2009年01月14日
 ■  新雪の乾徳山

(∩・∀・)3連休はDの実家に行って
最終日だけ奥多摩の雪山低山ハイクしていました。

未公開だった2008年年末のヤマについて

新雪の乾徳山です。

2008年の年末。 予定が目白押しで、参加予定だった山行が休日出勤になってしまいキレそうでした。
そんなとき、P2に一緒に行ってもらっているNさんと意気投合!
Nさんの友人の1名と3人で乾徳山に行ってきました。

2008年12月23日

8:21 駐車場出発

サクサク上りますよ・・。

10:40 月見岩

11:14 岩場エリアが始まった。







クライミング風?(あくまでも風です。)

11:19 クサリ場が始まった


11:40 核心部の岩場

雪がついてなくて、凍ってなくてよかったです。

11:45 山頂!

ガスガスで眺望無いし寒いので早々に撤退することにした。


山頂からの撤退は、再び岩場炸裂で面白かった。





ライトアルパインな雰囲気♪(雰囲気だけです。)

そして、下りは下山道を使いました。

雪が積もったばかりの尾根はつるつるつるつる♪
めっちゃ雪に滑りながら下ったよ。
短距離シリセードが炸裂だったよ。

13:40 高原ヒュッテ

写真ではキレイに見えるとけどガラスとか割れていて使えそうもありません。

13:40 我らは道満尾根を選択した。

尾根は明瞭でわかりやすかった。





最後は落ち葉のふかふか道だった。

14:50 徳和集落まで降りてきた。


秋の終わりの集落を歩くひと時。


15:04 再び駐車場
なんだかんだで、のぼりも下りもALL違う道。
「ぐるりっぷだね~♪」といったら最近山を始めた2名はなんのことだか!?って、カンジでしたよ。ええ(´∀` )


そして、温泉好きの1名のお奨めで。
また、ほったらかし温泉に行ってしまった。


1名によると、ほったらかし温泉付近から見る夜景は、「新3大夜景の1つ」だそうである。

いろいろ妄想するオンナ1名。
そんな年末のひと時の山。
投稿者 gogoalps : 00:19 | コメント (5)
2008年11月26日
 ■  廻り目平から金峰山
(∩・∀・)ゆるり更新のはずが・・。

丹沢爆走記録にコメントいっぱいありがとうです。
で。

11月2日の金峰山のレポです。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008kinpu1.html

廻り目平キャンプ場

金峰山  

(∩・∀・)さてさて。どうなる。MMR.
ちなみに1回目の単独山歩きは2002年の8月木曽駒が岳でした。

投稿者 gogoalps : 02:05 | コメント (2)
2008年11月24日
 ■  ヤビツ峠~蛭が岳~大倉 Part1
(∩・∀・)3連休の1日目丹沢に行ってきました。

ひとり山歩き3回目。

11月22日(土)

7:35 秦野駅
秦野駅からヤビツ峠行きのバスにのる。3連休の初日でよいお天気ということもあり、
ありえないぐらい人がバス停に並んでいてびっくりした。
ギリギリに秦野駅に到着したのでどう考えても座れそうにないので、最初のバスで立ったままヤビツ峠到着。

8:20 ヤビツ峠出発
歩きなれた丹沢とはいえ、一人歩きはドキドキである。
わりとワカイ人たちのグループを見かけて、いいなー。と思いつつも。得意な平地は暴走。


8:30 富士見山荘
ここから塔の岳までは6.1km
 

近くてもなかなか行かなかった丹沢。優先度が低かったのですけど。
単独で来るとなるとやっぱり近くて安いほうがいい。そして最近冬になって澄んだ空気。
朝会社に行くとき丹沢がめっちゃ綺麗に見えていてムラムラしていたのですよね。

ヤビツ峠から相模湾
光輝く相模湾。

めちゃ、快調に登っていたら、追い抜かしたおじさんに「トレランですか?」って聞かれた。
トレランやりたいけれどそんなにスピードは出せないんですよね。
(∩・∀・)なので、ちょっと速い山歩きの人ぐらい・・という認識です。

9:20 三の塔
 

写真撮ってもらいました。
 
富士山の左側に白く輝く八ヶ岳っぽい峰峰が続きます。

9:40 烏尾山




10:10 書策小屋
書策小屋

10:20 新大日茶屋


10:30 木ノ又小屋
 


営業中(通年営業で定員は24名!)

10:45 塔の岳山頂!
 

わりと早く着いたつもりですが、山頂にはありえないぐらいたくさん人がいましたよ。
塔の岳山頂
で、早く着いたので予定どおり、丹沢山を往復することにしました。
単独だと休憩する気になれません。なので、シッカリと鹿の写真を撮影して。
尊仏山荘  
丹沢山への道へGOです。

(∩・∀・)丹沢山までは2.6kmらしい。


富士山の登山道が雪の中ラインがついて見えますね。

そして・・

11:40 丹沢山




みやま山荘も通年営業ですね。(∩・∀・)へー。
みやま山荘
この小屋は昔はプレハブだったのですが建て直されてめちゃ快適な小屋になっています。
http://miyamasansou.web.infoseek.co.jp/

初のしっかり休憩。20分。

ピント合っていませんがベーグルです。

ここで私は悩みました。「蛭が岳に行きたいけれど・・(∩・∀・)時間的にびみょー。」
でも、なんだかんだと出発する皆さんがいたので。つい私もいけるとこまで・・・。と。

11:55 GOしてしまいました。蛭が岳までは3.4km
 



12:20 休憩所

近くに水場があるようです。

12:25 不動の峰


12:45 鬼頭の頭

かなーり時間は押していますが。単独なので誰も私を止めません。(;´Д`)'`ァ'`ァ

そして突き進み!

13:15 蛭が岳 写真を撮ってもらいました。
 
小屋前でごろごろしている人たちがいっぱいいました。
丹沢に来ると寝転がっている人を見ることが多い気がします。

さすがに疲れたので、ベーグルを食べたりして休憩してから。

蛭が岳山頂でセルフ撮り。
 
ここまで来れたのが結構嬉しかったり。でも帰りが心配だわ。(;´Д`)むきゃー。

だんだんと富士山が雲まみれになってきた。
 


 

13:20 GO BACK 開始。

丹沢山へ向かう途中で、ワタクシのRICOH R7が再びお亡くなりになりました。
修理から帰ってきて使用1回目なのに。( ノД`)逝きすぎです。
購入1年経過していても同一箇所の修理だったら無料修理らしいのですが、修理の紙が見当たらないのでどうなることやら・・( ノД`)

というワケでここからはケイタイ写真。

日が短いのと雲が多くなってきたのでだんだん寒くなってきた。
ケータイの音楽を聴きながら、ひたすら帰り道を急ぎます。

14:30 蛭が岳2.2Km 丹沢山1.2km地点
15:00 丹沢山
 


かなーりもやもやしてきました。でもそんな景色を見ながら感動しているコたちがいました。

このコたちは小屋泊まりなんだろうな。
こんな時間でも、丹沢山や蛭が岳に向かって歩いている人たちがいっぱいいました。
装備がどう見てもテント泊?みたいな人も多かったのですが丹沢は幕営禁止ですよね。


15:40 尊仏山荘
尊仏山荘  
小屋の中は暖かそうで楽しそうにくつろいでいる人たちが窓越しに確認できました。
でも。私は急がなくては。
午前中の天気がウソのようにありえないぐらいガスっている塔の岳山頂を足早に通過する。


16:00 花立山荘
そして、だんだんと薄暗くなってきた。
途中で追い抜かした人に、「明るいうちに下れますかね・・?」って言われて、
(∩・∀・)ええ。ダイジョウブです!って言ったんですけど。

ちらほらと、ヘドランを装着している人が増えてきた。

堀山の家では外で薪をたいていて、お客さんいっぱいみたいだった。
大倉尾根の小屋はいつもお客さんいっぱいな気がする。

そして、ついに懐電歩行。

見晴し茶屋で「気をつけてねー」って声かけてもらった。

蛭が岳に行ってしまった自分への後悔と。
一応歩けてしまったという満足感と。
暗闇の中高速歩きは危険がいっぱい・・(ああ。ハセツネ)という心がぐるぐる廻ります。

そして。

「もういやだー!」って独り言連呼しつつ。

17:40 大倉
 
大倉尾根の下りはマジで凹みましたがコースタイムだったのですね。

ちょうど、同じぐらいにバス停に到着した二人組みが、「あー良かったバスあるじゃん!」って言ってました。(;´Д`)私も少しそう思いました。(山は近場でも計画的に!) 

そして、乗り込んだバスはそれなりに混雑。満員とはいきませんでしたが、かなり立っている人いましたよ。
みなさんこんな時間まで何やってるんですか!(;´Д`)'`ァ'`ァと思いました。

で、翌日は、乗鞍バックカントリーな予定だったのですが、
久し振りに歩きすぎて、ノースのBIOTEX装着だったけど膝をやられてしまい。
連休後半は静養休暇となってしまいました。

一緒に行くはずだった、みんな・・ご迷惑を。マジごめんなさい。

(∩・∀・)そんな感じで単独山歩き3回目(25km)終了。
丹沢はトレーニングにとっても最適ですね。ええ。
Part1と書いてあるのは、また逝くからです。蛭が岳往復はもうすこし足が丈夫になってからにする予定。

投稿者 gogoalps : 10:40 | コメント (11)
2008年11月19日
 ■  白峰三山縦走 3日目のレポ
(∩・∀・)えーと

週末(土曜日)は、城山でクライミングしていました。
あまりに景色が良すぎてビビリました。
翌日は雨予報のため久々にストマジでリード三昧。

白峰三山縦走 3日目のレポ

と。オマケネタ。 http://gogoalps.style.coocan.jp/2008siramine36.html





会社のネトオタの人が教えてくれたHP

ノートパソコンの上の猫

http://labaq.com/archives/51097606.html(らぼQ)
ああ。猫飼いたい。無理だけど。

最近シゴトが忙しくなったので。残業X時間ぐらいしかやっていなかったのが、XX時間になったのもあり。ヤケに疲れているのです。BBのせいかもしれませんが・・・・。なので自宅PCから遠ざかる日々。

レポ作成が滞っています。
ゆる更新ですが。たまに遊びに来てくださいね。

そして来月に迫るハーフマラソンの練習全然していないので。
とても不安です。(;´Д`)'`ァ'`ァ

今日は、後輩オトコ2名のグダグダ話を聞くために登戸の居酒屋さんに行ったのですが、ありえないぐらい安くて美味しい居酒屋でビクーリしました。平日OFF会とかしても良いご近所さんいたらメールください。
投稿者 gogoalps : 23:41 | コメント (4)
2008年11月12日
 ■  白峰三山縦走 2日目のレポ

(∩・∀・)ご無沙汰してすみません。

白峰三山のレポ2日目です。

おまけで。本日GETネタ。

2日目。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008siramine33.html

白峰三山縦走

今週末は急に寒くなったのと、シゴトが忙しかったのと遊びすぎの疲れが溜まって、
カゼ引いて寝まくりでした。

今日は入社5年目ぐらいで同じプロジェクトだったメンバが久し振りにヨコハマに集った。
和風ハワイアンという訳わからないコンセプトの店だったけど。まぁまぁだった。

横浜リゾートダイニング 楽一  
(ぐるなび評価の無い店はびびります。それはいつだったか新宿歌舞伎町の店がヤバかったから。)

皆さんお変わり無いようで。ハナシの合う人はいつ会っても久し振り感がありませんね。

i-Phoneを持っているコがいたので触らせてもらった。
UIのすごさにびっくりした。

そのとき出た、面白投稿サイト。[ケータイWatch]のコーナー

The クラッシュ。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/readers/crash/40499.html

ケータイやモバイルアイテムなどを不幸にも破壊してしまった人たちが
その状況を克明に綴る投稿コーナー。修理費用も解って参考になります。(´∀` )

今後、不幸にもケイタイを壊してしまったら、上記サイトに投稿してネタにしましょう。

ちょっと辛い出来事も。ネタサイトのおかげで。

( ´∀`)むきゃー!むきゅー!(のだめ風)

と、ならずに、

SOUSOUSOU(´∀` )HAHAHAHAHA!!

