ( ´∀`)ノ
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC1.html

(∩・∀・)その②
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC2.html
 

さて。blogランキングのおかげで今週1週間。スゴイアクセス数。
blogカウンタ
普段は、(∩・∀・)週明けとかが500~700で、
更新しない日は、300~500ぐらいだったのでびっくりです。

週明けにアクセスが多いのは、皆さん何処に行ったのか気になるのでしょうね。
ええ。(´∀`○).:+

  ←押してもらって、本当にありがとうです。

投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (0) | トラックバック
2007年06月24日
 ■  白馬大雪渓で滑り収め?

土曜日はまたまた良いお天気でしたね!
白馬大雪渓で滑り収め?

(∩・∀・)久し振りにお山に登ってきたという認識です。

今週末も、かわゆく?丹沢で軽めの沢と思っていた、ワタクシ。

だけど、仲間の中には、富士山でBCをしたいという人たちがいて、一度は天気予報を見て中止となったのですが、土曜日の長野北部の降水確率が一日中0%だったので、白馬大雪渓BCという計画が出てきたのです。byすH。

それは、金曜日の夜で、私はいつもどおりジムで壁を登っていたので、車の調整と帰ってからの準備が大変でした。

(∩・∀・)ハァハァしました。

そして、出発も遅くなり。中央道をひた走り、なんだか殆ど仮眠もしないまま駐車場に到着。

しかも私は風邪をまたひいていて調子悪かったりしましたが。
風邪でも山に登ったりしていますから、まぁいいかと。


7:40 猿倉荘の横の林道より出発 1230m

8:20 林道をすばやく歩き、白馬尻より雪渓スタート
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
これまでのBCはスキーのシールで登っていたのですが、さすがに6月。
スキー&ブーツを担いで、重登山靴&10本アイゼンで登りました。

これがもう。めちゃめちゃ重かった。

空の青と光が強すぎてなにもかもくっきりはっきり過ぎました。 白馬 大雪渓 バックカントリースキー

途中まではなんとか皆についていけたのですけど、葱平を超えて、

村営山荘まであと300mぐらいのところで、足が動かず。

(∩・∀・)ハァハァ・・。停止。→パタパタ登り。の繰り返しとなっていました。

そんな頃、仲間は小屋へスタスタと?行ってしまいましたが。


12:50 村営頂上宿舎 2730m

フラフラになりながら、宿舎前に到着。私はくらくらして、椅子に横たわり。

「全員が待っている余裕が無かった・・」とのありがたいお言葉。

すHが迷わず缶ルービーを購入した。

Iさんが、「よっしーが忘れられないと言って、ビニコンで買った「サラミ」をつまみに提供。

(∩・∀・)ビールをちょこっと?いただいた。めちゃ、まいうーである。
そして復活?

13:34 山頂へ出発

空身にて山頂往復。最初は雪渓を上りましたが、山頂付近の雪はゼロ。
一度は回復したと思った体調も、また足が全然進まず。
なんだかすごい時間がかかったような。

14:00 白馬山頂到着!  2932m

雪倉方面の眺め。
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
そして、各方面の眺めを満喫し、つがいの雷鳥もいたし、写真をいっぱい撮影しましたよ。(´∀` )

あまりにもくらくらするので、山頂で10分×2ぐらい睡眠。それでなんとか復活。
(寝不足&体調不良BCはいけませんね・・。軽い高山病だったかも?)

15:20 村営頂上宿舎 2730m

装備をBCモードにチェンジして、滑降開始。

白馬 大雪渓 バックカントリースキー  
白馬大雪渓 滑降中(´∀` )
白馬 大雪渓 バックカントリースキー
Iさんの華麗な滑りに、すHは萌え萌えしていたらしい。

下部は細かい石がごろごろしていて、板の裏がボロボロになってしまいましたよ。

16:10 白馬尻
途中の沢でスキーやブーツを洗いまくり。再び登山靴に履き替えた。

17:10 猿倉駐車場
久し振りに10時間近くも山にいてしまいました。
全員が「今日は疲れた!(´∀` )」と、喜んでいました?

帰りは、いつもの、「ソウル」という焼肉屋で、もりもり食べて帰りました。

すHのレポはこちらから。


今回の標高差。
2932 - 1230 = 1702m × 2 
という認識です。(´∀` )

レポはこちらです。↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007siroumaBC1.html


 ←blogランキングです。押してくれると嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (4) | トラックバック
2007年05月18日
 ■  2月の金山岩レポ。
バックカントリーレポ。
もうすっかり春だけど、記録を見ると厳寒期に戻れます。

金山岩は平湯エリアの山ですよ。
(つ´∀`)つ

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007kanayama1.html

さて、80kmのサイクリングコースとは。
帰ってきてからのお楽しみ。

 ←blogランキングです。
押してくれて、とってもありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 19:48 | コメント (0) | トラックバック
2007年05月12日
 ■  4月の遠見尾根BCレポ

blogランキングとアクセスが好調なので
ついつい続けて作ってしまいました。

4月の遠見尾根バックカントリーのレポですよ。

お返事もうちょっと待ってね。
今日は瑞垣山の近くのあの場所に行ってきます。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007toumioneBC1.html
blogのダイジェスト版とあんまり変わらないかもしれないけど。
2枚並べた写真の対比が好きなので、結局レポ作ってしまいました。

 ←blogランキングです。
押してくれて、とってもありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:20 | コメント (0) | トラックバック
2007年04月15日
 ■  御嶽山 (黒沢口2) BC 

日曜日は、御嶽山の黒沢口からのルートで
バックカントリー。(´∀` )
とても良いお天気でした。

とりあえず、途中まで追記しました。
なんだか事件炸裂です。

今回は、ちょっとした流血事件。
真っ白な雪面に飛び散る鮮血が、眩しいひととき。(´∀`○).:+

次回からは絶対アイゼンをつけます。
春スキーの山頂部はアイスバーン炸裂なのです。

怪我はたいしたことなくて、右手の薬指の先端がちょっと痛いぐらいです。
あんまり心配しないでくださいね。

(;´Д`)ハァハァ。

 

9:00 ロープウェイを降りたところ。
ロープウェイの開始時間は駐車場の車がそれなりだったこともあり、8時半でした。御嶽山の火山活動もそれなりだし、上部はまたアイスバーンになっているのかとドキドキ。

9:20 ハイクアップ開始
雪はしまっていて、とても登りやすい。前回よりもスピードアップしていますね。

10:20 8合目あたり
まだまだアイスバーンは発生していません。これは、上部を狙える予感ですよ。

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー
チョコボール。「スイートコーン味」出ました。

10:50 再びハイクアップ中 御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー
山スキーだけじゃなくて、登山の人もたくさんいましたよ。この日はロープウェイの終点の登山届けだけで、31組103人もの人が御嶽山頂を目指していたらしい。(´∀` )すごい数です。

そういう意味では、春の山スキーシーズンなのかもですよ。

11:30 再び休憩中
御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー   
私は平日遊びすぎたためか、めちゃくちゃ体調悪くて、酸素不足で
(;´Д`)'`ァ'`ァ が、止まりませんでした。しくしく。

右上に石室山荘が見えていますね。 御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー

11:50 そして、この斜面の上部

ついに、(∩・∀・)キタ!アイスバーン!

同行のテレマーク2名はシール走行でバンバン登っていくのですが、私は全然ダメで。滑りまくり。もー無理ということで、一の池のちょっと上の安全地帯に下りることにしました。

そして、ボード組み2名は、「山頂!」にバンバン登っていきましたよ。
(ピークは関係ないとか言っていたのに、ピークハンターという認識ですよ。)

(;´Д`)あー。アイゼンとピッケルがあれば余裕なのに。

なんで、置いてきたんだ!と、後悔。

身の危険に アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ しても仕方ない。

スキー板をつけたまま、15mぐらいゆるいアイスバーンを滑落している人を目の前で見てビビリまくり。

とりあえず、安全地帯に移動・・と、

シールをつけたまま、ゆっくり移動していたんですけど。

アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

アタヽ(´Д`ヽ ミ ノ´Д`)ノフタ

その時。

やっぱりバランスを崩して、1の池方面に5mぐらい滑落?しちゃいました。
斜面はゆるかったんですけどね。

で、なんとかストックで止まって。

ふと、雪面を見ると、鮮血が。

なんと、私の指先は、アイスバーンの硬い氷で破壊され流血

山生活。虫にさされたことは、あったけど、流血は無かったのですけど。

そして、血は止まらず、
真っ白な雪面にポタポタと眩しく鮮血が輝きました。

(∩・∀・)ええ。

そして、なんとか安全地帯に移動して、
手持ちの救急セットの絆創膏で応急手当。

もー寒いし。キツかった。

絆創膏を通過し、インナー手袋を通過し、
アウター手袋から染み出る血。

(;´Д`)シクシク。

そういえば、クライミング相棒のまちゃこ

先日、ジムに通いすぎて、
手まめが潰れて流血してたっけ・・。(´∀` )

PUMP2ボルダリングエリアのEarth正面壁のホールドが
血で染まったらしい。

お。

と、いうことは。

血染めのwまさこ 誕生?

