2008年01月03日
 ■  そうだ!京都行こう 貴船神社

(∩・∀・)あけおめです。
京都旅行の最終回を年越しで持ち越してしまいました。

ヽ( ´∀`)ノキター!も・ち・こ・し!

なので。新年早々紅葉ネタ。 (やっと最終回。)

鞍馬神社からちょっと山道を歩いてたどり着いた
貴船神社

川沿いに延々と灯される灯篭。雅楽も鑑賞できました。

だいぶ記憶は薄らいでいますが。

貴船神社の川沿いには灯篭が並べてあってとても幻想的でしたよ。
貴船神社  

川沿いに並べられた灯篭を覗き込むと、落ち葉が自然に飾り付けられ・・・
アートになっていて。とてもステキでした。

貴船神社

夏には川床料理屋などでにぎわうみたいです。
貴船神社  

そして。念願の雅楽。

京都の「鳴鳳雅楽会」という会の人たちが演奏や舞を見せてくれました。

貴船神社  

途中から雨が降ってきたのですが、私は最前列に座っていたので、
後ろの人に悪いなーと思って、傘を差さずに鑑賞していたのです。

そしたら、神社の人が。傘を貸してくれようとしてくれました。

無料で公開しているイベントなのに。心あたたまるサービスでしたね。

貴船神社

貴船もみじ灯篭のHP
http://momiji-tourou.jp/live.html

そして、結局雅楽をLAST2ぐらいまで鑑賞してしまった我々は。
その日のうちに京都駅に戻り。あることをしてから夜行バスでトーキョーに戻らなければならなかった。

貴船エリアから「貴船口」駅までは徒歩20分程度。
真っ暗な何もない道である。

2007年はスポーツクラブで鍛えた1名と。
たまーに皇居マラソンをやっていた3名は。

なぜか走り出した。

ヽ( ´∀`)ノスタタタタ・・・。

5分ぐらいは連続で走ったけど途中休憩しまくりで。
かなーり短時間で?貴船口駅に到着。

再び「
出町柳」駅に降り立ち。バス&地下鉄で京都駅に戻ってきた。

そびえる京都タワー。 22時ぐらいだったかな。

貴船神社
スーパー急ぎで。コインロッカールームへ急ぐ。23時50分ぐらいのバス出発まで、
とにかく時間が無い!(゜⊿゜)

店の選択は少なかった。京都「白木屋」にて。
貴船神社  
京都限定BEERを飲みまくり。白木屋の安いつまみを食べまくる4名。
時間が無いのでひっきりなしに注文。ひっきりなしにトーク。

2007年秋。京都の夜。

End.

(∩・∀・)あいかわらず。ベタな展開でスミません。

今日からDと二人で。ヨーロッパの某国を2国巡ってきます。
なのでしばらくblog休暇。

コメントはカキコできるけど。帰ってきてから表示できるようにしますね。

ところで、Dは、サッカー好きなんですけど。

社内のチームに所属していて、自分が試合に出る他は、
もっぱら自宅内TV観戦。なのに!なのに!

某国に行ったら、半日しかないまとまった自由行動Timeに
サッカーを見たいとか言いだして・・。

日本で1回もサッカー観戦に行ってないのに。

(;´Д`)ウウッ…。どういうことよ!

まぁ。当日チケットが買えたらのハナシです。
協調性が大事なので付き合う予定です。

SDカードはTotal12ギガ。コンデジ2台でサツエーしまくります。
25枚に1枚ぐらいはいい写真が取れているでしょう。
PCで確認できないのがツライです。(笑)

それでは、みなさまごきげんよう。ヽ( ´∀`)ノ

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:28 | コメント (3) | トラックバック
2007年12月28日
 ■  そうだ!京都行こう 鞍馬寺

(∩・∀・)今年中に終わらせたい京都レポ。
駆け足で。

さて。京都旅行の2日目の後半は。

鞍馬・貴船エリア

鞍馬寺

紅葉スポットをめぐるたび。

再びバスに乗り「出町柳町」の駅前に立ち並ぶ定食やでお昼。

15時 叡山電車の鞍馬寺で下車。
鞍馬寺から貴船神社に抜ける道。

ちょっとした山歩きらしいですけど。  鞍馬寺

鞍馬寺  
駅のホームにあった天狗のお面。

鞍馬寺

ケーブルカーもある寺内部を
歩いてどんどん登ります。

結構キツかったです。 鞍馬寺

15:40 本堂
鞍馬寺


鞍馬寺
鞍馬寺

狛トラ?
鞍馬寺


鞍馬寺
ここからは軽い山道。(金毘羅山程度ですが。)