となるのです。

では。ごきげんよう。 相変わらずコメント返事書いてなくてすみません。

投稿者 gogoalps : 23:54 | コメント (0)
2008年10月31日
 ■  紅葉の武甲山
(∩・∀・)谷川南稜テラスの前日は。

武甲山だったのです。

お天気要因で眺望は少なかったけど。
アイテム満載の面白い山でした。 http://gogoalps.style.coocan.jp/2008bukkousan1.html

武甲山の石灰石

コメントの返事大変遅れていてごめんなさい。
明日はお出かけ準備で忙しいヨカン。
投稿者 gogoalps : 00:52 | コメント (0)
2008年10月22日
 ■  白峰三山縦走のレポ
(∩・∀・)なかなか更新しないのに遊びに来てくれてありがとう。

白峰三山縦走のレポできました。

レポの続きは別記事で。

1日目。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008siramine31.html

白峰三山縦走

では。ごきげんよう。

投稿者 gogoalps : 02:32 | コメント (0)
2008年10月15日
 ■  白峰三山縦走 ダイジェスト

(∩・∀・)ナナカマド。色づく秋。

白峰三山縦走に行ってきました。

blog更新してなくてスミマセン。
1眼レフの撮影画像はコンデジと縦横比が違うんですよね。
そのままにしていたのを修正しました。
フツーの人は気がつかなかったかな。

10月11日(土)
今日はネムイのでとりあえず写真だけ。 詳細は後日追加予定。
白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走  

10月12日(日)
白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走

白峰三山縦走  

10月13日(月)
白峰三山縦走  

白峰三山縦走  

白峰三山縦走

白峰三山縦走  
昔は一緒にバリバリテント泊縦走してくれていた友人も。
「最近山行っていないから、自信ない( ノД`)」ということで・・・

今回はラクラク小屋自炊縦走(シュラフ持参)

たまには小屋泊まりも良いかと思ったり。
おかげさまで、デジイチ 山デビュー完了。ヽ( ´∀`)ノ
投稿者 gogoalps : 00:45 | コメント (8)
2008年08月18日
 ■  木曽駒~空木縦走
(∩・∀・)先日のクイズ?(になってない・・)にコメントありがとう。

木曽駒~空木縦走
レポできました。 http://gogoalps.style.coocan.jp/2008kisoutugi1.html
東川岳




さて、お盆後半ですが北アのこんなところでサワサワしていました。
エメラルドブルーのすごい水量の水。
双六谷
結果は増水撤退なんですけどね。
( ノД`)しかも・・。たいしたことないところでテンパリ・・
太ももの内側の筋肉を傷めてしまったらしく。2~3週間山お預けな予定。

では、またblog書きますよ。
投稿者 gogoalps : 23:57 | コメント (0)
2008年08月12日
 ■  某所縦走

(∩・∀・)2008年お盆スペシャル?

どこを縦走したか当ててください。

8月10日(日)~11日(月)

10日(日) 6:00~12:30 ○○避難小屋泊

11日(月) 5:30~13:30 

   
朝。お泊りした避難小屋を望む。(´∀` )




もうすぐ。縦走路が繋がる。(つ´∀`)つ超嬉しい。


2003年の百名山50座目で泊まったヒュッテ。(´∀` )


池山尾根。○○の眺めが最高。(∩・∀・)
林道終点よりタクシーでバス停に戻る。

足並みが揃ったメンバだったので、写真をしっかり撮りながら縦走路を暴走しました。ほとんど休憩無し?小走り?そんなことはありませんよ。(´∀` )たぶん。

導入したTHE NORTH FACEのBIOTEX効果絶大かも。
南大沢のアウトレットで30%OFFだったのです。

どこを縦走したか?
簡単すぎ・・ ないみたいですね。( ノД`)

ヽ( ´∀`)ノお盆後半は北アの某沢でサワサワの予定。
お天気が超心配だ。

投稿者 gogoalps : 00:17 | コメント (7)
2008年07月23日
 ■  裏岩手縦走 3日目のレポ

(∩・∀・)裏岩手縦走

3日目が途中から公開になっていたので直しました。
朝からの3日目のレポを公開です。(最初から読んでくれば続きですけどね・・)
すみません。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate6.html


そして。縦走は終了した。 ページ数が7枚ぐらいのレポがあたりまえになってきたワタクシ。長いレポを読んでくれてありがとう。 読みたくない人は写真だけでもサラリと見てくださいね。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 22:18 | コメント (2)
 ■  裏岩手縦走 2日目のレポ

(∩・∀・)裏岩手縦走のレポ

2日目公開です。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate2.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北東北の山小屋を満喫しました。ヽ(  ´∀`)ノ

投稿者 gogoalps : 22:11 | コメント (0)
2008年07月19日
 ■  裏岩手縦走 1日目のレポ
(∩・∀・)今日の夜からお出かけですが。

裏岩手縦走のレポ。
1日目公開です。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2008uraiwate1.html

 

投稿者 gogoalps : 17:32 | コメント (2)
2008年07月12日
 ■  裏岩手縦走 (ダイジェスト)
(∩・∀・)ご無沙汰していました。
先週のおはなしですよ。

7月5日~7日で裏岩手縦走してきました。
ダイジェストです。

写真はまとめたのでレポはきっとすぐできるでしょう。 7月5日(土)

前夜初の夜行バスで盛岡駅に到着。
八幡平行きのバスを待つ間、徒歩10分ぐらい歩いてガストで暇をつぶしたり。盛岡城跡公園をうろうろしたりしましたよ。

それにしても、この岩手の観光キャンペーンのキャラクター「そばっち」可愛すぎる。スイカのペンギンの「さかがきちはる」さんのデザインらしい。萌え。

盛岡駅から八幡平までのバスは2時間ぐらい。めぐは八幡平未登頂なので、とりあえずぐるっとお池&山頂めぐりをしてから、いざ!裏岩手縦走路へ。
 
縦走路入り口までのアスファルトの両側のお花がすごかった。


このお花は東北の固有種なのかな。お花の名前。全然覚えてない。

この日のルートはとーっても平坦。途中にお池が3つあってそれぞれ全然違う雰囲気でよかった。
湿原が点在するだけあって道はところどころぬかるみや水溜りがすごかった。

大深山荘の先客は2組でした。4組ぐらいが泊まれるサイズの小屋です。
 
徒歩5分ぐらいの水場。



某blogで有名なアイテムをついに写真に収めましたよ。(∩・∀・)ええ。

 7月6日(日)
岩手山を目指す。この日はゆるーーーいアップダウンの連続。









黒倉山でやっと岩手山を確認!(お天気は良かったけどガスが濃かったので。)


ついに裏岩手山!LOCK ON!

硫黄が混ざった川沿いを過ぎて、お花畑から往復10分ぐらいのお釜池まで散策。

トルコブルーのキレイな池でした。

この後、「今日中に岩手山に登る!」と意気込んだ、フカ君と、
「まー登れたら登る!」という、ワタクシと。
「べつに明日でよい!」というメグメグの3チームに分離。

(;´Д`)'`ァ'`ァいいながら、不動平までの急登を登る。
このルートの唯一の急登だったかも。

途中で、雷がゴロゴロしてきたので、(雨は降らなかったけど)、
急いで登るのを終了し。景色を眺めて、今後の山生活についてグダグダ考えてから、不動平避難小屋のあまりのカワユイカンジに萌え萌えしていたら、メグが追いついてきた。

不動平避難小屋

めぐと2人で8合目避難小屋にたどりつき、フカ君と合流。

 
ジツはここの水場に置いてあったコップも・・(;´Д`)'`ァ'`ァ

7月7日(月) 七夕
朝日が昇った。ちょっと期待。ヽ( ´∀`)ノ
 

岩手山の山頂エリアにたどり着いたときは濃いガスだったのですが、ほとんど無風♪ (前回は強風に苦しめられましたから!)のため、お釜めぐりを1周+αしていたら・・

ガスは切れた。ヽ( ´∀`)ノ日ごろの行いのおかげです。(ベタ)



ちょっとだけ青空の岩手山山頂。(´∀` )

そして、裏岩手縦走をこの時期に選んだのは、「コマクサ」の大群落を見るためだという。

(∩・∀・)ええ。焼き走りルートに炸裂!していましたよ。


焼き走りの湯で じゃじゃ麺を食べて、休憩所で時間をつぶして盛岡駅に移動。
フカ君は新幹線で帰ったのですが。

オンナ2名は高速バス帰宅のため・・ふたたび。(´∀` )

じゃじゃめんの しにせ「白龍」

まいうーでした。焼き走りの湯のじゃじゃ麺と全然違う味でどっちも美味しかったので、また盛岡に来る機会があったら、他の店にも入りたいな。

そして、再び深夜高速バスで帰宅のため、いったん2名は別行動となり。
22時ごろ集合して居酒屋でカンパイ!

(∩・∀・)長すぎるフリータイムは別行動を推奨します。
投稿者 gogoalps : 15:03 | コメント (7)
2008年06月04日
 ■  ワナバの頭 (西丹沢バリ)
(∩・∀・)西丹沢のバリエーションルート

ワナバの頭

久し振りに新緑の丹沢に行きましたよ。
核心の「オオタギリ」は高度感あふれて素晴らしかった。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008wanaba1.html  

投稿者 gogoalps : 00:54 | コメント (3)
2008年04月29日
 ■  GW前半 唐松岳停滞3日間
(∩・∀・)GW前半戦 

メンバーは2名になってしまった。

唐松から五竜と縦走する予定だったのですけど。

4月27日~29日で唐松のテント場でひたすら停滞していました。
GWの唐松岳  
GW前半戦ということで、思ったより雪が多かったので、五竜への縦走路をビビリ撤退。
そして、27日がスーパーガスガスで。さらに翌日の28日の朝もスーパーガスガスだったので、下山しようか悩みましたが、天気が良くなることを期待して停滞を決め込んだ2名。

午前中は、ひたすら睡眠でしたが、午後にはこのとおり。
GWの唐松岳  

夕暮れの剣エリアの眺望を眺め。
GWの唐松岳  

翌日。29日の朝も再び山頂に立った。
GWの唐松岳  

唐松からの眺めは何度来ても素晴らしい。
GWの唐松岳  
白馬方面。

GWの唐松岳  

この後の尾根上の景色が素晴らしかったのですが、
ISO設定誤りで、写真は白とび。シクシク。

あまりにも早い時間に下山したので、すれちがう人たちと会話しまくり。
(∩・∀・)そして、バッタリ。msccのホリエさんとか。山おんなさんとか。写真家のKさんとか。

下山後。駐車場へ向かう道。こいのぼりと桜と白馬が眩しかったです。 GWの唐松岳
結構良い写真だと思ったり。 もっと高画質で撮ればよかったな。
3日間山を一緒に過ごしてくれた。Kumaちゃんありがとう。

本当は縦走の予定だったのですけどね。たまには停滞。残念○○ー♪
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 19:33 | コメント (6) | トラックバック
2008年03月29日
 ■  谷川天神尾根で雪洞のレポ
(∩・∀・)谷川天神尾根で雪洞のレポできました。

今回は、経験者に頼らず、自力で雪洞掘削。
いろいろ反省点がありました。
イグルーも大変気になりました。

広がる雪山泊のばりえーしょん。

天神尾根から見た、白毛門と笠が岳  
天神尾根から見た、白毛門と笠が岳。

(∩・∀・)レポはこちらから・・・でしゅよ。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008SnowCave1.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008SnowCave2.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008SnowCave3.html 

レポできました。
     ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 00:43 | コメント (3) | トラックバック
2008年03月18日
 ■  甲斐駒ケ岳・黒戸尾根と西岳のレポ
(∩・∀・)甲斐駒ケ岳・黒戸尾根(敗退!)と西岳のレポ

完成しましたよ。

◆甲斐駒ケ岳・黒戸尾根のラッセル敗退の記録です。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008kaikomaT.html

◆西岳の記録です。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008nishidake1.html


今週は北稜レポも公開予定です。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:45 | コメント (2) | トラックバック
2008年03月16日
 ■  谷川岳 天神尾根 雪洞!

(∩・∀・)谷川岳 天神尾根で雪洞作って遊んでいました。

めっちゃ良いお天気だったです。

3月15日(土)

谷川岳ロープウェイ終点より30分ぐらい上がったあたりで。
谷川岳 天神尾根で雪洞  
谷川はロープウェイ効果でちょっと上がっただけでとても素晴らしい景色。

我らはこの斜面を掘削することに決定した。
谷川岳 天神尾根で雪洞

前回のタカマタギのときと異なり、雪は結構硬かった。 谷川岳 天神尾根で雪洞

作業は難航を極め、トータル4時間ぐらいかかりましたよ。
すっかり夕暮れの谷川岳。(´∀` )カッコイイ。

谷川岳 天神尾根で雪洞  

雪洞は完成した!ヽ( ´∀`)ノ 6名が寝れるお部屋ですから。広いのです。
谷川岳 天神尾根で雪洞

宴会のメインはフカ君提供のキムチ鍋。
谷川岳 天神尾根で雪洞
雪洞の楽しみはスノーキャンドルですよね。
谷川岳 天神尾根で雪洞  

3月16日(日)

翌日、6名中4名が谷川山頂を目指した。ヽ( ´∀`)ノ
谷川岳 天神尾根で雪洞
山頂からの眺め。(´∀` )
谷川岳 天神尾根で雪洞

なんと!COTTONさんとバッタリ!

谷川岳 天神尾根で雪洞

お天気の良い谷川は。登山者と山スキー&ボーダーが入り乱れ。

谷川岳 天神尾根で雪洞
結構混んでいました。(´∀` )

祝日のお休みもふたたび谷川岳。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 21:08 | コメント (4) | トラックバック
2008年03月12日
 ■  聖平小屋~聖岳~易老渡 (2007年秋)
(∩・∀・)実は2008年秋のテカリ~聖のレポが途中だったのです。

今頃公開。

春が近づくこの頃に。
秋を思い出してください。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri6.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri7.html

 (∩・∀・)最初から読みたい人はココからです。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri1.html  

週末はたぶん谷川岳。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:54 | コメント (2) | トラックバック
 ■  阿弥陀岳北稜 (冬季アルパインデビュー!)
(∩・∀・)すっかり更新ご無沙汰してすみません。

土曜日に、無風快晴で冬季アルパインデビューしました。

ダイジェストです。

コメントのお返事も書きましたよ~♪

春一番の影響で撤退した2週間前。
その次の週も南アと八ヶ岳に行ったので足慣らしは万全だ。
そして。ついにやってきた・・。私のアルパインデビュー!