(´∀` )ええ。

そんなことまでwまさこにならなくて良いのですけどね・・。

12:30 そんなひとときの。
「御嶽一の池付近から乗鞍と穂高の山々の眺め。」
御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー   
美しかったです。(´∀` )ええ。
 

まだまだ・・追記は続く予定です。(´∀` ) 

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー  
こんな斜面を滑り降りてきました。雪の硬さもちょうど良くて、とても気持ちよく滑れました。

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー
下部はハーフパイプ状になっている箇所を堪能。(´∀`○).:+

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー
中央アルプスの奥には富士山まで見えていましたよ。

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー

御嶽山 黒沢口  バックカントリースキー  
女人堂付近より剣が峰エリアを眺める。

 ←blogランキングです。
押してくれると、ランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 23:36 | コメント (5) | トラックバック
2007年04月08日
 ■  小遠見山BC (一ノ背髪北尾根)

土曜日は久しぶりのBC。
おこじょーず(仮)の中で結成された?
「めんたいこーず」の初出撃。

遠見尾根から、八方尾根と五竜岳と鹿島槍を眺めて、ビシバシ滑ってきましたよ。

ヽ(*´∀`)<文章追記しましたよ。>(´∀`*)ノ

9:30 白馬47スキー場ゴンドラ乗り場

この日の白馬47スキー場はお祭り騒ぎ。「ヨンナカップ」というスノーボードの大会と、来期モデルのスノーボードの試乗会があって、テントブースがたくさんでていましたよ。フツーはリフトを3本乗り継いでゲレンデTOPに行けるのですが、この日は中間部のリフトが運休していたので、ゴンドラを使って最上部へ。
遠見尾根BC   
それにしても、ゲレンデには雪がばっちりありましたが、見えている斜面には雪が全くありませんよ。バックカントリースキーはできるのでしょうか?(´∀` )大変不安でありましたねー。

10:20 ゴンドラ+リフト2つをのりついで、ゲレンデ最上部。
遠見尾根BC
さて、本日の登りは、1時間程度と楽々だったり。


遠見尾根BC
途中、休憩もしましたが、時間が余っているので、小遠見山まで行くことにしましたよ。斜面のトラバースで多少緊張するところもありましたが、やっぱり以前までのアイゼン歩行やスノーシュー歩行よりも板にシールをつけての歩行のほうが安心感があります。(それは、長年ゲレンデでスキーを履いての急斜面に慣れていたためかもしれないです。)

五竜岳を目指す登山者とバックカントリースキーヤーが入り乱れ。

お天気が良いためか、それなりの人が登っていましたね。

11:50 小遠見山
遠見尾根BC  
多少雲は出てきたものの、素晴らしい眺めのひと時でしたね。


遠見尾根BC
このメンバーだと、写真を撮ってもらうのをお願いするのは、なんとなく言いづらかったのですけど(それはみんな記念写真を撮らないコばかりだったから)あまりにも素晴らしい景色だったので、記念写真をお願いしちゃいました。(´∀` )ええ。

そして、私は最近車中の忘れ物が激しいのですけど。

つい先日はゴア雨具の上を忘れてしまい。まちゃに預けっぱなし。なかなか会う機会が無かったので、昔着ていたゴア雨具の上を持ってきましたよ。(とても汚れていて、廃棄な気分だったのですが、この間NICKワックスで洗ったら、汚れがすべて綺麗に落ちて新品みたいになってました。(つ´∀`)つ驚きましたね。)


遠見尾根BC
鹿島槍。GWに狙っていたり。(´∀` )

そして、八方尾根の稜線や、五竜までの稜線や、鹿島槍の稜線を眺め、今まで歩いてきた、それぞれの縦走を思い出したりして、穂高エリアも好きだけど、このエリアも好きだなー。と、思い出したりしていましたよ。

12:30 滑降開始地点まで滑って移動。
遠見尾根BC
遠くには妙高や雨飾りあたりの山々が見えていましたよ。

遠見尾根BC
やっぱり、景色は仲間が歩いている姿があったほうが良いのですよね。

遠見尾根BC
滑る。しち。


遠見尾根BC
滑る。まやちゃん。(西原りえこフリークだったり。)


遠見尾根BC
山々を眺める。マターリ。(´∀` )

12:40 一ノ背髪北尾根滑降開始。
遠見尾根BC
最下部が藪になっているんじゃないかという不安もあり。そして、滑り出しがかなりの重雪だったという不安もありましたが、全員の総意により滑降開始ですよ。やっぱりゲレンデに戻るなんて詰まらないですからね。(´∀` )

遠見尾根BC
上を眺めれば八方尾根の稜線も見えるし。

遠見尾根BC
尾根の景色は素晴らしかった。

そして、今回は、私としては初の尾根滑り。細くなっているトコロは結構緊張しましたね。

雪は少なくなっているので、木の周りには大きな穴が開いていたりして、そういうところにひっかかって、

いわゆる・・

 「恥ずかしい格好」になってしまう人が

数名。 (´∀` )ええ。

下部の方は疎林の広いバーンで私はとても滑りやすかったな。(私は、○○よりも良いという、パウダースキー滑りの上達のために?均等加重を試してみたりしながら・・・快適でした。)
遠見尾根BC

15:30 平川が見えてきましたね。
遠見尾根BC

14:00 平川 1回目の渡渉
遠見尾根BC
ここが、このルートの最難関。前回しちが来た時は、平川は雪でカナーリ覆われていたそうなんですけど。雪解け水で川は増水気味だし。1箇所スキーブーツがかなり水に浸かったりしましたが、 ガルモントのブーツは多少の水では浸水しませんでしたね。(つ´∀`)つでも、カナーリビクビクでしたよ。数箇所ボルダーで鍛えた、「カウンターバランス」や「デットポイント」の技を使って河の石を渡ったことは言うまでもありません。(ギャグです・・)

そして、林道を、「ふきのとう」を採取しながら歩いたりして。
遠見尾根BC
林道は一部スキーで滑って移動できましたが、殆ど板を担いであるきましたね。結構長かったので、いつからは「ふきのとう」には見向きもせず、もくもくと歩くワタクシ達でしたよ。

15:20 平川 1回目の渡渉
遠見尾根BC
林道終点から、再び平川を渡って、白馬47スキー場の駐車場に戻りました。
駐車場の下の川からコンクリを登って現れる私達は一般スキーヤーから見たら相当アヤシイ人達だっただろうな。

15:25 白馬47スキー場駐車場

帰りは、白馬駅近くの「グリンデル」でご飯を食べて帰ったよ。

レポはこちらから↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007toumioneBC1.html

 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 00:37 | コメント (5) | トラックバック
2007年03月22日
 ■  十石山 BC の ダイジェスト
春分の日のお休みは、またまたバックカントリー。
白骨温泉エリアから、十石山の山頂を制圧してきましたよ。
とりあえず、ダイジェストですよ。 13:05 山頂エリア
十石山 バックカントリー   

穂高の山々と雪で埋まっている避難小屋十石山 バックカントリー

とても近くに見えている乗鞍岳。雄大でした。
十石山 バックカントリー

今回のメンバーは5人でしたよ。久しぶりの山頂集合写真。
いちばん左側がワタクシですよ。
十石山 バックカントリー
あまりにも、毎週のように関東から長野の山に通っているので、
「遠距離恋愛のようじゃない?」と、いう話になったんですけど。恋愛というなら、バックカントリーに、我々はLoveなのでしょう。

ボルダーやクライミングにもLove中ですけどね。


 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 01:24 | コメント (4) | トラックバック
2007年03月21日
 ■  猫岳 (夫婦松)まで BC

平湯温泉エリアはパウダーSnowがGETできる可能性の高いエリアですよ。

焼岳BCの翌日の日曜日。AM5時に起床した私は仲間を起こしまくり。
朝からどこへ行くのかネムネム検討会。
松本からわりと近くてプチなエリアということで、猫岳の夫婦松までのプチBCに決定ですよ。

9:00 久手牧場
私有地なのでマナーを守って入りましょう。
猫岳 夫婦松 バックカントリー   

猫岳 夫婦松 バックカントリー
樹林帯を抜け、林道に飛び出したあと、それなりの斜面ををガンガン登ります。


猫岳 夫婦松 バックカントリー  
牧場エリアは木が刈り取られているからオープンバーンなのです。でもスキー場感はありませんよ。(写真は平らなカンジばかりですが、斜度はありましたよ。)

猫岳 夫婦松 バックカントリー
再び樹林帯になりました。木にもこもこの雪が積もっているのが久し振りで嬉しい。そして、このあたりでたらたら斜面になってきたので。

11:20 夫婦松駐車場手前で終了
土曜日の焼岳BCでお腹いっぱいの我々はここで終了することに決定。
樹林の中の休憩をナチュラリスト並みに楽しみましたよ。

12:00
 滑降開始

猫岳 夫婦松 バックカントリー
もこもこのパウダーSnowで凄くふかふか。
軽い雪で楽しかったです。

猫岳 夫婦松 バックカントリー
牧場の有刺鉄線と、何故かたまーに出ているトゲトゲの枝に注意ですけれど、こんなカンジのミニオープンバーンがたくさんありましたよ。

快適なパウダーをバンバン下っていきましたよ。
猫岳 夫婦松 バックカントリー  
ここから左のほうの斜面を通って道路まで下りました。それなりの疎林となってましたよ。

12:30 久手牧場看板

お手軽BCは無事終了。

気温もぐっと下がったし。
この週末で、我々は再び冬がやってきたことを実感したのです。

まさに、Spring has come ならぬ。

Winter has come なのです。

冬が来た! 雪が来た! Powderが来た!