牛若丸伝説のある「木の根っこ道」が有名なようですね。

そして、山道を下って16時半頃。貴船エリアに到着しました。 貴船神社
貴船神社  

ちょうと貴船神社でライトアップを開催中だったのです。
ライトアップでは雅楽の催し物があるみたいで
時間を合わせるためと疲れたので、
「鳥居茶屋」で休憩。

鮎茶漬けを食べる2名とぜんざいを食べる2名。

1日かけて煮込んだ鮎は頭から食べれて超美味しかったです。
このあたりは鮎料理が有名なようですよ。
 
http://www.toriijaya.com/ (写真無くてごめんなさい。)


そして。貴船神社のライトアップに続きます。
貴船神社  
(∩・∀・)京都レポはあと1回で終了予定。

 

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 01:23 | コメント (0) | トラックバック
2007年12月06日
 ■  そうだ!京都行こう 寂光院

(∩・∀・)京都旅行 2日目のお次は。
引き続き「大原エリア」

寂光院
紅葉スポットをめぐるたび。

再びバスターミナルに戻って、寂光院エリアへ。

こちら側はおみやげ屋は控えめでフツーの民家が立ち並んでいました。
大原 寂光院
民家の「柿の木」 

川の向こう岸には小学校がありました。
大原 寂光院

途中、BBQをやっている人たちがいたので

「(∩・∀・)いいなー」とMと二人で言っていると。

「(∩・∀・)ぜひ!どうぞ!」と言われてビクーリしました。

参加したかったんですけど。
同行メンバに阻止されました?

そんな感じで。

寂光院にたどり着き。
京都は観光地だけあってタクシーの種類がたくさん
大原 寂光院

「ぞうさんマーク」のタクシー。(´▽`)

急な階段を登ってたどりついたお庭の本堂は
やけに新しくてピカピカしていました。
大原 寂光院
以前に火災があって、本堂と仏像は焼け落ちてしまったらしいです。
なので、全てがピカピカと綺麗なお堂でした。

「雪見灯篭」 秀吉が贈ったらしいです。
大原 寂光院  

少しだけ、紅葉している木が増えてきた。
大原 寂光院
大原 寂光院

「籠に入れられた柿」
大原 寂光院  

紅葉は上から撮影するのがキレイかも。
大原 寂光院  

紅葉は、まっさかりじゃなくても部分的に紅葉しているし、
なにより、
空いているので11月初めこの時期はお奨めかもしれません。

まだまだ続きますよ。京都(´∀` )

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:16 | コメント (0) | トラックバック
2007年12月05日
 ■  そうだ!京都行こう 三千院
(∩・∀・)さて。11月初旬の京都旅行の続きです。

2日目は大原地区の三千院からはじまりますよ。

朝8時頃京都駅近くの格安宿を出発。

民家がカワユイので撮影。
京都の街並み


駅前発のバスに乗って10時頃大原エリアに到着。 大原 三千院
三千院までの参道は徒歩10分。川沿いのゆるやかな坂道を登ります。

お土産物屋に混じって、道端に柿が積んでありました。
大原 三千院
ピーマンのように見えるけれどこれは瓜らしいですよ。 大原 三千院

三千院を訪れたのは、学生時代ぶり。青春18切符で旅をしていました。
冬だったので本堂の床がとても冷たかったのを覚えています。

入り口の門のあるエリアにたどり着くと。昔と違って立ち並ぶお土産物屋。
ここも情緒が薄れてしまった気がするけれど。

菊の鉢が飾ってあったり。

大原 三千院  

大きな京大根が飾ってあったりとなかなかイイ感じです。
大原 三千院  


お庭は思ったより手入れされていませんでしたが、
写経をする場所があったので、やってみたりして散策してひと時をすごす。

寺内の写真はいまいちだったので載せません・・ヽ( ´∀`)ノ

帰りも参道は撮影どころ満載で。

これから色づく「もみじ」や。

大原 三千院  

お土産物屋に買われていた「にゃんこ」
大原 三千院  

唐傘が飾ってあったりと。
大原 三千院

これは。 「アイスきゅうり」
きゅうりの形を整えて棒を刺したものを売ってましたよ。(´∀` )

大原 三千院

手拭いもいっぱい売っていましたね。 大原 三千院
大原エリアをまだまだ満喫。次は寂光院に行きます。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 22:41 | コメント (2) | トラックバック
2007年11月14日
 ■  そうだ!京都行こう 清水寺

(∩・∀・)2日ほどネコんでました。
なので、作りおきしていた京都旅行レポを公開。

1日目の後半は

清水寺

超メジャーな観光スポット
そして、鴨川近辺の夜。

キレイに撮影出来た写真のみ公開ですよ。

東福寺→伏見稲荷とたくさん歩いて。
宿に荷物を置いたら再び移動。

お茶でもしたいということで。
清水寺近辺の「INODA COFFEE」に行ってきました。
 
http://www.inoda-coffee.co.jp/
イノダコーヒー  
ケーキセットを注文。私はクラシカルなアップルパイとアイスコーヒー。

京都と札幌にしか店舗が無かったこのコーヒーショップは。
今年の11月に東京大丸にNewSHOPがOpenしたらしいですよ。 イノダコーヒー

しばらく休憩して。清水寺へGO!
お寺や神社がひしめく京都エリアですが。

やはり眺めの良い場所が好きな私。
高台にあるこの神社は開放感がありますよね。

前回は出張のついでに立ち寄って、
紅葉シーズンバッチりでしかも平日だったので優雅なひとときを過ごせました。

さて、今回は。
清水寺
めっちゃゲキ混みの本堂。

清水寺
舞台から写真を撮影するのも一苦労だったけど。
夕暮れとちょっとだけ紅葉の景色がとても綺麗でした。

清水寺
本堂でおまいりをして、厳粛なひと時をすごした。(拝観料300円)