いきなり積雪期から始まってしまったという・・・。

行者小屋直前。朝日が眩しいです。 阿弥陀岳北稜
阿弥陀岳が木の隙間から見える。
阿弥陀岳北稜   

阿弥陀岳北稜
前回と同じように、中岳沢を途中まで詰めて、北稜に入りましたよ。

阿弥陀岳北稜

阿弥陀岳北稜
2P目の岩場。

阿弥陀岳北稜
同時に登っていた、他パーティの人たち。富士山が遠くに見えています。

阿弥陀岳北稜
もうすぐ山頂。

阿弥陀岳北稜
LASTの登りはザイルを出してもらってたのもあり。緊張感無い写真ですね~。

阿弥陀岳北稜  
阿弥陀岳山頂は無風快晴だった。(´∀` )

阿弥陀岳北稜
同行してくれた、msccの仲間たち。リーダーのPさんマジありがとうです。

阿弥陀山頂からの権現、編笠山。
阿弥陀岳北稜

中岳との中間のコルに降りる下りが結構緊張した。
下りが苦手な私には核心でしたよ。
阿弥陀岳北稜  

レポはこちら↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008amidaN11.html

同行してくれた。美都さんのblog

週末はたぶん谷川岳。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:55 | コメント (5) | トラックバック
2008年03月05日
 ■  2008年の安達太良山レポ その2

(∩・∀・)2008年の安達太良山レポは完結した。

ええ。

まぁご覧ください。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008adatara2.html

 blogランキング3位。ありがとうございます。(∩・∀・)しばらくコネタよりレポを優先する予定。
ヽ(  ´∀`)ノ車所有で気の合う山仲間が欲しい人はメールください。
   ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 23:05 | コメント (5) | トラックバック
2008年03月02日
 ■  黒戸尾根と西岳のダイジェスト

(∩・∀・)週末は、黒戸尾根(予想通りラッセル敗退!)と
転進して、八ヶ岳の西岳に行ってきました。

ダイジェストですよん。

3月1日(土)

か会のお友達と七丈小屋泊まり予定で黒戸尾根。
最初は先行者のラッセル跡でさくさく登っていたのですが。
刃渡り手前でラッセル時間終了。 黒戸尾根
目的の小屋にはたどり着けなかったけれど、思う存分ラッセル&雪道歩きが楽しかった。

黒戸尾根  
我らはリベンジを誓い合い、小屋宴会のために用意し担ぎ上げた食材を道の駅で消費した。

七丈小屋は毎週末営業しているそうなのですが、こんなカンジで誰も七丈小屋にたどり着かない冬の週末は多そうだ。

3月2日(日)
そして、やっぱり山頂にたどりつけそうな山ということで、翌日我らは八ヶ岳の西岳を選択した!

単独の先行者はキレイなおねーさんだった。(びっくりしましたよ。)

そして、森林限界をすぎたところで、先行者のトレースは消えた。

スノーシュー部隊が先行し、ツボ足の2名は雪に埋もれないように這うようにしてラッセルしましたよ。

西岳

そして、久し振りの長野エリアの山頂雪山GET! やっぱり眺望のある雪山は良い。
西岳

西岳
久し振りに2日で2山を登る楽しさを味わいましたよ。

そういえば、会社の同僚が私のblogを読んで、「ラッセルって楽しいのですか?」と聞いてきた。

ラッセルは2番手がメインですけれども、たまーに先頭を頑張って進んだとき、
振り返って自分のトレースを確認したり、
全員が自分の後ろを行列して歩いていたりするのが結構楽しいことが判明しました。

ラッセルよりも眺望のある雪山がいちばん好きです。

そんなカンジでダイジェストでした。ヽ( ´∀`)ノ

レポはこちらから↓
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008nishidake1.html

山レポが好評すぎます。来週もたぶん八ヶ岳。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 22:48 | コメント (3) | トラックバック
2008年02月28日
 ■  2008年の安達太良山レポ その1
(∩・∀・)安達太良山に最初訪れたのは2003年の夏だった。
それはとんでもない土砂降りの日だった。

2005年から始まった冬のくろがね小屋での定例宴会。
何度も通っているのに全然晴れない山頂。

しかし。ついに!

ヽ( ´∀`)ノまぁご覧ください。1ページのみ完成です。
http://gogoalps.style.coocan.jp/2008adatara1.html

 みなさん、山レポと旅レポのランキングクリック格差が激しいです。
(∩・∀・)旅レポの興味無さがランキングにバリ現れまくり!まくり!となっています。ヽ(  ´∀`)ノ
なので、平日深夜のHP作成は控えていたのですが。ちょっとだけサービス。

   ←blogランキング。押して欲しいな。   

投稿者 gogoalps : 01:17 | コメント (7) | トラックバック
2008年02月11日
 ■  バッタリ×2 安達太良山

(∩・∀・)3連休は。

毎年恒例!安達太良山のくろがね小屋に泊まってきました。

そして。バッタリ×2。ヽ( ´∀`)ノ

ダイジェスト!!

いきなり。小屋前の写真から。
(∩・∀・)MMR オールスターズ勢ぞろい~!!
安達太良山

1日目。やっとやっと!晴れた山頂。
安達太良山
そして、登りはじめから、もしかしてあの二人は?と、思っていたんですよ。

そう。それは、TiCAさんたちだったのです。きゃー!

安達太良山5回目にして、初の眺望ある晴れた山頂よりも。
バッタリ!に興奮するワタクシ。

そして、このとき。もう1組のバッタリが山頂岩場に控えていたとは。

それは・・。
安達太良山

小屋に到着して、TiCAさんたちとトークしていたら。
なーんと、三脚マンさんたちが!現れたぁ。ヽ( ´∀`)ノ

安達太良山
楽しくトーク&写真撮影大会の後、去っていく三脚マンさんたち。
くろがね小屋の窓から撮影。

そして・・

くろがね小屋の目的といえば。

やっぱり。

温泉!最高。

安達太良山

宴会!ヽ( ´∀`)ノ最高。 安達太良山
900グラムウィンナーは2日目の朝に半分ほど食べつくされたらしい。
(私は睡眠が楽しくて、みんながウィンナーを食べている頃は、寝ていました。)
今回は久々のオールスターズのため、宴会食料が激しかったという。

久々に山レポ。ランキングギリギリなわたくし。
   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 10:55 | コメント (7) | トラックバック
2007年12月18日
 ■  浜石岳~さった峠のレポ
(∩・∀・)久し振りにソッコーレポ作成。

ゆるゆる登山レポなので。
食べものばっかりになってますけど。

浜石岳~さった峠のレポ

浜石岳    
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007hamaishi1.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007hamaishi2.html
↑ココからリンクですよ。 なんだかディリーポータル風になってしまったかも。

何故かLASTは静岡の夜景で締めくくる。
(∩・∀・)山blogなのにスミマセン。


   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 23:28 | コメント (8) | トラックバック
2007年12月16日
 ■  浜石岳
(∩・∀・)青春18切符を使って
静岡の浜石岳~さった峠を歩いてきました。

ゆるゆる登山のお楽しみは、アフターにあるのです。 クライミング(最近控えめだけど。)とかアイスにチャレンジしたりしているので
ゆるい登山に興味が無いとMGが勘違いしていたみたいですけど。

そんなコト無いですよ。

土曜日は、MG企画で静岡の浜石岳~さった峠を歩いてきました。
浜石岳   

下山後のお楽しみは漁港にて桜海老のかきあげ丼。
浜石岳  
その後、静岡駅まで遠征しておでんを食べたという・・。ネタ盛りだくさん。

とりあえずダイジェスト。


   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:07 | コメント (0) | トラックバック
2007年11月29日
 ■  光小屋~茶臼岳~上河内岳~聖平小屋

(∩・∀・)さて。

南ア南部2泊3日縦走の2日目。
稜線歩きが素晴らしかった。秋の1日。

もう。北アルプスはすっかり冬なんですけどね。

2日目後半。スーパー快晴過ぎる景色と。Newカメラ効果で写真撮りすぎで。
写真を選ぶのが大変でした
聖岳、赤石岳、悪沢岳を望む  
眺めの良い稜線歩きの時間はゆっくりと過ぎていきました。 
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri3.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri4.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri5.html
↑ココからリンクですよ。



   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:13 | コメント (2) | トラックバック
2007年11月14日
 ■  易老渡→光岳

(∩・∀・)南ア南部縦走1日目。

レポ公開。

 

光岳を望む  
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri1.html
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tekari-hijiri2.html
↑ココからリンクですよ。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 14:04 | コメント (3) | トラックバック
2007年11月06日
 ■  南ア南部 2泊3日 その2
blogのアクセス数がやけに多かったので
写真追加しましたよ。

(∩・∀・)ええ。

空。いろいろ。

1日目の夕方

激しい夕焼けの空。光岳山頂付近 聖岳・テカリ岳

2日目の

帯状の雲が横に広がる空。  
聖岳・テカリ岳   
テカリから易老岳へ向かい中の展望台にて。

快晴の空。
聖岳・テカリ岳
上河内岳(かみこうちだけ)山頂

3日目
聖岳・テカリ岳    
Kumaちゃん撮影。今回のワタクシのBestShot! 奥聖岳山頂にて。

流れるような雲。

どこのお山かは。 もうみなさん解っていますよね。
テカリ~聖でした。

blogのお返事あともうすこしだ・・。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 23:43 | コメント (6) | トラックバック
2007年11月05日
 ■  南ア南部 2泊3日縦走!

(∩・∀・)今週末は11月なので
南ア南部 2泊3日縦走イッテきました。

ALL避難小屋泊まり。
水があるのか、凍り付いていないのか?
とても心配だったけど。

素晴らしい稜線歩きが楽しめて良かったです。

とりあえず写真だけ。バンバン貼りました。

そして。(´∀` )

Newカメラ買っちゃいました。 Caplio R7

本当は一眼レフとかGRとか悩んだのですが。
やっぱり私には機動力のあるカメラが向いている。

広角28m~200mのワイドズームレンズが特徴ですよ。
誰かさんと同じで、買って直に説明書読まずに山に持ち出し。(´∀` ) 聖岳・テカリ岳

2日目の稜線歩き中の景色ですよ。(´∀` )
聖岳・テカリ岳    
   
   
聖岳・テカリ岳    
   

3日目の山頂目指し中のPhoto
聖岳・テカリ岳   

そして山頂エリア。山名解りますよね。
聖岳・テカリ岳   
聖岳・テカリ岳
最高9倍ズームもついているのです。  (∩・∀・)ええ。
聖岳・テカリ岳   
今回は、いつも沢で使っている防水カメラを併用しましたが、
PCに取り込んで、画像処理してみて、やっぱりNewカメラの写真のほうが断然イイ!

どこのお山に行ったかは後日。追記予定。

blogのお返事書きますね。(´∀` )

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:49 | コメント (4) | トラックバック
2007年10月30日
 ■  阿曽原温泉~水平道~欅平

(∩・∀・)さて。

北ア3泊4日縦走の

感動のフィナーレ?

豪雨の水平道の衝撃。

別に修行しにいったワケじゃないんです。 雨の水平道  
① http://gogoalps.style.coocan.jp/2007suihei1.html
② http://gogoalps.style.coocan.jp/2007suihei2.html 
③ 
http://gogoalps.style.coocan.jp/2007suihei3.html
  ↑ココからリンクですよ。


   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:25 | コメント (17) | トラックバック
2007年10月23日
 ■  真砂沢小屋~仙人池~阿曽原温泉

(∩・∀・)さて。ナメラ沢のダイジェストの文章も残ってますけど。
引き続き、北ア縦走を。 お返事かいてなくてスミマセン。

阿曽原温泉まで完成ですよ!! 

いっきにプラス4ページ大公開!!

池の平山  
① http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sennin1.html 
② http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sennin2.html 
③ http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sennin3.html 
④ http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sennin4.html 
⑤ http://gogoalps.style.coocan.jp/2007sennin5.html 

  ↑ココからリンクですよ。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:08 | コメント (9) | トラックバック
2007年10月18日
 ■  剣沢雪渓~真砂沢小屋 その1、その2
(∩・∀・)めっちゃ小出しでスミマセン。

剣沢雪渓を下り~真砂沢ヒュッテまで!