そして。

平湯温泉に入ったあと、さとみちゃんとミカちゃんも合流して、松本のイタメシ屋(ピエトロバルコーネ)で遅めのランチして帰りました。1人1600円でパンやサラダはバイキング形式。パスタ、ピザ、リゾットなどいろいろな種類が食べれて、とても美味しかった。5~6人で行くならとてもオススメなお店ですよ。

早めに自宅に帰れたので、ブログのUPも早めに終わって、早く寝れるかなーと思っていたのですが、自分で作成する焼岳レポに萌え萌えしていたので、結局寝たのはAM2時でした。(´∀` )


 ←blogランキングです。
押してくれたらランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 00:41 | コメント (2) | トラックバック
2007年03月18日
 ■  焼岳 BC
今週末は、釜トンを抜けて、焼岳でのバックカントリーと
平湯エリアの猫岳の夫婦松までのプチバックカントリー

2日連続の BC 激しくサイコウでした。
余韻に浸るあまり。メンバは月曜日もニヤつきがとまらないという認識ですよ。

そんなカンジで。焼岳のダイジェストから、どうぞ。写真いっぱいです。
(最近レポを作っていないのでダイジェストかどうかは微妙ですね。)

05:10 上高地第二駐車場よりタクシー
久しぶりの早朝出発に(;´Д`)'`ァ'`ァしていました。
山ではこんな出発時間は当たり前なんですけどね。

06:20 中の湯側釜トンネル入り口
今回の企画は焼岳でBCしたあとに、大正池付近でキャンプをするというもの。なので、バックカントリー装備+テント泊装備で荷物は巨大化+ゲキ重かったです。さらに、1名が水を作るのが面倒とか言って、3リットルぐらいの水を持ってくるし。(;´Д`)本人重過ぎるというので私が手に持って運んだんですけど。マジ疲れますよ。
雪のある山では、現地で水を作ることを激しく推奨だったり。

早朝のため、釜トンを走るトラックはそれほどでもなく、(;´Д`)'`ァ'`ァしながら、出口到着。


06:50 
上高地側、釜トン出口
右脇の道をしばらく歩き、スノーシェードあたりで、テント装備をデポして、沢へ下りました。

07:30 
沢渡り中
雪の上を注意しながら渡りましたよ。まだまだ薄暗いカンジでしたね。
焼岳 バックカントリー  

08:20 
尾根とりつき
焼岳 バックカントリー
樹林帯をバリバリと登ります。

10:10 
稜線に出ました。
このときのお天気はとっても良くて景色を堪能ですよ。
焼岳 バックカントリー  
前穂と奥穂。岳沢。

焼岳 バックカントリー
霞沢岳。 (お天気の良い日にリベンジしたいのですけどねー)

10:40 2200m(?)付近 (GPS後で確認するかも・・)
焼岳 バックカントリー
焼岳山頂エリアはピッケル&アイゼンの世界なので、途中まで行くことにしましたよ。左側の焼岳南峰?の途中までハイクアップ。

11:50 2300m付近(?)で終了
尾根TOPまで行こうとしていたのですが、天候悪化。ガスはでるし寒いし。で、斜面がアイスバーン化したところで、終了。斜面はかなりキツかったので、スコップで斜面を整地してレストエリアを作成しました。めちゃめちゃ寒かったですよ。
焼岳 バックカントリー

12:20 滑降開始。
斜面上部は激しいガスだったのですが、少し下ったところで天気は回復。快適な滑りをすることができました。おこじょの仲間は、「景色+俺様」よりも、イケている滑り写真を重視していますよ。
焼岳 バックカントリー

12:40 下堀沢。
状況が良かったので、今回は下堀沢を滑降することになった。これが素晴らしい景観で激しく萌えまくり。
焼岳 バックカントリー

焼岳 バックカントリー
岩と斜面が重なり合う景色は、まるで海外のバックカントリーエリアのようで。(海外BCは未経験ですが)やっぱり自分の足で登ってこんな景色を堪能できることがとても嬉しかったり。

焼岳 バックカントリー
そして、しち。まちゃ。すえ。の3名がイケている滑りでガンガン進んでいるのを後ろからスローな滑りで暖かくみまもるワタクシ。

そしたら・・なんか、3名が喋っているのが聞こえるんです。

「あんな滑りだと、POWDERの神様に失礼だ!」

(σ・∀・)σもしかして・・

それは、ワタクシの滑りのことでは?(゜∀゜)

(;´Д`)'`ァ'`ァ まぁ許してください。BC経験年数も滑りのレベルも違うのです。ええ。

焼岳 バックカントリー
と、そんなコトもありましたが。相変わらず景色は素晴らしく。途中砂防のための突堤を越えたりするのに注意したりしましたが、順調に沢沿いに飛び出し。来た道をサクサク戻りました。
焼岳 バックカントリー

13:40
 再び沢通過
行きもかなりビクビクだった、沢通過なのですけど、お昼になって気温も上昇。雪が積もっているところは融けまくり。さらにびくつきながら、沢を通過。なんとか水没しませんでしたよん。

14:30
 上高地側、釜トンネル出口
タクシー会社への連絡は、SBでもmovaでもなく、なんとFormaだけが有効だったですよ。今回の大正池キャンプは、全員の総意により、「やっぱりメンドクサイ。明日もBC。」ということになり、再び釜トンネルをすべての装備を持って戻ることに決定!。そういえば、なんか雪上キャンプ予定だったのに、旅行用のキャリーでザックを運んでいる人が1名。

焼岳 バックカントリー

14:50 中の湯側、釜トンネル出口にて終了。
タほとんど、無心で、釜トンの中をひたすら歩き。外がわりと暖かかったので手袋をしないで釜トンを歩いていたら手がめちゃ冷たくなって、さらに歩く速度がUPしていましたね。
焼岳 バックカントリー

結局この日はすえ亭にて、宴会&就寝。
すがき屋のうどんがまいうーでした。
テント泊宴会用のおつまみ&酒三昧でしたね。

次は、猫岳(夫婦松まで)に続きますよ。

詳細レポはこちらから↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007yakeBC1.html

←blogランキングです。
押してください!お願い!(´∀` )

投稿者 gogoalps : 23:41 | コメント (6) | トラックバック
2007年03月14日
 ■  乗鞍BC

3月11日(土)は乗鞍岳でBCしてました。

ゲレLikeなルートながらも。

早朝から雪がバンバン降っていて、パウダーを期待するもあまりの降りっぷりにビクビクするワタクシ。

その理由は、アウターの上を自宅に置いてきてしまったから。

山を何年もやっているのにそんな忘れ物は初めてですよ。(;´Д`)'`ァ'`ァ

予備の上着でなんとかなったんですけど。

で、そろそろ時間だというコトで、出発準備をしていると、お天気は良い感じになってきて、前日からの雪で、ゲレンデはノートラックを満喫する人で大混雑。

これは、バックカントリーエリアも期待できますよ。(´▽`)』なんて言いながら、リフトでニヤつく我々という認識ですよ。

ラッセルは心配ですけどね。


9:34
 第3リフトを降りたところから


リフトを降りたときにはルートはノートレースで今回は人数が少ないから、まじでーALLラッセル?と、びくついていましたが、3人組のチームが先行してくれたのでかなーり助かりましたよ。 乗鞍岳 バックカントリー
さらに、途中で、暴風雪の位ヶ原でテント泊をしていたMな人たちともすれ違いました。(先頭を歩いていた人は、元郎さんにそっくりで。間違えました。)

乗鞍岳 バックカントリー
『ゲレンデLikeなルートだよ』とは、聞いていたのですが、本当にそうですねー。ルートは見事に木が取り払われています。


で、ひたすらひたすら登っていたのですが。

なんだか2名の体調はいまいち。

一瞬お天気は良くなったのですが、吹き付ける冷風。顔が冷たい。ううう。

まーそれは良いとして、息が苦しくて、ひたすら、(;´Д`)'`ァ'`ァしていたのです。

私は前日、PUMP2で、ボルダーやルートをやりすぎちゃったかな。
1名はバイクで走り回りすぎちゃったかな。

まーとりあえず、遊びすぎなのでしょう。


11:20 位ヶ原直下にたどり着く。


登りきろうとした直前で斜面はアイスバーン。

位ヶ原あたりは激しく雪が吹き荒れていて眺望ゼロ。

これは行っても仕方ないというところで。

ここで休憩して、滑り降りることにしましたよ。

乗鞍岳 バックカントリー
寒かったですね。他のパーティもここでSTOPでしたね。



で、今回は人数が少なかったので、ワタクシの滑り降りる写真を撮影してもらいました。


ええ。(´∀` )



まじ、照れますよ。



ええ。(´∀` )

まじ、照れますよ。(くどいですね。)