そしたら・・

前回来た時は気がつかなかったのか?
リニューアルされているのか?

(∩・∀・)激しいスポットを発見しましたよ。
清水寺

「¥」・・じゃなかった。
 「縁」

自主神社

清水寺の舞台を出てすぐ左手にあるこのスポット。
清水寺
「縁結び」の神としてとても有名らしいのですが。
その他にもこのようにさまざまな願いをかなえてくれるらしいですよ。

清水寺
そのきらびやかな装飾はどこかのテーマパークのようでした。

清水寺
うさぎちゃんもいるし。 

そして、清水寺を拝観し終わったら、
まいこちゃんもいましたね。(もちろん仮装だと思いますよ。)

清水寺
 

産寧坂をめぐって「よーじや」 のお店を見たり。
ようじや  

二年坂からさらにねねの道。街はすっかり夕暮れ。
清水寺

円山公園の横をすり抜け。知恩院の前に着いた。輝く門。ピカピカである。
知恩院   
この時期の京都はいろいろなところでライトアップイベントがありますよ。

そして・・

知恩院は、この日がライトアップの初日だったようで。

お坊さんたちのオープニングセレモニーがありました。(´∀` )

知恩院
ちょっとしたショーのあとは、Jazzのコンサートもあったりと。
京都の今はずいぶん変化しているのだな。と思いましたよ。

その後は。

鴨川エリアへ移動し。 「蛸長」おでん
http://www.linkclub.or.jp/~mcyy/kyo/gourmet/tako/tako.html
蛸長
同行メンバの家族のオススメ店でした。
味。雰囲気とも素晴らしかったのですが。
どうも接待店なようで。お値段はそれなりでしたよ。

さらに、移動して。おばんざいの店に入って。

暴走する1名がさらに、お好み焼きやを目指す。

「一銭洋食」
京都のお好み焼き
お好み焼きだけど、ネギと細かく切ったコンニャクが具になっているちょと変わった1品でしたよ。(´∀` )

http://codawari.info/ginpatsu/archives/2007/03/post_494.html

メニューはお好み焼き1品だけだし。店内にはマネキンがたくさん座っているし、
ネタ系だけど美味しかったです。

そして、鴨川沿いを歩いて宿に戻り。京都の1日目は終了!


   
←blogランキング。ありがとうございます! 

投稿者 gogoalps : 23:33 | コメント (5) | トラックバック
2007年11月13日
 ■  そうだ!京都行こう 東福寺と伏見稲荷

土日で夜行高速バス × 2 で。

久し振りの日本のたび。

京都に行ってきました。

(∩・∀・)RICOH Caplio R7 
撮影しましたよ。

1日目の前半は東福寺伏見稲荷

夜行で行って、夜行で帰ってきたので、かなり眠いです。

同行の3名は、京都旅行を楽しむというのが目的ですが。
私はやっぱりサツエイだったり・・。(´∀` )

紅葉目当てで計画を立てたのですが、今年の見頃は11月後半あたりからのようですね。

それなりに撮影できた写真のみ公開です。

AM6時ごろに京都に到着。

バスの周遊2日チケットを買って早速移動。


東福寺のもみじ。
東福寺
まだまだ緑だったけど。キレイですね。(´∀` )

紅葉シーズンになるとゲキ混みになるというお寺も。
この時期なので人は少なくて、静かなひと時が過ごせました。


徒歩で伏見稲荷に移動。

観光地はお土産を見るのが楽しいですよね。(撮影してばかりだけど。)
伏見稲荷

神社は鮮やかな赤い建物でした。 伏見稲荷

稲荷神社だから、狐がたくさんいましたね。 伏見稲荷

伏見稲荷

巻物をくわえていたり。 伏見稲荷

伏見稲荷   

千本鳥居が有名です。(あえてメジャーな構図は出さなかったり。) 伏見稲荷

この、招き猫の看板は今回の旅行で2箇所で見ましたよ。 伏見稲荷

しばらくは、京都の写真と南ア南部縦走レポを交互に出す予定。

blogのお返事は、ゆっくり書いてます。

   
←blogランキング。押して欲しいな。 

投稿者 gogoalps : 00:35 | コメント (4) | トラックバック