今日はT-wall 錦糸町店に行ってきました。
P2もそろそろ行かないと。

剣沢雪渓  
③ http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tsurugi3.html
④ http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tsurugi4.html
  ↑ココからリンクですよ。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:52 | コメント (4) | トラックバック
2007年10月13日
 ■  早月尾根~剣山荘
(∩・∀・)2日目の中盤まで。

小出しという認識です。
だんだんとお天気が良くなってきます。

剣岳とイワシ雲  
① http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tsurugi1.html
② http://gogoalps.style.coocan.jp/2007tsurugi2.html
  ↑ココからリンクですよ。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:26 | コメント (3) | トラックバック
2007年10月10日
 ■  早月尾根

(∩・∀・)久し振りにダイジェストではなく
最初からレポを作りましたよ。

まだまだ1日目。長ぁああいレポになる予感。

早月尾根のどんぐり

http://gogoalps.style.coocan.jp/2007hayatsuki.html
↑ココからリンクですよ。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 23:58 | コメント (8) | トラックバック
2007年10月09日
 ■  北ア北部3泊4日縦走
(∩・∀・)行ってきました。

仙人池   
オンナ2名でカワユク?縦走なハズが・・
日に日にルートの難易度がUPしまくり。(´∀` )
最終日は大雨のせいで・・。(゜⊿゜)


   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 08:17 | コメント (5) | トラックバック
2007年10月01日
 ■  ナイトハイク
(∩・∀・)土曜日の夜はナイトハイク。
恒例。高尾山

9月29日(土)  

前々から気になっていた某沢中心サークルに入会しました。
目的はもちろん自分のレベルアップのため。

仲間内での沢歩きも大好きだけど、やっぱり長年沢をやっている人の豊富な知識などをいろいろ身につけたいのです。

で、木曜日にMLに登録してもらって、今週末はたまたま用事が無かったので
ヒマだ・・と思っていましたが。

展開早く・・ビアマウント企画。

18時に京王高尾山口駅に集合し、ケーブルカーで移動。

高尾ビアマウントの営業は9月30日までで、雨で寒かったのためか?

全く並ばずにビア会場へIN。夜景がやけに綺麗だった。
高尾ビアマウント

そして新事実!

(∩・∀・)高尾ビアマウントが、世界のミシュランで★★★って本当ですか?

高尾ビアマウント

意外に女性の方が多くて嬉しかったり♪
高尾ビアマウント  なんか囲まれているPTさん。


20:40 ナイトハイクに出発です。目的地はもちろーんあの場所。
高尾ビアマウント
高尾ビアマウント  ケーブルカーの高尾山口では自動販売機のジュースの値段は150円だった。

21:20 高尾山山頂。
高尾ビアマウント
高尾ビアマウント ジュースは160円に値上がりしていた。(´∀` )


(∩・∀・)別に、ジュースの値段を調査しに行ったワケではないのですけどね。

下りは6号路( びわ滝コース )を使ったので前回よりも少しだけレベルアップ?


そして、高尾山口集合のMRMさんの車に4人が乗車

一路東北道へ向かったのである。 


そして、翌日の9月30日(日)

「沢のおもちゃ箱」ひっくり返した様な」
・・と、
「岳人7月号」に紹介されていたこの沢で。

前川大滝沢  

遊びまくって来ました♪。初の沢泳ぎもちょっとだけ。
前川大滝沢  
(∩・∀・)乞う!ご期待。


山Blogerアンケート実施中!
この記事の作成時間は1時間半ぐらいかな。

   ←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:32 | コメント (5) | トラックバック
2007年09月19日
 ■  八ヶ岳2日間(その3)

(∩・∀・)さて。ダイジェスト最終回。

blogランキングめっちゃ上がった。
ありがとうございます。

6:30 中山山頂

遠くに見えるのは、本日目指す蓼科山。
八ヶ岳 全山縦走?   
この計画をU-DONが立てたとき、あまり自分でしっかり調べていませんでした。

だけど、参加することを決めて、コースタイムを見て、 (゜∇゜;)マジでー! 
って、思った。

それは、魅惑の? 15時間半×2日間だったのです。

テント泊装備で大体コースタイムで歩けるから、小屋泊ならそれなりにと、思うところはあるけれど。

1日目は、大休憩をたくさんとっていて、合計3時間近くもあったから暗闇になったけど、コースタイム的には問題なかった。

トレイルランの人たちは、編笠~蓼科山をヨユーで1日で駆け抜けるらしい。
(彼らは我々とは違う・・)

しかし・・。

7:35 高見石小屋
八ヶ岳 全山縦走?
ここは、小屋泊まりをすると、朝ごはんのときに、リスがテラスに遊びに来るのを観察できますよ。

大休憩をしながら、朝お弁当を食べたというのに、お昼ご飯分のお弁当を半分ぐらい食べちゃいました。

そして。買ってないけど。バッチがカワユかったですよ。(´∀`○).:+

八ヶ岳 全山縦走?


八ヶ岳 全山縦走?  
クロスカントリースキーのイベントとかもやっている小屋ですね。

そして、再び樹林帯をひたすら歩く。
八ヶ岳 全山縦走?
こういう、ふかふかの道もあれば。

岩がごろごろしていて、しかも苔で滑りやすい道もあって、かなーり注意しながら歩いていました。

そして、やっぱり前日15時間近く歩いていたので、なんとなーくヒザが気になったりして。

(∩・∀・) ペースダウン。

9:00 麦草峠 ここは、日本最高所の国道がある場所。
八ヶ岳 全山縦走?
我々は、国道に向かって歩いていった。

国道には車がひっきりなしにスゴイ勢いで走っていた!

(∩・∀・)我々は思った・・

こんな、車がたくさん走っている道は渡れない!(゜∇゜;)

・・と、いうのは、ウソです。 (・∀・∩) ええ。

R299で改めてコースタイムから終了時間を予測していたら、みるみる縞枯山の周りはガスに覆われるし、小雨はぱらぱら降ってくるし。

大岳を経由するコトを辞めても、蓼科山まで行ったら今日中に帰れそうもない。
「横岳」まで行ったら下らなきゃいけないしな。

と、いうワケで。あっさり・・。

本日の行程はココで終了となったのです。(´∀` )

そして、当日合流予定だった しち。にメールで連絡。

タクシー代をケチった我々は

麦草ヒュッテでは携帯が繋がらないので、
少し戻った場所にあった東や(movaのみOK!)で停滞。

しち。の登場をひたすら待ったのでありました。
(非常用のシュラフカバーが大活躍。)

八ヶ岳 全山縦走?   
携帯は電波状況の良い隣のテーブルの上に置き去りになっていた。
3人はシュラフカバーをすっぽり被って寝まくり。

14:00 しち。が
下山して麦草ヒュッテの前の駐車場に現れた!

わー。やっと帰れる!と、喜んで・・

ふと気がつくと、テーブルの上から携帯が消えていた。

(゜∇゜;)誰かが忘れ物だと思って、持って行ってしまったのである。

めちゃ焦る我々でしたが。
携帯は無事に麦草ヒュッテに届けられていました。

そうして、八ヶ岳全山縦走企画は、南八ヶ岳全山縦走企画と変化し。

終了はAM9時という早い時間となり、5時間近く東やに停滞するという・・

そんな、夏の終わりの1日。



  ←押してもらえると嬉しいです。

ランキングがUPしまくりなのにこんなネタですみません。
(つ´∀`)つハァハァしちゃいます。
        ・・1日目は良い写真が沢山あるのでレポ作りますよ。

投稿者 gogoalps : 02:46 | コメント (6) | トラックバック
 ■  八ヶ岳2日間(その2)
(∩・∀・)久々の山レポ効果か?
blogランキングが2位浮上。 
めちゃ、ありがとうございます。

やっぱり、沢レポ岩レポは人気無かったですね。
ええ。(・∀・∩) えへへ。

さて。一部blogでのネタばれ感もありますけど。
続きですよ。(なんだかダイジェストじゃなくなってきた・・。)

1日目はココから

3:30 
起床。小屋で用意してもらった朝ごはん(お弁当)をぱくぱくと食べて。

4:00 出発である。

外は激しい風とガスでした
八ヶ岳 全山縦走?

方向感覚が無くなりそうな暗闇で、ヘッドランの光を頼りに・・

4:05 根石岳

八ヶ岳 全山縦走?

そして、道をたよりにどんどん進み。 
八ヶ岳 全山縦走?

4:30 真っ暗闇の東天狗岳
八ヶ岳 全山縦走?
TiCAさん、こんな良いポーズを考えてくれてありがとうです。

そして・・。こんなに遠かったかと思いながら、稜線を下って登り。

5:00 相変わらず、暗闇の西天狗岳!(初登頂!)
八ヶ岳 全山縦走?
久し振りの山レポを出したら、ランキングがめちゃUPしたので、
久々の「ぼかし」無しの巨大写真。

(BBのため、逆効果のヨカーン・・・ヽ(o´д`o)ノ)
お許しください・・。 ええ。(・∀・∩)

そして、西天狗へ戻る途中。

5:13 赤く染まる空。

八ヶ岳 全山縦走?

東天狗山頂から見る、朝日。(´∀`○).:+
八ヶ岳 全山縦走?

南八ヶ岳がシルエットで浮かび上がった。
八ヶ岳 全山縦走?
八ヶ岳 全山縦走?  

5:40 中山峠へ向かう。
八ヶ岳 全山縦走?

北八ヶ岳の地形は、平らなようで起伏がたくさんあって面白い。
八ヶ岳 全山縦走?

お池めぐりも出来るし。
八ヶ岳 全山縦走?  

6:00 雲が作り出す造形。
八ヶ岳 全山縦走?  

朝の日差し。
八ヶ岳 全山縦走?  

6:15 中山峠を越えました。
八ヶ岳 全山縦走?  
それからの道は、平らで楽勝だと思っていたのですが。

岩がごろごろしていて、つるつる滑りやすかったのですよね。
 

(∩・∀・)続きますよ。
控えめなので期待しないでくださいね。

  blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 02:19 | コメント (3) | トラックバック
2007年09月16日
 ■  八ヶ岳2日間(ダイジェスト)

(∩・∀・)今週末は台風が気になるビモーなお天気ですね。

当初は、白峰三山の計画だったのですが。
お天気で中止。

かわりに八ヶ岳に行ってきました。
1日目は、めっちゃ歩きました。
ダイジェスト。

地元を出発してから、2時間ぐらいで到着し。

造林小屋を4:00に出発。

そんな早朝に出発するのには、ワケがある。
それは壮大な?計画を達成するため。

メンバは3名だった。私は急遽参加させてもらいました。

足並みの揃った3名。(私は写真撮りすぎなんですけどね。)
順調に不動清水あたりを通過。

八ヶ岳 全山縦走?

6:30 西岳到着。
八ヶ岳 全山縦走?  

青年小屋に降りたら、U-DONのみ、編笠山へゴー。
オンナ2名は体力温存のため、30分ぐらい待ち時間。

私は最近沢には行っているけど、縦走はめちゃ久し振りなので
筋力温存。

再び、稜線に戻る。


9:30 権現岳

これから通過する峰峰。本当に計画通り歩けるのでしょうか?

八ヶ岳 全山縦走?

空は予報どおり澄んだ青空。久し振りの山歩き縦走が嬉しい。
八ヶ岳 全山縦走?
小屋泊まり装備とはいえ、一日でたくさんの稜線の景色を見れることはこの上なき幸せ。(´∀` ) 

10:20 キレット小屋通過
八ヶ岳 全山縦走?
1名がエネルギーが切れた・・と、言って25分間も食べ物を食べ続けていた。

(;´Д`)その間に山がどんどんガスっていきます。
夏の山は午前中が重要。しかし眺望が目当てなのは全員では無い。

そんな休憩もちりばめながら、行程はどんどん進んでいく。

八ヶ岳 全山縦走?
Amiは登らない予定(私だけ)だったのですが、なんか全員で寄り道をすることになりましたよ。

苦行の末、赤岳はふたたび青空の中。
八ヶ岳 全山縦走?

16:26横岳通過 ガスが我々を覆い包んだ。
八ヶ岳 全山縦走?  
赤岳~硫黄間のクサリ場は、長い山生活で何度も歩いた、慣れたルートなのです。

歩きながら、はじめてココを越えたときはビクビクだったことや、11月のスーパー快晴の日に最速?でここを通過したコト4月に霧氷まみれで、このエリアを通過したコト など、いろいろな想い出がよぎります。

八ヶ岳 全山縦走?  
16:50 硫黄山荘でも大休憩。

それは、1名のオトメ?の要望。
「(∩・∀・)出発も到着もヘドラン歩行がイイ!」を叶えるため。

硫黄岳を越え、ガレ場をガンガン下り、
林道に入って、空には星がきらめき、下界は夜景と化していった。

林道は暗闇となり、最終目的地は遠かった。


18:44ついに「根石山荘」にたどり着いた!
八ヶ岳 全山縦走?  
1名のお望みどおり。真っ暗での到着ですよ。
でも、メンドウなのでヘドランはつけていませんでしたね。

夕闇からの暗闇はじょじょに目が慣れていくので、意外に見えるものなのです。

お風呂に入れる良い小屋でしたね。

2日目は、かなーり控えめですが。

(∩・∀・)続きます。

  blogランキング。押して欲しいな。

投稿者 gogoalps : 23:46 | コメント (4) | トラックバック
2007年06月07日
 ■  日本経済新聞の夕刊に掲載されました。

本日、 「日本経済新聞」の夕刊 (生活面)に

Masako’s Mountain Rooms が掲載されましたよん。

(∩・∀・)キター!