乗鞍岳 バックカントリー
あら? 私の後ろにも雪しぶきが。まじですよ。マジマジ!(´∀` ) しち。撮影ありがとうございますよ。


そして、たまーにたるたるな斜面もありましたが、そこはスピード調整。


ゲレLikeなルートだったので、あっという間に滑り降りてしまった。ワタクシたち。


12:10 ゲレンデリターン。


もっとゆっくり滑っても良かったかな。


でも、

パウダーごちそうさま。 (´∀` )にやり。


そんなメールを1名が「すえ」に送りまくったところ、「すえ」我慢できず。


平日会社を休んでBCにお出かけすることにしたらしい。


パウダーは人の心を惑わせますね。

ええ。


←blogランキングです。
押してください!お願い!(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:59 | コメント (3) | トラックバック
2007年03月12日
 ■  おこじょムービー6 ハクノリ

大好評のおこじょムービーの6が早くも公開。

ハクノリ編ですよ。
ワタクシも登場していますよ。

まだまだBCヒヨッコだったワタクシは激しく、ゲレLikeなスロー滑りですけど。
最近は改善されているという認識ですよ。

よみがえるハクノリの思い出
あーまた、あのパウダースノーを滑りたい。

http://gogoalps.style.coocan.jp/OkoMov6_L.wmv

まちゃ作成ありがとう。


←blogランキングです。
押してもらえると、めちゃ嬉しいです。(´∀` )
投稿者 gogoalps : 00:23 | コメント (10) | トラックバック
2007年03月04日
 ■  御嶽山 プチBC 飯森ルート。 開田高原の蕎麦。 奈良井宿

今週土曜日は、

御嶽山の飯森ルートでプチBC。
開田高原の蕎麦。
奈良井宿の喫茶。

まったりしてきましたよ。(´▽`)なんだかんだで盛りだくさん。

メンバーは、まちゃ、しち、ミカ、私。


8:50 ゲレンデ最下部。

9:00 おんたけロープウェイを降りたところ。 標高2130の飯森高原駅。

御嶽山 BC 飯森
ゲレンデ最下部にいたときは、スーパー快晴Likeな青空が広がっていましたが、薄い雲がひろがってきて、あっという間に空は真っ白。(;´Д`)'`ァ'`ァ 今日はスーパー快晴の予感だったのに。まじで!

そして、樹林帯を抜け。ガンガン登りますよ。このルートは田の原口と異なって、登りがつづきます。平坦地は無しで、このときは下るのが楽しみだったのですけど。
御嶽山 BC 飯森
オープンバーンがでてきたところで、カチカチのアイスバーンがたびたび発生。シール歩行ではカナリきつかったので、初のスキーをはずしてのスキーブーツ歩行。キックステップを利かせながらビクビクしながら登ります。アイゼンはやっぱり持ってこないとダメですねー。

そして、たぶん8合目あたりで、平らな斜面に出たのですが、あたりはガスガスチラチラ雪は降ってくるしあまりにも状態が悪いので本日はココまでということですね。

10:50 カチカチ雪を滑り降ります。
御嶽山 BC 飯森

ボコボコしている上にアイスバーンなのでゲレンデよりも激しく滑りにくかった。結構怖い。
御嶽山 BC 飯森
こんなカンジの斜面を下って。後半はツリーラン。ツリー部分の雪は柔らかかったけど。
まだまだ苦手だな。

下り終わったところで、まちゃが言っていました。

「もう冬も終わりなのかな・・。寂しいよぅ」

私も同じような気持ちになりましたよ。おんたけエリアのBCは今年でおしまいかな。来年に期待ですよ。

長野北部エリアなどは残っていますけどね。
BCの予定はありますけどね。

また気温がぐっと下がって、雪が降らないかな。


そんなカンジで、ゲレンデに戻ってきたのは。

11:45


早めの撤退で、時間が余ってしまったので、さてどうしようかと。
とりあえず、お蕎麦の有名な。開田高原。

しち。お奨めのお蕎麦屋さんへゴーですよ。(´∀` )

開田高原 蕎麦

大目旅館 とうじそば1300円

ざるに盛られたお蕎麦を。
開田高原 蕎麦
ラクロスLikeな笊に入れて、しゃぶしゃぶのように汁の中で温めて食べるお蕎麦です。
開田高原 蕎麦
美味しかったですね。


さて、お次は。

木曽路は宿場町があるんですよね。

その1つ。

奈良井宿に立ち寄ってみました。

目的はヒーコーでも飲みながらまったりと話し込む。
お店をハケーン。(´∀` )
奈良井宿
かなめやさん。


これを頼みましたよ。
御嶽山 BC 飯森
五平餅=(5へー(´▽`)餅)と、ヒーコーのセットが550円。
めちゃお得で、まじ美味しかったですよ。

1階の中央には囲炉裏があったり、ストーブが暖かかったこのお店で2時間ぐらいも話しこんじゃいました。

そんなカンジでゆったりと過ぎていた午後の1日でしたね。


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:20 | コメント (7) | トラックバック
2007年02月28日
 ■  オージー向けに変化したニセコ。

さて、ニセコは2004年に来たときから変わっていたのです。

それは、オーストラリアのスキー好きな人のあいだで、
「ニセコの雪は素晴らしい。」と噂になっているから。

別荘を建てれば、オージーにゲキ売れ。地価は跳ね上がったらしい。
昨年11月にカンタス航空が千歳-ケアンズ直行便を就航!

海外のお客様向けに変わったニセコ。
ニセコに滞在する4人に1人はオージィだという。

ニセコのメインストリートはすっかりオージー向けなお店でいっぱいなのです。

こんなお店や。
ニセコ バックカントリースキー

こんなお店がたくさん。
ストリートを歩いていると、海外のスキー場に来た気分。ニセコ バックカントリースキー

ニセコ バックカントリースキー
両替屋まで。ありましたよ♪

ニセコ バックカントリースキー
コマーサルももちろん英語。(ニセコのパウダースノーはどう?)


ニセコ バックカントリースキー
100円うどん屋の看板も英語。(うどん屋なのにオージーで賑わっていました。)
セレブなみなさんでも安いほうがいいらしい?

ニセコ バックカントリースキー
うどん屋の壁にあった説明文も激しく英語ですよ。(´∀` )

ニセコ バックカントリースキー
ローカルルールももちろん英語版ありで。コースマップも英語版ありで。

1日目は前日から積もったそれなりの雪で、滑っているオージーが「It's paradise gerennde!」と楽しそうにいっていたのが印象に残ります。

オージーな人たちの滞在期間はおよそ10日間。日本のお客様よりゆったりまったり、大変な経済効果だそうですよ。そして、ニセコを味わったオージーな皆さんは白馬エリアにも流れてきているらしいです。

ガイアの夜明けでも特集されたらい。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview050222.html

そんな、時代の流れ。

ぜひ、2006年に閉鎖してしまった、ARAI MOUNTAIN をオージーに紹介して、お金持ちなセレブにARAIを買い取ってもらって再開させてほしいです。噂はウワサを呼ぶのです。英語が得意でコネのあるみなさん。よろしくですよ。

ニセコ バックカントリースキー
オサレホテルだったというウワサのARAIの施設。そして非圧雪バーン満載なコースのパウダーでBC三昧。セレブオージーにぴったりだという認識ですよ。

いつかは消えてしまうだろう。ARAIの紹介ページ。
http://allabout.co.jp/1/207781/1/product/207781.htm


←blogランキングです。
ランキングUPするとうれしいです。(´∀` )
ランキング下がるとツーウーです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (2) | トラックバック
2007年02月27日
 ■  ニセコ BC
土曜日から二泊三日でニセコに行っていましたよ。

今回は状況がよかったので、日曜日に1回。
月曜日に2回も山頂まで登ってプチBC。(´∀` )

お天気がサイコーだったのでニセコ山頂は360度。海まで見えるとは!

今回のメンバは、Dとイケ麺風後輩Kくん、KATSUと私の4人で。年に1度は行っている会社メンバとのスキー旅行なのでありますよ。なので一般人なので今回はBCは無理かなと思っていましたが、2日目の午後になって、いい加減我慢できなくなったワタクシは、「もー、私は一人で山頂に行く!(´∀` )」と、言ったら、折角なのでということで、メンバの全員が山頂までハイクアップ(15分ぐらい?)そして、最初は薄いモヤだったお天気は徐々にスーパーガスガス。でも雪はそれなりで、まーそれなりのBCで、花園エリアに帰還。

そして、3日目。朝からスーパー快晴だったので、またもや煮え煮え。いい加減我慢できなくなったワタクシは、「もー、私は一人で山頂に行く!(´∀` )」と、言ったら、さすがに一般人の会社メンバは「俺は行かない・・(´∀` )」と口々に。なので一人で山頂エリアからBCしちゃいました。写真は天気の良かった3日目を公開ですよ。スーパー快晴の激しい青。

9:34 ゲレンデトップより、ゲートを通過して、山頂へ向かいますよ。
ニセコ バックカントリースキー 
ニセコにはローカルルールというものがあります。それは、BCが盛んなこのエリアで、雪崩のおきやすい完全立ち入り区域を定めるとともに、毎日雪崩の起きる可能性を予測し、危険の少ない日は、ゲレンデからBCエリアに抜けるルートをOPENするというもの。このゲートには監視員の人が立っていて、気軽に山頂へ行かないように注意を促していましたよ。

ハイクアップ中。この写真のように、ザックに板を装着している人はごく少数で殆どの人が手持ちで板を担いでいました。シール歩行の人なんていませんでしたよ。(まぁお天気が良いのでアリだったのでしょう。)
ニセコ バックカントリースキー

9:46 稜線にでましたよ。
山頂はすぐそこなのですが、とりあえず左側のピークに登って景色を堪能。激しく人がたくさんいますねー。この人たちの半分ぐらいが、オージーな人なんですよ。どうもオーストラリアの人たちの間で口コミで、NISEKOの雪は最高!という話になっているみたいで、ゲレンデにも街にもオージーな人がたくさんて、気分は外国のゲレンデでした。
ニセコ バックカントリースキー

そして、山頂エリア。ゆるやかな稜線を歩いたらすぐ。
ニセコ バックカントリースキー

10:05 山頂エリア。奥に見えているのは避難小屋です。
ニセコ バックカントリースキー

ニセコはこんなにも海が近かったのですね。(´∀` )感動。
ニセコ バックカントリースキー

連なる山々。
ニセコ バックカントリースキー

羊蹄山と山頂碑。羊蹄山もBCできるのですよね。いつか滑りたいな。
ニセコ バックカントリースキー

そして、こんな斜面を降りましたよ。
ニセコ バックカントリースキー
さすがに土日の後なので、隙間なく滑った跡が残っていて、BC感は薄いです。でも山頂からすぐ降りたあたりは、まだまだフカフカの雪で楽しかったな。

10:30 花園エリアに帰ってきました。

そして、あまりにも楽しかったので。お昼集合の12時まで時間はたっぷりだったので、再びゲートを越えて山頂からBCをしてしまったワタクシですよ。

相変わらずお天気は良かったし。


今回はネタがたくさんあるので、また記事を載せますよ。

←blogランキングです。
よろ。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:53 | コメント (8) | トラックバック
2007年02月19日
 ■  御嶽山 BC

今週日曜日は御嶽山でBCしてきましたよ。(´∀` )

御嶽山は過去に2回、田の原口からのルートを歩いているので、
いつものBCより安心して滑れましたね。

そして、雄大な峰を滑降する喜び。BCは辞められません!!

土曜日の深夜に自宅を出発して。最初は雨だったんですけど、中央道は激しくぼたん雪が降っていて、大変なコトになっていました。
まちゃ殿運転ありがとうございました。

で、おんたけスキー場についてからも、ガスに覆われて、今週も眺望なし?と、思っていたのですが。

09:00
  
ゴンドラにておんたけスキー場TOP。樹林を少し下り。
09:10  田の原口より平らな参道を歩きます。
10:40  だんだんとガスが切れてお天気が良くなってきましたよ。

バックカントリー

 

バックカントリー

振り返り、田の原口方面を眺める。下界は雲海なようであります。
バックカントリー 

11:10  弱層テスト中。
雪はかなり硬く締まっていたので叩いても容易には崩れませんでした。

バックカントリー

休憩中。
バックカントリー 

11:30  森林限界超えたあたり。
バックカントリー 
バックカントリー バックカントリー

12:10  だんだんと傾斜を増す雪面。高度あげまくり。
バックカントリー バックカントリー 。

12:10  中央アルプスの峰たちが見えています。 萌えました。
バックカントリー

12:30  王滝山頂の建物が見えてきました。
バックカントリー 

13:10  王滝山頂到着。 

これより上の剣が峰エリアは激しく雪とガスが舞い上がっていてとても先へは進めませんでした。この時期にココに来れたのはとっても嬉しかったですよ。霧氷のついた獅子と石像は御嶽山ならでは。

バックカントリー 
山荘エリアから見えている岩山に登ってはしゃいでいる人が2名いましたね。
風を避けて神社の間で、しーめー&休憩&装備変更。寒かったです。

13:40  滑降開始。下りはかなり濃いガスに覆われてしまいました。

ガスの切れ目を狙って滑降。雪煙をまいあげているのは、しち。
バックカントリー
上部はパウダーとは言えませんが快適な斜面で。

イケている滑りを仲間たちが披露。

私も経験値UPにより今までで一番イケている滑りを披露できたという認識です。
(相変わらず自カメラでレポを作っているので私の滑降写真はありませんよ。)

そしてイケているように見せるためにスピードを出したのでバタバタと何度も転びまくりで。まだまだ修行が必要という認識です。

ガスの切れ目の青空。すえ。
バックカントリー 

テレマークのまや姫。
バックカントリー 
下部は、疎林のツリーランになっていましたね。

15:00  田の原口より御嶽山を見上げる。

一同萌えまくり。あまりにも快適なBCだったので、またルートを変えたりしながら来たいと話していましたよ。

バックカントリー 
御嶽山BC。素晴らしかった!

そして、ゲレンデに戻ったら気温が高かったせいかか、雪はかなりぐちゃぐちゃ。

駐車場に戻って、温泉に入ったあと猪豚丼を食べる。

帰ってきたばかりなのに、またBCに行きたくなっているワタクシですよ。(´∀` )

そして、今回の写真は全てNEWカメラのPENTAX Optio W20 で撮影したのですが、想像以上に良い出来ですね。ピクセルを4Mにしたというのもありますが。 

←blogランキングです。
最近なんだか・・(;´Д`)'`ァ'`ァですよ。

投稿者 gogoalps : 00:13 | コメント (9) | トラックバック
2007年02月16日
 ■  BC本 と きまぐれコンセプト

私が一緒に山スキーに行くメンバは「岳人」のBC特集記事を参考にしていることが多いのですよね。今年の岳人のBC特集は既に次の号に移り変わっていて(;´Д`)'`ァ'`ァしていたんですけど。

常駐先の近くのNSビルの本屋。
こじんまりとしているようで、山本充実。その他の本も充実。

SUBWAYでのお昼ごはんのついでについつい立ち寄り。

今日は、3人娘の載っている「山と渓谷」もチェック。
カラーで4頁も特集されているなんてスゴイです!!
(´∀` )おめでとうございます♪

で、BCの良い本を見つけちゃいましたよ。

ハイグレード山スキー 

16エリアから150ルートプラス実践ガイド39ルート。
地形図なので見やすく便利。

すべての山スキーヤー待望のルート図集。雪崩対策解説付き。

地形図の勉強もしないといけないし。
やることはいくらでもありますね。



で、山とは全然関係ないですが、もう1冊紹介。(実はこっちが本題だったり?)

週間漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」に載っている。
広告業界系4コマ漫画。「気まぐれコンセプト」のクロニクルという本が出ました。

1984年~2007年までの掲載内容を全て収録。
これを読まないとバブル前~バブル全盛~バブル終了~現在の日本のカルチャーは語れないという認識ですよ。気まぐれコンセプト クロニクル

1年ごとにその年に流行ったキーワード。 古いところでは「ウオーターフロント」とか、今は無き「六本木プリンス」とか・・それにまつわるネタが紹介されています。

本の最初のほうには、「白クマ広告社(電通?)」、「荒鷹エージェンシー(博報堂?)」、「カブト自動車」の3つの企業とそれに所属する社員の地位などが説明してあって、へー。(´∀` )がUPしますよ。

忘れてしまっている、その年に流行った用語などは、脚注が入っているので問題なし。

本の厚さは5cmぐらい。あまりにもぶ厚いので、持ち歩いて電車の中で読むのは無理ですよ。ボルダーのための筋トレにはなるかもしれませんね。

業界といっても、私の所属している業界とは違いますけどね。

 

バブル期の広告業界のあまりにもお下品な接待にビックリだったりしますけど。そういう自分とはまったく関係ない業界のオハナシは面白いものですよ。

ついつい、未だに、お昼ご飯に行く時に、「しーめー行こう!」といってしまうワタクシですよ。(´∀` )ええ。

「クロニクル」は英語でchronicle。 年代史という意味だそうです。

表紙を見て思うことは、1984年はPCも携帯電話も無く喫煙でなかったデスクが、今はノートPCと携帯でとてもクリーンになっていること。そういった時代の流れによる身の回りの変化が面白い。(もちろん私は1984は学生でしたし、社会人となって数年経った今はノートPCを作業場所に持ち歩く日々で、机の上は永久に増えていく資料が散乱ですけど。)

ぜひ本屋でちらり見してみてください。(漫画コーナーじゃない場所に置いてあります。)

←blogランキングです。
なーんか最近。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:21 | コメント (6) | トラックバック
2007年02月13日
 ■  安達太良山 くろがね小屋 プチBC 

今年で3回目の安達太良山のくろがね小屋。

暖かくて温泉つきでそしてゆったりしたとても良い小屋ですよ。
気がつけば今年で3回目になるんですよね。(´▽`)