記事のお題は

「仕事をしながら週末に山を楽しむ女性が増えてきた。」

その記事の中で、私の登録しているblogランキングでおなじみの、
やまbloger のみなさんや、ヤマケイJOY関係の人も一緒に紹介されています。

早速スキャナーで読み込んでしまいました。


記事はここ。 ちょっと読みづらいかな。


最初に、記者の方から、依頼のメールが来たときは、深夜自宅で、Dに呆れられながら大騒ぎでしたけど。

なによりも、嬉しかったのが、特に連絡はしていなかった、母から興奮気味な電話がかかってきたこと。

偶然ぱらぱらとページをめくっていたら、気がついてめちゃくちゃ驚いてくれたそうだ。


掲載していただいた写真はカラーだとこんなカンジです。どこだか解りますよね?


私のページは写真の量が大量だし、サイズを揃えたり、画像の構成にこだわったり、文章もそれなりに書いているので、山やその他のレポを作るのは、大変時間がかかるしいろいろ大変ですが。

自分の納得いくクオリティを維持しておいたので、覚えてもらって記事として載せてもらえたようです。(カメラはフツーのカメラで一眼レフには負け負けですけどね。)

それから、記事のLASTに「大切な仲間達と」と、書いてくれたのはYES!です。私のblogやHPは一緒に山に行ってくれる山仲間がいないと成り立たないから。

私がいつも書いている。(;´Д`)'`ァ'`ァ などの顔文字は、いつも会社の後輩達とのトーク?で、多用しているんですよね。(´∀`○).:+そんなテイストの記事の載っているHPのページ名が、「日本経済新聞」に掲載されて感動もひとしお。


←久々公開。昔のTOPページの絵。


さて。

いろいろ公開なのは、新聞ということでリアル性が必要なのでお許しくださいね。

(私を含め、載っている人たちの情報をいろいろなところに書いてはダメですよ。)

全員がAさん、Bさんだったら現実性が無くて、つまらない記事になってしまいそうですからね。


 

(∩・∀・)最後にちょっとマジメな話。

記事の左上にひっそり掲載されている登山人口が気になりました。



2000年の900万人をピークに、05年は600万人で減少傾向だそうです。

まだまだ多いといってもかなーり減っていますね。

もともと登山をやっている人は年齢の高い人が多いから、このような記事をきっかけに山に登る若い人が増えるといいですね。

(記事中では私が一人でBB度を上昇させていますが。(;´Д`)'`ァ'`ァ)

まだまだ、何十年かは大丈夫だと思うけど、
これからの日本の人口は減少傾向だし、ますます登山をやっている人は減る気がします。

登山人口がそれなりに維持されないと、私たちが快適に使わせてもらっている、山小屋や避難小屋が存続できなくなったり、登山道の整備も、無くなってしまうかもしれませんね。

そうして、こんなにも美しく素晴らしい日本の山々を楽しむ文化が衰退してしまったら寂しいから。(そこまで心配しているのは私だけなのかな。)


そんな理由で、女性用の登山ウェアを作っているメーカー様。
もっと若い人向けのデザインをたくさん出してほしいです。

たとえ年齢の高い人であっても、山で見かける人は若めのデザインを着ている人のほうがカッコイイ!

良いデザインの女性用山ウェアが増える→山に行くわりと若い女性が増える→MENが増える→活性化。 (´∀`○).:+


←blogランキングです。

投稿者 gogoalps : 00:33 | コメント (19) | トラックバック
2007年05月08日
 ■  GWの表銀座縦走レポ。

(つ´∀`)つ 6ページ分ALL完成しましたよ。
写真が激しく多いのは、久し振りの山だし、北アだし。
お天気良かったし。

次はどこのレポを作ろうかな。(´∀`○).:+
BCレポは殆ど作ってなかったり・・。

http://gogoalps.style.coocan.jp/2006omotegin1.html
1ページ目から。 追記とかもあったり。

 ←blogランキングです。
押してくれて、とってもありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 01:10 | コメント (6) | トラックバック
2007年05月05日
 ■  GWは北アで。
本日3日間の縦走から、帰ってきました。
とりあえず、写真1枚だけ公開。

5月4日 朝 テント撤収中。(´∀` )
雪のバリケード。私たちも作りました。 表銀座縦走

お天気に恵まれて、久しぶりのアルプス稜線歩き。
何度も歩いたことのあるルートですが、雪のあるGWはまた違った世界でとても良かったです。

(∩・∀・)カメラの電池を忘れたので、くまちゃんに予備デジカメを貸してもらいました。
>めちゃくちゃありがとう。

そして、久し振りのメンバ。ネタは尽きませんでしたよ。

場所?

銀座をブラブラしていたのです。

 ←blogランキングです。
押してくれて、ありがとうです。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 22:19 | コメント (9) | トラックバック
2007年04月23日
 ■  今週末のダイジェスト(塔の岳、外秩父七峰)

今週末は久しぶりの山。
土曜日は、足慣らしで、二俣から塔の岳。
日曜日、外秩父七峰縦走ハイキング大会(42.195Km)

(´∀`○).:+まじ。疲れました。

4月21日(土) 塔の岳

平日に降った雪がそれなりに残っていましたよ。
バイケイ草が、雪をかきわけてにょきにょきしてました。

塔の岳   

尊仏山荘。 久しぶりの塔の岳山頂は結構嬉しかった。
塔の岳

丹沢山エリアは、めちゃ真っ白。
塔の岳

寒いので、尊仏山荘でコーヒーを注文して休憩していました。
お決まりのカキコ。
塔の岳



4月22日(日) 外秩父七峰縦走ハイキング大会

歩き始めは、まだまだ余裕で。菜の花が綺麗だったですよ。
秩父七峰ハイキング大会

お天気は結構良かったです。眺望もそれなりに。 塔の岳

17:56 ぎりぎり17時台でゴールを決めた!!(´∀` )
塔の岳
まじ、疲れました。 めぐとほぼ同時にゴールできて嬉しかったな。

詳細は後日レポを作りますね。

登山靴はこの大会に向いてないです。舗装道路結構歩くし。

次回?はトレイルランシューズか、ランニングシューズです。

 ←blogランキングです。
押してくれると、ランキングUPするかも。

投稿者 gogoalps : 00:26 | コメント (12) | トラックバック
2006年12月25日
 ■  イブイブ蓼科山

今週末土曜日は3名で蓼科山に行っていましたよ。

例年よりも雪は少なめでザクザク登って、ざくざく降りちゃいました。

(´∀` )

9時40分女神茶屋駐車場スタート

思ったよりも雪が無いのでノーアイゼンで山頂エリアまで来てしまいましたよ。

山頂付近の岩岩エリアもこんな感じで、引き続きノーアイゼン。
蓼科山

 

この日は快晴だったんですけど、冬季のわりには気温が高かったので、もやーんとしています。

八ヶ岳も雪が少なそうですね。
蓼科山

 

そして、偶然のバッタリ。「うどん」にそっくりな人を見つけたので、
またもや、遠くから、「うどーん!うどーん!」と叫んでみて、

今度は反応がありましたので。ほっとしました。(´∀` )ええ。

(東鎌尾根での記憶がよみがえります。)

そういうワケで、一度山頂まで行っていた「うどん」は、再び私たちと共に山頂エリアまで同行してくれましたよ。
蓼科山

山頂エリアは、強風という程ではありませんでしたが、寒かったです。

 

蓼科山
浅間山がばっちり見えていましたね。あちらも雪は無さそうだ。


蓼科山
蓼科山頂ヒュッテの裏でお茶タイム。

ラッセルゼロという認識です。

そして、下りは部分的にアイゼンをつけましたが、岩が出すぎているので
下部はノーアイゼンでさくさくサクサク下りましたよ。

駐車場に戻ったのは15時23分

ほぼ1ヶ月ぶりの登山の割りにはなかなか優秀という認識ですよ。

(´∀` )えへ。

そして翌日もたぶん3名全員が筋肉痛にならなかったし。

 




24日のイブは、またもや某クライミングジムに行ってましたよ。
(kuchakuchaさん、Kazoooさん、「め」)

イブの夜のジムはスーパー空いていて、
人目も気にならないし、好きな壁を登り放題!
とっても良かったです。

そして。初のレベル6(スラブ)を制覇!!

(´▽`)相変わらず、ハアハアが激しいワタクシ。

イブのジムはクリスマスソングでも流れていると予想しましたが
そうでもありませんでした。

18時~21時まで頑張っちゃいました。

そして、帰りはビモウな時間だったので、
いちゃつきカポーを見学することはできませんでしたよ。

(カポーはお店やおうちや○○○に引きこもっていたのでしょう。)

イブのジム。略して、「イブジム」という認識です。

 モンブラン
家に帰って、お昼の残りのケーキを食べました。「モンブラン」。
何年後か解らないけど、狙ってますよ。

 

←blogランキングです。
押してもらえるととっても!喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 02:14 | コメント (6) | トラックバック
2006年12月18日
 ■  PICA富士吉田。 ブロガーOFF☆ の ダイジェスト

今週末は土日で、PICA富士吉田でブロガーOFFをやっていましたよ。

(´∀` )憧れだったみなさんや、
最近お友達になって遊んでもらっているいるみなさん、
長ーい付き合いのみなさん、総勢17名で楽しんできました。

ダイジェスト報告ですよ。
 

宴会の始まりはいつもこういう写真からですね。ええ。(´▽`)
PICA富士吉田

ダッチ○○○○を使ったメニュー。「ジャガイモとベーコンの焼き物」
PICA富士吉田

鶏肉のタバスコ漬けと豚肉の漬け焼き。めちゃおいしかったです。まゆチームありがとうです。
PICA富士吉田

ゴーカなゲストの人たちが参加してくれましたよ。ええ。
PICA富士吉田

ちょっと、ひといき。


ビーチボールでの100名山バレーボール大会が開催された。
(ボールを打つときに、100名山の名前を言うという決まりなのですよ。)
PICA富士吉田
全員が良い汗をかいたところで、ビーチボールは破壊されてしまった。

 



そしたら・・・




素晴らしい運動神経を披露していた1名が怪人と化してしまいました。(´∀` )
PICA富士吉田
そして、だんだんと夕闇が私たちを包み込み。

蒔を追加購入して・・(そういえば蒔代の清算忘れてました。ごめんなさい。)

火を囲む宴
PICA富士吉田

まさことまちゃこですよん♪
PICA富士吉田

その後、やっぱり寒いので、PAO内での宴会に移行。
時間の過ぎるのも忘れて延々トークしていましたね。

 

次の朝はまたーり。起きてまたーり朝ごはん。
PICA富士吉田
ダッチオーブンはシーズニングという作業が必要なようです。kazoooさんのイケているアウトドア知識がとっても役に立ちました。
(いろいろ機材の提供ありがとうございました。)


Kazooo&kuchakucha さんから100達成記念の頂き物♪
PICA富士吉田



日曜お昼ごろ。集合写真ですよ。(用事がある人は早朝お別れ。)
PICA富士吉田
誰が誰かは想像してくださいね。



ブロガーなみなさんは

kazoooさん kuchakuchaさん

TiCAさん まゆ太さん

にこちゃん フカ君


お初な人たちとのトークも最初は緊張感がありましたが、徐々に打解け、
日曜日の解散時は、名残を惜しんでいつまでもトークが続いていましたね。

素敵な仲間たちに囲まれることができて、この上なく幸せだったという認識ですよ。

そして、まだまだ紹介できていないいろいろなメニュー、皆さんからのお土産、いろいろな名シーンなどなど、楽しい写真はたーくさんあってとてもダイジェストでは紹介できないので今度ホムペ記事を作ります!


みなさん本当にありがとうございます!!


Special thank you!

 



で、解散後、数名は、カナガワに移動して、クライミングジムに。
PUMP2
金曜日にもジムに行ったので、やっと、4回目。 まだまだ級は最下層+1程度をうろうろしていますが、角度のある壁も少しはクリアできるようになりました。

今回もkuchakuchaさんとkazoooさんに、ムーブについて指導してもらい、ありがとうございます。



私もいつの日かカッコイイムーブができるように日々努力という認識です。


かなーり腕に力がかかるので、腕の中でピリピリと音がするのですよ。
少しは二の腕が引き締まると良いのですけどねー。


そして、ジムには後から「まちゃ」が参加。

ジムの休憩時間は相変わらずのトークで笑いが絶えませんでしたね。
 

さて、クライミングジムシューズは、すでに購入済みなんですけどね。

洗濯不可。そして、履いた後には陰干しが必要だったのですね。知りませんでした。
(´▽`)干さないと激しい香りが発生するという認識ですよ。
PUMP2
そして、この動物系の絵柄のブランドは、日本語では何と読むのかな?