天気予報どおり。ありえないぐらい真っ白な世界を満喫?してきましたよ。

コメントのお返事なかなか書いてなくてごめんなさい。

2月10日(土)雪

12:10 
あだたら高原スキー場ゴンドラTOPより出発

13:10 
山頂まであと半分といったところかな。最初は太陽がちらりしていたのですけど。
安達太良山 くろがね小屋

安達太良山 くろがね小屋
気がつけば激しく真っ白な世界。今回は総計7名。スキーチームが3名とスノーシューが4名でしたよ。

13:40 山頂到着。激しいえびの尻尾ができていますね。安達太良山 くろがね小屋

その後、ガスは激しくなって、スキーでちょっと滑ると後ろにいるメンバーが見えなくなるぐらい。これが未知の山だったら、撤退だったかもしれませんが、もう3回目なんですよね。

そして、バテ棒が激しくつきささるルート。

1回だけちょっとBCに適した滑りやすい斜面があったかな。激しくプチでしたけど。

本当は「鉄山」方面に下りたかったのですが、そこは合同チームというところで。仕方がない。

14:40 小屋直前の斜面。岩やブッシュが出まくりですね。安達太良山 くろがね小屋

15:05 小屋到着。石炭ストーブがとっても暖かいです。安達太良山 くろがね小屋
早速温泉を満喫して、いつものように宴会開始。

メニューは、すき焼きと、しめ鯖と、サーモンまりねと、超ゴーカでしたね。

そして、VDが近かったので、ビミョウにCHOCOが炸裂していましたね。
(接待品という認識ですよ。)

20:30 
2度目のお風呂に入ってから寝ました。20時代に寝るのはとっても久しぶり。日ごろの睡眠不足を山小屋で補うのは恒例。

2月11日(日)雪


朝、目覚めると1名が「阿波踊りの夢を見た・・。」と騒いでいましたよ。どうも寝る直前に去年の百遠征の時の、徳島空港での撮影写真を見たことが原因のようです。(いつまでもデジカメに古い画像を残さないでおいてください・・。)で、私はなぜか、中国のお祭りで披露される龍の踊りの夢を見ていました。まーどうでも良い話です。

これは、小屋番さんの作った、「ワカンスノーシュー」。

安達太良山 くろがね小屋
アイテム作り好きにはたまらない一品かも。ワカン以外の材料はすべて100均ショップで揃えたそうですよ。

08:10 小屋を出発

朝からやっぱり雪が降っていましたが、伊勢平はスキーでは平らすぎるので、予定どおり山頂を通って、ゲレンデに戻ることにしました。そして、この日も、太陽がちらり見えしていましたが、相変わらずのスーパーガスガスで景色なし。

(;´Д`)'`ァ'`ァ

せっかくNEWアイテムとしてGETしたPENTAX Optio W20 の景色写真が全く撮れず!(目的は雪山と沢での活躍のため、防水仕様というのが第一目的だったんですけどね。)デジカメの液晶画面で見た絵はかなり白飛びしていてイマイチだったのですが、家に帰ってPCに取り込んだ写真はまぁまぁでした。FinePixの激しいコントラスト写真が好きだったけど。まだ青空を撮っていないのでなんともいえないかな。

(;´Д`)'`ァ'`ァ

山頂までは行きませんでしたが、付近は激しい風となり、雪嵐の中で、スキーのシールを剥がすという大仕事もあったし。

とりあえず、やっぱり天気予報を見てから山に行ったほうがいいという認識ですよ。


11:10 ゴンドラ乗り場に到着。

強風のため、ゴンドラは止まっていた。ゲレ喫茶でまたーり大休憩してから、ゲレを滑って降りる。

BCとしては簡単なルートでしたが、小屋装備でもフツーに滑れてよかったかな。(´▽`)ええ。

16:40 猪苗代湖で白鳥観察
猪苗代湖 白鳥
期待していた白鳥は暖冬のためか、3匹しかいませんでしたよ。
一部のバレエ好きなメンバは「白鳥の湖」を妄想していたらしいです。(これはFinePixでサツエイ)

そして・・

次の日は、西吾妻山な予定だったのですが。

車中で見た会津の天気予報があまりにも悪かったので、買出しで立ち寄った「ヨークベニマル」で。一同の意見は一致した。

「帰ろう・・」 (;´Д`)'`ァ'`ァ 

天気予報のせいです。

その時間は、既に
18:00だったのですけど、

帰りの高速はとても順調で、23時ぐらいにはトーキョーに戻ってきましたよ。



2月12日(月)トーキョーは快晴。

前日。露天風呂の周りの石を使って、岩につかまる感触を楽しんでいたワタクシは。やっぱりボルダーという認識だったので、まちゃこと708に、「明日はボルダーです。(´▽`)」と、言っていたので、

15時ごろにPump2に集合。

そしたら・・

偶然にも、KuchakuchaさんとKazoooさんがいたので、激しく気分は高揚。

最初はボルダーエリアで、6級攻略。5級はやっぱり攻略不可。

カウンターバランスがいまいちできていない自分を認識。

そして・・

参加する人が私たちのチームぐらいしかいなかったので、初の「ボルダー道場」に参加。

レベルが高すぎて、ぜんぜん出来ませんでしたが、新しいムーブの型などを覚え(出来ませんが・・・)とっても参考になりました。いつもはデキル人たちでいっぱいのボルダー道場もたまには勇気を出して参加しようかと思いました。

19時ごろから、1階のルートエリア。

久々の、トップロープを使っての登り。

初めてPump2に来た時は、手足限定でのルートなんて(;´Д`)'`ァ'`ァというか無理だったんですけど。

ここは日ごろのボルダーの成果?

5.7、5.8は、余裕♪

5.9を2種類。まぁ・・・なんとか。(リードは無理)

早く外岩に出たいという認識ですよ。

(´▽`)ええ。


ちなみに、閉店ソングの「ラブイズオーバー」

悲しいけれど 終わりにしよう きりがないから ・・

できない課題をいつまでもいつまでも閉店が過ぎてもやりつづけてしまうお客。いい加減帰ってほしいというお店側の認識。

身につまされる歌詞という認識ですよ。


ブラックリストに載ってしまっては困るので、この日はさすがに20時50分には切り上げました。


そして、kuchakcuhaさんとkazoooさんにまたもやお世話になり、大変ありがとうです。


(最近山より充実するボルダーレポ?)

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:59 | コメント (11) | トラックバック
2007年02月05日
 ■  金山岩 BC

今週末日曜日は平湯温泉スキー場~金山岩。
無風快晴で素晴らしいお天気でしたよ。

とりあえず写真と時刻だけ公開ですよ。(´∀` )

<文章は後日追記しますね。>

8:40 平湯温泉スキー場ゲレンデTOP スタート。

9:50 樹林帯通過中。展望が開けました。
金山岩


四つ岳と猫岳
金山岩

 



12:20  金岩山頂は時間切れ。最後の急登を眺める。
金山岩

 


13:30  本日の最高地点。笠が岳と穂高の山々が見えています。平湯側から眺めると新鮮だったり。
金山岩

 


そして、滑降開始。
金山岩

 


傾斜が微妙でツリーが多すぎるので大変でしたよ。
金山岩

 

眺めはとてもよかったのですけどね。
金山岩

 



13:50  急登を下ったあたり。
金山岩

 


あいかわらず素晴らしい眺めでしたよ。

金山岩

 


14:30  ツリーラン中
金山岩

 


16:10  ゲレンデに戻ってきましたよ。
金山岩

 

詳細は後日追記しますね。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:04 | コメント (5) | トラックバック
2007年02月03日
 ■  BCスキー  装備増強 ①

滑る道具や登る道具は揃っていたけれど。
まだまだ揃えるものはたくさんありますよ。

で、本日、装備増強♪

買いましたよぉ。(´∀` )

ええ。

TRACKER  DTS (トラッカーDTS)
ビーコン

足跡マークがとってもカワユイ。ステキなデザイン。

デジタルビーコンの中ではもっともリーズナブルなお値段。

捜索範囲はちょっと狭いけれど、同一機種同士なら受信範囲は50m。
デュアルアンテナにより精度が高いらしい。初心者にも扱いやすいとか。

http://www.bcaccess.com/bca_products/tracker/index.php

というワケで、明日のBCに持っていきますよ。

ビーコンチェックの瞬間がめちゃもちゃ楽しみという認識ですよ。

ビーコンで。ビコーン♪ビコーン♪な瞬間。

埋没訓練もそのうちやりたいですね。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:04 | コメント (3) | トラックバック
2007年01月22日
 ■  白馬乗鞍 BC

通称「ハクノリ」に土曜日に行ってきましたよ。

栂池スキー場TOPより白馬乗鞍山頂ですよ。

良いお天気とめっちゃパウダースノーに大興奮。(´∀` )
激しく写真を公開ですよ。

今日は眠いのでとりあえず時間と写真のみ公開。
レポ的なハナシは後日追記します?

1月20日(土) 08:00 

栂池スキー場最下部よりゴンドラにのり、第三リフト脇よりハイクアップ開始。
白馬乗鞍 バックカントリースキー

10:40 天狗原下部にて弱層テスト中
白馬乗鞍 バックカントリースキー

11:20 白馬乗鞍岳ロックオンですよ。
白馬乗鞍 バックカントリースキー
そして、最初はゆるやかだった登りもだんだんと急坂。
かなーりみんなに遅れをとってしまいましたよ。

12:10 白馬乗鞍岳山頂部

白馬乗鞍 バックカントリースキー
ここまで来れたのは、天候、雪の状態、メンバなどさまざまな条件がすべてオケーだったからです。そして、無風のお天気にメンバの全員に「まさこさんは、BC2回目(プチは入れず・・)なのに、こんな良い条件の白馬乗鞍なんて贅沢だ!」って文句言われまくり。(´∀` )えへへへ。

白馬乗鞍 バックカントリースキー
鹿島槍方面の眺め。

12:40 景色を堪能&休憩した後、滑り開始。白馬乗鞍 バックカントリースキー
登っているときに激しく急坂を感じたので、とってもビビリな私だったり。

おこじょーず(仮)の仲間はイケている滑りを披露。
白馬乗鞍 バックカントリースキー
そして私も滑り出す。パウダーの感覚に絶叫!!!(この写真は仲間の1名で私ではないですよ。)ビクビク滑っていましたが、めっちゃ気持ちよいのです。パウダージャンキーになりそうな予感。

そして・・

12:50 我々は再度、白馬乗鞍を目指すことにした。
白馬乗鞍 バックカントリースキー
ハイクアップに1時間程度を予想。下りはかかっても10分ぐらい。十分帰れるという認識なのです。パウダージャンキーだから。こんなベストコンディションのときに1回滑るだけじゃ満足できないのですよ。

白馬乗鞍 バックカントリースキー
空の色は青くなって、全てのものがキラキラしている瞬間。

白馬乗鞍 バックカントリースキー
激しく萌えという認識ですよ。


白馬乗鞍 バックカントリースキー
登山道の○印が未だに見えていますね。雪は少ないのです。

13:40 白馬乗鞍山頂より一段下がった岩エリア
白馬乗鞍 バックカントリースキー白馬乗鞍 バックカントリースキー
滑り出し準備中。

そして、再び仲間が華麗なる滑りを披露。
白馬乗鞍 バックカントリースキー
仲間の1名ですよ。イケているという認識です。

そして、再び天狗原。

14:10 天狗原よりの下り
白馬乗鞍 バックカントリースキー白馬乗鞍 バックカントリースキー


白馬乗鞍 バックカントリースキー

15:00 栂池スキー場白馬乗鞍 バックカントリースキー
15:15 栂池スキー場ゴンドラ乗り場

その日はかわうその1名のお家にお邪魔して。宴会。

翌日は白馬コルチナスキー場で滑りまくって解散でした。


←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:17 | コメント (6) | トラックバック
2007年01月18日
 ■  ファースト・ディセント
アラスカ州にバルディーズというスノーボーダの聖地といえるBCエリアがある。
そこに世界を代表する5人のスノーボーダーが集まり、チームが結成された。
前人未踏の雪山で、BCボードを繰り広げるというドキュメンタリー映画。

めちゃもちゃ面白かったです。(´∀` )
お奨め度100%



ファースト・ディセント
 アラスカの雪山の景観が素晴らしく
(登る訳ではなくてヘリにて山頂に到達)

一般人は滑ることが不可能な急峻な
BCエリアで自由自在に回転したり

ワン・メイクなどの技を決めまくる姿は
信じられないぐらい素晴らしいの一言。

イケている音楽とともに繰り広げられるありえない映像の連続。


 

たまにCMや映画などで出てくる雪山スノーボード滑降のレベルを遥かに越えた信じられないライディングなのです。ルートの説明をするときも「xxxからxxに抜けて、途中に、亀裂または10数メートルの崖」があるから飛び越えて・・」と。ありえない指示。実際に危険箇所はジャンプで乗り切る。(´∀` )激しくハアハアしました。まじですよ。

そして、発祥してからまだ25年しか経っていないというスノーボードの歴史も紹介されていますよ。最初はサーファーたちが雪の上でも波乗りをしたいということから始まったらしい。そして徐々に改良が加えられて現在の形になったこと。 スケートボードとの技との関わり。

サブカルチャーとしてのスノーボード文化。日本でもスノーボードがマイナースポーツだった頃、スノーボードは「ガラが悪い」というイメージで、各スキー場から締め出しをくっていた時代があった。とってもガラの悪い人たちのトンでもないパフォーマンスビデオも紹介されています。(これもまたスゴイ)

ファースト・ディセント

そしてスノーボードが認められてオリンピック競技となったここ数年の盛り上がり。日本が出てくるシーンもチラホラ。

ファースト・ディセント

公式サイトでは、雪崩を避けて急斜面を滑り降りる姿のMOVIEが見れます。まさに世界を代表するトップスノーボーダのみがデキル技なのでしょう。
http://www.fd-movie.jp/                                         

滑っている人もスゴイけれどサツエイしている人たちも凄い。
そして撮影班はやっぱり機動力のあるスキーでしたね。

ファースト・ディセント 

さて、「ファースト・ディセント」とは、誰も滑ったことの無い斜面を「初滑降」するということ。

ボルダー用語で言えば「オンサイト」ですね。(´∀` )

登山技術全書「沢登り」に飽き足らず。登山技術全書「フリークライミング」を買ってしまったので、最近マニア用語が楽しくてしょうがないですよ。  

このサイトにも映画の説明が載っています。
http://www.music-lounge.jp/movie/firstdescent/index.html

マイナー映画なので上映している映画館は少ないですけど、ゼヒゼヒお奨めな映画です。

そして映画館で見るほうが雪山滑降の臨場感が素晴らしいという認識です。

バルディーズを滑っている人のサイトも見つけました。
http://www.k3.dion.ne.jp/~descent/05valdez/valdez-9.html
↑同じ人のサイトですけど、クレージラン。凄すぎる。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:10 | コメント (7) | トラックバック
2007年01月14日
 ■  根子岳 BC

コメントのお返事かけていなくてごめんなさい。
先週より、勤務地が西新宿エリアになったので、テンパリ中なのですよね。(´∀` )

さて、今週末日曜日は、IさんとSと、3名で根子岳にBCに行ってきましたよ。
今回はショートBCってことかな。でも山頂を制圧したのでとっても満足。

9:30 菅平 奥ダボススキー場TOP

ゲレンデトップにたどり着いた私は、目の前に広がる山と、真っ白な非圧雪バーンに萌えました。
ルートはとっても明白で。BC準備をしている人たちがたくさんいましたね。(´∀` )
根子岳 バックカントリー スキー
初代?相棒Sは初のBCなんですよねー。白馬乗鞍という話もあったのですが、やはり未経験。同行者にご迷惑をかけないために、BCレベル★1つの、根子岳をセレクトしたというワケですよ。

ヘリでのツアースキーを行っているというこのルート。ルートは滑り跡だらけで、ゲレ感に否めないものがありますけど。非常に登りやすくガンガン登っていきましたよ。トレーニングのためにも新雪エリアを狙ってトレースをつけていきます。
根子岳 バックカントリー スキー


11:10 山頂の樹氷エリアに萌えまくりなひととき。
根子岳 バックカントリー スキー


12:10 ついに、BCにて初山頂なのでありますよ!

やっぱり達成感の面から見てもBCでも山頂が重要だという認識は変わらないですよ。(´∀` )激しくオゥイエスという認識ですよ。

根子岳 バックカントリー スキー

最初はガスガスだった山頂も、トークをしながらダラダラとしていたら、徐々にガスが切れ、四阿山が姿を現しました。去年はパルコールエリアから攻めて、眺望やお天気はバッチりだったんですけど、たどり着けませんでしたね。
根子岳 バックカントリー スキー

そして、いつかは、滑走したいと考えている。浅間山。地温が高いので雪付きが悪くて、あっという間に板がボロボロになるらしく。今年はお預けなのかなー。(火山規制もあるしー。チャンスは少ないのですけどね。)根子岳 バックカントリー スキー

13:40 根子岳山頂よりいっきに新雪エリアを滑り降りる。

オープンバーンに萌えまくった瞬間ですよ。根子岳 バックカントリー スキー

そして、ゲレンデライクなエリアを滑り降りる。

2時間かけて登ったルートは、ちょこっと休憩したもののあっという間に終わりました。

初BCな1名が普段使わない筋肉がなんたらかんたら・・と激しく(;´Д`)'`ァ'`ァしていましたがシカトです。(´∀` )

14:30 ゲレンデトップ

まだまだBCでは見せ場の無いワタクシ。ここぞとばかりにイケている滑りをお披露目?

去年はスノーシューしか装備が無かったので、ゲレンデをつーうーになりながら、スノーシューで下山していたのがとっても懐かしく。

スキーの機動力に萌え萌えになりながら。

帰りは、真田十勇士で有名な、真田の湯に入って帰りました。

BC!(´∀` )オゥイエス!


←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:52 | コメント (9) | トラックバック
2007年01月09日
 ■  戸隠 プチBC

二つ玉低気圧で大荒れの2007年最初の3連休。

1日目は、戸隠の佐渡山BC&黒姫BC
2日目は、暴風雪の予報のため、
予定を変更し、戸隠スキー場で滑ってました。 (´∀` )

積雪不足のため、今回もプチなんですけどね。

1月6日(土)大橋駐車場より

8:30 大橋駐車場はガラガラで。車を停車していたのは、我々(おこじょーず(仮)+M)のチームの3台だけでしたよ。

そして、装備を整え、シール歩行で、大橋リ林道をひたすら歩きます。
佐渡山BC

激しく雪不足で、笹や低木が多すぎる。行けるところまで進みましたが、
沢を2,3回越えたあたりで終了。
佐渡山BC

プチBCはできたものの、モンモン、ムラムラしていた我々は、黒姫方面の偵察にでかけることにしましたよ。
黒姫方面は登山道があるので、快適にシール歩行ができましたよ。

ラッセルもほとんどなかったので、シール歩行が楽しすぎ!!