 

 ←blogランキングです。
次回のOFFでは「ぐるぐる」をやりたいとういう認識ですよ。 (´▽`)
投稿者 gogoalps : 01:11 | コメント (12) | トラックバック
2006年11月26日
 ■  白毛門・笠が岳・小烏帽子 の ダイジェスト

11月25日(土)は全国的に良いお天気だったという認識ですよ。(´▽`)

日帰りで、土合から 白毛門・笠が岳・小烏帽子 と往復してきました。

前日のシゴトで打ち合わせが22時半まで続いてしまって。
家に帰ったのは24時過ぎてましたよ。飛び石連休で打ち合わせが金曜にズレ込んだせいです。
(;´Д`)前夜発案は中止。

そして、当日。登山口を8時50分ぐらいの遅出発だったんですけど。

行けるところまで行こうとついつい。ついつい。

小烏帽子まではほとんどノンストップで歩いていたので余裕少なし。
朝日岳までを諦めたので、帰りはまたーりと撮影しながら戻りました・

朝からずーっと良いお天気だったのですが夕暮れが近くなり、山々がいい色出ていますよ。
 

小烏帽子付近より眺める、大源太キャニオンと水平道。
笠が岳

天神尾根を望む。視線の先には北ア?南ア?らしき峰たちが、延々連なって見えましたよよ。
笠が岳

小烏帽子
笠が岳

笠が岳避難小屋
笠が岳

笠が岳山頂より谷川エリアを眺める。その先には苗場。
笠が岳


白毛門付近より、夕日に染まる「笠が岳」
笠が岳

16時 谷川に沈む夕日を眺め。

17時 すっかり真っ暗になり、懐電下山

19時 土合に戻ってきましたよ。 '`ァ'`ァ(´▽`)

最近、楽々&マターリした山行が多かったので
久しぶりに足が筋肉痛というか、急勾配の連続で最後のほうはかなーりだるだるだったです。
春の雪山シーズンだったらサクサク下山できるのですけどね。

(´∀` )

山頂エリアで夕日を見るのは妙高の火打に引き続きなんですよね。
やみつきになりそうなヨカーンです。 

 

←blogランキングです。
スノーシーズン突入萌え。 (´▽`)
投稿者 gogoalps : 02:07 | コメント (8) | トラックバック
2006年11月13日
 ■  鷹戻し(妙義山) の ダイジェスト!

今週末は、土曜日夕方に集合して、
妙義道の駅で宴会(´▽`)をしていましたよ。

そして、日曜日は、ついに!鷹戻しを制覇

それは、妙義の点線ルートで一番危険という噂の。
考えるだけで手に汗が湧き出してくるルートですよ。
(「・ω・)「 ガオー

中の岳神社→中間道→堀切→鷹戻し→東岳の直下→第四石門
(かなり部分的なんですけど。それは安全重視というトコロで)


<鷹戻しはカナーリ危険なルートです。
技術、体力に自信のある人のみですよ。>

11月11日(土)

というワケで。
ダイジェストは何故か土曜日の宴会写真のひとコマよりですよ。

セーブオンで55円のおでんを買占め。
ファミマでも70円~100円のおでんを大量買い。

道の駅にテントを張っての「おでん宴会」の終盤。

サプライズ品が出てきました!

 ワォー(´∀` )。オゥイエス(´▽`)。

それは・・・。

鷹戻し
先週の100達成&BB度UPというコトで。(´▽`)ケーキでお祝いだったのです。

ありがとう。今年はしみじみ思い出に残る年になったなぁ。



11月12日(日)

「関東ふれあいの道」の妙義中間道より、点線ルートを登りきり、
堀切から鷹戻しまでのドキドキ道。

なんと、見えるのは、あの有名な「星穴岳」じゃあーりませんか!(´∀` )
某「Teamにこちゃん」が、行った激しく難易度が高い場所です。(

鷹戻し
岩の上部にぽっかり空いた2つの穴。クライマーの人たちは、あの穴に入って休憩するのがステイタスだとか?
(技術、体力のある人だけ踏み込みが許されるルートです。)

そして鷹戻しを登りました。(写真は相棒Sのものを期待かも?)
鎖→はしご→鎖→鎖・・と、何段にも分かれていましたが。
はっきり言って写真を撮る余裕はあまり無かったです。


激しい高度感。頼れるのは自分だけです。
落ちたら大事故になること間違いなし。


(;´Д`)ハァハァハァ。(;´Д`)ハァハァハァ。



怖いので目の前の岩ばかり見ていました。
下を見ると動揺して手の汗が増えますから。
平常心。平常心。平常心。平常心。


(;´Д`)ハァハァハァ。(;´Д`)ハァハァハァ。


そして、鷹戻し通過後の稜線あるき中。

浅間山を眺めると、上部はすっかり雪景色のようで。
1部メンバが、上部はきっと「パウダーだ!パウダーだ!パウダーだ!」と妄想しまくりでしたよ。

すごい風が吹いているように見えていたので、この日はリームですけどね。
鷹戻し

裏妙義も見えていますよ。
鷹戻し

そして・・

2段25mの鎖。(上部はルンゼ状) 
  鷹戻し
オンナ2名はデキルオトコ3名にザイルを張ってもらいました。一応。

そして、簡単な鎖場や紐場や急な落ち葉がパウダースノーのように積もった急斜面をがっつり下り、アスレチックコースのような、石門を通って、駐車場に戻りました。

石門への分岐(中間道)に飛び出たときは、やりとげた達成感は激しくて、3名は大騒ぎ。

しかし、沢やクライミングがそれなりのレベルの3名は。
「そんなに嬉しいのか・・(゜∀゜)」と、思っていたようですよ。ええ。

なにはともあれ、無事に鷹戻しを通過することができてヨカッタ。
去年までは危険な岩場もザイル無しでうろうろしていましたが、やっぱりザイルがあると安心感が全然違うと思いました。

デキルオトコの3名のみんな。ありがとうですよ。

後日作成。レポはこちら!
http://gogoalps.style.coocan.jp/2006takaRet1.html

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (6) | トラックバック
2006年11月06日
 ■  八幡平・早池峰・栗駒山 (100座目達成!)

11月3日~5日の3連休は。
北東北遠征に総計8名で行ってきました。

1日目は、八幡平で99座目。

そして。ついに2日目は。

早池峰にて100座目を達成しました!

(´▽`)

3日目は栗駒山でしたよ。

11月3日(金)八幡平

茶臼岳登山口→茶臼岳→八幡平→見坂峠

99座目の八幡平は「平」と名のつくだけあって、スーパー平らな高原でしたよ。  八幡平
池糖の点在する黄金色の湿原。

8にんのメンバの全員がほとんど(;´Д`)'`ァ'`ァすることの無い、とても歩きやすい道でした。
なので全員のお喋りが炸裂していたという認識ですよ。

夜は前祝ということで早池峰の登山口手前1kmの場所にある「うすゆき山荘」で宴会をしました。(もちろん、誰もいなくて貸切でした。)

11月4日(土)早池峰

河原坊→早池峰山頂→小田越→河原坊

そして、ぐっすり寝て。朝目覚めると暗闇の中、早池峰の姿がmist一つ無くある姿を確認し、
一部メンバは勝利?を確信したみたいですよ。

河原坊からのルートは最初はゆるやかでしたが、徐々に急な岩稜帯になりました。
早池峰

いつもは先を争って山頂をGETする仲間ですが。今日だけは私に先を譲ってくれましたよ。 早池峰
そして、山頂では激しい撮影大会が繰り広げられました。(´∀` )
記念だから!と言って、いつもより400%UPで仲間がバシバシ撮影してくれましたよ。

山頂から中岳方面の眺め。
早池峰

そして、記念のワインを飲んだりした後に、フカ君がパノラマ撮影していた、それなりの高ーい岩に登ったら、酔いが回ってくらくらして、岩から降りるのが大変でした。(汗

そして、恒例?早池峰山頂避難小屋でのカキコですよ。
早池峰

小田越山荘へ下るルートは。絶景!

何度も振り返り、早池峰の美しい姿を眺めましたよ。  早池峰

岩岩な景色も素晴らしかった。
早池峰

この日の夜は道の駅「厳美渓」にてテント宴会。
早池峰
仲間がこっそり用意してくれたサプライズ!CAKEです。
とても嬉しかった。(´▽`)本当にありがとう。


11月5日(日)栗駒山

そして、最終日の栗駒山は、須川温泉からのぐるりっぷです。

この日の山頂付近は、mistyで強風だったんですけど。
前日からの100達成効果?で、みんなハイテンションで大騒ぎしながら歩いていました。

昭和湖の青さにモエモエしていたら、また青空が戻ってきた。

賽の磧あたりはこんなカンジでとてもBeautiful。
栗駒山

栗駒山

そして、下山後は、登山口付近の足湯が、東北な雰囲気でとても楽しかったです。
栗駒山
100名山制覇としてのLASTの旅は。達成日の素晴らしいスーパー快晴のお天気と、気の会う仲間に恵まれた、スーパー楽しい3日間でした。


最初は2名で暴走することの多かった100の旅も、どんどん仲間は増えて、広がりのある山Life。


山のバリエーションも気がつけば一般銃走路だけでなく、
雪山や沢やちょっとした点線ルートとバージョンアップしてきたので
これから先もいろいろな新しい世界が開けていくと思います。


一緒に山を歩いてくれているたくさんの仲間、
私のホムペやブログを読んでくれているみなさん、
ホムペやブログを作成していろいろネタやシゲキを与えてくれるみなさん、
そしていろいろ出かけてもオケーと言ってくれるD

ありがとう。そしてこれからもよろしくおねがいします。(´▽`)

←blogランキングです。
クリックしてくれると超嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 00:42 | コメント (39) | トラックバック
2006年10月30日
 ■  妙高山頂にあったもの。

週末は自宅でじっくり休んじゃいました。
めちゃ。回復ですよ。

なので先週の妙高・火打ネタを引き続き(´∀` )
妙高山頂

ですよ。

先週の妙高山頂では、このような風景が繰り広げられていましたよ。
妙高山頂
「ポーズを決めて写真を撮っている姿」
後ろからサツエーするのは結構お気に入りなんです。



同様な名シーン?としては
2004年12月の三本槍岳→三斗小屋のシーンがありましたね。
那須岳
(´▽`)読者マニアネタですみません。



たまーに山で発見されたときに
読者の人がマニアネタを話してくれると嬉しいこの頃だったり。



さて、妙高山頂標識の横にはなにやらありましたよ。
妙高山頂

 

拡大。 (´∀` )



お地蔵さんが横にあるので、扉を開けて良いのか悩みましたが。
妙高山頂



勇気を出してOpen!!


中には・・。

 

妙高山頂



早速カキコ。(字がめちゃ汚い・・)
妙高山頂
まぁ「みょうに感動・・・」というところで。(´▽`)

 

このノート。場所が場所だけ発見する人もまばら。

1年でカキコは、2、3人という超マイナーノートなため、

設置から4年ぐらい経っているの
にカキコは数ページ。

しかも、年配の方は記念に住所とか書いていました。
住所は個人情報なので書かないほうがいいという認識ですよ。


で、備え付けのペンが書けなくなっていたので、
Mな人1名がpenを寄付してきました。


これから妙高山頂に行く人はこのノート要チェックです?(´▽`)



←blogランキングです。
クリックしてくれると超嬉しいです。

投稿者 gogoalps : 02:21 | コメント (2) | トラックバック
2006年10月23日
 ■  火打山~妙高山 の ダイジェスト②

今週末は火打山~妙高山に行ってきましたよ。

(´∀` )ダイジェスト報告その②ですよ。

2日目は妙高山。

引き続き良いお天気でしたよ。

高野池ヒュッテのテント場を出発して 黒沢池ヒュッテに不要な荷物をデポして。

大倉乗越あたりで妙高山を眺めましたよ。 妙高山
4人揃ってのYESポーズ。1名が指導した結果ですよ。
今回はポーズ写真がやけに多かったという認識ですよ。ノリノリな人がいたので。

そして、急坂を(;´Д`)'`ァ'`ァしながら登り、

たどり着いた山頂エリアは素晴らしい眺めでしたよ。 妙高山
白馬エリアが遠くに見えていますね。


さらに、天狗堂側の山頂エリアに足を伸ばすと。 妙高山
山頂標識があるエリアを撮影したり。


巨石がにょきにょきある山頂エリアと火打山と焼山の奥行きのある?景色が撮影できました。 妙高山
そして、11:30頃に下山開始。ザクザクザクザク下って。

再び黒沢池ヒュッテに戻り。荷物を回収。

そこから富士見平までの道は湿原の横に延々水平な木道が続く道を歩くルートでとても心地よかったです。

笹ヶ峰Pに到着したのは15:40ぐらいだったかな。

この山は2回目の登頂でした。

以前訪れたのは2002年の6月下旬。あのときはシャチのような雪模様の山々に萌えましたが今回は前回雪で埋まっていた湿原、山頂から見る山々、夕暮れの雲海と、全く違った姿を見せてくれた妙高山・火打山。

改めて大好きな山リストに入ることになりました。


詳細はレポ作成までお待ちくださいね。(´∀` )

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 02:04 | コメント (6) | トラックバック
2006年10月22日
 ■  火打山~妙高山 の ダイジェスト①

今週末は火打山~妙高山に行ってきましたよ。

(´∀` )ダイジェスト報告その①ですよ。

1日目は火打山。

笹ヶ峰Pに車を停めて。登り始めの木道エリア。 火打山


午前中は厚い雲に覆われていました。ガスガスでぬれた感じだと紅葉の色が映えますね。 火打山


そして、高野池ヒュッテのテント場に到着。

雲のなか途切れ途切れ現れる青空のかけらに期待しつつ、
テントを張って、お昼を食べながら休憩していたら。

みるみるとガスが消えて、青色が空の大部分を支配するようになった。
火打山

 
そして、いよいよAttack中。
天狗の庭あたりはすっきりとしたお天気で萌えまくりで。(´∀` )
火打山
大興奮していました。 
 
さらに登って山頂エリア。 
どこまでも続く雲海を眺める我々ですよ。 
火打山
オンナ2名は影として出演しているのです。


妙高山も雲海に浮かぶ島のように。 
火打山


雲海に浮かぶ影火打山
火打山


へドラン携帯組みの3名は、雲海に沈む夕日をしっかりと見届け 
火打山

見えていた山々は、高妻山、槍穂高~白馬、雨飾山。

久しぶりに雲海の壮大なドラマを見ることができて
とても嬉しかったです。(´∀` )

3名は懐電歩行でテント場に戻りました。 

その後、夜の宴会が盛り上がったのは言うまでもありませんよ。 

 

←blogランキングです。
押してもらえると大変喜びます。 (´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:38 | コメント (4) | トラックバック
2006年10月11日
 ■  木曽駒 の 氷の造形

日曜日の木曽駒は氷の造形にあふれていました。

(´∀` )ちらり。お見せしますよ。

飴菓子のようになっている紅葉した葉っぱ。
木曽駒が岳


氷漬けちんぐるま。
木曽駒が岳


なんでしょう?
木曽駒が岳


氷漬けおこじょ。
木曽駒が岳


おや。氷に漬けられていない、オコジョがいますよ。
木曽駒が岳
(´∀` )へぇ。(一部のぬいぐるみ好きの陰謀でしょう)

 

←blogランキングです。
押してもらえると氷漬けになるでしょう? (´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:35 | コメント (7) | トラックバック
2006年10月10日
 ■  仙丈岳 の ダイジェスト!