先頭切って、ガンガン登ってしまいました。えへへ。

11:50 新道分岐

12:40 平らなエリアに飛び出たところで、終了。

そして・・・。まやちゃんが、「たらこ」のぬいぐるみを3個ストラップにつけていたのですが、ちょっと多すぎるってことで、しちりんと私に1こづつくれたので、新チームが結成されましたよ。ええ。(´∀` )佐渡山BC

黒姫エリアは、登山道も広いし、ツリーランエリアも木がまばらなところが多く、わりと快適に滑れました。
(といいつつ、まだまだ山スキーではスーパーボーゲンな私。(汗))

テレマークなみなさまや、ボーダーなみなさまが、かっこよく霧氷の樹林帯を滑り降りる様はとっても萌え萌えだったという認識です。

佐渡山BC
この日は気温が高かったので、ほとんど雨雪。なにからなにまで(ゴアの雨具まで)びっしょりになってしまって、NIKWAX(ニクワックス? または、 ニワックス?)での、撥水力向上を真剣に検討しました。)ええ。


13:20 大橋駐車場から神告げ温泉へ。


16:18 戸隠キャンプ場(もちろん閉鎖。トイレだけOpenしてます。)テント設営完了。

6人なので、3テンだったんですけど。なんと真ん中のテントは内部がメッシュになっていたんです。(汗
戸隠キャンプ場

近くのオサレなお店「やまぼうし」で夕食を食べました。
費用対効果が?でしたけど、ケーキはおいしかったですよ。佐渡山BC

そして、夜の宴会では、恒例○○トークが繰り広げられたという噂。



1月7日(日)戸隠スキー場

朝、目覚めると、メッシュの隙間から入り込む雪で、真ん中テントの2名は雪まみれになっていたらしい。(゜∀゜)

そして、戸隠スキー場に移動。

前日から降り続いた雪のせいで、フカフカのパウダーを満喫。

そして、13時ごろより予報どおりの暴風雪。かなーり辛かったです。カッコよく滑ることよりも、吹雪でがんがん顔にあたる雪を避けることを優先して、もーなにがなんでも駐車場に戻りましたよ。ええ。

そして、車に戻ってきたんですけど。

なんと!なんと!なんと!

車の中に雪が積もっている!!!!

(;´Д`)'`ァ'`ァ


佐渡山BC

所有者自慢のオプション装備満載のジムニー君。

計器類も激しく雪まみれ!(゜∀゜)
佐渡山BC
1名が窓を中途半端に開けたまま、ゲロ・・いえ、ゲレスキーを楽しんでいたからです。

(;´Д`)'`ァ'`ァ

そして、当日午前解散の2名は、昨日と同じ「神告げ温泉」へ。

お湯に浸かりながら、窓から外を眺めると「暴風雪らしい、舞いっぷりでしたよ・・」戸隠スキー場

そして、戸隠は「お蕎麦」が有名なんです。

お店の駐車場より、徒歩で少し歩きます。

舞い降る雪のおかげで情緒あふれる町並みがすごく綺麗だったですよ。戸隠スキー場

戸隠スキー場

おこじょーず(仮)お奨めの、 「うずら家」というお蕎麦やさん。戸隠スキー場
イケている写真は撮れなかったのですが、めっちゃ美味しいお蕎麦でしたよ。

駐車場から雨具を着ないで歩いていたので、私の髪の毛がびみょーに、しっとりしていたのですけど、お店の人が気遣って「タオル」を貸してくれました。そんな気遣いがあり、内装もよかったし、味もめっちゃ美味しいという◎な店ですね。

そして、降雪のため、豊科から高速が通行止めだったので、松本空港方面に車は迂回し。

20:00 フツーの定食屋「金太郎」
戸隠スキー場
からあげ定食なのに、なぜか、「から揚げにかけるソース」がついているというのがポイントの店ですよ。ええ。



岡谷JCTあたりで、高速に復活。なんとか自宅についたのは01:30ごろでした。

高速通行止めになっていたワリには順調に帰れたという認識ですよ。


←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:00 | コメント (4) | トラックバック
2006年12月31日
 ■  妙高 プチBC
さて、妙高でプチBC(バックカントリー)スキーをやってきましたよ。

28日の夜から降り積もった雪のおかげで、フカフカのパウダーを満喫。

カキコのお返事かけなくてすみません。これからまた出かけるので。

とりあえずダイジェスト報告ということで。

1日目は関温泉という、ゲレンデの95%が圧雪なしの深雪スキー場。

10数年ぶりのスキー走行には最初つらかったですが、徐々に思い出すスキー滑り。

LASTの方はノリノリで滑っていました。

さて、2日目。ついに初BC(プチなんですけどね。)

妙高の赤倉観光スキー場。ゴンドラを乗り継ぎ。リフトで最高地点まで上がって、丸山を目指しましたよ。初スキーシール歩行はドキドキでしたが、いざ歩き始めると、スノーシューよりぜんぜん快適(板が沈まない)のでびっくりでしたよ。

10:10シールを板に張り付け。歩き始める。

深い雪の中を先頭を交代しながらずんずん進みました。
妙高BC

11:35 200mぐらいハイクアップしたところで終了。妙高BC


ツリーランの滑りはドキドキなため、・・・でしたね。
(でも転ばないで滑れましたよ。)
妙高BC
この写真で滑っているのは同行してくれたIさんですね。

12:50 ゲレンデに復帰。

滑りまくり。

妙高BC
ARAIスキー場。今年から営業しなくなってしまいました。
非圧雪エリアばかりのとっても貴重なスキー場だったという認識です。
どこかの企業の方、買い取って営業再開できるようにしてください。

初BCに付き合ってくれたみんな。ありがとう♪

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:58 | コメント (7) | トラックバック
2006年12月26日
 ■  ついに購入。装備が増えました!
BC(バックカントリー)のための装備を増やしましたよ。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

BCデビューに向けてモンモン悩んでいた日々。

スキーの滑りに限界が見えた私は、社会人数年目で、スノーボードに切り替えた。そして、ずーっと、ボード派だったんですけど数年前の西大巓での失態を考えると・・機動力や動作性能を考えると、どう考えても山スキーなんですよね。

日帰りの乗鞍あたりならともかく、ツアースキーなようなルートだと、ボードだと絶対同行者に迷惑をかけるだろう。

山ザックを背負って、さらにスノーシューを背負ってボードでバランスをとって滑るのは私には無理!無理!無理!去年のGWに知り合いが行っていた、白馬乗鞍~蓮華温泉~雪倉のようなルートはスキーしか考えられないんです!

だから、高いのはわかっていたんですけど、私にはスキーしかないという結論は決まっていたのであります。



さて、心を決めたら後は買うだけなんですよ。


先週木曜日に、出張時の打ち合わせが速く終わった。飲み会は19時からだったので、時間が余っていた。

ついつい「さかいやスポーツ」へと向かう足。いろいろ悩んでから買うはずだったんですけどー。

おねーさんの説明に負けました。(´∀` )

そして、板、ブーツ、ビンディング、シール、ストックと一通り購入。

トータル価格は13万5千円。まじでー。

高いです!かなりドキドキしました。(゜∇゜;)

というワケで、板はコレですよ。

ハーガン・ツアーカーブアルパイン
   ハーガン・ツアーカーブアルパイン

<商品の説明>
非常に操作性の良いスキーで、初心者から中級者向けのツーリングスキーです。モダンなトップやウエスト形状は垂直なラインをたどり、ツーリングの楽しみを保証します。

 ガルモント・G-ライト G-fit (Women's)

ガルモント・G-ライト G-fit (Women's)
ガルモントは山靴でも使っていますけど、スキーのメーカーだったとは。
気合の入った、熱整形インナーブーツ。'`ァ'`ァ(´▽`)

スキーは大学生のころ、スキー場でバイトするぐらい燃えていたんですけど、もう10年以上スキーはご無沙汰だったんですけどね。

滑れるのかなー。'`ァ'`ァ(´▽`)

きっと、体が覚えているのです。たぶん。

さて、山スキーのブーツの裏って、あのビブラムソールなんですね。
ということは、あんまり硬い地面をガンガン歩くと減りそうですね。

板もスキーもビンディングも一般スキーのものと比べてかなーり軽い。

そもそも需要の少ないものだから高いのは仕方がないのかも。

そして、シールを板にあわせる作業が意外にめんどくさいですね。

私が他の作業をやるという交換条件でダンナがやっていました。ええ。しかし、ダンナはいくら言っても板を担いで登るのはイヤだそうです。はー。

というワケで、今年最後の山関連お出かけは、BCとなる予定。
(ゲレンデ+プチBC)

相変わらず山には雪が少ないみたいですけどね


あまりにも滑れなかったら、ゲレンデをさまようだけになるかもしれません。

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:57 | コメント (9) | トラックバック