というワケで。10月9日(月)の本日は、南アの女王という噂?のカールが素敵な仙丈岳に日帰りしてきました。

(´∀` )その景色はもう久々のスーパー快晴レベル。

予定を変更した煮え煮え感がすっかり綺麗に飛び去りました。

南アと中アと北アと八ヶ岳と富士山と遠く白山まで・・。
そして平地までがなにもかもまるっとお見通しだったのですよ。

(;´Д`)'`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ 

お決まりのカールを眺める写真ですよ。

仙丈ケ岳


コースタイムより全然早く登れたので山頂に1時間以上もいてマターリしてしまいました。
(´∀` )無風快晴。雲なしで言うことがありませんでした。 仙丈ケ岳


北アはご覧のとおり真っ白です。来週お出かけの人は現地へ状況を確認することを強くお奨めします。
仙丈ケ岳

千丈小屋付近。甲斐駒ケ岳&鋸岳のバックに映える八ヶ岳。 仙丈ケ岳


大平山荘方面に下山途中は、甲斐駒ケ岳が正面に姿を見せ。紅葉との相乗効果で素晴らしさが130%でしたよ。(´∀` )激しくコンパクトデジカメのシャッターを切っていました。 仙丈ケ岳
ε=ヽ( ´∀`)ノまぁそんなところで10月の3連休は2日間山に行って終了しました。

それぞれの山。それぞれの天候。それぞれの思い。それぞれの撤退と成功。

私は1日目が撤退。2日目が成功?だったのかな。

山もたまにはキビシイのです。いつも上手くいくとは限らないところが面白く、人を熱くさせてしまう要因なのでしょう。

 

←blogランキングです。押してもらえると大変うれしいです。 (´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 00:31 | コメント (5) | トラックバック
2006年10月09日
 ■  木曽駒が岳 の ダイジェスト! +β

3連休。当初は憧れの朝日連峰縦走(しげぞさんのレポを参考にした、大鳥池から)だったんですけど。

天気予報が・・・。日本海側と東北の天気が大荒れとの予報でやむなく中止。
(;´Д`)'`ァ'`ァ

1泊2日で木曽駒~空木岳の縦走の計画に大変更したのですけど。
前日のニュースで白馬の真っ白な姿が映し出されて(゜∀゜)信じられない感でいっぱいでした。

だけど中アなのでまぁ大丈夫だろうと?思っていたのですが。甘かったです。

まぁ見てください。 写真が多すぎるので1日づつダイジェスト公開ですよ。

(´∀` ) 

下界は快晴。暑いぐらいだったんですけど。
ロープウェイを降りて目の前に現れた千畳敷カールは氷の世界だったのです。

そして上部はガスガス&強風。
宝剣山荘内にて延々検討会が行われた。

そして、一瞬の晴れを収めた1枚ですよ。
木曽駒

宝剣岳通過は雪と氷のため無理という判断で、一度千畳敷カールを下って 再度登り返すという予定だったんですけど。

まぁ相変わらずこんな感じで。こんなお天気なのに軽装の観光客風の人がバンバン登ってくるので、辞めたほうがいいですよ。と諭してしましました。なんでこんなに混んでいるんでしょうね。この山は。(;´Д`)'`ァ'`ァ
木曽駒
そしてカール最下部に戻ってきたあとは、話し合いもままならないまま、気がつけばロープウェイで下界に下りていました。

 

数名はかなーり煮え切らない感にあふれていましたよ。しくしくしく。でも仕方がない。 こんなお天気と氷の状態では、メンバー全員のオケーが無ければ予定を実行することは不可ですからね。(´∀` )

 

そして、時間が余ったので、超マイナー山「陣場形山」に車でゴー。

 

歩行時間は3分もかからずに山頂エリアに到着。


前回来たときは中アと伊那谷の眺めに萌えましたが。南アの眺めも忘れてはいけません。こんなカンジですよ。遠くテカリのほうまで延々連なる南アの山々。
陣場形山

そしてこの山には有志が備え付けた「無料双眼鏡」があるのです。
陣場形山
空気が澄んだこの時間。双眼鏡で眺めると、遠く悪沢岳の小屋までも確認できましたよ。一同かなり縦走気分に浸ったのは言うまでもありません。


そして・・。次の日の山はこの山が良さそうだなと。 決めたのです!(´∀` )
陣場形山


5名中4名がその山には行ったことがありました。
しかし、地図が無かったので 走行中見つけた本屋で地図を広げてミーティング。

もちろん購入していないんですけど・・。(´∀` )
本屋内ので携帯サツエイは禁止ですよ。

コースタイム的にも日帰りがオケーであることを確認しました。

というワケで次の日に続くのです。ええ。
 

←blogランキングです。景色萌えを感じたら?押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 22:51 | コメント (7) | トラックバック
2006年10月03日
 ■  北海道遠征 その③の ダイジェスト

週末+1日の北海道遠征から戻りました。

今回は久しぶりの大雪山エリアです。

二ペソツ山と旭岳で今年の初スノー&紅葉を楽しんできましたよ。

やっぱり北海道の山の景色は雄大です。 

(´▽`)さて。

 

10月1日(日)二ペソツ山
ニペソツ山
午前中は大変良いお天気で。大雪の忠別岳エリアがばっちりと見えていました。

ニペソツ山
かなりガスってしまいましたが、北海道としては初のアルペン風な山容の山。Sもかなり絶賛していました。ちょっともやもやしていたのが残念でしたが、この山頂エリアを眺める景色とは別に、反対側の歩いてきた山々のの重なり合う姿がとてもよかったです。(レポで公開しますね。)CTは12時間とかなーりびびっていたのですが、山頂にいた時間が短かったこともあり、トータル10時間ぐらいで山頂往復できました。トムラウシ風な岩岩な山。穴から顔だけ出るナキウサギ。走り回るリスたちが大雪山系の醍醐味?( ´∀`)でしたよ。

10月2日(月)旭岳
前日のニペソツより眺めていた大雪エリアは旭岳あたりが雪でピカピカ輝いていたので大変気になってしまい・・・さらに、予定していた十勝~美瑛岳あたりは、厚ーい雲に覆われていて、月曜の十勝エリアの天気予報もいまいちだったので急遽予定を変更したのです。

百のカウント。実は、大雪山としては「黒岳」しか登っていなかったので、今回の旭岳は初登頂。 ロープウェイで気軽に登れる山ということでそれ程期待していなかったのですが、ロープウェイを降りたところでこの景色ですよ。 前日あまり撮影できなかった分ビシバシとシャッターをきりまくっていました。
大雪山
殆ど休まずに登って・・・そして、ギリギリ山頂の青い空に間に合いました。 大雪山
その後、山頂エリアはガスガスになったり、ガスが消えたりの繰り返し。ガスが消えた瞬間に山頂エリアにいた一眼レフの人たちのカメラが激しく活躍して?いましたよ。ε=ヽ( ´∀`)ノこちらはコンパクトデジカメですけどね。


そして、旭岳からもふたたび紅葉の忠別岳エリアを確認しながら下山しました。
 

ロープウェイに戻る前にお池めぐり。草紅葉に萌えました。
大雪山
最近沢ばかり行っていましたがやっぱり眺望の山はいいですね♪
大雪山系の雄大さを改めて感じた「山たび」でしたよ。



そして、今年は3回も北海道に遠征してしまったので、さすがに来年は?という話があったのですが
大雪山を再び歩きたくなってしまったのできっと来年も行ってしまうでしょう。

 

さて、デジカメが水没より復活して何事もなく?と思っていたのですが、通電防止のため電池を抜いていたので、日付がクリアされていたんですよねぇ。試し取りの時にテキトウに日付を設定していたのを忘れていたので、今回の写真の撮影日付が変な値になっちゃいました。レポを作るときに時間を算出するのが大変メンドウです。(;´Д`)'`ァ'`ァ


風邪のほうは、かなり回復しました。やっぱり運動したほうがいいのかもしれません。


←blogランキングです。なんだか目が離せない状況?
押してもらえると大変うれしいです。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 01:54 | コメント (7) | トラックバック
2006年09月03日
 ■  越後の山 荒沢岳と八海山のダイジェスト!

今週末は越後の荒沢岳と八海山に行ってきましたよ。

・・・・。 

はぃ。(いまどきの若者風) (´▽`)

9月2日(土)荒沢岳 

というワケで。1山目は越後三山から見えていてずーっと行きたかった山。荒沢岳。鎖場がスゴイとうわさには聞いていましたが。まさかココまでとは思いませんでしたよ。


1262ピークを超えて、樹林帯の中。「これより岩場注意」と書いてある看板出現。まさかそこから先「前嵓」までのルートがALL鎖OR梯子ORトラロープ場になっているなんて!!もう「びっくり栗羊羹?」としか言いようがないという認識ですよ。(´▽`)

この写真は山頂手前の岩場。(このあたりはわりと楽。)
荒沢岳
山頂付近に飛び出して、空は青く岩がピカピカしてすばらしいひと時でしたよ。

 
で、山頂はマターリと過ごし。やっぱり越後の山はイイ!とか言いつつ。
荒沢岳
 我々は再び永久鎖OR梯子ORトラロープ場を無事にやりとげた。(´▽`)

 


 9月3日(日)八海山    

2山目の八海山は2004年の6月にスーパー快晴で訪れたことのある山なんですけど・・
諸事情によりそのときは大日岳まで行けなかったんですよね。(´・ω・`)
なのでずーっと再トライしたい山なのでありました。ヽ(o´д`o)ノほとんどトラウマ状態でしたから!


登山 八海山
八海山は朝からずっとガスガスだったんですけど、摩利支岳についたときは、ぱーっと下界+越後三山の端っこ?が見渡せ。ちょっと感慨深いものがありましたよ。

八海山  
大日岳からの戻りルートは「迂回路」でだったんですけど一部メンバは迂回路じゃなくて相変わらず鎖場!」という認識でした。

そしてロープウェイ付近の展望台に戻ると、佐渡島が見えてオトクな気分になりましたよ。

とにもかくにも鎖場三昧。鎖でおなかいっぱいになった2日間でした。

メンバーに恵まれてとても楽しかったですよ。ネタ多数!(´▽`)


←blogランキングです。
ありがとうございます。(´▽`)

投稿者 gogoalps : 23:53 | コメント (6) | トラックバック
2006年08月22日
 ■  ダイヤモンドコースのダイジェスト。

今週末のめぐみ、しんご、まさこ×2は

室堂~五色が原(泊)~スゴ乗越(泊)~薬師岳~折立を歩いていました。
2泊3日の久々の北アルプスロングコースですよ。

 

8月19日(土)快晴のち曇り
富山駅→室堂→五色が原テント場
富山からのアルペンルートのバスから見る景色はサイコーだったですよ。

室堂から見た剣岳
剣岳

浄土山から見た雄山
雄山

五色が原テント場①
テント場

五色が原テント場②
テント場

 

8月20日(日)快晴のち曇り
五色が原テント場→スゴ乗越テント場
スゴまでの道はスゴイアップダウンというか岩場などで疲れるという認識です。
猛暑の暑さにやられて(;´Д`)'`ァ'`ァしていましたよ。

薬師岳と北薬師岳

薬師岳

8月21日(月)雨(雷)のち曇り
スゴ乗越テント場→北薬師岳→薬師岳→折立→富山
スゴ乗越付近は雷(゜∇゜;)が発生しやすい場所らしいです。
早朝暗ーいうちからテント場を出発。
気がついたら雷の鳴っている層を越えていました。 薬師岳

折立までは歩きやすい道で快調に下り、
13時半に太郎平小屋で予約したタクシーに乗り込み、富山駅へ。

 ←blogランキングです。よろしくです。(´▽`)

 

投稿者 gogoalps : 00:10 | コメント (10) | トラックバック
2006年08月08日
 ■  北海道遠征その2のダイジェスト

北海道遠征。今年2回目!から無事に帰ってきましたよ。(´▽`)

なのでとりあえずダイジェスト報告です。
コメントのお返事は明日以降必ず書きますね。

8月4日(金) 予定を変更して某山に登ってきました。
初の1日2座という行程を実行してしまいました。(・∀・)

1山目はココです。
恵庭岳 

2山目は左奥に見える特徴ある形の山です。
樽前山 


8月5日(土) 幌尻岳登山口~幌尻山荘

初の沢靴を履いての渡渉!沢歩き気分で楽しかったです。(´▽`)
数日間天気が良好だったこともあり。水量や流れの速さは全然問題なかったです。
幌尻岳  

8月6日(日)  幌尻山荘~幌尻岳~戸蔦別岳~幌尻山荘~登山口 幌尻岳 
戸蔦別岳 
想定行動時間14時間?ぐらいの強行行程でしたよ。 お天気に恵まれて素晴らしい景色を見ることができました。

8月7日(月)  後方羊蹄山
後方羊蹄山 
独立峰ってホント難しいですね。湧き上がるガスがいろいろな姿に変化し、消えていくのをじっくり見届けました。

4日間。しーっかりハードに歩いてきましたよ。満足満足


←blogランキングです。クリックよろしくです。
投稿者 gogoalps : 01:33 | コメント (12) | トラックバック
2006年07月31日
 ■  5年ぶりの鳳凰三山(´▽`)のダイジェスト

2001年に初テント泊で行って以来の鳳凰三山に行ってきましたよ。

あの当時は山で右も左も解らない?ヒヨッコだったのにムボーにもテントを購入。サークルの活動前の予行演習に鳳凰三山を選んでしまったんですよ。結果素晴らしいお天気は満喫できたのですが、時間管理もなにもかもなっていないせいで。大変なコトになっていました。(それにしても昔のレポは恥ずかしいですね。あえてココにはリンク張りません。(汗))

5年後。再び北岳と向かい合う峰から同じ景色を眺める。あの時からいろいろな山を経験して。いろいろな出会いがあったなぁ・・。

と、そんなコトはさておき、今回のダイジェスト写真をお楽しみくださいませ。(´▽`)

薬師岳 

もちろん南御室小屋でのテント泊。

メンバーは急遽合流をOKしてくれた3名と「め」と私でした。(´▽`)

1日目:
辻山にも行ってみました。(´▽`) 穴場という認識です。

辻山 

 


2日目:

深夜はどしゃどしゃ雨が降っていましたがその後満天の星空。
朝から素晴らしいお天気になりましたよ。

 甲斐駒ケ岳・地蔵岳

やっぱりアルプスの景色は素晴らしいという認識です。( ̄▽ ̄)ノ
日曜日に関東より南はや~っと長かった梅雨から開放!!

ナツヤマ活動が本格化の予感ですね。


←blogランキングです。クリックしてもらえると嬉しいです。
投稿者 gogoalps : 01:09 | コメント (19) | トラックバック
2006年07月23日
 ■  鬼怒沼山のダイジェストですよ。

7月23日の土曜日にメンバー4人で日光の鬼怒沼山に行ってきました。

午前中は雲でもやもやしていましたが、午後はいいお天気になり
まーったりと標高2000mを超える高層湿原を楽しんできましたよ。

平が岳と燧ケ岳とが見えていますね。

沼に写る空と雲。

 

で、報告は避難小屋にあったノートへの書き込みからどうぞ。
(´▽`) なんと2004年から活用されている1冊のノート。相当ココの避難小屋を使用する人は少ないようです。


で、私の書き込み。´_ゝ`)字が綺麗じゃないのはご勘弁を。

 

少ないカキコをパラパラと見ていたら、ウサギの絵を描いている人がたくさんいましたね。大変気が合うという認識です。


さらにパラパラとめくっているとどうも鬼怒沼マニアの人がいるようで、去年は年13回もココに来て宿泊したとかどーとか。避難小屋ノートはその人の日記代わりになっているという認識です。(;´Д`)ハアハア
季節の花情報などが載っているのでそれなりに価値がありますね。

窓の無い石作りの避難小屋の中心部には焚き木のできる炉がありました。その人がこの小屋に宿泊し一人焚き木を眺めながらウィスキーなどをちびりちびりと飲む姿を一同勝手に妄想しましたよん。(;´Д`)ハアハア

帰りは奥鬼怒温泉郷で露天風呂に入ってきました。

いろいろネタのある湿原散策でしたがまぁこの辺で。
( ̄▽ ̄)ノダイジェストですから。


←ブログRankingですよ。ありがとうです。
投稿者 gogoalps : 11:25 | コメント (12) | トラックバック
2006年07月17日
 ■  高尾ビアマウント(*´∀`*)

3連休はお天気予報をじっくりまったり検討した結果?
高尾ビアマウント!に行くことにしましたよ。

急遽集まったメンバーは5人。この日の関東は落雷などが相次ぎ
PM4時の京王線高尾山口の集合は遅刻者続出でしたよ。(´▽`)


なんだかんだで下から登ることには決まっていたんですけど。 

  

やる気無しメンバーは「どのルート?」とか言う始末ですよ。私もそうだったんですけどね。

 しんごさんは子連れ狼状態だったので、遅刻組みを待つ人と別れて
先に登ってもらうことにしましたよ。

 遅れて到着の2名のうち1名は、ペディキュアにサンダルというオサレ姿ですよ。(´∀` )
でも「やっぱり下から登るのよねぇ~」と言いつつ、ザックから運動靴を取り出して履き替え中ですよ。

で、ルートは1号路です。
高尾山口から登るルートは2ルートしかないので、迷わないでしょう。
初参加のなおさん。写真撮りすぎですよ~。今日は一般エリアだという認識です。この日は大変暑い日で我々は1万回以上トークの合間に「暑い!」を繰り返していましたよ。

そして、爆登りを続けながら、1万1025回目の「暑い!」と言ったところでケーブル乗り場に到着ですよ。(´∀` ) 

先発組のしんごさんは子連れ狼状態にもかかわらず、我々よりもずいぶん早く到着してくれたみたいで整理券をとっておいてくれていました。ナイスです!(´∀` )

しかしその番号は「80番」であった。くしくも空は雨模様どしゃどしゃと雨が降ってきました・・・よ。ビアガーデン会場は殆どが屋外となっているため、雨が降ってくると席が激減するとの話。うーん。(・∀・)このまま待ちぼうけだったらどうしようと。思いつつ。

しばらくすると雨が上がりましたよ。

そしたら、ウワサの・・・

無料ビールですよ。なんでも待ち時間の気を紛らわしてもらうために、ビアガーデンが無料で振舞っているというのです。

 さて、夕暮れに近づく18:20
我々はビアガーデン会場についに突入できることになったのである。
( ̄▽ ̄)ノふうううう。
 
会場からは夕日とガスと山々がそれはそれは幻想的に見えたんですよ。一応。(´∀` )さて、制限時間は2時間。30分Overで500円追加となると。気分は高揚ですよ。さーて食べ物をゲットして。ビールをゲットしなければ!

思ったより料理の種類は豊富ですね。お皿は汚れたら(完食)すれば取り替えてもらえるシステムです。このほかにもフルーツやサラダ。やきとり。おでんなどもありましたよん。
    












ビールは最初はおねーさんに注いでもらいますけどその後はフリーです。自分でチューハイやらワインやらなにやらと取りに行くシステムです。黒生もハーフアンドハーフもいろいろありましたよ。

すっかり日も暮れました。2階席のテラスからはそれなりの夜景が見えていますよ。手ブレ効果で素敵な写真の出来上がりですよ。
 

 で、バタバタ飲んだり食べたりしているうちに、あっという間に20時20分の制限時間が来たのです。あわてて会場から外に出た我々は。さてどうするかと。

とりあえず薬王院へ。行きますよ。
 
 
高尾山頂まで30分で行けるのですか?(´∀` )へぇ。

薬王院までの道は街頭がついていて意外に明るく平らでした。

でも、夜の神社ってコワイですよね・・。

狛犬だか獅子だかなんだか。
 
山やの開運といえば、晴れている山頂や稜線でしょうか?

さて、ココでどうするという話になり。暴走する5名は山頂へ。そのうちへドランを持っているのは1名。「こうなることは予想どおりだ!」と言ってましたよ。2名は明日のこともあるし大人しく撤退することにしましたよ。
  

で、ココからの道は通常は神社の階段とかを登るのですが、夜間は閉鎖されていて迂回路を通ります。薄暗いけど月明かりだか目が慣れているとかでなんとかなりました。(私は。) 


高尾山の道は平坦で面白くないけれど夜間に歩くのはなんだか新鮮な気分ですね。

そして・・20時54分我々はついに山頂を制圧した

しかし、山頂を独占していると思ってはしゃいでいる我々を襲ったのは暗闇にいた人の「咳払い」でありました。夜の山頂なんて少人数で行くものではないという認識です。


21時36分再びケーブルカー乗り場。そしてさらに歩いて下りますよ。

 
22時10分。再び高尾山口。

我々の深夜のナイトハイクは終了したのであります。(´∀` )
ナイトハイクの登ったり下ったりにより結局我々の
「涼む」計画はうやむやになったのは言うまでもない。

ブログRanking。ありがとうです。
投稿者 gogoalps : 00:26 | コメント (7) | トラックバック
2006年07月10日
 ■  北海道遠征 (十勝岳あたり。) のダイジェスト

水曜日から、めぐ、まみこ、まさこの3名は北海道遠征に行っていました。

上ホロカメットク避難小屋2泊、美瑛富士避難小屋1泊の
稜線うろうろ~♪のだらだら歩きです。

登った山で主な山は、富良野岳十勝岳美瑛岳オプタテシケ(´∀` )でした。

1日目は大変良いお天気でしたよ。

その後は・・?

相変わらず事件イベントがたくさんある楽しい旅でした。
トムラウシ~オプタテシケ間の偵察はバッチリ?という認識です。

眠いのでこの辺で・・・。

←ブログRanking参加中です。(´∀` )

投稿者 gogoalps : 02:06 | コメント (9) | トラックバック
2006年06月25日
 ■  会津朝日岳のダイジェスト!

土曜日に越後の山に行ってきましたよ。(*´∀`*)
只見三山とは浅草岳、会津朝日岳、蒲生岳の3つの山で
JR只見線の只見駅付近の山のことですよ。

頂上直下の雪壁

ビビリーズ?には6本爪以上のアイゼンがお奨めです。
ピッケルがあってもいいかも。と思いましたよ。まじで!


カリマーのNewザック

本人イケているという認識です。
遅い時間に山頂に到着したので、ご夫婦1組との貸切山頂でしたよ。


山頂で萌え景色を満喫

山が周りにいっぱいあってすばらしかったです。

虫はあまりいないと思って快適に歩いていたのですが、
6月の山は侮れません。しっかり顔の側面を1箇所ブユに刺されてしまい。
ヽ(o´д`o)ノ顔の右側がおたふく風邪以上のマジ大変なことになっています。
うううううう。

蒲生岳はまた今度!ですねぇ。
御神楽岳も秋にナイフリッジじゃないルートで予定中。

←ランキング参加しました!

投稿者 gogoalps : 13:10 | コメント (7) | トラックバック
2006年06月12日
 ■  北東北遠征 その①のダイジェスト

いつのまにかたくさんのコメントありがとうございます。
フカ君代理報告ありがとうです。

往復夜行バス+レンタカーの北東北の山たび。
メンバ4人中3人の目的は100山だったという・・。
ダイジェストはここからという認識ですよ。(o ̄∀ ̄)ノ”

6月9日岩木山

お天気は下り坂の1日目。
岩木山はスーパーガスガスの風雨でなーんにも見えませんでしたよ。(´∀` )
山もリフトも売店もほぼ貸しきり状態。


6月10日岩手山

この日も山頂はすごぉぉい風でしたよ。残雪もいっぱいあったし。
シラネアオイがたくさん咲いてました。


6月11日八甲田山

今回の遠征はだんだんとお天気が良くなりましたね。
ロープウェイから酸ヶ湯までのぐるりっぷ。稜線と湿原と残雪の山々。
思ってもみなかった眺望と変化のあるルートでしたよ。


( ´∀` )そんなワケでレポはこれからなんです。

投稿者 gogoalps : 09:32 | コメント (10) | トラックバック
2006年05月29日
 ■  会津駒と浅草岳 ダイジェスト報告ですよ。

会津駒ケ岳と会津駒のダイジェストはここからという認識ですよ。
(o ̄∀ ̄)ノ”

2006年5月27日 会津駒ケ岳

会津駒山頂付近より中門岳方面を眺める。
広がる越後の山々の眺望にひたすら見とれていました。

2006年5月28日 浅草岳

浅草岳はお花いっぱいでした。尾根に出たら残雪のブナ林が私たちを待っていました。

どこに行っても越後の山はいいですねぇ。
檜枝岐の雰囲気も好きですが只見のローカルぶりもサイコーでしたよ。
相棒がGWの山標高差を換算したようです。登りだけで4000mとか・・。
( ´∀` )まぁそんなものでしょう。


投稿者 gogoalps : 01:02 | コメント (12) | トラックバック